タグ:広島 ( 17 ) タグの人気記事

 

引寺容疑者を殺人容疑で再逮捕 マツダ工場死傷事件

2010年7月12日15時4分 朝日新聞

 広島県のマツダ本社工場で暴走した車にはねられ12人が死傷した事件で、広島県警は12日、殺人未遂容疑などで逮捕していた元同社期間従業員の引寺(ひきじ)利明容疑者(42)=広島市安佐南区=を殺人容疑で再逮捕した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 15:04 | 社会  

名物犬の死に冥福祈る 尾道

2010年7月4日 中國新聞

b0161323_18154124.jpg 尾道の観光ガイド犬「ドビン」が3日、老衰で死んだ。尾道の観光地を歩き回る愛らしい姿が多くの人に親しまれてきた名物犬の訃報。市民や観光客の間に「ありがとう」「安らかに」と、冥福を祈る声が広がった。

 ドビンは雑種の雌で18歳。尾道の観光ボランティアガイドの後を付いて観光ルートを覚え、率先して坂を上がり下りする姿が「観光ガイドをしているみたい」と全国から訪れた観光客の心をつかんだ。

 飼い主がいないドビンを10年前から世話する同市土堂の衣料品販売業の浜野晴子さん(50)は「ドビンがきっかけで多くの人とのつながりができた」と涙ぐむ。ドビンの写真を10年にわたって撮り続けた三原市西宮町の写真家山中仁さん(52)は「地面に座り、上目遣いで見つめる姿が大好きだった」としのんだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-04 23:59 | 社会  

元Jリーガー町議、今度は反則金未納容疑 広島

2010年6月19日1時10分 朝日新聞

 自動車運転中の携帯電話使用による反則金を納めず、再三の出頭要請にも応じなかったとして、広島県警は18日、同県坂町議の中村貴昭容疑者(35)を道路交通法違反の疑いで逮捕し、発表した。中村容疑者は元Jリーガーで、1993~95年にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に所属した。

 広島区検は同日、同法違反の罪で中村容疑者を広島簡裁に略式起訴。同簡裁は罰金3万1千円と科料1万6千円の略式命令を出し、同容疑者は即日納付した。起訴状によると、同容疑者は2008年3月~09年12月、県内の国道などで、運転中の携帯電話使用や免許不携帯などを繰り返したとされる。

 中村容疑者は2月、資材置き場から鉄製の足場の板を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕され、その後、不起訴処分(起訴猶予)となっていた。(村形勘樹)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-19 01:10 | 社会  

広島・山口 調査捕鯨船団出港

6月9日 15時5分 NHK

日本の調査捕鯨をめぐって国際的に関心が高まるなか、北西太平洋で調査捕鯨を行う船団が、広島県と山口県の港を出港しました。

調査捕鯨は、財団法人の日本鯨類研究所が水産庁の許可を得て行うもので、冬には南極海で、今の時期は日本の沖合の北西太平洋で、クジラの生育状況や生態を調べます。このうち、山口県下関市の岸壁では、調査捕鯨を行う船のうち、勇新丸など3隻の出港式が行われ、日本鯨類研究所調査部の西脇茂利部長が「北西太平洋の鯨の生態を知るうえで重要な調査です。安全に気を付けて頑張ってください」と激励しました。これに対して、勇新丸の廣瀬喜代治船長は「全員元気で無事故無災害で調査目的を達成するよう頑張ります」とあいさつしました。3隻の船は、いずれも去年12月からの南極海での調査捕鯨中にアメリカの反捕鯨団体「シー・シェパード」から妨害を受けたということで、見送りの家族は「前回のように妨害を受けずに無事に帰ってくることを願っています」と話していました。調査海域の北西太平洋に向けて出港した船団は、8月下旬までミンククジラやニタリクジラなど260頭を捕獲し、クジラがどのような魚を食べているのかなどについて調べることになっています。


北西太平洋で調査捕鯨へ、3隻が下関出港
2010年6月9日 読売新聞

 南極海で2月、反捕鯨団体「シー・シェパード」の妨害行為を受けた調査捕鯨船団のうち3隻が9日午前、北西太平洋での調査捕鯨のため、山口県下関市の下関港を出港した。

 鯨を捕獲する「勇新丸」(720トン、乗組員20人)と「第2勇新丸」(747トン、同)、生息海域の環境を調査する「第3勇新丸」(742トン、18人)で、この日、広島県因島を出港した母船「日新丸」(8044トン、119人)と合流する。

