タグ:法務省 ( 2 ) タグの人気記事

 

法務省、8億円分の入札「凍結」 「新大臣の指示待つ」

2009年9月9日9時14分 朝日新聞

 法務省が、09年度補正予算に盛り込んだ事業のうち、近く入札予定だった4事業計約8億円分の入札を「凍結」したことが分かった。民主党が補正予算についても一部見直しを示唆していることを受けたもの。「契約後に取り消すと違約金が発生する。まずは新大臣の指示を待ちたい」として、全国の検察庁や刑事施設にも同様に対応するよう連絡した。

 法務省によると、4日付で入札予定を取り消した本省分の4事業は、全国の刑務所などと結ぶ矯正局専用ネットワークに使うパソコン(2551台)の購入▽同ネットワークのプリンター(681台)、スキャナー(171台)の購入▽本省や法務総合研究所にあるテレビ(計281台)の地上デジタル対応テレビへの更新▽再犯防止のためのシステム統合計画の見直し作業委託費。

 入札は9~10月にかけて予定されており、すでに業者への説明会が終わったものもある。

 ただ、このうち見直し作業委託費は期限が3月下旬となっており、契約が遅れると年度内に納入を完了させる補正予算の原則が守れなくなる可能性があるという。同省幹部は「新大臣に説明し、理解を得たい」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-09 09:14 | 行政・公務員  

法務省 死刑命令書を全面開示 宮崎元死刑囚ら「執行せよ」

3月13日15時20分配信 産経新聞

 法務省がウェブサイト運営者の請求に応じ、幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤元死刑囚らに対する死刑執行命令書を全面開示したことが13日、分かった。命令書は同日、ウェブで公開された。命令書全文の公開は初めてとみられる。

 公開された宮崎元死刑囚に対する執行命令書は昨年6月13日付。

 鳩山邦夫法相(当時)が東京高検の樋渡利秋検事長(当時、現検事総長)に「平成18年7月31日上申に係る宮崎勤に対する死刑執行の件は、裁判言い渡しのとおり執行せよ」と命じている。

 宮崎元死刑囚は命令書が出されてから4日後の17日午前、東京拘置所で刑を執行された。

 宮崎元死刑囚は18年2月1日に刑が確定。刑事訴訟法は確定から原則6カ月以内の執行を定めていることから、東京高検はちょうど半年後に執行を「上申」したとみられる。

 法務省によると、死刑執行命令書の開示請求では、死刑囚のプライバシーに配慮し、一部を黒塗りにしてきた。しかし、鳩山法相時代に、刑を執行した死刑囚の名前を発表することにしたため、執行命令書も全面開示することにした。

 執行命令書を開示請求し、公開したのは、ウェブ利用者の質問に専門記者らが答えるサイト「回答する記者団」の運営者、佐藤裕一さん(33)。

 ウェブでは、宮崎元死刑囚ら計15人の執行命令書を公開。会員登録すれば閲覧できる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-13 15:20 | 行政・公務員