タグ:新疆ウイグル ( 69 ) タグの人気記事

 

機内トイレで着火、男女拘束=ウルムチ発武漢行き中国機

2010/01/30-17:55 時事通信

 【北京時事】新華社電によると、中国で30日、新疆ウイグル自治区ウルムチ空港を離陸して湖北省武漢に向かっていた中国南方航空6939便のトイレで、乗客がトイレットペーパーに火を付けたのを乗員が見つけた。火は消し止められ、同機はウルムチ空港に引き返した。着陸後に男女2人の乗客が警察に拘束された。

 テロの可能性もあるが、新華社電は捜査中として詳細を伝えていない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-30 17:55 | アジア・大洋州  

ウイグル人20人を昨夜中国送還か、2人逃亡

2009/12/19 19:50 カンボジアウォッチニュース

カンボジア内務省のキエウ=ソムペアク報道官は、カンボジア国内で国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に保護されていたウイグル人22人のうち20人を拘束したと18日発表するとともに、残り2人は今週頭に逃亡したと述べ、残り2人を捕らえ次第、全員を強制送還すると述べた。

カンボジア外務省のクイ=クオン副長官兼報道官は、2人が逃亡した責任はUNHCRにあるとして非難した。

このウイグル人たちと親しい人権団体職員によると、20人は内務省で18日夜に拘束された。19日午前1時30分のプノンペン発上海行きの上海航空便で中国へ強制送還された可能性が高い。

米国に本拠を置く世界ウイグル会議のイリシャット=ヘセン報道官は、「これは人権の惨劇だ。人身売買だ。カンボジア政府は我が同胞をカネで売ったのだ」と強く非難するとともに、「彼らの1人は赤ん坊、2人は子供だ。なぜ犯罪者であるわけがあるか」と疑問を呈し、「世界の目の前でこのようなことが行われている。米国とUNHCR、そして全世界の人権団体は、この人々を助けるため力を貸してほしい」と訴えた。

UNHCRカンボジア事務所の川内敏月所長はコメントを控えた。

カンボジアには明日20日、中国の習近平副主席が訪問し、中国からカンボジアへの多額の借款や経済援助が調印される手はずとなっている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-19 19:50 | アジア・大洋州  

習副主席に抗議声明 在日ウイグル人組織、騒乱めぐり

2009年12月14日19時5分 朝日新聞

 中国の習近平(シー・チンピン)国家副主席の訪日に合わせ、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」傘下の日本ウイグル協会は14日、7月に新疆ウイグル自治区で起きた騒乱を巡り、「副主席の決断次第では、ここまでの犠牲者は出なかった」と抗議する声明を発表した。

 同協会のイリハム・マハムティ会長は東京都内で開いた会見で「学生らのデモを武力弾圧したことが騒乱につながった」とし、政府首脳としての責任を指摘。「次期国家主席と目される習副主席は、抑圧される人々に多様な自由が与えられない限り中国の真の発展はないと認識すべきだ」と訴え、拘束されたウイグル人の釈放や国連調査団の受け入れなどを求めた。(林望)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-14 19:05 | アジア・大洋州  

<中国>ウルムチ大暴動の被告9人に死刑執行

11月9日23時24分配信 毎日新聞

 中国の通信社・中国新聞社は9日、新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチで7月に起きた大規模暴動で殺人罪などに問われ、死刑判決を受けた9人の刑が執行されたと報じた。最高人民法院(最高裁)の許可を得て執行されたという。同事件での死刑執行は初めてとみられる。

 同自治区高級人民法院(高裁)は10月30日、殺人罪などに問われた被告9人について1審の死刑判決を支持。中国は2審制のため、死刑判決が確定した。【上海】
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-09 23:24 | アジア・大洋州  

中国 渓谷で命がけの綱渡り

10月25日08時01分 NHK

中国南部・雲南省の渓谷で、綱渡りの名人として知られる男性が、谷底から400メートルの高さに張られたロープの上を命綱もつけずに歩く命がけの挑戦をしました。

この挑戦を行ったのは、中国で「綱渡りの王子」として知られ、これまでたびたび世界記録を打ち立ててきたウイグル族出身のアディリさんです。24日、アディリさんは、中国の雲南省の渓谷で、谷底まで400メートルの高さに張られたロープで綱渡りを行いました。アディリさんは命綱をつけておらず、命がけの挑戦でしたが、棒を使って、バランスを取りながら、細いロープの上で、一歩一歩、慎重に足を進めていきました。周辺では、大勢の地元の人たちが、かたずをのんで見守り、アディリさんは、515メートルの距離を無事に歩ききりました。綱渡りは、ウイグル族の間で伝統的に行われていて、アディリさんの家族も何世代にも渡って代々、技術を受け継いできたということです。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-25 08:01 | アジア・大洋州  

