タグ:日本ユニセフ協会 ( 12 ) タグの人気記事

 

アグネス・チャンのパワーストーン 薬事法抵触で表現を削除へ

8月27日19時22分配信 J-CASTニュース

 アグネス・チャンさん(55)の所属事務所が運営している商品サイトに、薬事法などに抵触する可能性のある表示があることが分かった。アグネスさん本人がデザインしたパワーストーンや輸入元が販売している健康食品の霊芝で、病気に効くことをうたっているからだ。アグネスさん側は、「誤解を与えるのは本意ではない」として、指摘のある表現を削除するとしている。

  「オーナー アグネスより皆様へ」

 パワーストーンなどが販売されているのは、こんな紹介がある楽天のショッピングサイト「チャンズ」だ。

■霊芝でも「目を治し、肝臓の機能を補う」

 そこでは、タレントのアグネス・チャンさんが顔写真付きで、ファンらの利用を呼びかけている。

 風水を取り込んだという開運グッズのパワーストーンは、紹介コーナーで、色ごとなどに11種類のブレスレッドを写真付きで掲載。すべて3780円の商品で、「ピンクは恋愛運、病気緩和に効くそうです」「黄緑は健康運、仕事運、家庭運を呼び込む」などとうたってある。

 また、健康食品コーナーでは、きのこの霊芝をエキスにしたもの60粒入りの商品を2万円弱で販売。中国の医薬書を引用して、「目を治し、肝臓の機能を補い、心を落ち着かせ、寛容な心のも持ち主にする」などと紹介したほか、肝機能にいい影響があったという利用者の体験談も載せた。12箱セット20万円弱のもある。

 ネット上では、こうした商品販売について、「怪しい」などと批判する声が相次いでいる。

 オカルト批判で知られる早大の大槻義彦名誉教授は、自らのブログで2010年8月25日、アグネス・チャンさん側の商法を批判した。読者から疑問を示すメールが来たといい、慈善活動や教育を隠れ蓑にしているとして、27日もブログで批判的に取り上げた。

■「健康、恋愛にいいと言って売る商法をやるつもりはない」

 大槻義彦名誉教授は、取材に対して、こう指摘する。

  「パワーストーンとして病気の緩和や健康運などをうたうのは、これまでの霊感商法とまったく同じです。霊芝は、食用に適さず、摂取によっては副作用があると専門家が警告しています。2万円近くするというのは、すごく高価ですよ。極めて不適切な商売であり、教養もあるタレントがなぜこんなことをするのか、不思議ですね」

 アグネスさん側の商品販売方法は、法的に問題がないのか。

 厚労省の監視指導・麻薬対策課では、パワーストーンや霊芝で病気に効くとうたったことについて、薬事法に抵触するとの見方を示す。中国の医薬書を引用したりしても、同じことだという。健康運を呼び込むなどのうたい文句は、薬事法に引っかからなくてもありえない表示であり、景品表示法に抵触するとしている。

 所属事務所トマス・アンド・アグネスの金子力代表は、取材に対し、パワーストーンについて、「健康、恋愛にいいと言って売る商法をやるつもりはまったくありません」と主張。その誤解を招くのは本意ではないとして、こうした表現を2010年8月27日中にも削除することを明らかにした。

 また、霊芝についても、同様な理由から、27日中にも削除するとした。商品そのものは、医学者をしているアグネスさんの姉らが開発したもので、「変なものではありません」という。故郷の中国・香港では1万円ほどの商品を輸入したもので、決して高くはないとしている。

 パワーストーンの記述や中国医薬書の引用は、ファンサービスの一環で、1つの情報として付けていたという。

 こうした商品販売について、金子代表は、「たいして売れている商品ではありませんし、トラブルは一度もありません。アグネスは、カトリック信者ですので、オカルトには興味もなく、むしろ批判的です」と強調している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-27 19:22 | 荒む社会  

日本ユニセフ協会支部理事の夫、未成年淫行で書類送検!! ユニセフの対応は?

