タグ:田舎者とバカ ( 188 ) タグの人気記事

 

住民投票の必要数に届かず=市議会リコール署名―名古屋市選管

時事通信 11月24日(水)16時48分配信

 名古屋市の河村たかし市長が主導する市議会の解散請求(リコール)運動で、同市選挙管理委員会は24日、河村たかし市長の支援団体が提出した約46万5600人分の署名のうち、16区中15区分で、無効数が10万5314人分に達した発表した。残る南区の署名が全員有効でも、有効数は36万288人分にとどまり、解散の是非を問う住民投票に必要な36万5795人分(市内有権者の約2割)を下回る。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-24 16:48 | 政治  

あぁ勘違い「就活」中村紀に同情の声なし

2010年11月23日17時00分 日刊ゲンダイ

「ここで終わるわけにはいかない。ユニホームを着させていただけるなら、条件も何もない。育成(選手契約)でもいい」

 この日(21日)、今季限りで楽天をクビになった中村紀がこう言って現役続行を訴えた。今季は129試合に出場(打率.266、13本塁打、64打点)しながらも、異例ともいえる解雇。これは中村の人間性も大きく関係しているのだろう。

「たしかに打つと思う。でも、あの人間性だからなぁ……」

 06年オフ、オリックスをクビになった中村獲得に名乗りを上げるべきかを検討した球団があった。しかし、その球団幹部はこう言って手を引いた。

 翌07年に年俸400万円の育成選手として拾ってくれた中日も、わずか2年でFA宣言。2年3億円の好条件を提示した楽天にそそくさとクラ替えした。

「評価が低すぎる。落合さんは人じゃない」

 中村がこう言ったという話も中日内部から漏れ伝わってくる。

 2年間で44本塁打、151打点をマークした中日の条件提示は1年8000万円。楽天での移籍1年目が打率.221、2本塁打、26打点だったことを考えれば、落合監督の評価はむしろ高いともいえた。

「近鉄時代からワガモノ顔。楽天では、チームが負けても自分が打てばお構いなし。帰りのバスでは大喜びしながら携帯で話していたこともある。チームのまとまりを乱す一方だった」

 とは、楽天のチーム関係者。

 国内球団のどこからも声がかからないのも当然だろう。その原因が自分自身にあるということを、中村本人は分かっちゃいないようである。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-23 17:00 | スポーツ  

民主・松崎議員が自衛官を「恫喝」か 「俺を誰だと思っている」

2010.11.18 01:30 産経新聞

松崎哲久衆院議員 民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が今年7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をしていたことが17日、分かった。防衛省幹部や、自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかにした。

 入間基地では今月3日の航空祭で、航友会の会長が「民主党政権は早くつぶれてほしい」と発言。これを受け、防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。松崎氏は会場で会長の発言も聞いており、周囲に強い不快感を示していたため、「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。

 松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。

 ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。

 別の隊員が松崎氏の秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「2度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう1度、言ってみろ」と迫ったとされる。こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。

 松崎氏は産経新聞の取材に一連の発言をすべて否定し、「(隊員の)体には触れていない」と述べた。一方、「(受付を通り越して)駐車場でしか車を降りられないなど誘導システムが不適切だと指摘はした」と説明し、「隊員に2度と来るなと言われたことも事実。(自分は)何も言っていない」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-18 01:30 | 政治  

サエコと離婚!ダルビッシュ一家の黒いウラ

激裏情報 2010年11月12日
 
交際3ヶ月、妊娠3ヶ月の電撃結婚で度肝を抜いたダルビッシュ有とサエコ。すでにサエコは実家宮崎にサエコの兄名義でマンションを購入、別居中で、チビダルこと長男も宮崎のモルモン教系インターナショナル幼稚園に通園。離婚は確定路線だという。

b0161323_2235997.jpgこのウラには悪名高きサエコのオトコ遊びとダルビッシュの弟、ダルビッシュ翔がいた。

10年前、ダルビッシュ有が羽曳野の地元リーグで頭角を現し、50校以上から引きがあったがなかなか
きまらかった。なぜなら弟ダルビッシュ翔と「抱き合わせ」でしか交渉しなかったからだ。このダルビッシュ翔、2007年11月には強盗致傷で逮捕。それ以前にも暴走族に入り少年院への出入りを繰り返し地元では何度も警察沙汰になった筋金入りの「馬鹿」

