タグ:日教組 ( 8 ) タグの人気記事

 

プリンスホテルを起訴猶予 教研集会の参加者宿泊拒否

2010年7月2日8時39分 朝日新聞

 日本教職員組合(日教組)の2008年の教育研究全国集会(教研集会)で、会場使用を拒んだ際に宿泊予約を取り消したとして、旅館業法(宿泊させる義務)違反の疑いで書類送検されていた法人としてのプリンスホテル(東京都豊島区)と同社の当時の幹部ら4人について、東京地検は1日、不起訴処分(起訴猶予)にした。

 同法は施設に余裕がない場合や違法な行為をするおそれがある場合などを除いて宿泊を拒めないと定め、違反すれば罰金刑とする規定がある。

 捜査関係者によると、形式的には同法に違反するものの、「右翼の街宣車の騒音で周囲の学校などに迷惑をかける」とするホテル側の主張も一定の理解ができると判断した。また、宿泊予定者が別のホテルなどに宿泊できたことも考慮し、同社と4人を起訴しないと結論づけた。ほかにも1人が送検されたが、嫌疑不十分で不起訴とした。

 昨年3月に書類送検されていたのは、法人のほか当時の社長や系列ホテルの総支配人ら。日教組が08年2月にグランドプリンスホテル新高輪(港区)で開く予定だった第57次教研集会の全体集会の会場使用の契約を、07年11月に一方的に解除。その際、同ホテルとグランドプリンスホテル高輪(港区)で受け付けていた集会参加予定者の4泊分190室の宿泊を正当な理由なく拒んだとされる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-02 08:39 | 社会  

民主党、新人研修欠席の小沢チルドレンを理事取り消し

10月17日1時59分配信 産経新聞

 民主党国会対策委員会は16日、同党の小沢チルドレン(新人衆院議員)を対象に13、14両日に開いた研修会を2日間とも欠席した坂口岳洋氏(山梨2区)を、抜擢(ばつてき)人事として就任が内定していた衆院政治倫理審査会(政倫審)の理事から外す処分を決めた。小沢一郎幹事長も了承した。

 新人研修は国対幹部が国会のルールなどを指導する場で、小沢氏自身も14日の会であいさつした。初日の13日には13人が欠席し、無断欠席組もいたため、小沢氏は13日の記者会見で「それはいけません!」と語っていた。

 この結果、唯一2日間とも欠席した坂口氏が処分された。国対は、坂口氏の希望で内定していた衆院国土交通委員会への所属も取り消した。

 坂口事務所は「台湾を訪問していた。国対には事前に言っている」と説明するが、国対幹部は16日、「坂口氏は小沢一郎政治塾出身だが、小沢氏は公平に扱うということだ。ちゃんと出席した新人に示しが付かない」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-17 01:59 | 政治  

教員免許の更新制度廃止へ 民主・輿石氏が明言 

9月13日0時10分配信 産経新聞

 民主党の輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長兼代表代行は12日、甲府市内で記者会見し、今年4月に導入された教員免許更新制度の廃止に向け、来年の通常国会にも教育職員免許法改正案を提出する考えを示した。教員免許更新制度は安倍晋三内閣が教育再生の目玉として導入を決めたが、民主党の有力支援団体である日本教職員組合(日教組)が強く廃止を求めてきた。政権交代により教育改革路線は一気に後退する公算が大きい。

 輿石氏は元山梨県教組委員長で、日教組の政治団体「日本民主教育政治連盟」会長を務める。小沢一郎代表代行と太いパイプを持ち、「参院民主党のドン」といわれる。

 輿石氏は「教員免許更新制は変えなければならない。できるだけ早くやる方向になる」と明言、来年の通常国会での改正案提出についても「当然あり得る」と述べた。平成23年度から免許更新制を廃止することにも「間に合えばそうする」と前向きな考えを示した。

