タグ:新潟 ( 13 ) タグの人気記事

 

ベニズワイはメタン好き、日本海底に密集

8月19日1時53分配信 読売新聞

 東京大などの研究チームは18日、新潟県沖の日本海の海底で、大量のメタンが湧出(ゆうしゅつ)する場所を好んで、ベニズワイガニが密集していることがわかったと発表した。

 メタンを湧出する環境がベニズワイガニにとって良好なエサ場となっていると見られるが、詳細は不明。日本海には、白いシャーベット状のメタン化合物の塊で、燃える氷として注目される「メタンハイドレート」が埋蔵されている可能性があり、研究チームの松本良・東大教授は「カニの密集を調べることで、メタンハイドレート探査の手がかりになる」と期待している。

 研究チームは、メタン湧出地である新潟県沖はベニズワイガニの一大生息地であることに着目。海中ロボット「ツナサンド」を使い、ベニズワイガニが生息する直江津港沖合30~40キロの海底12か所(各800平方メートル)を連続撮影した。

 大量のメタンが湧出する9か所では、通常の生息密度の数倍~約80倍、最大3341匹ものカニが密集していた。メタン放出が少ない残り3か所は平均か全くいなかった。

 カニは、メタンを起源とする炭酸塩などでできた岩や、メタンを栄養源とする微生物の集合体「バクテリアマット」などに特に密集。そこではエサとなる生物が豊富と見られる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-19 01:53 | 社会  

<原爆投下>「次は新潟」65年前の8月13日、市内から人が消えた

8月13日14時35分配信 毎日新聞

b0161323_18282067.jpg にぎやかだった新潟の市街地に人影はなく、音も消えた。「ガラーンとして、猫の子一匹いないという言葉通り。不気味だった」。緑茶販売会社「浅川園」の会長、浅川晟一(せいいち)さん(104)=新潟市中央区=は、65年前の新潟・古町の情景をはっきりと記憶している。終戦2日前の1945年8月13日。大和百貨店は営業を中止し、ウインドーには郊外への疎開を急ぐよう市民に命じる役所の張り紙が掲示されていた。

    ◇

 当時の新潟市は今の中央区と東区の一部が市域で、人口は約17万人。大陸と結ぶ物資輸送の拠点港として、軍事上も重要な都市だった。しかし8月に入っても、なぜか米軍のB29爆撃機による大規模な空襲はなかった。同じように無傷だった広島市には6日、長崎市には9日に原子爆弾が投下され、一瞬で壊滅した。「次は新潟が新型爆弾にやられる」。市民に恐怖が広がった。

 県は緊急に対応を協議し、当時の畠田昌福知事は10日付で市民に「徹底的人員疎開」を命じる布告を出した。「(広島市は)極メテ僅少(きんしょう)ノ爆弾ヲ以テ最大ノ被害ヲ受ケタ」「酸鼻ノ極トモ謂(い)フベキ状態」「新潟市ニ対スル爆撃ニ、近ク使用セラレル公算極メテ大キイ」。その文面からも当時の緊迫感が伝わってくる。

 知事布告は11日に町内会を通じて市民に知らされる予定だったが、うわさは10日のうちに広まり、その日の夜から疎開が始まった。郊外へ通じる道は、荷物を山積みした大八車やリヤカーを引いて逃げる市民であふれた。郊外に知り合いがいない市民には集団住宅が用意され、13日までに中心部はもぬけの殻となった。

    ◇

 当時、兵器に使うアルミの製造工場に徴用され、工員の通勤定期券を買う係だった浅川さんは、疎開が許されず、出雲崎に家族を送り出し、古町の自宅に残った。軍需品や生活必需品の生産・配給、交通運輸、通信、電気供給などの重要業務に従事する者は残留を命じられたからだ。

 「どんな新型爆弾なのか、想像もできないだけに怖かった。だが自分には職務があり、逃げるわけにはいかなかった」。誰もが国のために尽くすことを第一に考えなければならない時代だった。

 浅川さんは、今の県庁近くにあった工場と、古町にあった交通公社の間を自転車で行き来するのが日課だった。15日朝、交通公社に出向くと、「正午から玉音放送というのがある」と女子職員から耳打ちされた。無人の街に響くラジオの音は聞き取りにくかったが、日本が戦争に負けたと知った。「正直、ホッとした。これで爆弾を落とされることはない」。恐怖から解放され、市民も疎開先から少しずつ戻ってきた。

    ◇

 実際に米軍が一時、新潟を原爆投下目標にしていたことがわかったのは、戦後のことだ。当時、市民が「次は新潟」と恐怖を直感したのも無理はなかった。

 浅川さんはのちに広島、長崎を訪れ、資料館で原爆被害の悲惨さを知った。もし最初の原爆投下目標が新潟だったら、多くの市民が疎開をする間もなく犠牲になったはずだ。「新潟が免れたのは紙一重だった」と思うと同時に、被爆地の痛みも人ごととは思えない。