その後ダルビッシュの「コネ」で米メジャーリーグとの交渉代理事務所「KDNエージェンシー」に雇われるが「KDNエージェンシー」は野茂英雄が離れて以来資金繰りに困窮、また「下働き」に絶えられず辞めたという。その後、再び「コネ」でK1参戦を表明、今年の大晦日にデビュー戦・・・の予定だったがトレーニングについていけず断念。今年の1月からダルビッシュの「マネージャー」に収まっていたという。

そしてオトコ遊びが止まらないサエコ。丸パクリでバッシングを浴びたブランドPepii.Kittyも本日閉店。

サエコと弟に寄生され、身動きが取れないダルビッシュだが来オフのメジャー参戦は確実とされる。しかし交渉代理事務所の困窮と離婚、慰謝料問題。悩みは多いようだ。

b0161323_2243934.jpgありし日のダル一家
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-12 01:52 | 社会  

夜の歩行者死亡多発「車ライトは上向き基本」と県警

茨城新聞 2010年11月9日(火)

県警がドライバーにヘッドライト切り替えによる事故防止を訴えている。県内で今年10月末現在、夜間に車にはねられ死亡した歩行者は31人。県警交通企画課が原因を分析したところ、うち12人は遠くまで光が届く上向きライト(ハイビーム)なら事故を防げた可能性があったという。夕暮れ時の交通死亡事故が多発していることから、同課は小まめなライト操作で早めに危険を察知するよう呼び掛けている。

同課によると、夜間に車にはねられ死亡した31人のうち、上向きライトで事故にあった死者は、わずか1人。30人が下向きライト(ロービーム)だった。

「上向きライトが基本ということが、ドライバーに知られていない」。同課の小山秀夫総括理事官は嘆く。

道交法は「夜間に対向車とすれ違うか、他の車両の直後を走行する場合は下向きライトにしなければならない」と規定しており、同課は「通常は上向きライトが基本」と説明する。

「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」で、上向きライトは約100メートル先まで照射、下向きは約40メートル先まで照らすと定められている。同課によると、時速60キロで走行した場合、ブレーキを踏んで停止するまでの距離は約45メートル。下向きライトでは歩行者を発見して急ブレーキを踏んでも間に合わない計算だ。

また下向きライトは車のやや左前方を照らす構造になっており、右側から横断する歩行者を発見しづらい。上向きライトは遠方、左右を照らし「歩行者を発見しやすくなる」(同課)ことも推奨の理由だという。

日没時間が早まる9~12月は例年、死亡事故が多発する。県内の今年10月の交通死者のうち、午後4時から7時までに5人が犠牲となった。65歳以上の高齢者が3人を占める。

県警は10月から交通違反の取り締まりを強化する「ファイナル作戦」を展開。夕暮れ時のパトロールを強めている。

同課はドライバーに「小まめにライト切り替えや早めの点灯を心掛けて」と呼び掛ける。歩行者、自転車に対しても「ドライバーに自分の存在を発見してもらえるようにしてほしい」と反射材や明るい服装の着用を訴えている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-09 12:00 | 社会  

「もも」なのに「ロース」=焼き肉店表記にNO―消費者庁

時事通信 10月7日(木)18時1分配信

 焼き肉店で、ももなどの部位を「ロース」と称するいいかげんなメニュー表記が慣行化しているのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は7日、業界団体の全国焼肉協会に表示の適正化を要望した。今後外食業者の団体にも改善を求める方針。同庁は「改められなければ、違反業者は処分する」としている。
 農林水産省の食肉小売品質基準では、ロースは背中側の肩周辺の肉(かたロース、サーロインなど)と定義され、スーパーなどではこれに従って売られている。しかし、同庁が調べたところ、焼き肉店では肉質が似ていることから、ももや腰付近のランプを「和牛ロース」と称して販売。実際のロースは「和牛上ロース」と表記していた。


もも肉をロースと表示、焼き肉店に改善要請
日本テレビ系(NNN) 10月7日(木)20時59分配信

 消費者庁は7日、焼き肉店で「和牛ロース」として出されている肉が、スーパーなどで「ランプ」や「そともも」として販売されている「もも肉」のケースがあるとして、業界団体に対し、消費者が誤解を招かない表示をするよう申し入れを行った。

