タグ:満州 ( 5 ) タグの人気記事

 

満州建国大学 全国同窓会に幕 東京のホテルで開催

6月9日11時19分配信 毎日新聞

 日本が1932年に中国東北部につくった「満州国」で、国家建設を担う人材の養成機関として設立された「満州建国大学」の最後の全国規模の同窓会が8日、東京都内のホテルで開かれた。54年から各地で毎年開いてきたが、会員の高齢化が進み、活動を休止することになった。今後は卒業生の一部が集まり旧交を温める。

 建国大学は38年に満州国の首都・新京(今の長春)に開校し、45年の日本の敗戦まであった。掲げたスローガンは「民族協和」。学生は「新国家建設に尽力したい」と夢見て入学した。学費は免除され小遣いも出た。

 一学年のほぼ半数は日本人で、あとは満州、朝鮮、モンゴル、ロシア系の学生だった。各民族が交じった「塾」と呼ばれる寮生活を通じ、互いの考えや文化の違いを学んだ。戦後、約1500人の卒業生のうち一部はシベリアでの重労働を経験。日本の官界や経済界、ジャーナリズム界に進んだ人も多かった。

 同窓会長の元会社役員、藤森孝一さん(89)=東京都町田市=によると、近年は卒業生も80歳を過ぎ、同窓会につえをついたり、車椅子に座って出席する人も目立つようになった。卒業生の3分の2が死去したか行方不明という。

 最後の同窓会には韓国からも卒業生が出席。藤森さんは卒業生の家族らを含む約120人を前に「多くの塾生が亡くなり非常に残念だが、互いの違いを認める大切さを学んだ当時のことは終生忘れられない」とあいさつした。司会役の元毎日新聞論説副主幹の松本博一さん(88)=埼玉県川越市=は「異なる立場の同級生と触れ合った日々は、その後の人生に役立った。(休止は)複雑な思いだが、今後も仲間と顔を合わせたい」と語った。【工藤哲】


理想と現実の狭間で 満州建国大学、8日に最後の同窓会
2010年6月6日9時11分 朝日新聞

 日本が1932年に中国東北部に建てた「満州国」で、最高学府として設立された「満州建国大学」(建大)の全体同窓会が8日の開催を最後に幕を閉じる。卒業生の高齢化が理由。日本、中国、朝鮮、モンゴル、白系ロシアの5民族の融和という理想と、日本による実質上の統治という実態。その矛盾を卒業生たちは戦後も背負わされ、シベリア抑留や政府による弾圧などの過酷な日々を生きてきた。

 5月12日、東京・新橋のビルの一室に卒業生約10人が集まった。みな80歳以上。藤森孝一・同窓会長(89)は最後の同窓会について「建大の名に恥じぬよう、つつがなく終わらせたい」と語った。

 建大は38年、満州国のエリート養成を目的として首都・新京(現在の中国吉林省・長春)に設立。藤森さんは2期生。

 学生は各民族が交じった「塾」と呼ばれる二十数人の寮で約6年間、共同生活を送った。発言の自由が保障された夜の「座談会」では、中国人や朝鮮人学生から、満州国や朝鮮半島での日本人による差別や暴力に対する批判が噴出。藤森さんは「日本人学生は、建大が掲げる理想と現実の差に苦悩し続けた」と振り返る。

 45年の日本敗戦で建大は閉学。藤森さんら卒業生の多くはシベリアに送られ、零下30度の地で森林伐採や鉄道敷設などの労働を強制された。「同じ収容所の750人のうち108人が亡くなった。ほとんどが栄養失調だった」

 藤森さんは47年10月帰国。建大出身者は連合国軍総司令部(GHQ)の方針で公職に就けず、同窓生の紹介で工場で職を得るまでに3年かかった。53年に同窓会が結成されたが、ソ連や北朝鮮、中国の一部の卒業生の行方は今も分からない。藤森さんは「中国やロシアの卒業生は、日本の傀儡(かいらい)国家に協力したとして戦後、各政府から弾圧された。胸が詰まる思いだ」と話す。

 卒業生は各国で同窓会を開いてきたが、現在は卒業生約1500人のうち3分の2が死亡や行方不明。日本人の生存者も300人に満たない。8日の同窓会は日本人卒業生約70人が出席するほか、韓国からも代表を1人招く。

 藤森さんは「満州国は傀儡国家だったかもしれないが、我々は時代を変えようと建大に集った。『若き思い』が建大にはあった」と話している。(三浦英之)

     ◇

 〈満州国〉 満州事変をきっかけに、日本が占領した中国東北部に建てた。独立国の体裁をとりながら、実質上は日本が統治し、操り人形を表す「傀儡(かいらい)国家」といわれた。清朝最後の皇帝・溥儀を執政に迎えて建国を宣言させたが、国際連盟は認めなかった。45年、日本の敗戦と同時に消滅した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 11:19 | 社会  

