タグ:栃木 ( 8 ) タグの人気記事

 

足利乳児骨折初公判 「幸福な親子に嫉妬」

8月9日20時22分配信 産経新聞

■不可解な事件の背景には…

 なぜ生後間もない乳児を…? 栃木県足利市で発生した連続乳児骨折事件で、傷害の罪に問われた同市若草町、無職、五月女裕子被告(29)の初公判が9日、宇都宮地裁足利支部(宮崎寧子裁判官)で開かれた。不可解な事件の犯行動機を知ろうと、法廷には大勢の報道陣や市民らがつめかけた。

 午後1時35分。五月女被告は黒と灰色のボーダーシャツに黒い七分丈ズボン、サンダル履きというラフな格好で入廷した。

 48席の傍聴席を埋め尽くした人の数に驚いたのか、一瞬目を大きく開いた。すぐに、うっすらと笑みを浮かべながら被告人席につく。名前や住所を問う裁判官の質問にも、早口ながらハッキリと答えた。

 起訴内容を認めた被告に対し、検察官が冒頭陳述を始めた。

 「被告は子どもをたくさん産んで、夫婦と子どもで幸せな生活を送るのが夢だったが、現実には、離婚して子どもも一人だけの母子家庭だった」

 五月女被告は高校を卒業後、調理師の専門学校に通い、アルバイトなどをしていた。その後、結婚。娘をもうけたが、平成19年に離婚した。犯行時は両親と娘の4人暮らしだった。

 「幸福そうにしている親子を見るとうらやましいという気持ちを抱き、その家庭に嫉妬(しっと)心を持つようになった」

 検察側は、子どもがたくさんいる家庭に対する嫉妬心が募り、今年2月ごろから、乳児を抱かせてもらい、母親の目を盗んで乳児をつねったりするようになったことを指摘した。

 この日、審理された事件は5月26日に2カ月と3カ月の乳児の足の骨を折ったという2件の犯行。子ども用品店で、親子連れを見かけた五月女被告は母親に声をかけ、母親の年齢や家族構成を聞き出したという。検察側は続いて、声をかけた被告が犯行を決意するまでの心情を説明した。

 「被害男児のほかにも子どもがいると聞き、うらやましくなり犯行を決意…」

 もう1件の犯行についても、こう続けた。

 「母親が被告よりも年下なのに、子どもが2人もいることを知り、経済的余裕があると思い、うらやましい気持ちや嫉妬心を強くし、犯行を決意…」

 検察側は「子どもが多い方がいいと思っていた被告は見栄(みえ)を張り、女の子が年子で6人いると言った」と述べた。被告が子どもが多いことへの強い執着心を示した。

 不可解な犯行動機の一端が垣間見えた初公判だったが、自身の子どもも五月女被告に抱っこされたという足利市内の主婦(28)は「娘を持つ人がどうしてあんなことをするのか?」などと、依然として納得できない様子だった。

 首藤逸雄弁護士は閉廷後、記者団に対し「離婚が犯行の直接的な原因ではない。色々な要因が積み上がり(被告が乳児への暴行を始めた)2月ごろに、被告に決定的な出来事があったのではないか」と語る。そして、被告は犯行当時、心神耗弱状態だったとして、精神鑑定を請求する方針を明らかにした。

 検察側はすでに別の乳児骨折事件でも五月女被告を起訴しており、8月下旬には、さらにもう1件を起訴する予定だ。本格的な審理はその後だが、被害者家族や市民が納得のいく動機は明らかになるのか。第2回公判は9月29日に予定されている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-09 20:22 | 荒む社会  