 焼き肉店では、スーパーなどの小売店で用いられる部位の名称とは異なり、慣例で、赤身の多い肉を部位にこだわらず「ロース」としている店も多く、消費者庁はこれが景品表示法に違反するとして改善を求めている。


<消費者庁>「ロース」実はランプ 焼き肉業界に是正要求
毎日新聞 10月7日(木)21時39分配信

 消費者庁は7日、焼き肉業界がもも肉やランプ肉などを「ロース」と表示していることが分かったとして、業界団体の「全国焼肉協会」(加盟社約500社)に表示の見直しなどを求めた。大手焼き肉チェーン23社が加盟する「日本フードサービス協会」にも要請する。数カ月から半年ほどで改善されない場合は、景品表示法違反で個別業者への処分に乗り出す方針だ。

 同庁によると、焼き肉業界は慣行で、ももやランプなどの赤身肉を「ロース」と表示し、リブロースやサーロインなど本来、ロースにあたる部位は「上ロース」と表示してきた。同庁は「焼き肉業界の表示は実際より著しく優良と誤認させる」として景表法違反にあたると認定した。ただ、慣行が戦後から定着してきた事情を考慮し、個別業者に対する処分は行わず、業界全体での改善を求めた。【山田泰蔵】


<焼き肉業界>もも、ランプ肉を「ロース」表示 消費者庁、“慣行”見直し要求
毎日新聞 10月8日(金)7時59分配信

 消費者庁は7日、焼き肉業界がもも肉やランプ肉などを「ロース」と表示していることが分かったとして、業界団体の「全国焼肉協会」(加盟社約500社)に表示の見直しなどを求めた。大手焼き肉チェーン23社が加盟する「日本フードサービス協会」にも要請する。数カ月から半年ほどで改善されない場合は、景品表示法違反で個別業者への処分に乗り出す方針だ。

 同庁によると、焼き肉業界は慣行で、ももやランプなどの赤身肉を「ロース」と表示し、リブロースやサーロインなど本来、ロースにあたる部位は「上ロース」と表示してきた。同庁は「焼き肉業界の表示は実際より著しく優良と誤認させる」として景表法違反にあたると認定した。ただ、慣行が戦後から定着してきた事情を考慮し、個別業者に対する処分は行わず、業界全体での改善を求めた。【山田泰蔵】
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-07 18:01 | 経済・企業  

龍馬にしがみつくのは成熟拒否の表れ

軍国主義に利用された過去も。買ってな使い方はもうやめよ
2010年10月5日 朝日新聞

 NHKの「龍馬伝」で、福山雅治さん演じる坂本龍馬はとても魅力的だ。龍馬は今年の「上司にしたい偉人」「お酒を一緒に飲みたい歴史上の人物」でもトップだという。だが、この幕末の風雲児と同郷の精神科医・評論家の野田正彰さんは、龍馬人気に疑問を投げかける。(聞き手 編集委員・刀祢館正明)

 ──坂本龍馬はなぜ、こんなに人気があるんでしょうか。

 「龍馬とは青春像そのものです。30代前半で暗殺されてしまって、中年以降がない。もし龍馬が明治維新後も生きていたら、時代を切り開く若々しいイメージを投影することは難しかったことと思います。三菱財閥をつくった岩崎弥太郎にこういうイメージを持つことは無理でしょう。政商としても活躍しましたから。ほかの明治の元勲も同様です」

 「でも、本当にそんなに人気があるんですかねえ。企業経営者には好きな人がいますね。ダイエー創業者の故・中内功さんは、高知県にゆかりがあるということもありますが、龍馬の像をいっぱい置いていた。創業経営者や企業家には、龍馬にあこがれるという人が多いようです」

 ──脱藩した自由人、時代を見すえた先見性、薩長同盟や船中八策、大政奉還の提言など日本全体を再設計する大胆な構想力。やりたくても出来ることではありません。私だってあこがれます。

