タグ:田原総一朗 ( 13 ) タグの人気記事

 

田原総一朗氏取材テープ「秘匿」か「開示」か 大阪高裁判断に注目

産経新聞 1月3日(月)21時10分配信

 「取材源の秘匿」か「証拠開示」か-。ジャーナリスト、田原総一朗氏の取材テープをめぐり、提出の是非を判断する大阪高裁の審理に注目が集まっている。北朝鮮拉致被害者の安否について「生きていない」とした田原氏のテレビ発言に対する慰謝料請求訴訟で、田原氏側が発言の根拠としてテープの一部を匿名で文書化したところ、神戸地裁は「取材源の情報が不可欠」とテープ本体の提出を命じた。「言論の自由の危機」として高裁に決定取り消しを求めた田原氏側に対し、原告側は「発言が虚偽かどうか判断する重要な証拠」と反論している。

 ■「X氏」のテープ

 拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=の両親が起こした今回の訴訟で、有本さん側が最も問題視するのが、発言の真実性だ。有本さん側は「政府高官から伝え聞いたかのような虚偽を流した」と主張。一方の田原氏側は「確かな取材に基づき、ジャーナリストとしての『見解』を表明した」とする。

 ここで登場するのが、今回の取材テープ。平成20年11月に行った外務省高官へのインタビューで、やり取りは計53分40秒。このうち拉致問題に関する6分42秒が、「生きていない」との見解を持つに至った取材のひとつとされ、この部分を書面化し神戸地裁に提出した。取材源秘匿のため高官を「X氏」と記載した。

 これに対し、同地裁は「訴訟でテープを引用した以上、秘密保持の利益を放棄したと解される。拉致問題の社会的意義を考慮すると取材源の情報が不可欠」と指摘。民事訴訟法で提出が義務付けられた「引用文書」に当たる、とする有本さん側の申し立てを認め、テープを出すよう命じた。

 ■引用文書か否か

 地裁決定を受けた大阪高裁の審理では、(1)テープが引用文書に当たるか(2)取材源の秘匿と訴訟の意義をどう捉えるか-の2点が主な争点となっている。

 (1)について田原氏側は「テープには拉致問題以外の取材内容も含まれ、一つの文書と捉えることはできない」と主張。「匿名で文書化した部分以外、秘密保持の利益も放棄していない」と反論する。

 (2)については、声や話し方で取材源が容易に特定されるため、部分的な開示にも応じない構え。「報道の自由を支える取材源秘匿の原則を危険にさらすほど、今回の訴訟に社会的意義があるとも考えられない」(代理人)としている。

 一方、有本さん側は「取材源秘匿の重要性は否定しないが、虚偽の発言まで保護されるべきではない」とした上で、「田原氏に有利な証拠としてテープの一部を引用したのだから、全体を開示して検討や反論の余地を与えるのは当然」と訴える。

 ■「職業の秘密」

 報道関係者の取材源をめぐっては、最高裁が18年10月、証言拒否が認められる「職業の秘密」に当たるとの初判断を示しており、「みだりに開示されると自由で円滑な取材活動が妨げられる」と指摘した。

 ただ、最高裁はこの決定の中で、取材源を守ることよりも証言が優先されるケースとして、社会的意義のある重大事件▽公正な裁判を実現する必要がある▽そのために証言が不可欠-などの事情も挙げており、大阪高裁がこうした点をどう判断するか注目だ。

 ▼「生きていない」発言訴訟 ジャーナリストの田原総一朗氏が平成21年4月の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)で、北朝鮮拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=らについて「外務省も生きていないことは分かっている」と発言。有本さんの両親が慰謝料を求めて同年7月に神戸地裁に提訴した。同地裁は22年10月、田原氏が発言の根拠とした外務省高官への取材テープの提出を命じ、田原氏が即時抗告。即時抗告審ではテープ提出の当否が争われている。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-03 21:10 | 社会  

取材テープ提出命令を批判=日本ペンクラブ

時事通信 11月9日(火)16時53分配信

 神戸地裁がジャーナリスト田原総一朗氏に北朝鮮拉致問題をめぐる取材録音テープの提出を命じたことについて、日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は9日、「ジャーナリストの職業倫理を踏みにじり、取材源との信頼関係を壊し、言論表現の自由を傷つけるもの」と批判する声明を出した。

 声明は、今回の提出命令が「報道関係者は原則として取材源にかかわる証言を拒絶できる」とした2006年10月の最高裁決定に違反する疑いが強いと指摘。田原氏側が即時抗告した大阪高裁に対し、命令を取り消すよう強く求めている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-09 16:53 | 社会  