「抱かせて」と乳児の骨折る=傷害容疑で28歳女を逮捕-栃木県警

2010/05/28-15:32 時事通信

 見知らぬ女性の乳児を抱かせてもらった際に骨折させたとして、栃木県警足利署は28日、傷害容疑で、足利市若草町の無職五月女裕子容疑者(28)を逮捕した。「抱っこはしたが、骨折するような傷害は負わせていない」と、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は26日午前11時25~35分ごろ、同市内の子ども用品店で、生後3カ月の長女を連れ、買い物中だった女性(26)に「かわいいので、抱かせてください」と話し掛け、抱いている間に両太ももを骨折させ、約4週間の重傷を負わせた疑い。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 15:32 | 社会  

准看護師が入れ歯ずれた患者撮影 同僚に見せる

2010.5.7 11:54 産経新聞

 栃木県真岡市の真岡病院で、30代の女性准看護師が90代の女性患者の入れ歯がずれた姿を撮影し、女性の死後に同僚に見せていたことが7日、病院への取材で分かった。

 病院は「不適切な行為」として厳重注意した。事実関係をさらに詳しく調査するとしており、栃木県も病院から事情を聴く方針。

 病院側によると、准看護師は3月上旬の夜勤の際、女性の入れ歯がずれている姿を携帯電話で撮影した。女性は4月上旬に亡くなり、その2日後に画像を同僚に見せていた。女性には認知症の傾向があった。

 准看護師は「申し訳ありません」と謝罪しているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-07 11:54 | 社会  

捜査対象に性的行為、二審は実刑 「警察官の自覚欠く」

2009年12月22日19時19分 朝日新聞

 放火事件の捜査対象になっていた女性に性的な行為をしたとして、特別公務員暴行陵虐の罪に問われた栃木県警の元警部補上岡友洋被告(53)の控訴審判決で、東京高裁(門野博裁判長)は22日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役5年)とした一審・宇都宮地裁判決を破棄し、あらためて懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、足利署刑事1課係長だった上岡被告は2008年3月20、22両日の深夜、足利市内のスーパー駐車場で、自宅に放火した疑いで捜査対象だった30代の女性の車に乗り込んで両日とも性的な行為をし、22日には携帯電話のカメラで体の一部を撮影した。

 判決は、車内の助手席側のシートに女性の体液が残っていたことなどから、被告が女性に性的行為をしたと判断。「被害者の供述は信用できない」として性的行為はなかったと判断し、一部無罪とした一審判決を破棄した。被告側は上告する方針。

 門野裁判長は「警察官としての自覚を著しく欠いた悪質な犯行だ。性的行為を強制した事実は認められないが実刑は免れない」と指摘した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-22 19:19 | 行政・公務員  

<地震>栃木・日光などで震度4=午前5時41分

12月18日6時27分配信 毎日新聞

 18日午前5時41分ごろ、栃木県南部を震源とする地震があり、同県日光市などで震度4を観測した。震源の深さは約80キロ、地震の規模(マグニチュード)はM5.1と推定される。この地震による津波の心配はない。

 震度3以上の主な地域は次の通り。

 ▽震度4=栃木県鹿沼市、真岡市、壬生町、大平町、岩舟町、下野市、茨城県結城市、筑西市、鉾田市、群馬県邑楽町、埼玉県熊谷市、吉見町

 ▽震度3=栃木県大田原市、塩谷町、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、上三川町、西方町、益子町、市貝町、芳賀町、野木町、栃木藤岡町、都賀町、高根沢町、那須烏山市、栃木那珂川町、下野市、茨城県水戸市、日立市、常陸太田市、笠間市、ひたちなか市、茨城町、大子町、常陸大宮市、城里町、小美玉市、土浦市、茨城古河市、石岡市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、美浦村、阿見町、八千代町、五霞町、境町、坂東市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市、群馬県沼田市、片品村、前橋市、桐生市、太田市、館林市、渋川市、板倉町、群馬明和町、群馬千代田町、大泉町、みどり市、埼玉県熊谷市、行田市、加須市、東松山市、羽生市、鴻巣市、久喜市、滑川町、鳩山町、騎西町、北川辺町、大利根町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、ときがわ町、川口市、春日部市、上尾市、桶川市、北本市、幸手市、毛呂山町、越生町、川島町、宮代町、白岡町、杉戸町、福島県白河市、泉崎村、棚倉町、葛尾村、千葉県香取市、野田市、東京都千代田区、江東区、品川区、杉並区、荒川区、町田市、神奈川県横浜市、川崎市、鎌倉市、厚木市、伊勢原市、山梨県笛吹市
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-18 06:27 | 社会  