 「あなたの言う自由、先見、大胆。それを私は青春という言葉に込めています。ありえたかもしれない、願望としての青春です。しがらみを離れて理想像を描き、実行するだけの力がある時期ですね。自由な発想で生きていくことができる。中年以上の成長した経済人がそういう青春像を結ぶのに、龍馬は適当なのだと思います。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』のイメージにもつながるでしょう」

 「日本の企業経営者が好きな、座右の銘ともいえる詩があります。アメリカの詩人サムエル・ウルマンの『青春』です。『青春とは人生の一時期ではない、青春とは心のあり方である、志の高さであり、思いの質であり、生き生きとした感情であり、人は年を重ねるだけでは老いはしない。ただ理想を失うことによって老いるのである』。概略、こういう内容です。まさに龍馬でしょう。会長室や社長室に飾ってあるのをよく見ました。日本経団連の大好きな詩です」

* * *

 ──いつまでも龍馬のように若々しくいたい。それはいいことなのでは?

 「いえ、成熟拒否です。本来、人は年齢を重ねるとそれなりに成熟していかないといけない。なのに青春像にしがみつくのは、申し訳ないですが、人格的に未熟だからです。なぜ経営者は成熟の歌を自分の部屋に飾らないのか。彼らが龍馬にあこがれるとしたら、それは龍馬という青春にこだわることであり、幼稚さの表れでしょう」

 ──NHKの大河ドラマ「龍馬伝」をどうみますか。

 「土佐、江戸、京、長崎と、なんであんなに行く先々で美人の女性にモテさせるんだろう、と思います。番組の人気作りのためですかね」

 「それはともかく、龍馬の業績に大筋は乗っているように見せて、内容はフィクションだらけ。いくらなんでも、こんなことをやってはいけません」

 ──どういうことでしょうか。

 「龍馬は、長崎の英国人商人グラバーと親しくし、武器を大量に買いつけました。それなのに、ドラマの中で何度も登場するせりふに『列強は日本を植民地化しようとしている、だから幕府を倒さないといけない』というのがあります。これは変でしょう」

 「知り合いの歴史学の専門家に、龍馬が植民地化への危機感を持っていたという文書はありますかと聞いたら、ないと言うんですね。ならばうそということになる。うその語りをずっとさせている。番組を通じて、国民にある種のメッセージを発したいのでしょうか」

 ──でも、ドラマです。見ている方もわかっているのでは。

 「ドラマだからといって、何をやってもいいはずはない。歴史学の知見や実証的にわかっていることと大きく違うことは、作ってはいけません。特に映像は、人の記憶に蓄積して感情を喚起する力が強いですから。地元紙の記者に聞いたら、高知では『史実と違いすぎる』と冷めているそうです」

 ──龍馬というイメージ、フィクションが利用されてきたと主張されていますね。

 「龍馬は開かれた世界を志向したし、後の自由民権運動につながる系譜があった。でも、これは強調しておきたいのですが、軍国主義に利用されたことを忘れないでほしい。明治に入って、龍馬はいったん忘れられた。それが、日露戦争(1904~05年)の際、皇后の夢枕に龍馬が現れて、『露国と海戦となれば、魂は我が海軍の将卒に宿って日本を守る』と言ったという話が新聞で広がった。土佐出身の宮内大臣、田中光顕から出た話です」

 「坂本龍馬というイメージが過去にどう利用されてきたかをちゃんと知ってほしい。小説やドラマで都合のいい部分だけを切り取ったり、危機の時代になるとナショナリズムをあおるような形で、フィクションもないまぜに語られたりする。今もそうではないですか」

* * *

 ──政治家や企業人にも、自分を龍馬になぞらえる人がいます。精神病理学者として、歴史上の人物をモデルにしたり、自分と重ね合わせようとしたりすることをどうみますか。

 「よくないですね。戦前の日本は、国家が偉人を盛んに宣伝した。偉人をモデルにして、今の言葉で言えばアイデンティファイ(自己同一化)して生きる。それが素晴らしい生き方だとされた。でも、これでは人格が分裂するんですね。理想化した人物と世俗的な自分の生き方が、一人の人間のなかでファンタジーのまま共存する。人格の自然な統合ができません」

 ──高知出身の先生が龍馬に否定的なことを言って、大丈夫ですか。

 「土佐で龍馬を否定的に言う人に会ったことがありません。私も龍馬本人を否定的には思っていません。思う必要もないですから。ただ、勝手な使い方には『いいかげんにしてくれよ』と言いたくなります。