首相動静―2月15日

2010年2月15日23時32分 朝日新聞

 【午前】9時41分、官邸。10時28分、民主党の市村浩一郎衆院議員。57分、外交評論家の岡本行夫氏。

 【午後】0時6分、仙谷国家戦略相と昼食。18分、平野、松井正副官房長官加わる。25分、菅副総理兼財務相加わる。41分、原口総務相加わる。51分、松井副長官。1時52分、公安調査庁の北田長官。2時48分、ジャーナリストの田原総一朗氏。3時55分、中井国家公安委員長、警察庁の安藤長官。6時2分、エストニアのアンシプ首相と首脳会談。7時3分、官邸玄関で同首相を見送り。13分、公邸。14分、仙谷国家戦略相、大塚内閣府副大臣、松野、松井両官房副長官。18分、鈴木文科副大臣加わる。42分、仙谷、大塚、松井、鈴木の各氏残る。8時24分、仙谷、松井、鈴木の各氏残る。27分、仙谷、松井両氏残る。49分、仙谷、松井両氏出る。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-15 23:32 | 政治  

テレ朝来春大改編!小宮悦子キャスター降板へ

12月9日7時1分配信 スポニチアネックス

 テレビ朝日が、来年4月の改編期に大なたを振るう。小宮悦子キャスター(51)が、司会を務めてきた報道番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・53)から降板。ジャーナリストの田原総一朗氏(75)も「サンデープロジェクト」(日曜前10・00)を降りる。いずれもリニューアルに伴う“人事”で、後任は今後発表される。

 「えっちゃん」の愛称で親しまれる小宮キャスターが、タレント石田純一(55)らの後継で「スーパーJチャンネル」のキャスターに就任したのは98年4月。同3月に「ニュースステーション」のサブキャスターを金曜担当だけ残して“卒業”し、主な視聴者層となる主婦人気獲得を狙って起用された。

 当初は月~木曜の出演だったが、同10月から月~金曜を通してキャスター席に座り、「スーパーJチャンネル」に専念。その後はテレ朝「夕方の顔」として番組を支え、来年3月には丸12年となる。

 ただ、同局は不況の直撃を受け、大幅な制作費削減を進めている真っ最中。フリーの小宮キャスターから、ギャラが発生しない同局アナウンサーに交代するという案がこれまでも浮上し、先月末から今月初めの間に最終決定した。

 小宮キャスターは来年4月以降、同局の他番組で起用されることが濃厚。後任は同局アナウンサーの中からの人選が進んでいる。

 一方、田原氏は89年4月の番組スタート時から、政治家の討論コーナーのホスト役を20年にわたって担当。各党幹部から引き出した発言が新聞などで報道され、政局に影響を与える「サンプロ現象」を呼び起こすなど、こちらも番組の顔として大きな注目を集めてきた。後任は人選中。もうひとつのレギュラー番組「朝まで生テレビ!」(金曜深夜1・25)には引き続き出演する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 07:01 | 社会  

田原氏の北朝鮮拉致被害者発言、BPO審理入り決定

2009年8月7日1時1分 朝日新聞

 NHKと民放でつくる第三者機関、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は、テレビ朝日の番組で田原総一朗氏が北朝鮮による拉致被害者に関して「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言したことについて審理入りを決めた。権利侵害と申し立てた被害者家族連絡会に6日、通知した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-07 01:01 | 社会  

「生きていない」発言で田原氏を提訴へ 有本恵子さんの両親

7月16日2時6分配信 産経新聞

 北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さん=拉致当時(23)=と横田めぐみさん=同(13)=について、ジャーナリストの田原総一朗氏(75)が「外務省も生きていないことが分かっている」と発言し精神的苦痛を受けたとして、有本さんの父親、明弘さん(81)と母親の嘉代子さん(83)が16日に、田原氏を相手取り計1千万円の慰謝料を求める訴えを神戸地裁に起こすことが、15日分かった。

 代理人の弁護士らによると、田原氏は4月25日に放送されたテレビ朝日の「朝まで生テレビ!」で、拉致問題交渉が難航する背景について、「2人は死亡した」と主張する北朝鮮側に対し、日本側が生存を前提に交渉しているためと説明。「外務省も(2人が)生きていないことはわかっている」と発言した。

 有本夫妻は、「発言自体が著しく感情を害したうえ、虚偽をテレビで全国に伝えており、違法性が高い」と訴えている。

 有本夫妻の思いを受けた「救う会和歌山」と「救う会熊本」の代表らが、新たに「有本さんを支える会」(和歌山市)を結成。今後、訴訟や活動をサポートしていくという。


「有本さんら生きてない」田原総一朗さんを提訴
7月16日14時20分配信 読売新聞

 ジャーナリストの田原総一朗氏(75)がテレビ番組で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「外務省も生きていないことはわかっている」などと発言した問題で、有本さんの父・明弘さん(81)と母・嘉代子さん(83)は16日、精神的な苦痛を受けたとして、田原氏に1000万円の慰謝料を求める訴訟を神戸地裁に起こす。

