タグ:放射能 ( 14 ) タグの人気記事

 

中国:広東省広州で放射性物質の事故、処理に48日-SCMP

2009/12/16 09:21 Bloomberg.co.jp

12月16日(ブルームバーグ):香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(オンライン版)は16日、中国広東省広州の人口密集地域近くで危険性の高い放射性物質に関連する事故が発生し、科学者や政府の原子力安全担当の専門家らが48日間で処理を完了したと報じた。


広州、放射性物質の取り扱い事故が発生
2009-12-17 11:11 NAC Global .NET

広州市の放射線照射施設で10月、放射性物質の取り扱い事故が発生していたことが明らかになった。16日付香港各紙によると、事故が発生したのは番禺区にある広州輻照技術研究開発中心。10月12日に調味料や漢方薬材の放射線消毒を行う際、操作ミスによって放射性物質のコバルト60が貯蔵プールに収納できなくなり、ロボットを使って収納に成功するまで48日間を要したという。10月19日には現場で火災も発生している。広東省当局は10月16日にメディア向けに発表を行ったが、『南方都市報』などが15日に詳細を報道したことで市民は騒然となった。関係当局は放射能漏れの可能性を否定している。(香港ポスト)


中国の放射線施設で火災 詳細公表せず、48日後に復旧
2009年12月18日11時25分 朝日新聞

 【広州=小林哲】中国広東省広州市にある食品殺菌用の放射線照射施設で今年10月、放射線源のコバルト60が作業員の操作ミスで収納できなくなり、47日後に回収されていたことがわかった。施設外の環境や人体への影響はなかったとされるが、施設内では火災も起きていた。市当局は事故の詳細を公表せず、住民は不信を募らせている。

 事故が起きたのは、広州市南部の番禺区にある同市政府の外郭団体が運営する施設。地元紙・南方都市報によると、10月12日夜、漢方薬の材料に放射線を照射する殺菌作業後、作業員が機械の操作を誤り、放射線源を地下の保管用プールに戻せなくなった。外部から原子力災害の専門チームを呼ぶなどしてロボットによる回収を試みたがうまくいかず、19日には密閉された施設内で原因不明の火災も起きた。回収できたのは、11月28日になってからだった。

 市当局は記者会見などは行わず、共産党系の地元紙に短い記事が掲載された。12月上旬に同市であった専門家会合で事故の報告があり、15日に南方都市報が1面トップで初めて詳報した。施設周辺には約10万人が住む団地がある。住民の男性は朝日新聞の取材に「仮に重大事故だったとしても、政府は公表しただろうか」と憤っていた。


 コバルト60は食品照射に使われる放射線の一種・ガンマ線を出す放射性物質。医療や工業用にも利用される。日本での取り扱いは、放射線障害防止法で定められている。

 食品への放射線照射は、殺菌、殺虫、発芽防止などの目的で行われる。日本ではジャガイモの発芽防止を除いて食品衛生法で原則禁止。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-16 09:21 | アジア・大洋州  

<浜岡原発>廃液漏れ21人被ばく 基準の324倍放射能

12月1日23時36分配信 毎日新聞

b0161323_13265028.jpg 中部電力は1日、静岡県御前崎市の浜岡原発3号機で、濃縮廃液貯蔵タンクの点検作業中、補助建屋内の4カ所で、高濃度の放射性廃液53リットルが漏れる事故が起きたと発表した。中電によると、廃液から国への報告基準(370万ベクレル)の324倍にあたる12億ベクレルの放射能量が検出された。点検にあたっていた作業員4人と現場に駆け付けるなどした職員ら19人の計23人のうち、21人が最大0.05ミリシーベルト被ばくしたが、健康への影響はないレベル。放射線管理区域外への影響もないという。

 廃液漏れがあったのは同日午後4時15分ごろ。廃液の放射能を減衰させるため、一定期間保管する濃縮廃液貯蔵タンクの点検中だった。タンク内の廃水を配管を使って抜いていたところ、漏水を知らせる警報が点灯。作業員が確認すると、タンク周辺の4カ所の排水弁付近から漏水し、床面に廃液があふれた。建屋は地上3階、地下2階建てで廃液漏れは地下2階で起きた。

 中電によると、配管を流れていた廃液が何らかの理由で逆流し、排水弁からあふれたという。今後、逆流を起こした原因を詳しく調べる。中電静岡支店の広報担当者は「ご心配をおかけして申し訳ない。早急に原因究明と再発防止を図りたい」と話した。【浜中慎哉】

 ◇安全上の影響ない

 経済産業省原子力安全・保安院は「被ばく量は現場の日常作業と同程度で、安全確認の上での作業である限り、問題になるレベルではない。漏えいした廃液も放射線管理区域外に出ておらず、安全上ただちに影響を与える事象ではない」としている。【山田大輔】

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-01 23:56 | 社会  

スリーマイル島原発で放射能漏れ=微量も当局が調査-米メディア

2009/11/23-09:00 時事通信

 【ワシントン時事】米メディアは22日、米東部ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で微量の放射能漏れがあり、原子力規制委員会(NRC)が調査していると報じた。同原発を操業するエクセロン社によると、21日夕に1号炉の建物内部で放射能汚染の測定器の警報が鳴り、作業員150人を退去させた。建物外での放射能汚染は見つかっておらず、「周辺住民らの健康や安全を脅かすものではない」と説明している。