* * *

取材を終えて 今回のインタビューは、少々つらかった。実は私は龍馬愛好家の末席にいる。「竜馬がゆく」は浪人時代から3回読み、「龍馬伝」は毎週2度ずつ見ている。この原稿もドラマのCDをかけながら書き、おかげではかどった。「龍馬」は疲れた中年男を元気にしてくれる、こころの栄養剤だな、と思う。

 その龍馬が、軍国主義やナショナリズムの鼓舞に利用されていたとは……。もう、未熟な龍馬好き、ではいられない。

* * *

坂本龍馬

 1835年~67年。土佐藩(現在の高知県)の郷士の家に生まれた。62年に脱藩、江戸に出て幕臣・勝海舟に弟子入りした。その後長崎で貿易商社「亀山社中」を組織した。66年、薩摩藩と長州藩の同盟を仲介。翌年には上京の船中で、幕政の返上や議会開設など8カ条の新国家構想「船中八策」を書いた。これは維新政府の「5カ条の誓文」に通じるとされる。さらに徳川幕府から朝廷へ政権を返上させる「大政奉還」に尽力したが、京都で暗殺された。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-05 06:00 | 社会  

自称霊能師ら傷害容疑で逮捕=弟子女性を棒で殴打―「家事できてない」・警視庁

時事通信 9月16日(木)12時4分配信

 弟子だった女性に棒で殴るなどの暴行をして負傷させたとして、警視庁捜査1課は16日、傷害容疑で、自称霊能師でヒーリング団体「ロマゾフィー協会」代表の平岩浩二容疑者(49)=東京都大田区西嶺町=と、妻の司容疑者(36)=同=を逮捕した。

 同課によると、平岩容疑者は「妻がやった。見ていただけだ」と供述。司容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は4月16日、自宅で、「日常の家事ができていない」と言いながら、長さ約50センチの木製棒などで数十回にわたり、40代のアルバイト女性の尻などを殴り、2週間のけがを負わせた疑い。

 同課によると、平岩容疑者は本やセミナーなどで、会員を募集。会員は女性を中心に30~40人おり、うち1、2人を自宅に住まわせ、身の回りの世話をさせていた。付近のアパートにも集団で会員を居住させていたという。


「除霊」団体会員に暴行、会長夫妻を逮捕
読売新聞 9月16日(木)12時13分配信

 「除霊」などを行う団体「ロマゾフィー協会」(東京都大田区)の女性会員に暴行を加えてけがをさせたとして、警視庁は16日、同協会会長で自称・霊能師の平岩浩二(49)と妻の司(36)の両容疑者を傷害容疑で逮捕し、同協会の事務所兼自宅を捜索した。

 同庁では、同協会には30~40人の会員がいるとみており、実態解明を進める。

 捜査関係者によると、2人は今年4月16日未明から朝にかけて、大田区の事務所で、住み込みで家事をしていた都内の40歳代の女性会員に対し、「家事ができていない」などとして、長さ約50センチの木の棒などで数十回殴り、腰に約2週間のけがを負わせた疑い。女性は、その日のうちに事務所から逃れ、警視庁田園調布署に被害を届け出た。

 平岩容疑者は「妻がやった」と否認し、司容疑者は「カツを入れてやった」と供述しているという。


自称霊能者夫婦を傷害容疑で逮捕
TBS系(JNN) 9月16日(木)12時29分配信

 傷害の疑いで逮捕されたのは大田区西嶺町の「ロマゾフィー協会」の会長、平岩浩二容疑者(49)と妻で副会長の司容疑者(36)の2人です。

 警視庁の調べによりますと平岩容疑者らは今年4月、内弟子として住み込みで働いていた、44歳の女性に対し、木の棒などで尻などを数十回にわたり殴り、全治2週間のケガをさせた疑いが持たれています。

