タグ:死人に口なし ( 2 ) タグの人気記事

 

「勝手な事言うな」死亡女性遺族が押尾に激怒

8月7日7時52分配信 サンケイスポーツ

 合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反で逮捕された俳優、押尾学容疑者(31)と一緒に錠剤を飲んだ後、亡くなった東京・銀座の高級クラブホステス(享年31)の葬儀が6日、故郷の岐阜・飛騨市の大黒寺で営まれた。押尾容疑者が「錠剤を女性に勧められて飲んだ」と供述したことに対し、女性の関係者は「死人に口なしか」と不快感をあらわに。親族の男性が「(事実関係を)争っても(女性は)帰ってこない」と両親の悲しみを代弁した。

 「死人に口なしか!!」

 この日、女性の実家近くにある寺で営まれた葬儀に参列した関係者の一人は、「(錠剤は)女性に勧められて飲んだ」という押尾容疑者の供述に対し、強烈な不快感をあらわに、吐き捨てるように言った。続けて「勝手なことばかり言って。弁護士がついているんだろう」と不信感も。

 くしくも、この日、女性の知人が日本テレビの取材に対し、「女性から『男性に錠剤を勧められて困っている』との相談を受けていた」と、亡くなる前週に相談されていたことを明かした。この男性が押尾容疑者ならば、供述に矛盾が生じることになる。

 この日の葬儀は、両親の「静かに送りたい」という意向で、寺から報道陣を遠ざける厳戒態勢の中、100人以上が参列。参列者によると、着物姿でほほえむ女性の遺影が飾られ、同級生の女性らが涙声で弔辞を読み上げ、焼香では泣き崩れる女性もいたという。

 喪主を務めた父親は涙をこらえて気丈に振る舞い、「きょうはありがとうございました」などとあいさつ。一方、母親はぼう然として、言葉にならない様子だったという。親族は女性について「優しくて、親思いで、いい子だった」と振り返った。事件や押尾容疑者の話は一切出ることはなかったという。すでに遺体は、5日の通夜の前に火葬された。

 葬儀後、実家では「両親の取材は勘弁してください」と親族の男性が対応。押尾容疑者に対しては「別の世界の人だから」と冷静に振る舞ったが、同容疑者の供述については「(女性が)勧めたと思っている人は誰もいない。でも、そんなことを争っても(女性は)帰ってこないから」と無念さをのぞかせた。

 両親は押尾容疑者への恨み言は漏らしていないという。ただ、この親族の男性は「救急車を呼んでくれたら助かったかもしれないとは内心、思っているかもしれないが…」とした上で、「訴えたりしても誰も得をしない。とにかく静かにしてほしい」と呼びかけた。

Links: 平沢勝栄 安藤英雄 押尾学ダイナシティ中山 松浦勝人 熊取谷稔 麗城あげは 四の橋 真藤恒 西川史子 福本 平沢勝栄 フィールズ株式会社 FIELDS CORPORATION 山本英俊 糸井重里 保科爵介 吉川ひなの BMGファンハウス 橋本麗香 REIKA 岡沢高宏 高岡蒼甫 金剛弘 Fayray フェイ・レイ 金村剛弘 新宿ジャックス 関東連合 弘道会 今野智弘
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-07 07:52 | 社会  

「女性から錠剤渡された」=2錠で異変、蘇生試みる-別室移動と押尾容疑者・警視庁

8月6日0時4分配信 時事通信

 俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)が合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、同容疑者が警視庁麻布署の調べに「(マンション一室で死亡した30代の)女性から錠剤を渡された」と供述していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 同署は供述の信ぴょう性や、女性が死亡した経緯などを慎重に調べる。

 捜査関係者によると、押尾容疑者は「女性から『違法なものではないから大丈夫』と勧められ、錠剤を渡された」と主張。2人とも1錠ずつ飲み、女性が2錠目を飲んだところで様子がおかしくなったという。

 このため、蘇生(そせい)させようと心臓マッサージを試みたが、回復せず、所属事務所のマネジャーを呼び、自分は立ち去った。その後は家宅捜索を受けた別の部屋にいたという。

 女性は元飲食店従業員で、客だった同容疑者と知り合った。119番で同署員が駆け付けると、女性は衣服を着けておらず、あおむけの状態で死亡していた。特段の外傷はなく、死後24時間以内だった。

 女性が死亡した部屋は押尾容疑者の関係者が借りていたが、同容疑者は自由に出入りできたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-06 00:04 | 社会