参院候補、公募へ 自民県連

2009年12月09日

 自民党県連(茂木敏充会長)は8日、選挙対策本部の初会合を開き、来夏の参院選(改選数1)の候補者を公募することを正式に決めた。数日中に、県連の方針として党本部に伝える。これで現職の矢野哲朗参院議員は、公募に応じるか、立候補を断念するかの二者択一を迫られることになる。

 会合は午後1時半から宇都宮市の県連本部で非公開で開かれた。出席者によると、参加者全員が参院選の候補者選定の方法について「公募制の導入以外は考えられない」との認識で一致したという。選対本部は年内に候補者の募集を始め、来年1月24日の自民党大会までには候補者を決める方針だ。

 一方、矢野氏は6日の県連役員会後、記者団に対して立候補に含みを持たせた上で「現職が出馬するのにわざわざ公募するのはありえない」と話していたが、今回の県連の決定により「現職優先」の可能性は消えたことになる。県連幹部の1人は「できれば公募が始まるまでに、矢野さんの進退に決着をつけたい」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 09:00 | 政治  

風求めサーファー集結 渡良瀬遊水地の谷中湖

10月8日 16:16 下野新聞

 【藤岡】渡良瀬遊水地の谷中湖は8日、台風18号の強い風を求めるウインドサーファーたちでにぎわった。

 この日の同所は、午前中まで南風、午後から西風と台風の進行により風向も変化。「風速がコンスタントに10メートル以上でコンディションもまずまず」(地元サーファー)と、平日にもかかわれず、県内外から約30人が訪れた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-08 16:16 | 社会  

飲酒事故の元警視、直前にも事故 20万円渡し口止めか

2009年4月20日3時10分 朝日新聞

 栃木県警の元警視で、県交通安全協会の滝田幸夫・元交通安全実技指導室長(62)が飲酒運転で物損事故を起こした問題で、元室長が物損事故直前、別の乗用車と衝突事故を起こしていたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。元室長は相手の男性に「迷惑料」として現金20万円を渡し、警察への通報はしていなかった。

 県警によると、衝突事故を起こした場合、道路交通法の規定で警察へ通報する義務があるが、現金を受け取った男性の協力が得られないなどとして、道交法違反(事故不申告)容疑での立件はしない方針という。

 宇都宮南署や滝田元室長によると、元室長は1日夜、自宅で日本酒2~3合を飲んだ後、乗用車を運転。自宅から約500メートル離れた宇都宮市緑1丁目のスーパー駐車場で別の乗用車と接触し、バンパーを破損する事故を起こした。直後に、元室長は相手の男性を自分の車に乗せて約800メートル離れたコンビニエンスストアに行き、現金自動出入機(ATM)で現金を引き出し、「迷惑料」として20万円を渡したという。

 元室長は、男性をスーパーに再び送り届けた後、自宅に帰ろうとして運転を誤り、金属製フェンスを突き破って約1.8メートル下の市道に落下。駆けつけた同署員が調べたところ、呼気から1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されたという。

 同署は16日、フェンスを突き破った事故について、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで元室長を書類送検した。

 滝田元室長は今市署次長や鉄道警察隊長などを務め、07年3月に県警を退職し、同協会に移った。滝田元室長は朝日新聞の取材に対し、最初の事故で通報しなかった理由について「(男性は車を)直してくれればいいということだった。修理代と慰謝料を渡して納得してもらった」と話している。(細見るい、吉永岳央)
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-20 03:10 | 行政・公務員