タグ:岡田克也 ( 13 ) タグの人気記事

 

鳩山首相が岡田外相を批判 「お言葉」発言で

10月24日22時46分配信 産経新聞

 【フアヒン(タイ中部)=佐々木美恵】鳩山由紀夫首相は24日夕(日本時間同日夜)、岡田克也外相が国会の開会式での天皇陛下のお言葉の見直しを検討するよう宮内庁に求めたことについて、「陛下のお気持ちを推し量ることはできない。コメントすべきでなかった」と批判した。滞在先のフアヒンで同行記者団に語った。岡田氏は23日の閣僚懇談会で、「陛下の思いが少しは入ったお言葉がいただける工夫を考えてほしい」などと語った。

 首相はまた、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、岡田氏が在日米軍嘉手納基地への統合案が望ましいと表明したことについて、「政治主導なので閣僚が自分の意見を述べることはあってもいい。最終的にはわたしが決める。その後に一つにまとめればいい」と述べた。

 最終判断する時期に関しては「選択肢を調査しているから、それなりに時間がかかる」と強調。また「オバマ大統領が来るということで急がなければいけないとは思わない」とし、11月12日までに結論をまとめることには慎重な考えを重ねて示した。東アジア共同体構想の枠組みについては「米国を排除するつもりはない」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-24 22:46 | 政治  

外相予定の民主・岡田氏、鳩山発言にピリピリ 

9月13日1時11分配信 産経新聞

 外相就任が内定した民主党の岡田克也幹事長は、鳩山由紀夫代表の発言に神経をとがらせている。鳩山氏は9月下旬に日米首脳会談を予定しており、「核密約」問題や日米地位協定をめぐり軽はずみな発言をすれば、今後の日米関係に深刻な影響を及ぼしかねないからだ。どこまで鳩山氏の「お目付け役」を果たせるか。岡田氏の手腕が問われる。(加納宏幸)

 岡田氏が、鳩山氏の発言の「軽さ」に不審を抱いたのは、社民、国民新両党との連立政権協議中の7日、鳩山氏が「基本政策閣僚委員会」の設置構想を記者団に明かしたことがきっかけだった。岡田氏は与党協議機関の代案として8日に提示する考えだったが、この発言で台無しとなり、岡田氏は事態収拾に追われた。さすがに腹に据えかねたらしく、岡田氏は8日、「鳩山さんはいろいろなことを言うのであまり引用しない方がよい」と記者団に不満をぶちまけた。

 岡田、鳩山両氏には、5月の代表選のしこりがなお残るとされる。岡田氏が鳩山氏から外相就任を打診されたのは3日夜だったが、岡田氏は「分かりましたが、一晩考えさせてください」と即答を避けた。外交交渉でトップの軽はずみな発言は致命傷となりかねない。岡田氏は、軽量級の閣僚としてサポートすることも考えたようだ。

 岡田氏の口が堅く、容易に妥協しない性格は、外交面では武器となる。ルース駐日米大使との会談では「日米同盟にはさまざまな懸案事項があるが、重要なことは30年、50年、同盟関係が持続可能であることだ」と語り、米政権の懸念払拭(ふっしょく)に努めた。9月下旬の鳩山氏の初訪米にも同行し、鳩山氏の不用意な発言に目を光らせる考えだ。

 ただ、新政権の中枢機関となる「国家戦略局」に外相は加わらない方向だ。「岡田外し」ともいえるこの動きに不安を感じたのか、岡田氏は11日、「国家戦略局がすべてを神のごとく決めることはできない。役所の所掌事項まで議論することはない」とさっそく牽制(けんせい)してみせたが、「鳩山-岡田外交」は前途多難といえそうだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-13 01:11 | 政治  

岡田外相起用、「体よく追いやられた」の声も

9月6日8時5分配信 読売新聞

 岡田幹事長が外相に起用された背景には、外交政策や環境問題などに詳しく、米国や中国、韓国などアジアにも人脈を持つことが挙げられる。また、幹事長を外れる岡田氏を重要閣僚として処遇することで、5月の党代表選で岡田氏を支持した議員を含む挙党態勢を敷く狙いもあるようだ。

 党内には、小沢代表代行と距離を置く議員を中心に、強まる小沢氏の影響力に対抗するため、岡田氏の幹事長続投を求める声も強くあった。外相に就けば、頻繁な外国訪問で政権運営から遠ざかることになり、「華々しい閣僚ポストに体良く追いやられた」(中堅議員)との指摘が出ている。

 岡田氏には、財務相への起用論もあったが、消費税率引き上げに積極姿勢を見せるなど、財政出動による景気刺激より財政再建を重視する立場だとされ、起用が見送られた、との見方もある。岡田氏が財政再建路線を前面に推し進めるようなら、衆院選の政権公約(マニフェスト)に盛り込まれた政策実施の妨げになりかねないとの懸念も、鳩山氏らにはあったようだ。

 鳩山外交のかじ取り役として、岡田氏には早速、試練が待ち構える。今月下旬の初の日米首脳会談や10月のゲーツ国防長官、11月のオバマ米大統領来日と、重要な外交日程が続く。

 民主党はインド洋での海上自衛隊の給油活動を来年1月以降継続しない方針で、政権公約では、在日米軍基地再編などの見直しも掲げているが、米側と摩擦を生むのは必至だ。また、岡田氏は、核持ち込みをめぐる日米両政府間の「密約」の存在を明らかにするとも公言しており、外務官僚と衝突する恐れもある。筋を曲げない「原理主義者」と評される岡田氏の対応が問われることになる。