 「軍人が日本を支配し、戦争を起こすような時代には戻してはいけない」。次の世代に託したい浅川さんの思いだ。【小川直樹】

 ◇ことば:原爆投下目標

 米軍は45年7月25日までに広島、小倉、新潟、長崎を原爆投下目標に定めたが、8月2日の作戦命令で新潟を外した。新潟市が98年に「新潟歴史双書2 戦場としての新潟」を編集した際、執筆者たちは米国の公文書などを調べ、「新潟は工業集中地区と居住地とが離れ、原爆攻撃に適さない」「(爆撃機が出撃する)テニアン基地から遠い」などの判断があったと推定した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-13 14:35 | 社会  

新潟県が甘エビ漁に所得補償検討、漁獲枠定め資源管理

2010年7月6日5時27分 朝日新聞
  
b0161323_18154219.jpg 新潟県は漁獲量が減少した甘エビ(ホッコクアカエビ)漁業について、資源管理のために漁獲枠を漁船ごとに割り当てる制度を導入、あわせて漁業者への所得補償を行う方向で検討に入った。実現すれば自治体としては初の取り組みとなる。水産資源の保護が漁業経営の安定につながると判断した。

 新潟県の甘エビ漁は、新潟、上越、佐渡を中心に行われている。2008年の漁獲量は584トンで北海道、石川県に次いで全国3位。ただ、過去の乱獲が影響し、ピーク時の1254トン(72年)の半分の水準だ。水揚げされる甘エビの約4割がサイズが小さく、数年後には漁獲量がさらに減少する可能性がある。

 新潟県は今回の漁獲量の規制により、資源量を回復させ、高く売れる大きいサイズの甘エビが多くとれるようにする考えだ。漁獲量が回復するまでは漁業者に所得補償や融資の実施を検討する。

 新潟県は09年度からコメ農家に独自の所得補償を実施している。

 6日から始まる漁業、流通業者、専門家を集めた委員会での議論を踏まえ、制度設計を進める。早ければ11年度からモデル事業として実施する計画だ。

新潟県の泉田裕彦知事は「将来的には国に取り組んで欲しいが、まず、甘エビから漁業の復活に向けて取り組んでいきたい」と話す。(古屋聡一)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 05:27 | 社会  

朝日新聞、新潟日報に印刷委託へ

12月22日20時0分配信 時事通信

 朝日新聞社と新潟日報社は22日、朝日新聞の新潟県版約7万部のうち、4割強に当たる約3万部の印刷を新潟日報に委託することで基本合意したと発表した。2011年春に開始する予定。今後、輸送面での協力も検討する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-22 20:00 | 経済・企業  

テレビで優勝「リフォーム王」、不法投棄の疑いで逮捕

2009年10月27日8時13分 朝日新聞

 新潟県警は26日、テレビ東京系列の人気番組「TVチャンピオン」(現在は終了)のリフォーム王選手権で優勝した魚沼市青島、建築業畔上則夫容疑者(60)と下請けの建築会社員3人を廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した。畔上容疑者は大筋で容疑を認めているという。

 県警によると、畔上容疑者ら4人は共謀し、08年8月ごろ、上越市三和区今保の木造住宅の解体工事で出たコンクリート殻や木くずなど約12立方メートルを同敷地内に埋めた疑いが持たれている。

 畔上容疑者は06年4月、同番組で「古材蘇生職人」と紹介され、他の2人の職人と腕を競い優勝した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-27 08:13 | 社会  

唯一の自民・長島氏「残念」

2009年8月31日 新潟日報

 比例代表北陸信越の単独候補として当選し、本県唯一の自民衆院議員となった長島忠美さんは31日午前8時すぎ、長岡市の事務所で自民大敗を伝える朝刊に目を通し「一から党を立て直さないといけない」と終始厳しい表情を崩さなかった。

 県内小選挙区は民主が独占し、自民は重複候補の比例復活もゼロ。5人いた衆院議員も4人が敗れた。長島さんは「残念。もう少しわが党の同志がいれば仕事がやりやすいのに…」と漏らした。「政権交代に向かう流れを打破できなかった」と振り返った。党県連会長就任について「今は考えていない」と述べた。

 「比例で優遇を受け当選した重圧はある」、「野党でも地元のため全力で働く」と力を込めた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-31 23:59 | 政治  

<地震>新潟、山形、福島で震度3 2日未明、断続的に発生

8月2日19時4分配信 毎日新聞

 2日未明、新潟県下越沖を震源とする地震が断続的に発生、新潟、山形、福島各県で震度3を観測した。

 気象庁によると、震度3を観測したのは2回で、1回目の発生は午前0時57分ごろ。震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.9と推定される。2回目は午前2時54分ごろで、震源の深さは約20キロ、マグニチュードは4.7と推定される。