 調査は、水産庁の委託を受けた日本鯨類研究所(東京)が実施。三陸沖から北海道沖でミンククジラ、イワシクジラ各100頭、ニタリクジラ50頭、マッコウクジラ10頭を捕獲し、8月下旬に帰港する予定。


捕鯨船団が下関港を出港 北西太平洋、妨害を警戒
2010/06/09 14:07 共同通信

 北西太平洋での調査捕鯨を実施する調査船5隻のうち、目視採集船「勇新丸」など3隻が9日、山口県下関市の下関港を出港した。

 広島県尾道市の土生港からは、調査母船「日新丸」も出港。クジラの回遊ルートや餌の魚の実態、海洋汚染の状況などを調べるため、8月末までにミンククジラやイワシクジラなど4種類、260頭を捕獲する。

 昨年11月~今年4月の調査捕鯨では、南極海で反捕鯨団体「シー・シェパード」から抗議船をぶつけられるなどの妨害を受けた。調査船に侵入し、傷害などの罪に問われたピーター・ベスーン被告(45)は東京地裁で公判中。

 日本鯨類研究所によると、過去の北西太平洋の調査捕鯨では妨害行為を受けたことはないが、担当者は「反捕鯨団体は何をするか分からない。今まで以上に注意して調査したい」と話している。


平成22年度第2期北西太平洋鯨類捕獲調査・沖合域調査の調査船団が出港
2010.06.08 EICネット

 平成22年度の第2期北西太平洋鯨類捕獲調査(沖合域調査)の調査船団が平成22年6月9日に出港する。

 北西太平洋鯨類捕獲調査は、国際捕鯨委員会(IWC)を設置した国際捕鯨取締条約第8条に基づき実施している調査で、1994年から99年まで実施したミンククジラの系統群調査を主目的とした第1期調査が終了し、00年からは鯨と漁業の競合関係の解明を目的とした第2期調査が行われている。

 今回の調査は、鯨類の摂餌生態、生態系における役割の解明、鯨類及び海洋生態系における海洋汚染の影響の把握及び鯨類の系群構造の解明のため、第二期北西太平洋鯨類捕獲調査計画に基づき、ミンククジラ100頭、ニタリクジラ50頭、イワシクジラ100頭、マッコウクジラ10頭を捕獲する。調査期間は平成22年8月下旬まで。

 平成22年6月9日に出航した船は、調査母船「日新丸」(出港地:広島県土生港)と目視採集船「勇新丸」、「第二勇新丸」、多目的船「第三勇新丸」(以上、出港地:山口県下関港)。

 なお、この4隻とは別に、餌環境調査船「北光丸」も別途、平成22年7月21日に北海道釧路港を出港する予定。【水産庁】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 15:05 | 社会  

「和牛に異常」と届け出、広島 口蹄疫検査を実施

2010年6月7日 14時02分 共同通信

 広島県は7日、同県庄原市で鼻の周囲にただれなどの症状がある牛1頭が見つかったと発表した。同県はよだれや水疱は見られず「口蹄疫発症の可能性は低い」としているが、感染の可能性もあるとして検体を動物衛生研究所(東京)に送り、同研究所がPCR検査をしている。同県によると、6日夜に獣医師から届け出があった。ほかの同居する牛に異常はなく、移動の自粛や消石灰をまくなどの措置を講じている。


【口蹄疫】広島県「可能性低い」が1頭を届け出、検査 水疱なし
2010.6.7 14:20
 広島県は7日、同県庄原市で鼻の周囲にただれなどの症状がある牛1頭が見つかったと発表した。同県はよだれや水疱は見られず「口蹄(こうてい)疫発症の可能性は低い」としているが、感染の可能性もあるとして検体を動物衛生研究所(東京)に送り、同研究所がPCR検査をしている。

 同県によると、6日夜に獣医師から届け出があった。ほかの同居する牛に異常はなく、移動の自粛や消石灰をまくなどの措置を講じている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-07 14:02 | 社会  

タイ衝突で休業や郊外移転へ

2010年5月18日 中国新聞

 タイ・バンコクでの反政府デモ隊と治安部隊との衝突の激化を受け、中国地方の企業では現地事務所の業務を停止するなど影響が広がっている。宇部興産(宇部市)は事務所機能の郊外移転を決めるなど、各社とも安全対策を強化している。

