タグ:差別 ( 7 ) タグの人気記事

 

夏の甲子園:アルプスから消えた「ハイサイおじさん」

2010年8月18日 毎日新聞

 【甲子園取材班】甲子園の応援歌として定番だった「ハイサイおじさん」が今年はアルプス席で流れず、観客から「聞きたい」という声が相次いでいる。チャンスにアルプス席を一層盛り上げる曲だったが、興南の春夏連覇を願って関係者が制作した新応援歌の登場で、姿を消しつつある。

 興南の試合では「ヒヤミカチ節」を基に作った新応援歌が演奏され、野球部員らも「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ」と左右にメガホンを振って踊り、板についてきた様子。

 2回戦で敗退した元沖尚の金城孝夫監督が率いる長崎日大の試合では、県出身の島袋翔輝選手らが活躍し、何度も演奏された。長崎日大の応援団の中には沖縄勢の応援さながらにカチャーシーを踊る観客もいた。

 35年以上にわたり県勢の私設応援団長を務め「ハイサイおじさん」を応援歌に提案した糸数勝彦さん(65)=大阪市住吉区=は「ハイサイおじさんを聞くのを楽しみに球場に来る一般の人もいるので、ぜひ演奏して」と要望した。

 沖縄勢の応援で市立尼崎高校吹奏楽部を指揮する顧問の羽地靖隆教諭(62)は「なぜ演奏しないのかとたくさんの人に聞かれたが、どの曲でも盛り上がってくれたらそれでいい」と困惑気味に話した。

(琉球新報)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 23:59 | スポーツ  

「部落解放・人権夏期講座」高野山大などで始まる

8月18日20時34分配信 産経新聞

 部落差別の撤廃と基本的人権の確立を呼びかける「部落解放・人権夏期講座」が18日、和歌山県高野町の高野山大学などで始まり、約1600人が参加した。部落解放同盟中央本部の組坂繁之・中央執行委員長(67)が講演。幼少のころの差別体験や、これまでの取り組みなどを紹介し、「まだまだ、さまざまな問題がたくさんある。もう一度、運動の原点に返り、部落解消の思いや悩みをしっかりと受け止め、戦っていきたい」と訴えた。

 講座は20日まで行われ、町内の会場で講演が行われる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 20:34 | 社会  

夏の高校野球:応援歌ハイサイおじさん、歌詞巡り演奏激減

2010年8月18日 18時10分 毎日新聞

 熱戦が続く夏の甲子園大会もあすベスト4が出そろう。グラウンドの勝負同様、熱く盛り上がっているのが応援スタンドからの応援だ。だが春夏連覇を目指す興南(沖縄)のアルプス席で今夏、“異変”が起こっている。応援歌として定着した「ハイサイおじさん」がほとんど演奏されないのだ。

 同校によると、きっかけは地元紙に寄せられた投書だった。酒びたりのおじさんを題材にした「ハイサイおじさん」の歌詞が「高校野球の応援歌としてふさわしくない」と指摘されたのだ。代わって登場したのが「ヒヤミカチ節」。「ヒヤミカチ」とは起きあがる時の「エイヤッと」という掛け声の意味で、沖縄戦で荒廃した沖縄を「立ち上がれ」と勇気づけるため戦後、作られた民謡だ。

 沖縄では祝い事があったときなどの踊り「カチャーシー」にぴったりと親しまれてきた曲。アルプス席では、大人数での移動が難しい沖縄勢のため毎回、友情応援を続ける市立尼崎高(兵庫県尼崎市)などによる混成バンドがさっそくマスターし、にぎやかに演奏している。チャンスのたびに「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ、ヒヤミカチウキリ~」と、野球部員たちの気合の入った声が響く。

 ただ、同県篠山市のアルバイト、平田理恵さん(22)は「沖縄の応援といえばハイサイおじさん。盛り上がり方が違うので演奏されないのは残念」と話す。だが、沖縄県与那国町から応援に来たという飲食店従業員、大城悠さん(20)は「盛り上がれる曲なら何でもいい」とリズムに合わせ、熱心に応援を送っていた。【堀江拓哉、徳野仁子】
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 18:10 | 社会  

【甲子園・夏】あの名曲…応援歌「ハイサイおじさん」が教育的指導で消された

2010.8.18 12:27 産経新聞

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第92回全国高校野球選手権大会で、準々決勝進出を果たした興南高校(沖縄)のアルプススタンド応援席から、沖縄代表の定番応援歌「ハイサイおじさん」が、ピタリと消えた。理由は、酔っぱらいおじさんを扱った歌詞が高校野球にふさわしくないという“教育的指導”。興南高校は18日の準々決勝第2試合に登場するが、おなじみのメロディー復活を求める声は根強い。