2010/6/7 11:00 日刊サイゾー

 16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁が東京都青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、「アート引っ越しセンター」の愛称でお馴染みの大手引っ越し会社・アートコーポレーションの寺田寿男会長(64)を書類送検していたことが分かった。寺田会長は容疑を認めているという。

 送検容疑は、昨年8月7日、東京都港区のマンションで、知人から紹介された私立高校2年で16歳だった女子生徒に、性交に類似するわいせつな行為をした疑い。警視庁少年育成課によると、寺田会長は「昨年7月に芸能プロダクション社長から『会長の力で(女子生徒を)芸能界入りさせてほしい』と頼まれ、女子生徒を紹介された」と話している。寺田会長は事件当日に携帯電話で「遊びに来なさい」と女子生徒を呼び出し、わいせつ行為に及んだ。その後、小遣いとして女子生徒に3万円を手渡したという。

 また同課と麻布署は、同じ女子生徒と性行為をしたとして、児童福祉法違反(淫行)容疑で、芸能プロダクション「BALLON-BLUE」元代表、山口公義容疑者(50)を逮捕した。こちらも容疑を否認しているという。山口容疑者は今年3月、面接に来たタレント志望の女性を強姦した疑いで逮捕されているが、不起訴となっている。枕営業や肉体関係の強要など、周辺では悪評が絶えない人物だった。16歳の女子生徒は山口容疑者の芸能プロに所属しており、捜査関係者によると、寺田会長は山口容疑者から「女子生徒に淫行しただろう」と迫られたため示談金名目で現金を支払い、その後、山口容疑者らを恐喝容疑で刑事告訴したのだという。これにより、事件が明るみに出ることとなった。

 だが、この事件にはもう一つ重要な側面がある。寺田容疑者の妻であり、アートコーポレーションの代表取締役社長を務める寺田千代乃夫人は、女性経済人として名を馳せた人物で、財団法人日本ユニセフ協会の大阪支部理事も務めているのである。

 日本ユニセフは、アグネス・チャンを協会大使に、本家ユニセフ(国際連合児童基金)と協力協定を結ぶ民間団体。日本ユニセフでは【「なくそう!子どもポルノ」キャンペーン】と題して、児童ポルノ根絶のための活動も行っている。今回、関係者が児童にわいせつ行為をはたらくという事件を起こしたことについて、協会はどのように考えているのだろうか。日本ユニセフに問い合わせたところ、女性事務員が対応してくれた。

――アートコーポレーションでは今回の件についてHPで謝罪していますが、日本ユニセフで公式謝罪する予定はあるのですか?

「今回の事件は遺憾に思っています。今現在ではなんらかの対応を検討している最中です」

――16歳への淫行ですよね? こういった事件は御団体が一番嫌うはずでは?

「まことに遺憾に思っております」

――協会大使であるアグネス・チャンさんが公の場で意見を述べられるご予定は?

「検討している最中です」

――謝罪するにしろ、早急な対応が必要かと思いますが。

「では彼女に伝えておきます」

――今回の件のみならず、以前から御団体がインターネット上でいろいろと批判を受けていることはご存知ですか?

「それは知りません」

 のらりくらりとかわされてしまった。これまでにも、「ユニセフ東京支部への募金は全額寄付されるが、日本ユニセフへの募金は団体の活動資金に充てられて25%も中抜きされる」「あくまで民間協力の団体であるにも関わらず、国連機関のように錯覚させている」「詐欺ではないか」などと非難を受けてきた同団体。先頃、アグネスがソマリア(ソマリランド)を訪問したことについても、「比較的平和な地域に行ったのに、さも危険な国に行ったかのように話している」と非難を浴び、アグネス本人がTwitter上で反論するというやり取りがあった。恐らく、一連の批判的な意見は、窓口の女性を含め、関係者の耳に届いているはずである。今回の淫行事件についても、既にネットユーザーを中心に話は広がっている。

