タグ:石油 ( 5 ) タグの人気記事

 

タンカー損傷は「テロ」 爆発物の痕跡と報道 UAE国営通信

2010.8.6 19:07 産経新聞

 商船三井の大型原油タンカー「M・STAR」(マーシャル諸島船籍、16万292トン)が7月末、中東のホルムズ海峡を航行中に損傷したことについて、アラブ首長国連邦(UAE)国営の首長国通信は6日、「手製の爆発物の痕跡」が船体にあり、爆弾を積んだボートによるテロ攻撃を受けたと報じた。UAE沿岸警備隊筋の見方として伝えた。

 同タンカー損傷について、UAE当局者がテロとの見解を打ち出したのは初めて。ホルムズ海峡は世界の海上原油輸送の4割を占めており、報道が事実とすれば、輸送の妨害などを狙った可能性がある。

 ロイター通信によると、タンカーは6日、寄港先のUAEフジャイラ港の沖から千葉港に向け出港した。24~25日ごろ、当初の目的地だった千葉港に到着する予定。

 タンカー損傷をめぐっては、国際テロ組織アルカイダ関連の「アブドラ・アッザム旅団」を名乗る組織が今月3日、「日本のタンカーに自爆攻撃を行った」とする犯行声明を発表していた。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-06 19:07 | 中東  

原油事故で大量の化学分散剤使用に懸念=米議会が調査

8月2日9時48分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 米メキシコ湾での原油流出事故で、原油が米沿岸に漂着するのを食い止めるため英石油会社BPが大量の化学分散剤を使用したことについて、米議会は環境への影響を懸念し、調査に乗り出す動きをみせている。

 エドワード・マーキー下院議員(民主、マサチューセッツ州)は31日、BPと沿岸警備隊が広く報道されている以上の分散剤をまいたと主張、政府当局に対しさらなる情報を提供するよう要求した。同議員は、エネルギー・商業委のエネルギー・環境小委員会の委員長を務めている。

 環境保護局(EPA)は5月26日、議会やマスコミから海洋生物に与える影響を不安視する声が高まったことを受け、BPに対し分散剤の使用を制限するよう命じ、「まれなケース」を除いてメキシコ湾上で分散剤を使用することを禁じると通告した。

 しかしマーキー議員は、BPならびに流出原油への対応策を監督している沿岸警備隊は、EPAが通告を出した後も74日間以上化学分散剤の使用を認めたと指摘、「BPは化学物質を大洋にじゅうたん爆撃し、沿岸警備隊はそれを承認した」と批判した。これに対し、流出原油対策に関係している政府当局者は1日、分散剤に効果があったため使用継続に対する免責が与えられたもので、「戦争に勝つために最善の決定を下したものだ」と強調した。

 一方、上院環境・公共事業委員会は4日、メキシコ湾での化学分散剤の使用に関する公聴会を開催する予定である。

 化学分散剤をまくと原油は粒子化され、バクテリアがそれを吸収する。大洋では自然に起きている現象だが、BPの深海油井事故に伴う原油流出では約720万リットルと過去に例のないほどの分散剤がまかれた。しかも分散剤は、海面だけでなく深海でもまかれた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-02 09:48 | 北米・中南米  

原油流出のBPに怒りのブブゼラ責め ネットで呼びかけ

2010年7月6日21時47分 朝日新聞

 【ニューヨーク=田中光】米国南部沖のメキシコ湾の原油流出事故で、当事者である国際石油資本の英BPにさらなる対策を取るよう圧力をかけようと、ロンドンのBP本社前でサッカー・ワールドカップ(W杯)で人気のラッパ「ブブゼラ」を吹き続ける企画がネット上で進んでいる。

 米国では、4月の事故から抜本的な対策が進んでいないうえ、BPトップが「原油の流出は、大したことはない」などと失言を繰り返すなど、同社への不満はおさまらない。ニューヨークの映像プロデューサーが、「BPはメキシコ湾にもたらしている痛みをわかっていない」として、騒々しいブブゼラ責めを呼びかけた。

 100人でブブゼラを吹く費用を募ったところ、7日の締め切り前に目標の2千ドル(約18万円)の2倍を超える金額が集まった。吹くのは1日限りだが、余ったお金は事故で困窮している人たちに寄付するという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 21:47 | ヨーロッパ  

シェル、環境活動家処刑めぐり15億円で和解 ナイジェリア

2009.6.9 11:19 産経新聞

 ナイジェリアの軍事政権に処刑された環境保護活動家の遺族らが、国際石油資本ロイヤル・ダッチ・シェルも違法な処刑に関与したと訴えていた裁判で、同社は8日、遺族側に1550万ドル(約15億2000万円)を支払うことで和解した。米メディアが一斉に報じた。

 活動家はケン・サロウィワ氏。シェルの原油採掘がナイジェリアの環境を破壊していると主張、石油施設の破壊などを続け、1995年、数人の活動家とともに処刑された。同社は、処刑への関与は認めなかったが、遺族らが苦痛を感じたことは事実だと和解に応じた理由を説明した。

 遺族側は、シェルが当時のアバチャ軍事政権と結託、操業に反対する地元住民対策として、警察や軍への武器提供や資金援助に加え、処刑にも関与したと主張。米ニューヨーク連邦地裁に提訴していた。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-09 11:19 | 経済・企業  

バイオガソリン6月から販売…新日石、首都圏中心に

4月3日0時11分配信 読売新聞

 新日本石油は2日、植物由来の燃料添加剤「ETBE」を混ぜたバイオガソリンを6月1日から首都圏を中心に約1000か所のガソリンスタンドで販売すると発表した。

 価格は通常のレギュラーガソリンと同額になるとみられ、走行性能も変わらないという。

 販売地域は東京、神奈川、山梨、埼玉、群馬、栃木、長野の7都県の一部スタンド。ポスターや旗などで取扱店であることを示し、ETBEを1~8%混ぜたものを販売する。

 ETBEを1%混ぜると二酸化炭素(CO2)排出量を0・4%程度削減できるという。新日石は2008年度に30か所で試験販売を実施した。09年度は計約4・7万キロ・リットルのETBEをガソリンに混ぜて販売する計画だ。これで約3万トンのCO2削減が見込めるという。10年度以降、製油所などで準備が整い次第、販売地域を拡大する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-03 00:11 | 社会