1通の投書きっかけ…全国のファン復活望む声

 「ハイサイおじさん」は、約30年前に沖縄で生まれた歌謡曲。25年ほど前、沖縄出身で兵庫県尼崎市内の中学校で音楽教諭をしていた羽地靖隆さん(62)が、甲子園に出場した沖縄勢を応援するため、生徒たちと演奏したのが始まり。独特のリズムが人気となり、沖縄県勢共通の応援曲となった。

 ところが今年7月、地元紙に、「遊郭を遊び歩く酒飲みおじさんをからかう原曲の歌詞が、高校野球にそぐわない」という内容の投書が掲載されたことから、興南高校野球部OB会が使用自粛を決めた。

 代わりに用意されたのが「ヒヤミカチ節」。戦後の沖縄を元気づけようと作曲され、祝い事で流れる地元ではおなじみの民謡だ。「アップテンポな曲調や前向きな歌詞が応援歌にふさわしい」と、野球部OBの仲村智成(ちせい)さん(51)が提案。アレンジや練習が間に合わず、甲子園が“初登板”となり、羽地さんも演奏の指導に力をこめる。

 1回戦ではこの新曲の準備が間に合わず、「ハイサイおじさん」が一度だけ流されたが、2回戦からは演奏されず、大会期間中は使わない方針。

 ただし、全国のファンや興南高校応援団から「新曲もいいが、ハイサイおじさんをやらないのは寂しい。リズムだけでも残してほしい」との要望は強く、興南高校の教諭も「生徒から演奏したいという声はある」という。

 仲村さんは「『ハイサイおじさん』をやるかやらないかは出場校次第だが、『ヒヤミカチ節』も慣れてくると思う。こちらも沖縄代表の応援歌になってほしい」と期待をこめる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 12:27 | 荒む社会  

稲盛会長、日航幹部の特訓開始=経営意識改革へ集中講義

6月6日3時0分配信 時事通信

 会社更生手続き中の日本航空が、稲盛和夫会長の発案で幹部向けの短期講座を始めたことが5日分かった。稲盛会長は3月の記者会見で、日航幹部について「損益ベースで考える人が少なく、今のままでは八百屋の経営も難しい」と意識改革の必要性を指摘。講義を通じて収支や資金繰りに対する実務感覚を植え付ける狙いとみられる。

 短期講座は大西賢社長主催で1日に開始。東京勤務の執行役員や部長ら約50人に出席を事実上義務付けた。平日の早朝か夜に約2時間、土曜日にも数時間の講義を計16回、1カ月程度かけて開く予定だ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-06 03:00 | 経済・企業  

なぜ米国セレブは貧困国から養子をもらいたがるのか

2009/4/19 10:00 日刊ゲンダイ

 歌手のマドンナ(50)が、アフリカ南部マラウイ共和国の女児(4)との養子縁組を申請し、マラウイの高等裁判所に却下されたことが全米で話題になっている。すでにマドンナは、3年前にマラウイの男児を養子にしている。今回、さらに孤児を引き取ろうと申請していた。

 米国のセレブは、アフリカやアジアの孤児を養子にして育てるケースが多い。アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップル。トム・クルーズと2番目の妻のニコール・キッドマンなどなど。女優のデミ・ムーアと結婚した俳優のアシュトン・カッチャーは「みんな養子を迎えているから、自分の子供をつくるって逆に変な感じがする」とコメントしているほどだ。

 日本人には理解不能だが、なぜ米国のカネ持ちたちはアフリカやアジアから養子をもらいたがるのか。国際政治学者の浜田和幸氏が言う。

「米国は自分たちが信じる正義を押しつけるために、平気で戦争をする国。米国の価値観が広がれば、世界中が幸せになると本気で信じているところがあります。貧しい国から孤児を引き取るのも同じ発想。自分なら幸せにできると思っているのです。もうひとつは免罪符です。なんだかんだ言って、アメリカ人の人種差別意識は強い。その裏返しとして、黒人や黄色人種を養子とすることで『自分には差別意識はない』とアピールしたいのです。白人夫婦がアジア系の子供を養子にするケースは多いですよ」