 自らが「根絶すべき」と訴える児童ポルノ及び児童の性被害に、理事の夫が関わっていたのだから皮肉としか言いようがないが、一刻も早い対応を取るべきではないだろうか。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-07 11:00 | 社会  

アートコーポレーション会長書類送検=16歳少女にわいせつ行為-警視庁

2010/06/02-19:07 時事通信

 16歳の少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課が東京都青少年健全育成条例違反容疑で、大手引っ越し会社「アートコーポレーション」の寺田寿男会長(64)=大阪市=を書類送検していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。容疑を認めているという。

 送検容疑は昨年8月、東京都港区のマンションで、知人から紹介された高校2年で16歳だった女子生徒にわいせつな行為をした疑い。

 アート社ホームページなどによると、同社は1977年設立。2005年に東証、大証1部に上場した。資本金は約22億円で、昨年9月時点の従業員数は約1700人。

Links: 関連記事
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-02 19:07 | 経済・企業  

日本ユニセフに対するネット上の誹謗中傷的書き込みについてを聞いた 

「本家ユニセフとは別だがユニセフファミリー」
2010.05.25 18:30 ガジェット通信

日本ユニセフ協会がウェブサイト上に掲載した『当協会に対するインターネット上の誹謗中傷的書き込み等について』という文章。これはここ数年ネット上にて日本ユニセフへの誹謗中傷が相次ぎその内容について書かれたものだ。

しかしこの文章では具体性に欠けるので、ガジェット通信が日本ユニセフ協会に話を聞いてみたぞ。

記者 ウェブサイト上に掲載されている『当協会に対するインターネット上の誹謗中傷的書き込み等について』という文章が具体的にどういったものか教えて欲しいのですが。

担当 ブログとか『2ちゃんねる』への書き込みですね。そういった所に「ユニセフは本物で日本ユニセフ協会は偽物」という書き込みがあるのです。

記者 そんな書き込みがあるんですか! 何故そんなことが書かれるんですか?

担当 うーん、状況証拠と言えば状況証拠になってしまうんですが、日本ユニセフ協会が目に付けられ始めたのって2008年なんですよね。我々2008年に児童ポルノを無くそうというキャンペーンを行ったんです。

記者 それは大勢を敵に回しましたね。

担当 で、それ以来目に見えて増えたんです。

記者 なるほど、それが切っ掛けでネットのユーザーに誹謗中傷されるようになったと。

担当 なのかなと思うんですけどね。児童ポルノのキャンペーンは二次元の創作物なども入っているんですが、改正に賛同されているPTAの方にも誹謗中傷が殺到したんですよね。だからと言って状況証拠的なことしか言えないんですけどね。立証出来ないので。

記者 実際には日本ユニセフはユニセフのイチ協会なんですか?

担当 ユニセフはユニークな組織であって各国にユニセフ協会があって窓口として行っているのが日本ユニセフ協会なんです。世界に36箇所あるんですよ。近くでは韓国や香港にもあるんです。厳密には法律上では国際機関のユニセフと一緒では無いんですよ。日本でいうと特定公益増進法人という財団法人になります。

記者 日本独自で行っていると?

担当 そうですね、韓国は韓国、香港は香港で独自で行ってます。しかしユニセフの本部と協力協定という契約を結んでます。ユニセフの方では「ユニセフ・ファミリーの一員です」と言ってます。そういった意味では大きなくくりの中の一員です。

以上のように2008年頃の児童ポルノのキャンペーン以降に日本ユニセフ協会への誹謗中傷が増え、今回のようにウェブサイト上に掲載するに至ったという。しかしネットでの誹謗中傷はそれ以前から行われており、いいわけのようにも聞こえた。

まるで児童ポルノを規制されたユーザーが私怨で誹謗中傷したかの言い方だ。ネットで書き込まれているもの全てが誹謗中傷というわけでなく中には苦情レベルの物もある。それらがひとくくりにされ今回の様に掲載された。今回のウェブサイト上のメッセージに対して早くもネット上にて反論が挙がっている。