新疆暴動で漢族にも死刑判決=民族対立回避で配慮-中国

2009/10/15-15:36 時事通信

 【北京時事】新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市中級人民法院(地裁)は15日、同市で7月に起きた大規模暴動に関与したとして殺人などの罪に問われた漢族とみられる1人を含む3人に死刑、ほかの3人に執行猶予2年の付いた死刑、3人に無期懲役などの判決をそれぞれ言い渡した。

 この暴動で死刑判決(猶予を含む)を受けたのはこれで12人。11人はウイグル族とされているが、漢族にも厳罰を科すことで、民族対立をあおらないよう配慮したとみられる。

 判決を受けた漢族とみられる2人は暴動2日後の7月7日、家族が襲われたという話を信じて、ウイグル族の市民を襲撃。鉄棒で1人を殴って死亡させ、1人に軽傷を負わせた。判決は「真実でないうわさを信じて、罪のない市民を死傷させた結果は重い」として、1人に死刑、1人に懲役10年の判決を言い渡した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-15 15:36 | アジア・大洋州  

ウルムチ騒乱、ウイグル族6人に死刑判決 地元地裁

2009年10月12日19時31分 朝日新聞

 【北京=峯村健司】新華社通信などによると、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチ市で7月に起きた騒乱で、地元の中級人民法院(地裁に相当)は12日、故意殺人や放火などの罪で、ウイグル族の6人に死刑、1人に無期懲役の判決を言い渡した。

 今回の騒乱で判決が出るのは初めて。中国当局には、厳罰姿勢を示すことで、再発防止とともに、治安回復を急ぐ狙いがあるとみられる。

 騒乱のきっかけとなった広東省韶関(しょうかん)市の玩具工場での衝突事件では、10日に漢族の男1人に死刑、1人に無期懲役の判決が出たばかり。あらかじめ漢族側に厳罰処分を示し、ウイグル族側の不満や民族対立が起こらないように配慮したものとみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-12 19:31 | アジア・大洋州  

アルカイダ幹部、中国のウイグル族に「聖戦」呼び掛け

2009.10.08 20:08 CNN

(CNN) 国際テロ組織アルカイダの幹部が7日、中国・新疆ウイグル自治区のウイグル族に向けて、中国政府に対する「聖戦」に備えるよう呼び掛けるビデオ声明を出した。

ビデオ声明はアルカイダのアブ・ヤヒヤ・リビ幹部の名でイスラム教組織のWebサイトに掲載され、「神の名のもとに聖戦に備え、非道で邪悪な侵略者集団に対して武器を取らない限り、救済の道はなく、抑圧と専制が終わることもない」とアラビア語で訴えている。

ウイグル族はイスラム教民族で、イスラム社会では「東トルキスタン」と呼ばれることもある。声明では7月に同自治区の区都ウルムチで起きた暴動に言及、「トルキスタンで起きた出来事は偶発的なものではない。これはインティファーダ(民族蜂起)であり、長年の抑圧に対する当然の反応だ」と述べ、中国はいずれ、1980年代にアフガニスタンに侵攻したソ連と同じ運命をたどるだろうと予告。世界のイスラム教徒に向けて、ウイグル族を支援するよう訴えた。

ウイグル自治区の暴動をめぐっては、アルカイダ系の組織が7月にも中国を非難し、報復を宣言する声明を発表している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-08 20:08 | アジア・大洋州  

【ウイグル暴動】中国・西安でも「針刺し」

2009.9.15 23:01 産経新聞

 香港中国通信社は15日、中国陝西省西安市で、新疆ウイグル自治区で相次いでいるのと同様の注射針などによる刺傷事件が多発していると伝えた。

 同自治区ウルムチでは、事件を防げない当局の治安対策への住民の不満が、今月上旬のデモにつながった。中国当局は、建国60年となる10月1日の国慶節を前に、事件が模倣されるなどして全国に拡大しないよう警戒を強めているもようだ。

 同通信社によると、同じ路線バスに乗車中の少なくとも4人の乗客が針で刺され、病院で検査を受けた。市公安局は複数の同様の事件を受理し、捜査中であることを確認。市内では私服警官や治安要員ら約5千人がすべての路線バスに分乗し、警戒に当たっているという。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-15 23:01 | アジア・大洋州  

ウイグル注射針襲撃、3被告に懲役7~15年

9月12日22時57分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】新華社電によると、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区の大規模デモの発端となった注射針などによる襲撃事件で、ウルムチ市中級人民法院(地裁)は12日、被告3人に対し懲役15年から7年までの判決を下した。

 市公安当局は一連の事件で容疑者45人を拘束したが、判決は初めて。法院は既に、有毒物質などの入った注射器で他人を刺した場合は、最高で死刑とする方針を表明。厳罰姿勢で、治安の早期回復を目指すとみられる。

 懲役15年を言い渡された男(19)は8月28日、買い物中の女性の尻を針で刺した。同月29日にタクシー運転手を注射針で脅して現金を奪った男(34)と女(22)には、それぞれ懲役10年と7年が言い渡された。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-12 22:57 | アジア・大洋州