タグ:沖縄 ( 63 ) タグの人気記事

 

琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ

2010年9月17日5時30分 朝日新聞

 琉球大学医学部が6年前から、助産師の卵たちに民間療法「ホメオパシー」を必修授業の中で教えていた。日本ホメオパシー医学協会認定の療法家(49)が講師だった。ホメオパシーに傾倒する助産師が通常医療を拒否するトラブルも起きており、同大は来年度から取りやめることを決めた。今後は学生に「リスクがある」と伝えていくという。

 大学や担当した講師によると、ホメオパシーの授業は、代替療法の一つとして、保健学科の「助産診断・技術学」の中で年1回、3年生を対象に行われた。今年度も8月10~11日、学生10人を対象に、ホメオパシーの歴史やレメディーと呼ばれる砂糖玉が体に作用する仕組み、症状が緩和できる病気について、教えたという。講師が学生から「どうしたら(ホメオパシー療法家の)資格が取れるか」と聞かれたこともあるという。

 講師の療法家は助産師で、沖縄県内に日本ホメオパシー医学協会と提携する助産院を開設。2004年度に非常勤講師として採用された。この療法家は取材に「ホメオパシーは素晴らしい。症状が改善する」と話している。

 今夏、山口市でホメオパシーを実践する助産師が女児にビタミンK2シロップを与えず頭蓋(ずがい)内出血により死亡させたとして、損害賠償を求める訴訟が起きたことが明らかになった後も、学内で授業内容に異論は出なかったという。

 しかし、日本助産師会が8月下旬、ホメオパシーを使用したり、勧めたりしないよう会員に求めたのを受け、担当教員らが「適切ではない」と判断。来年度以降は中止することを、医学部教授会などを通じて決めることにした。

 ホメオパシーを取り入れている助産師は多く、日本助産師会の調査でも、1割弱の助産院が実践していた。

 担当の教授(母性看護・助産学)は「お母さん方から質問された時に、説明できるように取り入れた。今後はホメオパシーはリスクがあるものと伝えていく」と話している。(岡崎明子、長野剛)
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-17 05:30 | 荒む社会  

興南逆転劇 後押し 「ハイサイおじさん」復活

2010年8月21日 07:55 産経新聞

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で熱戦が展開されている全国高校野球選手権大会14日目の20日、興南(沖縄)と報徳学園(兵庫)の準決勝で、興南の応援団が演奏を自粛していた沖縄勢の定番応援ソング「ハイサイおじさん」が復活。“封印”を解かれたノリノリの旋律が逆転勝利を呼んで興南は決勝に進出し、県勢初の夏Vと史上6校目の春夏連覇に王手をかけた。

 ハイサイおじさんは約30年前に沖縄で誕生した歌謡曲。沖縄勢共通の応援ソングとして定着したが、「原曲の歌詞が高校野球の応援にそぐわない」との指摘を受け、今大会での演奏を自粛していた。

 しかし、興南が勝ち進むにつれ、「演奏してほしい」との要望が激増。興南や応援演奏を手がける兵庫県尼崎市の市立尼崎高校に、全国から問い合わせが相次いだという。この反響を受けて急遽(きゅうきょ)、野球部OB会が“解禁”した。

 興南が5点を追う五回、連打でチャンスが訪れる。ここでブラスバンドを指揮する元尼崎高教諭の羽地靖隆さん(62)がぶっつけ本番で「ハイサイおじさん」の演奏を指示。おなじみの旋律で一体となった満員のアルプスが後押しし、興南はこの回に3点を返す。再び演奏された七回で逆転し、県勢19年ぶりの夏決勝進出を果たした。「ハイサイおじさん」の応援で打席に立ち、逆転打を放った4番の真栄平大輝一塁手は「気持ちが伝わってきた。やはり、ハイサイおじさんがいい」と笑顔をみせていた。