 岡田氏は今年5月には、米国に核兵器の先制使用などを行わないよう働きかけ、米国の「核の傘」から一部外れることを容認する考えを示した。自らが提唱する核廃絶に向けた「北東アジア非核兵器地帯条約」構想の中核の考えだが、米政府関係者らには警戒感がすでに広がっている。鳩山論文問題で広がった不信感の払拭(ふっしょく)と合わせ、まずは米側との信頼関係の構築が急務となる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-06 08:05 | 政治  

新政権は中国も重視=民主幹事長

9月2日11時46分配信 時事通信

 民主党の岡田克也幹事長は2日、都内で開かれたシンポジウムであいさつし、「鳩山政権」の外交姿勢について「米国か中国かという議論をすることがあるが、そういった二者択一は不毛な議論だ。中国も米国も、でなければならない」と述べ、対中関係も重視していく考えを示した。

 また、先の衆院選に関して「戦後初めて国民自ら大きな変化を選択した選挙ではなかったか」と指摘。「国民生活は疲弊し、経済は世界的不況のただ中にあり、財政は非常に厳しい状況にある。そういう中で政権を担う重責をかみしめながら、間違いのない政権運営をやっていきたい」と強調した。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-02 11:46 | 政治  

民主・岡田氏「米中、二者択一は不毛の議論」

9月2日11時23分配信 読売新聞

 民主党の岡田幹事長は2日午前、都内で開かれた中国建国60周年記念シンポジウムであいさつし、民主党政権発足後の日中関係に関し、「米国かアジアか、米国か中国かという二者択一は不毛の議論だ」と述べた。

 そのうえで、「民主党はかねて中国との関係を重視してきた。政権を担っても、基本的にその考えをさらに深めたい。お互いがお互いを必要とする意識の下で、(双方が利益を得る)ウィン・ウィンの関係としたい」と語った。

 また、「将来的には東アジア共同体を視野に置きながら、地球温暖化、環境、エネルギーの問題などについて、協力しながら世界をリードする存在でありたい」と述べ、「東アジア共同体」構築への意欲を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-02 11:23 | 政治  

政権交代「50%超えた」=民主の岡田氏

2009/08/29-21:21 時事通信

 民主党の岡田克也幹事長は29日夜、政権交代の可能性について、京都市内で記者団に「手応えは感じている。楽観はしていないが、50(%)よりは高まっただろう」と語った。

 岡田氏はまた「政権を担ったら、わたしたちは責任を持ってやる。(民主党への期待が続くかは)この4年間でわれわれが何をするかにかかっている」と強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-29 21:21 | 政治  

岡田氏、みんなの党「連立」発言に不快感

8月26日7時57分配信 産経新聞

 みんなの党の渡辺喜美代表は25日、都内で街頭演説し、衆院選で民主党が政権を獲得した場合の対応について「民主党から要請があれば政権入りを考えないこともない。『政権協議をやろう』といわれれば、いつでも応じる」と、連立協議に前向きな考えを示した。

 これに対し、民主党の岡田克也幹事長は同日、大阪府八尾市で記者団に「今、(みんなの党とも)戦っている最中だ。こんな時期に言わないでもらいたい。何らかの意図があるといわれても仕方ない」と不快感を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-26 07:57 | 政治  

引退表明の藤井氏「生涯民主党のために尽くす」

2009年7月26日21時46分 朝日新聞

 衆院議員の引退を表明した民主党の藤井裕久最高顧問(77)は26日、テレビ朝日の番組で、総選挙で政権交代した場合の去就について「いろんな形でお支えするのは私の責務だ。生涯民主党のために尽くす」と語り、「民主党政権」入りに意欲をにじませた。

 旧大蔵省出身で蔵相も務めた重鎮の藤井氏には、霞が関をリードする官房副長官への就任を期待する声が党内にある。岡田克也幹事長も26日、岡山市内で記者団に「これからもしっかりと民主党を引っ張っていただきたい」とエールを送った。

 藤井氏は番組で財務相ポストについて「(民主党は)ばらまき政党と言われた。そうじゃないということを(示すため)、財政再建論者をその省に置けと(執行部に注文した)」と語り、財政規律を重視する「岡田財務相」説をほのめかした。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-26 21:46 | 政治  

衆院選8月9日の可能性高い=民主幹事長

2009/05/24-18:56 時事通信

 民主党の岡田克也幹事長は24日午後、三重県川越町で記者会見し、衆院選の時期について「多分8月前半だろう。9日の可能性がかなり高い」との見通しを示した。その上で「最終的には(麻生太郎)首相が決めることなので、決め付けるのではなく、いつあってもいいように準備しておかなければならない」と語った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-24 18:56 | 政治  

「歩きながらの取材に応じません」民主・岡田幹事長通知

2009年5月19日19時11分 朝日新聞

 「歩行中、移動中などにおけるぶらさがり取材には応じかねます」。民主党の岡田克也幹事長は19日、自身への取材は党役員室を通じた事前申込制を原則とすることを決め、その趣旨を記した文書を記者団に配った。

 同室によると、5年前に代表に就任した当時も同様の対応をしたという。ただ、政党幹部は国会などで歩きながら記者とやり取りすることが多く、岡田氏も19日、国会内で各党をあいさつ回りした際には記者団と談笑するなど気さくに振る舞った。「原理主義者」と呼ばれる岡田氏が、どこまで原則を徹底するか。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-19 19:11 | 政治