そんな日本ユニセフが言うには「ユニセフ・ファミリーの一員」らしいぞ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 18:30 | 社会  

アグネスが嘘をついて大炎上!? 「日本ユニセフもユニセフも同じ」と発言

2010.05.09 18:45 ガジェ通

タレントのアグネスチャンさんが嘘をついている! そんな話題でインターネット上が炎上状態となっている。アグネスさんは『日本ユニセフ協会』の公式大使として様々な活動を行っている人物なのだが、『Twitter』での発言で炎上しているのである。

アグネスさんが、自分が属する団体を『ユニセフ』と発言していたことに対し、ネットユーザーから「アグネスさんが所属しているのは『ユニセフ』ではなく『日本ユニセフ』の間違いではないか?」という内容の指摘を受けていた。それに対してアグネスさんは、「同じところですよ。日本ユニセフもユニセフも同じところですよ」と返答。多くの人達が『ユニセフ』と『日本ユニセフ』を別の団体と認識しているため、アグネスさんが嘘をついているとして、インターネット上で大炎上し、大きな話題になっているのである。

実際のところ事実はどうなのかといえば、『ユニセフ』と『日本ユニセフ』は協力関係にはあるものの、別の団体である。『ユニセフ』が国連の機関であるのに対し、『日本ユニセフ』は民間の団体職員という立場である。しかし『ユニセフ』は『日本ユニセフ』を通じて寄付金を受け取っており、協力関係にある以上は、『ユニセフ』とまったく無関係の団体とは言い切れない。

『日本ユニセフ』は『ユニセフ』の名称を使用して様々な活動をする事が許されているわけで、まったく別物ではないものの、「同じところですよ。日本ユニセフもユニセフも同じところですよ」というアグネスさんの発言は、あたかも100パーセント同じ権限を持つ団体というようにとれるため、ちょっと言い過ぎかもしれない。インターネット上ではその発言に対し、以下のような意見が寄せられている。

・俺もユニセフ作ろうかな
・職員もボランティアでやれよ
・職員に募金から給料あげといて慈善ってどういうこと?
・アグネスがたった今ウソツイッター!
・あぐねす頑張れ^^
・アグネスに文句送ったら謝られた
・えっアグネスまだ頑張ってたの?
・他人の金を30億ピンハネってどうなの? 募金っつって集めた以上は納得いかん
・180億あたり入ってきて140億ユニセフへ。あとは「活動費用」? 殿様商売
・みんなの寄付を着服してるってこと?
・なんか勝利の匂いがしてきたな

なぜか話題が変わり、寄付金についての話題が多く書き込みされる事態に。ちなみに、『日本ユニセフ』に寄せられた寄付金の一部は『日本ユニセフ』の広報活動やその他の経費等に使用できるというルールがあり、集められた寄付金の一部は『日本ユニセフ』団体職員の活動費に使用されている(アグネスさんによると寄付金の25%まで活動費などに使用できるという)。インターネットユーザーが「着服」や「ピンハネ」と言っている部分は、この活動費のことだと思われる。

アグネスさんはインターネットユーザーから寄せられる批判の声に、「ユニセフからはお金1円も貰ってませんよ。活動出来るのは大変な子供達がいるからですよ。誤解しないで、失礼な事をこれ以上言わないで欲しいです」とコメントしている。誤解が不和を呼び、不和が戦いを呼び、戦いが悲しみを呼ぶ。まさにそのような状態となっている。

ちなみにアグネスさんの『Twitter』IDは本物で、勝手に第三者が作ったIDではない(アグネスさんは公式ブログの『アグネスチャン Diary』で自身の『Twitter』IDを掲載している)。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-09 18:45 | 社会  

「何で嘘吐くんですか?」アグネスがネットで壮絶バトル!