 指導力不足の教員排除を可能とする改正教育職員免許法は19年6月に成立。教員は10年ごとに計30時間以上の講習を受け、認定試験で不合格となれば、2年以内に再試験で合格しない限り、教員免許が失効する。

 民主党は衆院選マニフェストに「教員の資質向上のため、教員免許制度を抜本的に見直す」と明記。社民党も「免許更新制を廃止」を掲げてきた。

 一方、輿石氏は、参院民主党からの入閣に関し、「一つでよいというわけにはいかない」と述べ、2人以上の入閣を求めた。また、来夏の参院選後の連立枠組みについて「単独過半数をとったら『もう結構です』なんて、人間の生き方として大変失礼だ」と述べ、社民、国民新両党との連立を維持すべきだとの考えを示した。


日教組の主張通りへの一歩に 免許更新制廃止
9月13日0時54分配信 産経新聞

 民主党の輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長兼代表代行が廃止に向けた法改正案を提出する考えを示した「教員免許更新制」。教育問題に詳しい八木秀次・高崎経済大教授は、「廃止は日教組の主張そのままだ。今後、安倍内閣が手がけた教育再生をゼロベースに戻し、日教組の主張通りの政策に転換する第一歩と考えていいのではないか」と懸念を示す。

 同制度は当初、不適格教員の排除が目的の一つとされた。「不適格」には指導力不足に加え、組合や政治活動で度重なる処分を受けた教員も含まれる見通しだった。

 しかし、検討の過程で「悪い者はダメという“性悪説”から、大学で最新の知識技能を学んで指導力を向上させようという“性善説”に変わった」と文部科学省幹部は説明する。

 その結果、同省は今年4月の導入に当たり、「不適格教員の排除が目的ではない」と表明。だが、放課後の指導などで多忙な教員が30時間を割いて「最新の知識技能」を大学で受講することに、「意味があるのか」との批判が、日教組系ではない教員からも起きた。座学をこなせば大半が合格する認定試験にも疑問が呈されていた。

 八木教授も「安倍内閣の退陣で、制度設計が未完成のまま実施された」と不備を指摘する。

 同制度の廃止は教育界で支持される公算が大きい。しかし、「不適格教員の排除」が、現場の課題であることに変わりはない。

 民主党は政策集で、教員の指導力向上のため、教員免許取得に必要な大学の4年制養成課程を、大学院2年も含む6年制に延長することを表明している。

 しかし、現在、教育現場にいる不適格教員に、日教組に支持される民主党がどれだけメスを入れることができるのか。八木教授は「民主党と日教組が一体の関係では、改善を期待できない」と話している。(鵜野光博)
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-13 00:10 | 政治  

河村官房長官、日教組を批判「大きく教育ゆがめた」

2009年8月8日18時55分 朝日新聞

 河村官房長官は8日、山口県美祢市での講演で「日教組がすべて悪いとは言わないが、日教組がとってきたイデオロギー政策が大きく日本の教育をゆがめたことは事実だ」と述べ、民主党の支持組織である日教組を批判した。また「(日教組出身の)民主党の輿石東参院議員会長は『政治が教育に口を挟むことは当たり前』と平気で言う。教育の中立性を守るのは日本教育の伝統だ」とも述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-08 18:55 | 政治  

プリンスホテルに3億円支払い命令 日教組集会使用拒否で

7月28日15時15分配信 産経新聞

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月に予定されていた日教組の教育研究全国集会の会場使用などを拒否した問題で、日教組や組合員がプリンス側に慰謝料など計約3億円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。河野清孝裁判長はプリンス側に請求通り約3億円の支払いと全国紙5紙への謝罪広告掲載を命じた。

 判決によると、日教組は平成19年5月、グランドプリンスホテル新高輪と使用申し込み契約を結んだが、プリンス側は同年11月に契約を解除した。日教組は会場の使用を求めて仮処分申請し昨年1月に東京高裁が会場使用を認める決定を出したがプリンス側は従わなかった。

