タグ:燃料 ( 2 ) タグの人気記事

 

藻から軽油を量産へ デンソー、年80トン計画

2008年7月9日3時0分 朝日新聞

 トヨタ自動車グループの部品メーカー、デンソーは、水中で光を浴びると軽油を生成する藻を大量に培養し、13年までに軽油の量産に乗り出す。軽油などを年に計80トン生産する計画で、藻を原料とする軽油の量産は初めて。食糧価格の高騰を招かず、低炭素社会に道を開く技術として注目される。

 大量培養されるのは、温泉などに生息する微細な緑藻「シュードコリシスチス」。光合成を通じて、水と二酸化炭素(CO2)を吸収し、バイオディーゼル燃料の元になる中性脂肪や軽油を細胞内に蓄積する特徴を持つ。

 CO2を吸収するため、燃やしても大気中のCO2は増えないと見なされ、地球温暖化対策としても期待される。重量の最大3割が軽油などになり、残りかすからバイオエタノール燃料も抽出できる。

 デンソーは、太陽光を使って効率よく培養できる方法を探るため、今月内にデンソー基礎研究所(愛知県日進市)内に研究室をつくる。11年末までに屋外設備をつくり、大量培養に乗り出す。

 基礎研が年間に排出するCO2約1万トンのうち約450トンを藻に吸収させるほか、生産した燃料は、社内のボイラーの動力源として使う。

 軽油の大量生産については、国内の石油化学メーカーなどと共同で研究する予定。現時点では藻の殻から軽油を取り出すコストなどがかさみ、原油から精製した軽油より割高になるため、生産コストの引き下げが課題になる。

 軽油はガソリンより燃焼効率がよく、環境規制の厳しい欧州では、新車の半分以上を軽油を燃料とするディーゼル車が占める。国内でも日産自動車やホンダがディーゼル車を発売する予定で、需要拡大が見込まれる。(福田直之)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-09 03:00 | 経済・企業  

バイオガソリン6月から販売…新日石、首都圏中心に

4月3日0時11分配信 読売新聞

 新日本石油は2日、植物由来の燃料添加剤「ETBE」を混ぜたバイオガソリンを6月1日から首都圏を中心に約1000か所のガソリンスタンドで販売すると発表した。

 価格は通常のレギュラーガソリンと同額になるとみられ、走行性能も変わらないという。

 販売地域は東京、神奈川、山梨、埼玉、群馬、栃木、長野の7都県の一部スタンド。ポスターや旗などで取扱店であることを示し、ETBEを1~8%混ぜたものを販売する。

 ETBEを1%混ぜると二酸化炭素(CO2)排出量を0・4%程度削減できるという。新日石は2008年度に30か所で試験販売を実施した。09年度は計約4・7万キロ・リットルのETBEをガソリンに混ぜて販売する計画だ。これで約3万トンのCO2削減が見込めるという。10年度以降、製油所などで準備が整い次第、販売地域を拡大する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-03 00:11 | 社会