民族協和の夢、次代へ

2010年06月09日 朝日新聞

 また一つ、「戦争の記憶」に幕が下りた――。日中戦争中、日本が実質統治した「満州国」に最高学府として設立された「満州建国大学」(建大)。卒業生たちは8日に開かれた最後の同窓会で、悩み苦しんだ日々を振り返り、異なる民族が共に理解し合える「夢」を次の世代に託した。(三浦英之)

 最後の同窓会には卒業生のほか、遺族や子女、若手研究者やジャーナリストなどが出席した。藤森孝一・同窓会長(89)は「我々は民族の違いを排除するのではなく、違いを認めるところから始めた。当時の悩みや葛藤(かっとう)を後世の役に立ててほしい」と述べた。韓国同窓会長の金載珍さん(85)は「日本だけでなく、韓国でも中国人同窓生や2世との交流が続いている。平和を作るのは武力ではない。人間が人間を信じることができるかどうか。我々の子どもたちにはその大切さを学んでほしい」と訴えた。

 懇談の場では、卒業生たちが互いに歩み寄り、固い握手を交わしたり、肩をたたき合ったりするだけでなく、若い研究者らと懇談する場面も見られた。

 日系の卒業生らは1953年に同窓会を立ち上げて以降、中国や韓国の卒業生の子どもたちを積極的に受け入れ、学校に通わせたり、就職を斡旋(あっせん)したりする活動を続けてきた。2世たちは93年以降、「建大同窓子女の会」を結成し、これまでに17回の会合を重ねている。

 会の代表で、自らも同窓生を通じて日本に留学し、現在、都内で会社を経営する劉憶銘さん(47)は「留学や就職に尽力してくれた卒業生や、85年に亡くなった父の遺志を継いで日中友好に貢献していきたい」と誓った。

◆キーワード
 満州建国大学 満州国のエリート養成を目的として1938年、首都・新京(現・中国吉林省長春)に設立された。日本人、中国人、朝鮮人、モンゴル人、白系ロシア人から選抜された学生は「塾」と呼ばれる二十数人の寮で約6年間、共同生活を送り、「民族協和」の実践を目指した。

◇理想と現実の溝 悩み続けた存在

 建大や卒業生の研究を続ける国際基督教大学(三鷹市)の宮沢恵理子研究員の話

 建大は満州国の最高学府だったが、実態は日本が創設した大学であり、傀儡(かいらい)(操り人形)国家が内包している様々な問題点を抱えている。一方で、そこで学んだ日本人学生は、日本人のみが優秀民族だと教え込まれていた当時の日本において、民族間に優劣はないことを肌身に感じ、日本政府や建大が掲げる理想と満州国の現実とのギャップに悩み続けたという点で、極めて特異な存在だったと言える。


 卒業生は戦後、互いに親密に交流を続けた。「国際性」という面から見れば、建大の教育が一定の効果を上げたことは事実。各国間の交流が求められる現代、建大の歴史と教訓を未来にしっかりと語り継ぐ必要性がある。


◇卒業生らの声を伝えていく課題

 満州国の歴史に詳しい山室信一・京都大教授(思想史)の話 日本の近代史では日本列島だけを問題にしがちだが、1895年以降、日本は台湾を領有し、韓国を併合し、満州を統治した。それらが一体となったのが近代日本の姿であり、それぞれの要素が集約され、当時の日本の縮図と呼べるような場所が建大だった。


 戦後の日本では、植民地における加害的な事実が明らかになる一方、「旧満州の植民地化は現地の近代化に役立った」などという主張もなされた。80年代まで、建大の卒業生があまり発言できない空気があり、バランスの取れた歴史認識がなされなかった。建大の卒業生の声があれば、満州国に対する認識も変わったのではないかという思いがある。彼らの声をいかに後世に伝えていくのかが課題だ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 06:00 | アジア・大洋州  

96歳発行人は元満鉄職員 同人誌「作文」、200集に

2010年6月8日15時39分 朝日新聞

 1932年に戦前の旧満州(中国東北部)大連で創刊され、戦争をはさむ長い中断をへて日本で復刊された文芸同人誌「作文」が第200集を刊行した。編集発行人は第2集から参加する元満鉄職員の秋原勝二さん(96)。刊行ペースはゆっくりになったが、今も年2回、出している。

 全3巻の『〈外地〉の日本語文学選』(新宿書房)を編んだ作家の黒川創さんによれば、「作文」は当時の満州で最も活気のあった文芸同人誌だった。満州で書かれた日本語の小説に目を通して黒川さんの印象に残った日向伸夫、高木恭造はともに「作文」の同人だったという。

