タグ:東横イン ( 3 ) タグの人気記事

 

ホテル従業員「客から暴行」 東横インに団交申し入れ

2010年11月8日 朝日新聞

 宿泊客に暴行を受けたとしてビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京都)の女性社員が、全国一般東京東部労働組合に加入し、8日、職場環境の改善などを求めて会社に団体交渉を申し入れた。同日記者会見して明らかにした。警察にも被害届を出し、受理されているという。

 女性は20代。今年4月に入社し、愛知県内のホテルに配属された。9月14日未明、宿泊客の男性と、男性がかかわったとみられる派遣型風俗店の従業員がホテル内でトラブルになり、男性に客室に呼び出された。男性に「訴える」などと言われて謝罪を要求され、服のボタンを外されたり下半身を触られたりしたという。

 このホテルに4人いるフロント従業員は全員女性で、1人ずつ交代で午前10時半~翌日午前11時半の25時間勤務をしている。昼間は支配人らがいるが、夕方以降は翌日の早朝まで1人で勤務することが多く、仮眠を取ることも難しいことがあるという。


<東横イン>深夜勤務は危険だらけ 女性フロントが団交要請
毎日新聞 11月8日(月)21時7分配信

 大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(東京都大田区)の愛知県内のホテルで働く20代前半の女性フロント従業員が、男性客に客室に呼びつけられ、わいせつな行為を受けていたことが分かった。女性は会社が防犯ベルの貸与などの対策を怠っているのは安全配慮義務違反に当たると主張。労働組合に加入し、再発防止に向け団体交渉を求めた。

 女性が加入した全国一般東京東部労組(須田光照書記長)によると、女性は9月14日午前4時ごろ、男性客から派遣型風俗店とのトラブルを巡って「謝りに来い」と客室に呼ばれた。性交渉を迫られ拒否したが、衣類のボタンを外され、下半身を触られたという。

 同社のフロント従業員はほとんどが女性で、深夜は一人勤務。女性の深夜業務については、厚生労働省指針で▽一人勤務を避けるよう努める▽防犯ベルの貸与などの対策を取る--などが定められているが、会社側に配慮はなく、緊急時の対応方法も指導されていなかったという。

 8日に会見した女性は「第二、第三の被害を防ぐため、声を上げることにした」と話し、会社側に謝罪・損害賠償や再発防止策に関する団体交渉を申し入れたことを明らかにした。女性は暴行容疑で愛知県警に被害届を出している。【市川明代】


フロント女性が性的被害…労組、防犯体制を要求
読売新聞 11月8日(月)20時37分配信

 ビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京)の防犯体制の不備によって、愛知県内の同社ホテルに勤務する20歳代の女性従業員が宿泊客からわいせつな行為を受けたとして、この従業員を支援する労働組合「全国一般東京東部労組」は8日、再発防止を求めて同社に団体交渉を申し入れたと発表した。

 同労組によると、女性従業員は1人でフロント業務に従事していた9月14日未明、男性宿泊客から客室に呼び出され、体を触られるなどのわいせつな行為をされたという。女性従業員はホテル側から防犯ベルなどを貸与されていなかった。

 同労組は「防犯体制や従業員の安全確保が不十分」として改善を求めた。同社広報部は「コメントは控えたい」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-08 06:00 | 経済・企業  

会員カード、社員が自腹 東横イン 労組「上司が強制」

2010年10月20日0時0分 朝日新聞

 フロント業務の長時間労働をめぐる労使トラブルが表面化している大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京都)の四国にある一部店舗で、顧客会員カードの入会金を社員が自己負担で支払っていたことが、東横イン労働組合(三田圭子委員長)の調査で明らかになった。同労組は「ノルマ達成のため上司から強制されていた。他店でも同様の行為があるのではないか」として再発防止を会社側に求めた。

 このカードは「東横インクラブカード」。公式ホームページによれば、入会金(キャンペーン価格)は1500円で、無料宿泊券(10泊で1枚)や割引などの特典がつく。労組の説明では、この店舗では部屋数と同じ数の新規会員獲得が毎月のノルマとされていたという。

 フロント業務に携わる複数の社員が労組に証言したところでは、ノルマが達成できそうもない月末、支配人から「今月は買い取ってもらうからね」などと不足分の穴埋めを迫られたという。新規入会1件につき100円の「手当」がつくが、差額の1400円が自己負担となる。