 訴状などによると、田原氏は、4月25日に放送された討論番組「朝まで生テレビ!」で、政府が横田さんら2人の生存を前提に交渉していることが日朝交渉を難航させているとし、2人は「生きていない」と発言した。有本さん夫妻は「外務省高官から伝え聞いたかのような虚偽を、テレビを通じて広く全国に伝えたことは違法性が高い」としている。

 読売新聞の取材に、明弘さんは「田原氏には発言を訂正してもらいたい」と話した。田原氏は「表現は乱暴だったが、外務省高官への取材に基づく発言であり、今後、法廷で主張していく」とコメントした。


有本さん両親、田原総一朗氏を提訴 拉致巡る発言
2009年7月16日13時54分 朝日新聞

 ジャーナリストの田原総一朗氏の発言で精神的苦痛を受けたとして、北朝鮮による拉致被害者・有本恵子さんの両親の明弘さん(81)と嘉代子さん(83)が16日、田原氏を相手に計1千万円の慰謝料を求める訴訟を神戸地裁に起こした。

 田原氏は4月末に放映されたテレビ朝日の番組「朝まで生テレビ!」で、恵子さんと横田めぐみさんについて「外務省も生きていないことは分かっている」と発言。拉致被害者の家族連絡会の抗議を受け、5月末の同番組で「不快の念を抱かせてしまったことを心からおわびします」などと謝罪した。

 嘉代子さんは「根拠を示さずに公共の電波に流したのは無責任だ。裁判の場で真相を明らかにしたい」と話している。

 これに対し、田原氏は「言葉は乱暴だったが、外務省高官への確かな取材に基づいている。有本さんの心を傷つけたのは申し訳なかったが、拉致問題での日本政府の交渉のあり方を批判する意図の発言だった。裁判では私なりの主張をしていきたい」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-16 02:06 | 社会  

「誤解招き、申し訳ありません」=「拉致」発言で謝罪-田原氏

2009/05/30-01:48 時事通信

 北朝鮮による拉致被害者について、ジャーナリストの田原総一朗氏が「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日)で「外務省も生きていないことは分かっている」と発言した問題で、田原氏は30日未明、同番組で、外務省に取材した結果としながらも、「きちんとした説明をせず、誤解を招いた。本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。同局も同様の謝罪をした。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-30 01:48 | 社会  

<拉致被害者>テレ朝・田原氏発言 家族会BPOに申し立て

2009年5月28日 20時10分 毎日新聞

 北朝鮮による拉致被害者の安否についてジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の討論番組で「外務省も生きていないことは分かっている」と発言したことを巡り、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」は28日、放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てを行ったと発表した。

 家族会側は、田原氏の発言について「拉致被害者や家族らの人権侵害にあたる」などとしている。田原氏からは既に謝罪文が送られているが、会見した増元照明事務局長は「納得しがたい内容のため申し立ての手続きに入った」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-28 20:10 | 社会  

拉致家族におわび文=「生きていない」発言で田原氏

2009/05/22-23:59 時事通信

 北朝鮮による拉致被害者について、ジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の番組で「外務省も生きていないことが分かっている」と発言した問題で、被害者家族会と支援団体の「救う会」は22日、田原氏から発言をわびる文書が届いたと明らかにした。

 救う会によると、田原氏は文書で「乱暴な言い方でご家族を傷付けたことを心からおわび申し上げます」としているという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-22 23:59 | 社会  

中曽根外相、田原総一朗氏「拉致」発言は「まったくの誤りだ」

5月19日12時44分配信 産経新聞

 中曽根弘文外相は19日午前、閣議後の記者会見で、ジャーナリストの田原総一朗氏が4月25日のテレビ朝日の番組で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんは「外務省も生きていないことは分かっている」と述べた問題について、「大変遺憾で非常に誤解を与える発言だ」と反論した。

 中曽根氏は「外務省は安否不明の拉致被害者はすべて生存しているとの立場、前提に立っている。田原氏の発言はまったくの誤りで残念に思う。一日も早い拉致被害者の帰国に努力している人たちに失礼な話だ」と指摘した。


拉致巡る田原氏の発言、中曽根外相が批判「全くの誤り」
2009年5月19日12時55分 朝日新聞

 ジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の番組で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんらについて「外務省も生きていないことはわかっている」などと発言したことをめぐり、中曽根外相は19日の閣議後の記者会見で、「全くの誤りで、大変に遺憾だ」と批判した。

 田原氏は拉致被害者の家族連絡会の抗議を受け、「具体的な情報源を示すことなく発言したことは深く反省している」としている。外相は「はっきりとした釈明をしていない」と指摘。北朝鮮側から納得のできる説明がない以上は拉致被害者はすべて生存しているという前提で交渉している、との立場を強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-19 12:44 | 政治