帰ってきた「ハイサイおじさん」 自粛に演奏の要望殺到
2010年8月21日 09時23分 沖縄タイムス

 甲子園で県勢の応援歌の定番として全国的に親しまれている「ハイサイおじさん」が20日、甲子園のスタンドに帰ってきた。応援が過熱しすぎて危険、飲酒を促すような歌詞が教育的に好ましくないなどの指摘があったため、興南応援団は1回戦で1度使ったきり、演奏を自粛していた。興南が快進撃を続ける中、多くの野球ファンから「寂しい」と復活を望む声が相次いだため演奏が実現した。(金城珠代)

 準決勝の五回裏。5点を先制された興南高校が得点のチャンスを迎えると、スタンドに聴き慣れた「ハイサイおじさん」のメロディーが響き、応援団の熱気をさらに盛り上げた。

 大阪県人会連合会青年部顧問の宮城秀治さん(61)は「この曲が流れるとやっぱり血が騒ぎ、応援にも力が入る。応援の盛り上がりが選手に伝わったと思う」と久々の演奏を喜ぶ。

 吹奏楽部を率いる羽地靖隆さん(62)は「聞きたいという声があちこちからあり、チャンスが来たら使おうと思っていた。楽譜もないが、みんな覚えていた」と伝統曲の歓迎ムードに笑顔をこぼした。

 夏の甲子園の出場を前に、興南高校野球部OB会は「ヒヤミカチ節」に標準語の歌詞をのせた新しい応援歌を作成。伝統となっていた「ハイサイおじさん」の演奏自粛を求める意見が同校関係者の耳に入ったため、その是非を議論しないまま使用を先送りしていた。


夏の高校野球:応援やっぱりこれ ハイサイおじさん復活
2010年8月21日 毎日新聞

 【甲子園取材班】興南が逆転勝利への流れをつくった五回表、三塁側アルプスに「ハイサイおじさん」が復活した。序盤で大量失点した興南の応援団を元気づけ、ナインを後押ししようと、毎年沖縄勢の応援に協力している市立尼崎高校吹奏楽部顧問で県出身の羽地靖隆教諭(62)が機転を利かせた。

 今夏は興南側の要望もあり「ヒヤミカチ節」を基にした新応援歌が主に演奏され、「ハイサイおじさん」は2回戦で一時演奏されただけだった。

 羽地教諭は、興南が3点を返した直後に部員に演奏を指示。追撃のチャンスでなじみの曲が流れると、観客は一層沸き立った。羽地教諭は「試合前に『今日は(ハイサイおじさんを)やるぞ』と部員に話していた。皆聞きたがっていたからね。興南サイドからもOKはもらっていた」と満足げな表情で語った。(琉球新報)


適時打に響く「ハイサイおじさん」興南、春夏連覇に王手
2010年8月21日 朝日新聞

 春夏連覇と沖縄勢の夏初優勝がかかる興南か、40年ぶり2度目の夏制覇を目指す東海大相模(神奈川)か――。

 20日、準決勝の2試合があり、興南は報徳学園(兵庫)に6―5で逆転勝ち。東海大相模も打撃戦を制し、成田(千葉)を11―7で下した。

 決勝は21日午後1時から、阪神甲子園球場で行われる。

 オレンジ色に染まった三塁側の興南(沖縄)応援席が一気に沸き上がった。5点を追う5回、1死二、三塁で慶田城(けだしろ)開選手が2点適時打を放つと、沖縄代表の応援では定番の歌謡「ハイサイおじさん」の軽快な音色が響き渡った。今大会で一時「封印」されていた曲の復活に応援も勢いづき、「イーヤーサッサ」の掛け声や指笛も。この回、さらに1点追加した。

 酒飲みのおじさんを歌った「ハイサイおじさん」は高校野球の応援歌にそぐわないという声があり、1回戦後は演奏が控えられた。しかし、応援演奏をする市立尼崎高(兵庫県尼崎市)吹奏楽部顧問の羽地(はねじ)靖隆さん(62)によると、「やらないの?」と惜しむファンや保護者らの声を受け、この日「解禁」した。