 1号炉は10月26日から燃料補給や点検のため閉鎖していた。同社の調査では、作業員のうち1人から、同原発での年間最大被ばく線量の0.8%に当たる0.16ミリシーベルトの放射線が検出されたが、これはNRCの基準の範囲内という。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-23 09:00 | 北米・中南米  

放射性物質積んだ車、追突される 放射能漏れなし 岩手

2009年11月5日23時9分 朝日新聞

 岩手県警によると、5日午後8時10分ごろ、東北自動車道上り線の西根IC付近で、放射性廃棄物を積んだ車両が後続の車両に追突された。

 県警によると、廃棄物を積んでいたのは普通ワゴン車で、外観上は破損はない。車に搭載していた簡易検査キットで調べたところ、放射能漏れもなかったという。この事故で、東北道は滝沢―松尾八幡平IC間で上下線とも一時通行止めとなった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-05 23:09 | 社会  

千葉でエックス線照射装置搭載車が盗難

2009年10月24日2時17分 日刊スポーツ

 千葉県八千代市の非破壊検査会社「レイソニック」から「エックス線照射装置を積んだ車が専用駐車場から盗まれた」と八千代署に23日、届けがあった。車は同日午後9時半ごろ、同市内の別の駐車場に止めてあるのを警察官が確認、同署は窃盗事件として調べている。

 同署によると、社員が22日午後5時半ごろ駐車し、23日午前7時ごろ出社した際、エックス線照射装置の発生器(重さ約15キロ)と制御器(同)などを積んだ社名入りのワゴン車がなくなっていた。

 同社によると、この装置は工業用で、配管の劣化などを検査するために使用。電源を入れるとエックス線が発生し、数メートル以内で一定時間照射すると人体に影響を及ぼす恐れがあるが、使用された形跡はないという。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-24 02:17 | 社会  

原子炉ナトリウム漏れ 一時監視できない状態 もんじゅ

2009年10月24日1時19分 朝日新聞

 日本原子力研究開発機構は23日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が原子炉を冷やすナトリウムの漏れを一時的に監視できない状態に陥り、保安規定に基づく「運転上の制限の逸脱」を宣言したうえで国に連絡した、と発表した。「もんじゅ」は来年2~3月の運転再開を目指しているが、今月7日にもナトリウム漏れが監視できなくなるトラブルが起きた。

 同機構によると、原子炉補助建物の監視盤の無停電化工事などをしていた23日午後3時15分ごろ、ナトリウム測定用の気体を取り込んで検出器に送るサンプリングポンプの仮設電源を入れたところ、このポンプと一緒に、別の2種類の検出器についているサンプリングポンプの電源も切れ、ナトリウム漏れが監視できなくなった。仮設電源から本来の電源に戻し、55分後に復旧させた。この間、ナトリウム漏れはなかったとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-24 01:19 | 社会  

一部で基準上回る揺れ=浜岡原発5号機―中電

8月22日20時1分配信 時事通信

 駿河湾を震源とする11日の地震で、浜岡原発(静岡県御前崎市)5号機の原子炉建屋1階で観測された数値が、耐震設計で想定した揺れを上回ったことが21日、分かった。中部電力は「安全性に問題はないが、より詳細な評価をしていく」としている。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-22 20:01 | 社会  

多量の原子炉水流入が原因か=微量の放射性物質放出-中電浜岡原発

8月22日6時3分配信 時事通信

 浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)5号機の排気筒から、ごく微量のヨウ素131を含む排ガスが放出された問題で、中部電力 は21日、11日の地震で5号機などが緊急停止した際、多くの原子炉水を廃液収集槽に流したため起きたとみられると発表した。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-22 06:03 | 社会  

放射性物質が一時不明=無事回収、周囲に影響なし-JT浜松工場で・文科省

8月21日6時0分配信 時事通信

*文部科学省は20日、日本たばこ産業(JT) <2914> 浜松工場(浜松市中区)で使われていたたばこ製造装置内の放射性同位元素(RI)ストロンチウム90が一時所在不明になったと発表した。装置を廃棄する際、誤って一緒に捨てられたもので、同日午後、委託先の浜松市内の機械解体業者で発見された。密封容器に入っており、周辺環境への影響はないという。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-21 06:00 | 経済・企業  

柏崎刈羽原発で放射線値一時上昇 7号機、検査を延期

2009/07/23 18:16 共同通信

 東京電力は23日、新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市・刈羽村)の中で最初に起動した7号機で同日、気体廃棄物中の放射線値が一時的に通常の約6倍まで上昇したと発表した。周辺環境に影響はないとしている。

 炉心にある燃料棒の被覆管に微小な穴(ピンホール)があき、放射性物質が漏れた恐れもあるが、過去のピンホール発生時よりはるかに小さな値で、安全上問題となる値も大幅に下回っていた。

 7号機の営業運転入りについては、22日に地元新潟県、柏崎市、刈羽村が正式に了承。23日午後から国の最終的な検査を受け、24日にも営業運転に移行する予定だったが、今回のトラブルで検査は延期された。

 原因究明のめどや検査の日程について東電は「何とも言えないが、夏の電力需要ピークまでには営業運転に入れるのではないか」としている。

 7号機は起動試験終了後、ほぼ100%の出力で試運転を続けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-23 18:16 | 社会