 カード登録には宿泊客の写真も必要。「買い取り」の際には社員自身の写真や雑誌のモデル、足りなければペットなどの写真まで使っていた。架空の人名を登録したうえで、実在しない顧客のカードを作っていたという。

 昨年7月分と同12月分を労組が調べたところ、フロント社員4人が総額6万4500円を負担。それぞれ月に約6千~約9千円を払っていた。女性社員の一人は「断れば無理な仕事を押しつけられるなど制裁が怖かった。ノルマ強制はもうやめてほしい」と訴える。労組側は「全店舗で強制していたわけではないが、厳しいノルマを課す体質が背景にある」とみる。

 東横インでは昨年12月、兵庫県内の店舗に勤める女性社員らが賃金の未払いをめぐって大阪地裁に提訴。今年6月には同労組が結成され、労働条件の改善を求めて会社側と交渉を続けている。

 東横イン広報部は朝日新聞の取材に対し、「社内で慎重に調査を行っており、現段階での回答は困難。落ち度があれば適正に対処したい」としている。(清川卓史)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-20 00:00 | 経済・企業  

東横イン:女性社員が労組結成 法令順守要求へ

2010年6月4日10時07分 毎日新聞

 大手ビジネスホテル「東横イン」(本社・東京都大田区、約7000人)で、大阪府や兵庫県内のホテルのフロント業務を担当する20~30代の女性正社員十数人が3日、「東横イン労働組合」を結成、同社に団体交渉を申し入れた。今後、「サービス残業中止や産休取得など、法令順守を求める」としている。

 労組によると、同社のフロント業務は大半が女性で勤務1回の拘束時間は連続25時間。契約上は仮眠が認められているが、実際には宿泊客への対応で仮眠は困難という。さらに出産・育児休暇を取るのは困難で、結婚や出産で退職に追い込まれるケースが相次いでいるという。

 委員長に就任した三田(さんだ)圭子さん(39)は「過去には労基署の勧告を受けて未払い賃金が支払われたことはあったが、すぐに元に戻ってしまう。改善を求めるには労組が必要だった」と話している。同社広報部は「労働法規を順守して、なすべき対応をしたい」とコメントしている。【日野行介】

 脇田滋・龍谷大教授(労働法)の話 過酷な待遇で若者を働かせる企業を労基署だけが監視し続けるのは難しく、労組結成はとても意義がある。他の企業への広がりも期待したい。


「休憩も仮眠もとれない」東横イン社員ら労組結成
2010年6月4日 朝日新聞

 仮眠もとれない長時間労働やサービス残業を改善してほしい――。大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京都)で働くフロント社員らが「東横イン労働組合」を結成し、3日、深夜の休憩確保や労働時間に見合った時間外手当の支払いなどを求めて会社に団体交渉を申し入れた。東横インの社員らを対象にした無料電話相談も各地で受け付ける。

 労組を立ち上げたのは、大阪市と兵庫県尼崎市の店舗で働くフロント社員と退職者ら女性十数人。同社にはこれまで労組はなかった。

 委員長の三田(さんだ)圭子さん(39)は、大阪市内の店舗でフロント業務を担当。忙しい時期には一晩で150人を超す宿泊客を受け入れる。しかし深夜のフロント勤務は1人のみ。飛び込み客や客室からの電話の対応などで「休憩や仮眠がとれないのは当たり前」という状態が続いたという。

 三田さんは「『1人体制では無理』とずっと訴えてきた。だが上司も会社との板挟みで何も変わらず、労組をつくるしかないと思った。火災など緊急時の対応に不安がある。従業員の健康とお客様の安全を守ってほしい」と語る。

 会社への要求には、スタッフ増員のほかに、出産・育児をする社員が働き続けられる育児休業の保障などを盛り込んだ。

 労組結成を支援した大阪全労協・ゼネラルユニオンの山原克二委員長は「各地で同じ労働問題が起きているはずで、全国約200店舗で働く社員にも加入を呼びかけたい」と話す。

 東横イン広報部は「申し入れを受けたばかりでコメントはできないが、労働法を守ってきちんと対応したい」と話している。(清川卓史)

    ◇   ◇    

 東横イン労組を応援する東北、東京、九州など各地の労組が4日以降、無料の電話相談「東横イン労働人権ホットライン」を開く。主な窓口は、大阪全労協(06・4793・0735)、東京東部労組(03・3604・5983)、ユニオン北九州(093・562・5710)、宮城合同労組(022・261・4392)。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-04 10:07 | 経済・企業