 同人の多くは満鉄職員で、掲載された小説には文学賞の候補になったり、受賞したりするものもあった。松原一枝さんのようにプロの作家になった人もいる。

 戦時統制により42年に終刊。敗戦で同人の大半は帰国したが、本や雑誌は持ち帰れず、満州で発行された55号のうち現品が確認されているのは、内地の知人に送って保管されていたものなどわずかに17号ぶんしかない。

 生活がようやく落ち着いてきた同人が連絡を取り合い、64年に復刊された。中心にいたのは、満鉄図書館から国会図書館勤務となっていた青木実さん。青木さんが亡くなり、後を継いだ同人も亡くなって、今は秋原さんがひとりで原稿整理から発送までを手がけている。

 200集は記念号で、「作文」同人だった長谷川濬(しゅん)が畦川瞬造名で学生時代に書いた最初の小説が大島幹雄氏により発掘、掲載されている。長谷川濬は、林不忘、牧逸馬などの筆名をもつ作家の長谷川海太郎、画家の●(りん)二郎、作家の四郎の長谷川4兄弟の三男にあたる詩人・作家だ。

 芥川賞候補にもなった吉田紗美子さんを追悼する記事も載っている。今では毎号のように同人の追悼が載る。同人は3人になったが、同人以外からの寄稿もある。

 秋原さんは現在も小説、評論に健筆をふるう。連載「満洲時代の『作文』」は200集で最終回を迎えた。執筆のテーマは故郷喪失だ。「それがどんなに痛いことか」と秋原さん。

 2度、故郷を失った。7歳のとき父に続いて母が死に、兄に連れられ長姉を頼って福島から満州に渡った。満鉄の育成学校にすすみ、誘われて「作文」に参加した。満州で生まれた日本人女性と結婚、自分の故郷と思い定めた土地を、敗戦により命がけで後にせざるをえなかった。

 自分たちが懸命に働き、仲間と文学論をたたかわせた当時の満州と、戦後流布した「満州国」のイメージとの落差は大きかった。「なぜ我々はこんなに嫌われ、継子にされるんじゃろう。そう思っていろいろ調べ始めました」。自分の目に映った満州の姿をこれからも書かなければという思いが、秋原さんに雑誌を続けさせている。(編集委員・佐久間文子)

 ●=さんずいに「隣」のつくり
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-08 15:39 | 社会  

【集う】新満鉄会発足記念大会・“4時間だけ”のポスター展

2009.10.28 07:57 産経新聞

 □10月23日、東京・品川のホテルパシフィック

“古き良き日”に思いをはせて

 「満鉄(南満州鉄道)」はただの鉄道会社ではない。終戦まで、旧満州(現・中国東北部)において、炭鉱やホテル、製鉄、病院、学校、シンクタンクなど幅広い分野にわたり、満州経営の中核であり続けた。

 そのOBで作る財団法人「満鉄会」(松岡満寿男理事長)。最盛期には、1万数千人の会員を誇ったが、戦後六十数年を経て現在は約1600人(2世会員を含む)にまで減少。財政基盤の悪化もあって10月末で、財団法人を解散し、任意団体として再スタートを切ることに。

 その記念大会の会場で、世界のコレクターから高い評価を受けている満鉄のポスター16点が展示され、1日限り、しかも大会開催時間“4時間限定”の展覧会が開かれた。外国人客が多かった満鉄らしく、英語表記のポスターが多い。現地の風俗を描いた「高脚(たかあし)踊り」や「満州上流夫人の略礼装」などエキゾチックな作品は旅情をかきたてる。

 「これだけ貴重なポスターが一堂に集まるのは過去にも、これからもないでしょうね。伊藤順三作の『長春駅』など、私が初めて見たポスターもあったぐらいですから」とは、満鉄会の天野博之理事。

 16点のうち、12点は、さいたま市のコレクター、中村俊一朗さん(68)の提供作品。二十数年前から、海外のコレクターや古書店などから、ひとつひとつコツコツと買い集めたという。「満鉄のポスターは、そんなに残っていないんですよ。しかも海外で人気が高いから、外国人のコレクターが持っているケースが多く、びっくりするような値段がついている。でも、日本の大切な文化だから、自国に残しておきたいと思ってね」

 まるで時間が昔に戻ったかのように、参加者も“古き良き日”に思いをはせていた。(喜多由浩)
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-28 07:57 | 社会  

森繁久弥さん入院

8月3日17時3分配信 時事通信

 俳優の森繁久弥さん(96)が7月下旬から東京都内の病院に入院していることが、3日分かった。

 所属事務所によると、森繁さんは7月22日ごろ自宅で風邪をひいて体調を崩し発熱があったため、主治医の判断で検査も兼ね入院したが、同月末には平熱に戻った。現在若干たんが出る程度だが、夏場で気候の変動も激しいため、大事を取って入院を続けているという。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-03 17:03 | 社会