 主な各地の震度は次の通り。震度3=新潟県村上市、佐渡市、刈羽村、阿賀町、山形県中山町、小国町、福島県西会津町
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-02 19:04 | 社会  

柏崎刈羽原発で放射線値一時上昇 7号機、検査を延期

2009/07/23 18:16 共同通信

 東京電力は23日、新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市・刈羽村)の中で最初に起動した7号機で同日、気体廃棄物中の放射線値が一時的に通常の約6倍まで上昇したと発表した。周辺環境に影響はないとしている。

 炉心にある燃料棒の被覆管に微小な穴(ピンホール)があき、放射性物質が漏れた恐れもあるが、過去のピンホール発生時よりはるかに小さな値で、安全上問題となる値も大幅に下回っていた。

 7号機の営業運転入りについては、22日に地元新潟県、柏崎市、刈羽村が正式に了承。23日午後から国の最終的な検査を受け、24日にも営業運転に移行する予定だったが、今回のトラブルで検査は延期された。

 原因究明のめどや検査の日程について東電は「何とも言えないが、夏の電力需要ピークまでには営業運転に入れるのではないか」としている。

 7号機は起動試験終了後、ほぼ100%の出力で試運転を続けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-23 18:16 | 社会  

「自殺原因はパワハラ」佐川急便社員の遺族が労災申請へ

6月29日23時26分配信 産経新聞

 佐川急便新潟店(新潟市)の男性係長(42)が自殺したのは上司によるパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が週内にも新潟労働基準監督署に労災認定を申請することが分かった。同店の従業員約200人のうち、130人が会社に連名で原因究明を求める嘆願書を提出しており、115人がパワハラの実態を証言する文書を遺族に寄せているという。遺族側は労災認定を受けた上で、上司と会社を相手に損害賠償請求も検討するとしている。

 妻によると、男性係長は平成9年7月に入社。新潟店で配送ドライバーとして働き、19年9月に係長に昇任した。朝6時前に出社し夜は10時半に帰宅、休日も3、4時間働く激務が続いた。今年3月の人事異動で別の男性係長が課長代理に昇格してからパワハラが始まったという。

 同僚が遺族に出した証言書によると、課の朝礼で係長は課長代理から「数字を上げられないお前は係長でも何でもねえ」「仕事をしていなんだから給料を返せ」などと部下の前で罵倒され続けた。構内放送で名前を呼び捨てにされ、出席簿から名前が消された。25人の部下を管理する係長業務に加えて配送の仕事もさせられ、4月には「お前なんかいらないから行ってこい」と1週間の新人研修に2度も参加させられた。

 男性は妻に「最近、みんなの前で怒られるんだ」「うつ(鬱病)っぽいかもしれない」と漏らしていた。5月16、17日は久しぶりの連休で自宅で休養したが、翌18日午前4時、仕事で東京に出張していた妻の携帯電話に「仕事をこんな形でしか解決できなかった。今までありがとう。本当に幸せだった」とメールを送信。同日早朝、新潟市東区のスーパー跡地で飛び降り自殺した。

 自殺原因について課長代理は職場で「多額の借金があった」「夫婦仲が悪かった」などと事実と異なる説明をしたという。

 妻は「夫は佐川急便の仕事に誇りを持ち、係長になるのを2人で目標にしていた。パワハラを続けた本人が一番憎いが、見て見ぬふりをした店長をはじめ会社にも責任がある」と誠意ある対応を求めている。

 産経新聞の取材に応じた社員の1人は「私も以前、この上司から1年半にわたり、いじめられた。私は死ぬ勇気がなかっただけ。職場は見て見ぬふりの体質で係長を助けられなかった」と話した。

 佐川急便広報部は「現在、顧問弁護士が関係者のヒアリングをしており、パワハラがあったかどうかまで調査できていない。ご家族の気持ちを第一に考え、慎重に話し合いをしていきたい」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-29 23:26 | 経済・企業  

新潟・上越、群馬・六合など震度4

2009年5月12日20時0分

 12日午後7時40分ごろ、新潟県上越地方を震源とする地震があり、同県上越市と十日町市、群馬県六合村で震度4の揺れを観測した。震源の深さはごく浅く、地震の規模はマグニチュード4.6と推定される。新潟県妙高市、同津南町、長野県飯山市、同野沢温泉村、同信濃町、同栄村、同飯綱町などでも震度3を記録した。


神奈川・相模原や山梨・大月で震度2
2009年5月13日1時34分 朝日新聞

 13日午前1時ごろ、山梨県東部を震源とする地震があり、神奈川県相模原市や山梨県大月市で震度2の揺れを記録した。震度1は同県上野原市、河口湖町、道志村、丹波山村や東京都町田市など。震源の深さは約20キロで、地震の規模はマグニチュード2.9と推定される。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-12 20:00 | 社会