 バンコク中心部に子会社の事務所がある宇部興産は18日から、総務や営業といった事務所機能の一部をバンコクの南東にあるラヨーン県の工場に移す。

 同事務所の業務は14日以降、営業を除いて停止した。事務所の従業員は約80人。「封鎖地域に近く、安全を第一に考えた」という。

 タイ政府が17、18日を公休日としたのを受け、マツダのバンコクの現地販売子会社マツダセールス・タイランドは17日、営業を休止した。18日以降の営業は未定。

 ポンプメーカー、シンコー(広島市南区)の現地の事務所は、治安部隊により封鎖された地区内にあり、出勤ができない状態。自宅から取引先に直接出向くなどしているが「事務所が使えず交渉もまとまりにくい。一刻も早い正常化を」と願う。

 広島銀行(中区)は17、18日は外出を控えるよう駐在員に指示した。4月22日以降、現地の駐在員事務所での業務を停止している。駐在員は同27日以降、バンコク中心部に近い自宅から郊外のアパートに避難した。

 アパートから取引先に電話するなど業務は続けているが、パソコンが使えない状態という。

 バンコク中心部から北に約45キロのパトムタニ県に工場を持つ精米機製造のサタケ(東広島市)は「戦闘地域の拡大が心配。さらに激しくなれば工場の休業も検討する」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-18 00:00 | アジア・大洋州  

「はだしのゲン」原画、広島へ 作者が平和記念館に寄贈

2009年12月10日19時1分 朝日新聞

 被爆後の広島が舞台の自伝的作品「はだしのゲン」で知られる漫画家、中沢啓治さん(70)=埼玉県所沢市=が、「ゲン」を含む全作品の原画を、故郷・広島市の広島平和記念資料館に寄贈することを決めた。中沢さんは「こつこつ書いてきた作品と、そこに込めた思いを多くの人に見てもらえれば、漫画家冥利(みょうり)に尽きます」と話している。

 寄贈するのは、デビューした1963年以降に発表した58作品の原画をはじめ、映像化された作品のフィルム、紙芝居などで、段ボール箱約30個分に及ぶ。中沢さんは長く自宅で保存してきたが、劣化の恐れが出てきたことから今秋、同館に寄贈を申し出た。大部分の資料は今月5日に広島へ発送した。

 94年から同館に寄託していた「はだしのゲン」の原画2735枚の所有権も同館に移す。白内障に伴う視力の衰えで今年執筆を断念した「はだしのゲン」の続編の未発表原画も追って寄贈するという。

 6歳で被爆し、父と姉、弟を亡くした中沢さんは66年、母親の死をきっかけに原爆をテーマにした作品を描き始めた。73年に連載を始めた「はだしのゲン」は単行本の累計発行部数が650万部を超すベストセラーで、10カ国語以上に翻訳されている。

 同館は寄贈された資料類を今後、企画展などで公開する方針だ。担当者は「大変貴重な資料。平和のために有効活用していきたい」と話す。(加戸靖史)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-10 19:01 | 社会  

さようなら長崎平和研究所

2009年11月28日 朝日新聞
無職 森 ひとみ(長崎市 46)
 思わず「えっ」と声をあげた。長崎市の民間団体「長崎平和研究所」が来春までに閉所するという。

 長崎平和研究所は故鎌田定夫先生が私財を投じて12年前に設立。先生亡き後も妻の信子さんを始め川原紀美雄現所長が奔走。これまで年2回の研究誌発行や原爆遺跡のガイドブック出版、核廃絶を訴える市民集会開催などをされてきた。毎年開かれる平和連続講座やシンポジウムは、地方にいながらにしてそうそうたる専門家のお話を聞くことができる貴重な機会だった。行政や企業の助成は受けず、すべて全国の会員からの会費などで運営されていたことも全国的に稀有な存在であった。

 今後はインターネットを活用して活動を存続し、情報発信を続ける由。地道に平和研究所に尽力された「長崎平和研究所」の存在を忘れない。なくしてからいかに大切な存在だったか後悔するのはもうやめて、長崎に暮らす者として何ができるのか考えたい。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-28 06:00 | 社会  