2010.05.08 17:45 ガジェット通信

タレントのアグネスチャンさんが、日本ユニセフ協会の大使としてソマリアに視察に出向いたのは記憶に新しい。しかし実際はソマリアではなく、比較的平和な共和制国家・ソマリランドだったことが判明。多くの人たちから「アグネスは、さも危険な国に行ったかのように話している」と非難を浴びていた件で進展があった。

アグネスチャンさんがインターネットサービス『Twitter』の公式アウントで、非難を浴びせる人たちに対して反論を始めたのである。アグネスチャンさんの『Twitter』には、多くの人たちからソマリランド問題について非難する声が寄せられており、さすがに返答しないと収拾がつかないと感じたのだろう。そのやり取りは以下の通り。

ネットユーザー: 先日行かれたとおっしゃってたソマリアが、ソマリランドの間違いだと言われてるようですが、アグネスさん、間違ったんでしょうか?
アグネス: ソマリアが正しい呼び名です。ソマリアランドは自称の名前、国連をはじめ、世界は認めてません。正式の呼び名はソマリア。間違っていませんよ。自称の名前を使うと、国際団体、ソマリア内のほかの暫定政府から、訂正を求められるケースも。複雑な国際状況なので、慎重にね。アグネス

ネットユーザー: だったら何故、本当に行ってきたのはほとんど危険のないソマリランドなのに、さもソマリアに行ってきたかの様な喧伝をするのですか?教えて下さい。
アグネス: ソマライは日本国の指定では危険地域。行くことを控えるようにとの勧告。自称ソマライランドの地域も含まれている。近年入国した日本の方にも武装警備が付いていたのよ。危険には間違いない。テロは怖いね。誘拐も。甘く見ることは良くないです。事故の元です。アグネス

ネットユーザー: やくみつる氏が新婚旅行で行ってますけど、それについてはどうお考えですか?てゆーか、ソマリアに行った様に喧伝するのとは関係ないと思いますが。危険地域だと言うのであれば、ちゃんと「ソマリランドに行きました」って言えば良いのでは?
アグネス: やくさんを案内した方にも武装警備が付いていたのです。無事に戻られて、本当に良かったと思います。いつか、ソマライが誰でも新婚旅行にいける場所になって欲しいですね。アグネス

アグネス: 来週の対談のために勉強しました。話す時に、どうやったら、相手に伝わるのか、そして、分かりやすいのか?たとえをたくさん考えてみました
ネットユーザー: (勉強したのは)どうやったら嘘を真実っぽく伝えられるか、でしょ?
アグネス: うそは絶対いやです。正直に生きる事こそ、生き甲斐ですね。うそは許しません。絶対に良くないです。アグネス

インターネットユーザーたちがいくら回答を求めても、納得のいく返答は得られていないようだ。確かに、国際的にみればソマリランドはソマリアの一部であり、国として正式に認められていない。しかし、現実をみればソマリランドは共和制国家として独立しており、現地住民もソマリアとは違うと考えている人が多いという。

先進国家からすればソマリランドの治安は良いといえないかもしれないが、あたかも危険な地域に行ってきたかのように人に話せるほど危険な地域ではないようである。

※註:アグネスさんの発言に「ソマリアランド」「ソマライ」「ソマライランド」といった表現のゆれがありますが原文のままとしました。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-08 17:45 | 社会  

アグネスのソマリア行きに厳しいネットの声「がんばれソマリア戦士」(別の意味で)

2010年02月16日07時26分 ガジェット通信

2月15日に日本テレビが『アグネス・チャン、危険度最高レベルのソマリアへ出発』というニュースを報道。インターネット掲示板『2ちゃんねる』やブログなどで「行ってどうするのか」、「そんな金あるなら送ってやれ。アグネスの顔見ても腹は膨れん」、「アグネスが行って何の役に立つのよ」などの声があがっているのだ。

「ただでさえ大変だっていうのに、警備とかで向こうの人にさらにもの凄い迷惑がかかるんじゃないのかね。こういうのってただの自己満足かアピールとしか思えない」という反論はまだ優しいほうだ。