 ロマゾフィー協会には数十人の信者がいて、女性は洗濯物のたたみ方がちがうなどの理由で日常的に暴行を受けていたとみられています。

 取調べに対し、平岩容疑者は「妻がやった、自分は見ていただけ」、妻の司容疑者は「お尻に喝を入れてやろうとしてやった」と供述しているということです。


霊能団体代表夫妻を信者への暴行で逮捕 棒で「尻に喝入れようと…」
産経新聞 9月16日(木)12時32分配信

 霊能団体の施設で女性信者に対し、しつけと称して棒で殴り軽傷を負わせたとして、警視庁捜査1課は16日、傷害の疑いで、大田区西嶺町の自称霊能師で霊能団体「ロマゾフィー協会」代表、平岩浩二(49)と妻の司(つかさ)(36)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、平岩容疑者は「妻がやった。見ていただけだ」と供述、司容疑者は「お尻に喝を入れようとしてやった」と容疑を認めている。同課は平岩容疑者らの協会施設兼自宅を家宅捜索し、木製の棒数本などを押収した。

 逮捕容疑は4月16日、施設兼自宅で、40代の女性信者に「日常の家事ができていない」と因縁をつけて、長さ約50センチの木製の棒で尻を数十回殴り、2週間の軽傷を負わせたとしている。

 同課によると、女性は平成19年に信者となり、2人の施設兼自宅に住み込んでいたが、事件後に身の危険を感じて逃げ出した。以前からしつけと称した暴行を受けていたという。女性は事件翌日の同17日に被害届を提出し、すでに協会を脱会している。

 同協会は都などに届け出を出していない任意団体で、信者は女性を中心に、20~50代の約40人。多くは近くのアパートで集団生活を送り、試験に合格した「内弟子」数人が住み込みで平岩容疑者らの日常生活の世話などをしていたという。

 協会ホームページなどによると、平岩容疑者は平成14年春に同協会を設立し、執筆活動のほか霊視や除霊などを行っているという。「プロの霊能者を育成する」と称して、各地でセミナーなどを行っていた。


霊能団体代表夫婦 信者への暴行容疑 警視庁逮捕
産経新聞 9月16日(木)15時12分配信

 霊能団体の施設で女性信者に対し、しつけと称して棒で殴り軽傷を負わせたとして、警視庁捜査1課は16日、傷害の疑いで、東京都大田区西嶺町の自称霊能師で霊能団体「ロマゾフィー協会」代表、平岩浩二(49)と妻の司(つかさ)(36)の両容疑者を逮捕した。

 同課によると、平岩容疑者は「妻がやった。見ていただけだ」と供述、司容疑者は「お尻に活を入れようとしてやった」と容疑を認めている。同課は平岩容疑者らの協会施設兼自宅を家宅捜索し、木製の棒数本などを押収した。

 逮捕容疑は4月16日、施設兼自宅で、40代の女性信者に「日常の家事ができていない」と因縁をつけて、長さ約50センチの木製の棒で尻を数十回殴り、2週間の軽傷を負わせたとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-16 12:04 | 荒む社会  

駅弁で男女けんか、こだま遅れる 山陽新幹線博多駅

2010年9月15日 17時28分 共同通信

 15日午後2時20分ごろ、福岡市の山陽新幹線博多駅で、駅弁を買うかどうかで乗客の男女が車内で大げんかとなり、博多発新大阪行きこだまの発車が約15分遅れた。JR西日本は「男女のけんかで新幹線が遅れるのは珍しい。損害賠償請求は考えていない」としている。福岡県警鉄道警察隊によると、2人は内縁関係にあり、男性は60代、女性は40代。大声でののしり合い、女性は男性の脚をけっていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 17:28 | 荒む社会  

元琴光喜関が協会相手に「解雇不当」と撤回求め仮処分申請 東京地裁 

産経新聞 9月13日(月)12時16分配信

 大相撲の野球賭博問題で日本相撲協会から解雇された元琴光喜関(34)=元大関、本名・田宮啓司=は13日、解雇は不当として、同協会に対し解雇の撤回を求める仮処分を東京地裁に申請した。元琴光喜関の代理人が明らかにした。

[フォト]野球賭博関与した大相撲関係者

 野球賭博問題をめぐっては、同協会は7月4日の臨時理事会で、関与の度合いが濃厚で悪質として、元琴光喜関や大嶽親方(42)=元関脇、貴闘力、本名・鎌苅忠茂=の解雇を決めていた。

 解雇は除名に次ぐ重い処分で、現役の大関が解雇されたのは初めてだった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-13 12:16 | 社会