島根女子大生殺害、事件から1カ月「不審な車」目撃情報

2009/11/26 16:07 夕刊フジ

 広島県北広島町の臥龍山で島根県立大1年、平岡都さん(19)のバラバラ遺体が見つかった事件は、26日で発生から1カ月を迎えた。島根、広島両県警合同捜査本部は延べ7700人の捜査員を投入して聞き込みや同山での遺体や遺留品の発見に全力を注いでいるが、有力な情報や物証は得られていない。そんななか、先月末に同山で細身の男が運転する不審な車が目撃されていることが新たに分かった。

 捜査関係者によると、先月29日昼ごろ、山頂に近い林道で不審な黒い乗用車の目撃情報があった。車は細身の男が運転し、通行人が通りかかると顔を隠すようなしぐさをして、車を急発進させたという。捜査本部は平岡さんの遺体が遺棄されたのは先月27-31日の間とみており、周辺の国道を通行した車両ナンバーの洗い出しを進めている。

 平岡さんは先月26日午後9時15分ごろ、アルバイト先である浜田市内のショッピングセンター内アイスクリーム店を出てから行方不明となった。バイト先から学生寮に帰宅しようとしたとみられるが、最短ルートは「暗くて人通りがなく、車道も曲がりくねった危険な道。男性でも恐怖感を覚える」(県立大の同級生)といい、このルート上では平岡さんの目撃情報は寄せられていない。

 同日午後9時半ごろ、バイト先から東へ約1キロ離れた国道の工事現場でJR浜田駅方面へ向かって歩く平岡さんらしき女性が目撃された。駅から学生寮に向かう最終バスは9時45分発。わずか15分の間に事件に巻き込まれた可能性が高まっている。

 捜査本部は当初、20-30代ぐらいの男の写真を提示して聞き込みを進めていたが、その後の捜査で「関連性は薄い」(捜査関係者)と判断し、捜査線上から具体的な人物像は消えた。平岡さんの遺体には激しく損傷した跡があることから、猟奇的な趣向がある人物の犯行とみて、「捜査範囲を広島県内に拡大し、異常な趣向のある人物の絞り込みを進めている」(地元紙記者)という。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-26 16:07 | 社会  

県警が絞り込んだ3人の容疑者

2009/11/12 10:00 日刊ゲンダイ

●大学の先輩のカゲも浮上

 アルバイト帰りに行方不明になり、バラバラの遺体となって発見された島根県立大1年の平岡都さん(19)の胴体が8日午前、見つかった。

 現場は紅葉見物の登山客や観光客で賑わう北広島町の臥竜山の山頂近く。林道の終点の車がUターンするための転回場から70メートルほど北に入った林の斜面だ。

 6日には転回場のがけ下から頭部が見つかっており、犯人はすぐ近くで頭部と胴体を捨てたことになる。
「頭部も胴体も埋めてあったわけでなく、そこに置いた感じだ。5日午前には付近に何もなかったという証言もある。5日夜にバラバラにした遺体を運んで捨てた可能性が高い」(捜査事情通)

 遺体の顔には殴られたあとがあり、遺体を切ったのはのこぎりとみられる。

 平岡さんは先月26日の午後9時半ごろ、島根県浜田市のショッピングセンター内にあるアルバイト先を出た後、行方不明になった。アルバイト先から住んでいた島根県立大の女子寮までは3キロ近くあり、夜は人通りも途絶えてしまう。男女間のもつれから暴行目的、ストーカー説などさまざまな見方が出ていたが、バラバラ事件に発展したことで、猟奇性も帯びてきた。警察出身のジャーナリスト、黒木昭雄氏は「愉快犯の可能性もある」と言う。

「紅葉で観光客が多い時期に、そのまま遺体を置くのは、隠すというより、発見されることを目的にしているような気がします。ふつう、バラバラ殺人の狙いは発見を遅らせることだから、犯人の行動には矛盾がある。犯行を誇示したい愉快犯の可能性も捨てきれない」

 元警視庁警視の江藤史朗氏は別の見方だ。

「顔を殴打しているのは、発作的な怒りです。ナンパして断られたからといって、こんなことはしない。犯人は平岡さんにゆがんだ感情を持っていて、それが拒絶されたことで怒りを爆発させたようにみえます。遺体が発見された臥竜山は島根県の人はあまり行かない。広島県人の方が土地勘がある。平岡さんは1年生ですから、大学の交友関係も限られている。こうして絞り込んでいけば、意外に早く犯人に行き当たると思います」

 実は県警は3人の写真を持って、刃物店を回っている。大学では事件後姿を消した「先輩」がいるとのウワサも流れた。犯人は絞り込まれつつある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-12 10:00 | 社会