ソマリア人に「アグネスをやっつけて欲しい」と願う書き込みが多数寄せられているのだ。

●インターネットでの声(一部を抜粋して掲載)
・現地民マジ頑張れ
・ソマリアがんばれ
・がんばれソマリア戦士
・ソマリアの治安に期待
・ソマリアさんお願いしますよ

・ソマリアわかってんだろうな?
・現地の大人たちにそいつは金もってるよと伝えたい
・アグネスがいる間は海賊は陸に上がってくれ
・ソマリア頼むぞおおおおぉこれはチャンスなんだ
・ソマリアに対する期待感が半端無い

・誰かやっつけちゃってよ
・現地民よ空気読んでくれ
・空気読んでくれたらソマリアに定期的に募金してあげたい
・おーい誰かゴルゴ13呼んできてー
・その旅費を寄付してやれよ

・どうせ完全に安全が確保された場所しか行かないんだろ
・どうせなんもしないで行ってきたって事実だけで満足して帰ってくるんだろ
・デスブログで取り扱ってくれないだろうか
・俺、アグネスが無事に帰ってきたら就職するんだ
・アグネスチャンさんがソマリアで襲撃されて死にませんように

なかには「訃報をお祈り申し上げます」や「流れ弾にでもあたってくれねーかなー」という過激な書き込みもあった。このような出来事があると賛否両論で賛成する人も多くいるのだが今回は違った。

書き込みの大多数がアグネスさんを批判する着込みで埋まっているのである。

アグネスさんの人を助けたいという気持ちは大切かもしれない。しかし危険度最高レベルのソマリアに行く行為は単なる自己満足なのではないだろうか? その気持ちを身の丈にあった行動で示すのが「今できること」なのだと思うのだが……。

そうインターネットユーザーたちは言いたいのかもしれない。

アグネスさんは旅の目的として「現地の子供たちに心配しているから来たよと伝えたい」と日本テレビにコメントしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-16 07:26 | 社会  

児童ポルノ「単純所持」禁止…民・自・公が改正案

11月17日15時17分配信 読売新聞

 児童買春・児童ポルノ禁止法をめぐり、民主、自民、公明の3党が、児童ポルノを個人が取得したり保管したりする「単純所持」を新たに禁止する改正案をまとめた。社民党などの了解を得た上で、今国会中にも提出することを目指す。

 同法はすでに、児童ポルノの「製造」「販売」は禁止しているが、「単純所持」は禁じておらず、児童ポルノの拡散が止められない原因として国際社会から批判を受けていた。改正案では、性的好奇心を満たす目的で所持や保管をしたことが明確な者については「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」を科すこととした。

 3党は今年7月には、「所持禁止」でほぼ合意に至っていたものの、総選挙で協議が中断していた。民主党には、「所持を処罰対象とすれば、捜査権の乱用につながりかねない」として慎重な意見が強かったが、過去に取得したポルノについては処罰対象から外すことで合意した。今後、慎重論の根強い社民党の了解を得て、全会一致での成立を目指す意向だ。  榊原智子 少子化PT APP
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-17 15:17 | 政治  

時代を駆ける:アグネス・チャン/5止 一歩ずつ世界平和に励む

2009年10月14日 毎日新聞

 ◇AGNES CHAN
 <コンサートや講演では、平和のありがたさを訴えることが多い。原点は、生まれ育った環境にあるようだ>

 少女時代の香港はイギリス領だったので、学校では「中国は怖いよ、誘拐されるよ」と教育されました。中国は心の中では一番遠く、怖い国でした。でもテレビのロケで81年に初めて中国に入って北京や桂林を訪れると、私たちと同じ包丁とまな板で同じ料理を食べているんですね。とても生活は厳しいんですけど、顔もそっくりでした。