 1回戦後は練習していなかったが、なじみ深い曲に演奏の息もぴったり。羽地さんも「この曲はみんながのる」。7回の同点打、勝ち越し打でもタイミング良く響かせ、観客は総立ちで曲に合わせて歌ったり踊ったりした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-21 07:55 | 社会  

夏の甲子園:アルプスから消えた「ハイサイおじさん」

2010年8月18日 毎日新聞

 【甲子園取材班】甲子園の応援歌として定番だった「ハイサイおじさん」が今年はアルプス席で流れず、観客から「聞きたい」という声が相次いでいる。チャンスにアルプス席を一層盛り上げる曲だったが、興南の春夏連覇を願って関係者が制作した新応援歌の登場で、姿を消しつつある。

 興南の試合では「ヒヤミカチ節」を基に作った新応援歌が演奏され、野球部員らも「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ」と左右にメガホンを振って踊り、板についてきた様子。

 2回戦で敗退した元沖尚の金城孝夫監督が率いる長崎日大の試合では、県出身の島袋翔輝選手らが活躍し、何度も演奏された。長崎日大の応援団の中には沖縄勢の応援さながらにカチャーシーを踊る観客もいた。

 35年以上にわたり県勢の私設応援団長を務め「ハイサイおじさん」を応援歌に提案した糸数勝彦さん(65)=大阪市住吉区=は「ハイサイおじさんを聞くのを楽しみに球場に来る一般の人もいるので、ぜひ演奏して」と要望した。

 沖縄勢の応援で市立尼崎高校吹奏楽部を指揮する顧問の羽地靖隆教諭(62)は「なぜ演奏しないのかとたくさんの人に聞かれたが、どの曲でも盛り上がってくれたらそれでいい」と困惑気味に話した。

(琉球新報)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 23:59 | スポーツ  

夏の高校野球:応援歌ハイサイおじさん、歌詞巡り演奏激減

2010年8月18日 18時10分 毎日新聞

 熱戦が続く夏の甲子園大会もあすベスト4が出そろう。グラウンドの勝負同様、熱く盛り上がっているのが応援スタンドからの応援だ。だが春夏連覇を目指す興南(沖縄)のアルプス席で今夏、“異変”が起こっている。応援歌として定着した「ハイサイおじさん」がほとんど演奏されないのだ。

 同校によると、きっかけは地元紙に寄せられた投書だった。酒びたりのおじさんを題材にした「ハイサイおじさん」の歌詞が「高校野球の応援歌としてふさわしくない」と指摘されたのだ。代わって登場したのが「ヒヤミカチ節」。「ヒヤミカチ」とは起きあがる時の「エイヤッと」という掛け声の意味で、沖縄戦で荒廃した沖縄を「立ち上がれ」と勇気づけるため戦後、作られた民謡だ。

 沖縄では祝い事があったときなどの踊り「カチャーシー」にぴったりと親しまれてきた曲。アルプス席では、大人数での移動が難しい沖縄勢のため毎回、友情応援を続ける市立尼崎高(兵庫県尼崎市)などによる混成バンドがさっそくマスターし、にぎやかに演奏している。チャンスのたびに「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ、ヒヤミカチウキリ~」と、野球部員たちの気合の入った声が響く。

 ただ、同県篠山市のアルバイト、平田理恵さん(22)は「沖縄の応援といえばハイサイおじさん。盛り上がり方が違うので演奏されないのは残念」と話す。だが、沖縄県与那国町から応援に来たという飲食店従業員、大城悠さん(20)は「盛り上がれる曲なら何でもいい」とリズムに合わせ、熱心に応援を送っていた。【堀江拓哉、徳野仁子】
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 18:10 | 社会  

【甲子園・夏】あの名曲…応援歌「ハイサイおじさん」が教育的指導で消された

2010.8.18 12:27 産経新聞

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第92回全国高校野球選手権大会で、準々決勝進出を果たした興南高校(沖縄)のアルプススタンド応援席から、沖縄代表の定番応援歌「ハイサイおじさん」が、ピタリと消えた。理由は、酔っぱらいおじさんを扱った歌詞が高校野球にふさわしくないという“教育的指導”。興南高校は18日の準々決勝第2試合に登場するが、おなじみのメロディー復活を求める声は根強い。