 問題をめぐっては、教研集会参加者の宿泊予約を合法な理由もなく取り消したとして、警視庁が旅館業法違反の疑いで、プリンスホテルの社長や総支配人計4人を書類送検している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-28 15:15 | 経済・企業  

<衆院選>失言で不出馬表明の中山成彬氏 一転、出馬を宣言

7月22日21時10分配信 毎日新聞

 日教組などを巡る失言問題から次期衆院選への不出馬を表明していた前国土交通相の中山成彬氏(66)=衆院宮崎1区=は22日、一転して同選挙区から出馬する考えを明らかにした。中山氏は「党本部は『勝てる候補者』として必ず自分を公認する。公認手続きのために私の方から手を挙げた」と語った。自民党宮崎県連は1区の公認候補に元参院議員の上杉光弘氏(67)を決定しており、中山氏の乱入で候補者調整は混乱しそうだ。

 中山氏は毎日新聞の取材に「県民の期待を裏切ったので、けじめをつけるため『次の選挙は1回休みます』というつもりだった。しかし、昨年10月に予定された衆院選は先延ばしされて情勢は変わった。もうけじめはついたと思う」と語った。

 宮崎1区では、上杉氏のほか民主などが推す元林野庁長官の川村秀三郎氏(60)らが出馬を予定している。【石田宗久、種市房子】
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-22 21:10 | 政治  

<プリンスホテル>社長ら書類送検へ 日教組予約取り消しで

3月17日2時31分配信 毎日新聞

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)とグランドプリンスホテル高輪(同)が07年11月、日本教職員組合(日教組)の集会参加者190室分の予約を取り消した事件で、警視庁保安課は17日にも、経営する「プリンスホテル」(豊島区)の渡辺幸弘社長(61)ら幹部4人を旅館業法(宿泊させる義務)違反容疑で書類送検する方針を固めた。法人としてのプリンスホテルも送検する見通し。

 旅館業法は、宿泊希望者が明らかに伝染性疾病を患っている場合などを除き、宿泊を拒んではならないと定めている。保安課は予約を一方的に取り消したプリンス側の行為を悪質と判断、刑事責任を問うことにした。

 保安課などによると、渡辺社長らは07年5月、日教組と第57次教育研究全国集会(08年2月)の全体集会の会場使用契約を結んだ。日教組は07年7月、参加者の宿泊用に、08年1月31日~2月4日の190室分を予約。だが渡辺社長らは07年11月、「右翼団体による街宣活動で他の客らに迷惑がかかる」と契約を解除し、宿泊予約も取り消したとされる。

 日教組は同12月、東京地裁に施設使用を求める仮処分を申請。地裁は使用を認める決定を出したが、プリンス側が抗告。東京高裁は抗告を棄却したが、プリンス側は「裁判所の判断は尊重しなければならないが、営業上の判断としては開催できない」と改めて使用を拒否、全体集会は史上初めて中止となった。

 日教組は08年3月、渡辺社長らを相手取り、慰謝料など約3億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴。同8月には、旅館業法違反容疑で警視庁に刑事告発していた。【武内亮】
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-17 02:31 | 経済・企業  

森元首相「輿石氏は違法なカネ集めて当選」 講演で発言

2009年3月10日1時29分 朝日新聞

 森元首相は9日、沖縄県沖縄市での講演で、輿石東民主党参院議員会長について「違法なカネを集めて当選してきたことは皆さんもご存じの通り」と発言した。輿石氏の出身母体である山梨県教職員組合などで構成する政治団体が、教員から集めた寄付金を政治資金収支報告書に記載しなかった事件を念頭に置いた発言とみられる。

 森氏は「民主党政権ができたらおそらく文部(科学)大臣に日教組出身の議員を据える。日教組と自治労が圧力をかけて日本の教育を根底からおかしくしてしまう」と持論の日教組批判も展開した。西松建設の違法献金事件の波紋が政界に広がるなか、「政治とカネ」をめぐる与野党の泥仕合は激しくなりそうだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-10 01:29 | 政治