 <自らのルーツを確かめようと、85年には母の故郷である貴州を訪問した>

 山奥に住む親類の子供たちが、私の歌で歓迎してくれました。台湾で録音した「帰ってきたツバメ」という歌です。当時は台湾の歌は聞くことも許されなかったはずですが、母が親類に古着を送った時に忍ばせたテープで練習してくれていたんです。国境を超える歌の力を実感しました。

 一緒に行った母は、死に目にあえなかった親族の墓参りをして号泣していました。家族が会えなくてバラバラなのは戦争のせいでしょ。平和を願う気持ちを少しでも歌に乗せ、人々の心を結びたいと思いました。イラクなどを訪れ、その気持ちは強くなりました。

 <社会への発言は時にバッシングも受ける。6月26日には衆院法務委員会で、児童ポルノ禁止法の強化を求めて世界の児童買春の実態を証言したが、直後にはインターネットなどで「バカ女」といった非難を浴びた>

 児童買春は、日本ユニセフ協会大使に就任した98年にタイで現実を見て以来ずっと関心があります。日本は加害者でした。国会では、どうやって少女がレイプされるかということまで話しました。国会議員会館も足にマメができるぐらい回りました。解散・総選挙で廃案になってしまいましたが、運動は続けます。

 何らかのスタンスに対して反対する人がいるのは当たり前だと思っています。芸能人なので、本当はスタンスを明確にしないほうが誰にでも好かれるんでしょうが、それでは何も意見を言えないし、子供を守れないから。

 <9月には新曲を発表するなど、常に第一線での活動を続ける。今後はどんなメッセージを発信し続けるのだろう>

 平和活動と世界の子供たちの支援、がん征圧運動を3本柱にしたい。自分にしかできないことがあるとかは思わないけど、特に病気を経験した後は、生きている間に気づいたことはしないといけないと思っています。仲間を増やしたいですね。

 そのためにも、第一線で働かないと振り向いてもらえない。売れない時期もあったから分かるんです。大きなヒットやコンサートを開くことも目指しますが、「アグネスを見ると元気になれる」という人物になれるように、いつも新しいものを提供したいですね。

 <平和活動への手ごたえはつかみにくいが、地道な活動の大切さを自らに言い聞かせている>

 「活動は自己満足じゃないの?」と言われると、返す言葉はなかなか見つかりません。でも今は50年前と比べると平和だと思うし、それは小さな声の積み重ねではないですか。「一人に優しくすれば、その人が次の人に優しくして平和が広がる」と言うと、男の人には「女・子供の論理だ」と笑われます。けれど、まいた種はどこかで花が咲くと信じています。欲張らずに一歩ずつ一歩ずつ。オバマ大統領だって核兵器廃絶を目指すという時代なんですから。あきらめません。=アグネスさんの項おわり

==============

 聞き手・長谷川豊/「時代を駆ける」は19日から落語家・林家正蔵さんのシリーズを掲載します。

==============

 ■人物略歴

 歌手、タレント。香港出身。日本ユニセフ協会大使。児童ポルノ撲滅運動や、自らが乳がんになったことをきっかけにがんの早期検診を呼びかける活動にも取り組む。米スタンフォード大学で教育学博士号。54歳。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-14 23:59 | 社会  

アグネス、泥水飲む子どもたちに「胸が痛みました」

2009/4/27 22:01 スポーツ報知

 タレントのアグネス・チャン(53)がこのほどユニセフ大使としてアフリカ・ブルキナファソを訪問し27日、東京・高輪のユニセフハウスで帰国報告会見を行った。

 アグネスは14〜21日に滞在。現地の状況を視察し「子どもたちがカフェオレみたいな色をした泥水を飲んでいた。どうしたらきれいな水を飲めるのか…胸が痛みました」と涙ながらに報告。「雨が降らない」「地球温暖化」など深刻な気候変動を原因にあげ「真剣に温暖化の問題に取り組んで欲しい」と語った。

Links: 日本ユニセフ協会
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-27 22:01 | 社会