1通の投書きっかけ…全国のファン復活望む声

 「ハイサイおじさん」は、約30年前に沖縄で生まれた歌謡曲。25年ほど前、沖縄出身で兵庫県尼崎市内の中学校で音楽教諭をしていた羽地靖隆さん(62)が、甲子園に出場した沖縄勢を応援するため、生徒たちと演奏したのが始まり。独特のリズムが人気となり、沖縄県勢共通の応援曲となった。

 ところが今年7月、地元紙に、「遊郭を遊び歩く酒飲みおじさんをからかう原曲の歌詞が、高校野球にそぐわない」という内容の投書が掲載されたことから、興南高校野球部OB会が使用自粛を決めた。

 代わりに用意されたのが「ヒヤミカチ節」。戦後の沖縄を元気づけようと作曲され、祝い事で流れる地元ではおなじみの民謡だ。「アップテンポな曲調や前向きな歌詞が応援歌にふさわしい」と、野球部OBの仲村智成(ちせい)さん(51)が提案。アレンジや練習が間に合わず、甲子園が“初登板”となり、羽地さんも演奏の指導に力をこめる。

 1回戦ではこの新曲の準備が間に合わず、「ハイサイおじさん」が一度だけ流されたが、2回戦からは演奏されず、大会期間中は使わない方針。

 ただし、全国のファンや興南高校応援団から「新曲もいいが、ハイサイおじさんをやらないのは寂しい。リズムだけでも残してほしい」との要望は強く、興南高校の教諭も「生徒から演奏したいという声はある」という。

 仲村さんは「『ハイサイおじさん』をやるかやらないかは出場校次第だが、『ヒヤミカチ節』も慣れてくると思う。こちらも沖縄代表の応援歌になってほしい」と期待をこめる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 12:27 | 荒む社会  

石垣・宮古に陸自配備=中国を意識、防衛省が検討

2010/07/20-20:15 時事通信

 沖縄県の先島諸島周辺海域での中国海軍の活動活発化を受け、防衛省が石垣島や宮古島への陸上自衛隊の配備を検討していることが20日、分かった。自公政権当時に陸自配備が検討された日本最西端の与那国島と併せ、具体的な配備先や規模について調整を本格化させる。

 これに関し、北沢俊美防衛相は同日の記者会見で「先島諸島の防衛拠点は極めて重要だ。(部隊配備の)検討を前向きに進めたい」と述べた。配備が具体化すれば、国境が近い中国や台湾の反発を招くのは必至だ。

 石垣島や宮古島へは、陸自普通科(歩兵)を中心に数百人規模の配備を想定。与那国島には数十人規模の配備を検討している。

 防衛省幹部は20日、「隊員の生活基盤を考えると、基地は石垣島か宮古島に置きたい。ただ、地元に大きな影響のある話なので、駐留先は慎重に調整しないといけない」と語った。 

 北沢防衛相は既に、先島諸島への陸自配備に向け、2011年度予算概算要求に調査費を計上する考えを表明。今年3月には、与那国島を視察している。

 防衛省は、年内にまとめる新たな防衛計画大綱と次期中期防衛力整備計画(中期防)で、島しょ防衛の強化を打ち出す方針。この中で、自衛隊の「現地駐留」の重要性を強調する見通しだ。

 先島諸島周辺では近年、中国海軍が活動を活発化。4月には、潜水艦2隻を含む艦艇10隻が沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過して太平洋上で大規模訓練を実施、国境警備の態勢強化の必要性が指摘されていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 20:15 | 行政・公務員  

代替滑走路は複数案に=普天間移設、沖縄に配慮―政府

7月15日1時34分配信 時事通信

 日米が沖縄県名護市辺野古への代替滑走路建設で合意した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設で政府は14日、両国の専門家協議で8月末までに決める滑走路の具体的な場所や工法について、結論を一つに絞り込まず、複数案とする方向で米側と調整に入った。結論を限定すれば、沖縄側に「押し付け」と受け取られる懸念があるため、柔軟な対応で臨む。