 もちろん、アジアやアフリカなど貧しい国でないと、簡単に養子が見つからないということはある。アメリカ人が養子を欲しがる心理は複雑だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-19 10:00 | 社会  

女優の「キチガイ」発言で謝罪 「放送禁止用語」とは何か

2009年3月8日 16時49分 J-CASTニュース

生放送の「笑っていいとも!」でゲストの女優が「キチガイ」と話したことに、番組アナウンサーが謝罪する事態があった。一般的に「放送禁止用語」とみられており、テレビ局でも不適切だと判断した。ただ、ネット上ではこの言葉がダメと初めて知ったとの声もみられるほか、識者からは「なぜ本人じゃなくアナが謝罪するのか」との疑問も出ている。

差別意識なしの日常的な誇張表現

バラエティ番組では、放送禁止用語が飛び出ると、「ピー」といった音などで発言が消されるのをよく目にする。しかし、こと生放送では、そうはいかない。

フジテレビ系で2009年3月4日に放送された長寿番組の「笑っていいとも!」。 この日のテレフォンショッキングでは、宝塚出身女優の毬谷友子さん(48)がゲストに呼ばれた。禁止用語が飛び出したのは、毬谷さんが5月からの舞台に備え4オクターブも出す発声練習の様子を披露したときだった。

「もう今、うちがキチガイみたいな…」
毬谷さんは、まずいと思ったのか、すぐに口を手でふさいで顔を下に。司会のタモリさんも、「ハハハ、そう、ハハハ。発声練習しているの」と話をそらした。ところが、さらに、タモリさんや会場から「若い!」と声が上がると、毬谷さんは「キチガイです」と言って、慌てて口に手を当てた。そして、コーナーが終わると、CMをはさんで、番組の加藤綾子アナが「不適切な発言がありました」として頭を下げた。

「キチガイ」は、新聞では、各社が独自に差別語や不快用語にしている。言い換えは、たいてい「精神障害者」だ。民放連やNHKによると、テレビでも、共通の「放送禁止用語」になっているわけではない。各局で独自に基準などを決めており、フジでは、この場面で「キチガイ」が不適切だったわけだ。

とはいえ、ネット上では、「キチガイ」がいけないと初めて知ったとの声がいくつもみられる。日常的な誇張表現として使っている場合が多いからだろう。毬谷さんも、日常的に使っていたため、番組で思わず口に出てしまったのかもしれない。ただ、女優とあって、「キチガイ」がテレビで多くの場合、不適切とされることが分かっていたらしい。

「言葉は、状況に応じて、必要があれば使われてもいい」
「キチガイ」は、差別意識がなく使ってもやはりダメなのか。話し言葉で代わりに、「精神障害者」と言い換えると違和感があるが、どうなのか。ゲストや一般人が発言してもいけないのか。

こうした疑問点について、フジテレビの広報部では、「発言内容によりますが、不適切だと考えれば謝罪することになります。その基準については、外部には公表していません」と話す。一方、民放連では、「言葉は、状況に応じて、必要があれば使われてもいいはずです。フジテレビの判断だと思います」としている。

また、差別的な表現だと放送禁止にすることについては、識者の間で、「事なかれ主義だ」「臭いものにフタをするのはよくない」などとよく批判が上がる。差別意識がなく使う言葉まで禁止にすると、逆差別につながることはないのか。

これに対し、フジでは、「それは話を広げすぎです。そこまで説明する話ではないと思います」と言う。民放連では、「テレビは、いろんな方が見ているという特性があります。チャンネルをひねれば流れてきてしまうので、表現に気をつけて安全・安心な情報だけを流すのは当然です」として、キチガイなどの表現に傷つく人がいる以上、放送できないことも仕方がないとする。

沖縄国際大の山口真也准教授は、テレビなどの過剰な自主規制に対し、疑問を呈する。

「うるさい団体がいるからダメで、あんまり言ってこなければいいというのであれば、変だと思います。差別的な意図を持ってキチガイなどの言葉を使うのはダメだと思いますが、文学作品などを含めて、何かを伝えるのに必要なときもあります。まず、差別とは何かをしっかり考えて、人を傷つけないようにしながら言葉を使うべきです」
さらに、山口准教授は、キチガイなどの言葉を使った本人ではなく、アナが勝手に代弁して謝罪したとしたらおかしいと指摘する。

「アナが本人から代弁するよう言われたのなら話は別ですが、基本的に本人が発言の責任を取ればいいと思います。間に入るメディアが、過剰反応してはいけませんね」
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-08 16:49 | 社会