タグ:旅行 ( 4 ) タグの人気記事

 

トルコのバス事故でHISを提訴 負傷した男女8人

2009/06/25 17:06 共同通信

 トルコで2006年、ツアー客の邦人1人が死亡し20人以上の負傷者が出たバス事故で、負傷した20~70代の男女8人が25日、ツアーを企画した大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS、東京)に対し、安全確保義務を怠ったとして約1億2200万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 訴状によると、8人はツアーに参加していた同年10月17日夜、トルコ・コンヤ市内をバスで移動中、横転事故に遭った。

 原告側はバスが旅客運送の免許を受けておらず、シートベルトも使用できない状態だったほか、長時間にわたりトルコ人男性が1人で運転をしていたとして「旅行会社として安全な旅行日程や運送機関などを選択する義務を怠った」と主張している。

 HISは「訴状が確認できていないため、コメントは控える」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-25 17:06 | 経済・企業  

ツアー解約してもマイルは返して!…JAL子会社を提訴へ

3月13日16時8分配信 読売新聞

 日本航空(JAL)のマイレージ制度で獲得したポイントを使って予約したツアーを解約した際、ポイントが返還されないのは、消費者契約法に反するとして、神戸市のNPO法人「ひょうご消費者ネット」が近く、JAL子会社「ジャルツアーズ」(東京)に契約条項の見直しを求めて消費者団体訴訟を神戸地裁に起こす。

 同様のポイント制度は様々な業種で導入され、商品割引などの特典があるが、同ネットは「現金と同じように使えるポイントは“おまけ”とは言えず、企業側に有利に運用するのは問題だ」と訴えている。

 マイレージ制度は、会員の搭乗距離などに応じて「マイル」と呼ばれるポイントがたまり、航空券やツアーなどのクーポンと交換できるサービスで、機内販売品の購入にも使える。

 標準旅行業約款では、国内旅行を出発前に解約した場合のキャンセル料を「代金の5割以内」と規定している。しかし、マイレージ制度では、クーポンやマイルが一切返還されない。同ネットは、ジャルツアーズの旅行を解約した会員から相談を受け、同社に見直しを求めたが、「利用条件はJALが決めた」と応じず、会員に代わって提訴することにした。

 同ネットは「旅行以外の買い物もできる。キャンセル料も現金と同じ扱いにすべきだ」と主張。一方、JALは「キャンセル時にクーポンを返還しないことは、クーポンの発行時に同意を得ており、問題はない」としている。

 国民生活センター(東京)によると、マイレージ制度に関して、「航空券の行き先を変更したら現金が必要になった」「マイルでの予約に制限があり、希望の便が取れなかった」などの相談が寄せられているという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-13 16:08 | 経済・企業  

<JTB時刻表>通算999号で表紙に「銀河鉄道999」登場

3月12日12時14分配信 毎日新聞

b0161323_12505160.jpg 月刊誌「JTB時刻表」(JTBパブリッシング)が25日発売の4月号で通算999号になるのを記念して、松本零士さんのマンガ「銀河鉄道999」の「999号」とヒロイン・メーテルが表紙を飾ることになった。1925(大正14)年の創刊の同誌の表紙にマンガが登場するのは初めて。

 1925年4月、JTBの前身「日本旅行文化協会」が「汽車時間表 附汽船自動車発着表」を創刊し、鉄道や汽船などの交通機関の運転時刻を収録し、巻末に旅館やホテル案内も掲載した。前後の運転時刻を比較できる雑誌ならではの見やすさで、現在でも旅行者や鉄道ファンに親しまれている。

 表紙は、時刻表が刻んできた過去の歴史と現在、未来への夢を、宇宙空間を旅する銀河鉄道のイメージと重ね合わせたという松本さんのオリジナルイラスト。「走り続けて999(スリーナイン)号」というコピーに白煙を出しながら宇宙空間を旅する「999号」とヒロインの「メーテル」が描かれている。【立山夏行】
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-12 12:14 | 社会  

「修学旅行でカルテル」公取委が大手5社に立ち入り検査

3月11日14時35分配信 読売新聞

 岡山市内の中学校が実施する修学旅行を巡り、大手旅行会社5社の支店が、旅行代金に含む手数料や企画料、貸し切りバス料金などについて価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は11日午前、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで同市内の各社の支店を立ち入り検査した。

 立ち入り検査が行われているのは、JTB中国四国▽近畿日本ツーリスト▽日本旅行▽東武トラベル▽トップツアー--の5社の支店。関係者によると、各社の修学旅行担当者は2007年以降、同市内の中学校が実施する修学旅行の旅行代金について話し合い、代金の中に、一定以上の割合の企画料や手数料を含めることで合意。また、貸し切りバスの料金についても、移動距離や日数などに応じて共通価格を設定していた疑いが持たれている。

 岡山市教委によると、市立の37中学校が今年度実施した修学旅行の行き先は沖縄が18校と最も多く、次いで九州(16校)、東京(2校)、長野(1校)と続いた。日程はいずれも2泊3日で、代金は5万~6万円と、一般のパック旅行よりもやや割高に設定された。

 取材に対し5社はいずれも立ち入り検査の事実を認め、「現在、詳細を確認中」などと話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-11 14:35 | 経済・企業