 普天間移設をめぐり日米は、5月の共同声明で8月末までに専門家レベルで結論を出し、秋に開催する両国の外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で決定するとしている。

 一方、9月12日には名護市議選、11月28日には県知事選が予定される中、日米専門家協議での結論を押し付ければ、地元から「頭越し」との反発を招き、移設が一段と困難になると判断した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-15 01:34 | 政治  

落選の喜納氏「党が沖縄を裏切ったという感情強かった」

2010年7月12日12時28分 朝日新聞

 民主沖縄県連代表で歌手の喜納昌吉氏(62)は再選を果たせなかった。12日午前4時すぎまで那覇市の事務所でテレビの開票速報を見守り、落選が決まると疲れ切った表情で「(民主党が沖縄を)裏切ったという感情が(有権者に)強かったのではないか」と語った。

 米軍普天間飛行場の移設問題での党本部との対立から、同県連は沖縄選挙区での独自候補擁立を断念。喜納氏は、政府に対する不満票を取り込む狙いから沖縄での運動に重点を置いた。街頭では「政権は沖縄問題から逃げている」と訴えたが、有権者の反応は厳しかった。ともに県内を回った衆院沖縄4区の瑞慶覧長敏議員は「『迷走するな』とか厳しい言葉を再三投げつけられた」という。

 結局、得票は前回の半分以下だった。新垣安弘・県連幹事長は「選挙区候補がいない分、票の掘り起こしも進まなかった。厳しい選挙だった」と力なく語った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 12:28 | 政治  

路線バスを盗もうとした疑いで米兵2人逮捕 沖縄県警

2010年6月20日21時37分 朝日新聞

 路線バスを盗もうとしたとして、沖縄県警は20日、ともに在沖米空軍上等兵のクリストファー・ジェームス・ケルナー(21)とエバン・スペンサー・ミックヒュー(20)の両容疑者を窃盗未遂などの疑いで逮捕した。2人は容疑を認めているという。

 嘉手納署によると、2人は20日午前1時ごろ、沖縄本島中部のバスターミナルで、キーをつけた状態で止めてあった路線バスに乗り込み、盗もうとした疑いが持たれている。バス会社からの通報で駆けつけた警察官が現場近くにいた2人を発見した。2人とも酒を飲んでいたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-20 21:37 | 社会  

ジュゴンの海、緊急調査へ 普天間移設の辺野古沿岸

2010年6月18日17時56分 朝日新聞

b0161323_3272946.jpg 財団法人日本自然保護協会(東京都中央区)は7月下旬、沖縄県名護市辺野古の沿岸海域で、絶滅の恐れがあるジュゴンの食草などを調べる緊急の「生物多様性調査」をすることを決めた。ジュゴンは沖縄全体でも生息数は50頭以下とされているが、専門家からは、現状では10頭未満との指摘も出ている。

 日米が米軍普天間飛行場を辺野古周辺に移設し、滑走路の工法や仕様を8月末までに決める方針を確認したのを受け、緊急調査に踏み切る。

 過去の調査でジュゴンが海草の餌場にしていた幅約1キロ、長さ約2キロの浅海域が対象。ジュゴンによる食べ跡やエサの海草がどのくらい海底にあるかを調べ、エビやカニ、貝類、ヒトデ、ナマコなどの種類や生息数も海洋生物学者とともに詳細に記録する。

 ジュゴンは国の天然記念物で、環境省のレッドリストでは最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧(きぐ)A類」に指定されている。調査海域にはジュゴンがエサとして好む複数種の海草が生えているが、近年はジュゴンによる食べ跡が確認できていないという。

 同協会の大野正人・保護プロジェクト部長は「辺野古の沿岸海域が生物多様性の面からも重要な場所であることを、科学的なデータとして国に示したい」としている。(山本智之)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-18 17:56 | 社会