タグ:小渕優子 ( 2 ) タグの人気記事

 

「こち亀」がコケて香取慎吾と小渕優子はガックリ

2009/9/11 10:00 日刊ゲンダイ

 夏ドラマの話題作「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(TBS)は予想以上に期待を裏切る結果になっている。

 4回目は「24時間テレビ」(日本テレビ)とぶつかったこともあって、なんと5.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)までダウンしてしまった。

 主演の香取慎吾のオーバーアクションに辟易(へきえき)している人も多く、うるさいだけの騒音公害状態だ。これでは視聴者もチャンネルを変えて当然だが、この結果に他にもガックリきている人がいる。

「こち亀」のプロデューサー・瀬戸口克陽氏と妻の小渕優子議員。小渕議員は自民党惨敗ながら当選して面目を保ったわけだが、夫の瀬戸口氏はボロボロ。これまでヒットメーカーといわれ続けた瀬戸口氏にとって今回ばかりは屈辱的。“いいことばかりは続かない”の典型的なケースになっている。

 夫妻は第2子の誕生目前。幸運と不運が交互にやってくる今の状態には複雑な心境か。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-11 10:00 | 社会  

09衆院選 臨月選挙は史上初? 人気の小渕少子化担当相

7月23日0時44分配信 産経新聞

b0161323_432912.jpg 衆院解散で事実上の選挙戦に突入する中、出産予定日を9月末に控えた小渕優子少子化担当相(35)も身重を押して全国を奔走している。見た目にもふっくらしたおなかを抱え、公務や他候補への応援など分刻みのスケジュール。22日には解散後初めて群馬県入りしたが、大逆風の自民では小渕氏の全国区の人気に期待が高く、地元に本人不在の戦いを強いられそうだ。今回は体力的にも厳しい“マタニティー選挙”となるが、小渕氏は「後に続く女性議員のためにも与えられた仕事を全うしたい」と意気込んでいる。

 「臨月で選挙をやる議員は史上初かしら」。22日昼、前橋市内でJAの推薦状授与式を終え都内にとんぼ返りした小渕氏は、帰路の新幹線の中で冗談めかしながらほほえんだ。衆院選について「地方の結果からみても、これまでになく厳しい選挙。おなかが大きい状態で選挙戦に臨むのは分かっていた。動揺はない」と決意を語った。

 「息子に弟か妹ができることになりました」。今年2月、群馬県内の会合で第2子妊娠を明らかにした小渕氏は「大臣であっても選挙があっても元気な子供を産みたい」と宣言した。それから半年近く。出産予定日と衆院選の投開票が重なる可能性は消えたが、負担の大きさは変わらない。

 全国から応援要請は後を絶たず、先週末も福岡の出馬予定者の総決起大会に駆けつけた。今後は党本部の閣僚遊説班などに組み込まれ、全国行脚の日々が続く見通しだ。臨月が近づき、飛行機にも乗れなくなるため、陸路で移動する応援が中心になる。

 ただ、「本人不在は先代(父の恵三元首相)から同じ」と陣営に不安は皆無。むしろ、「お産もあるが、応援は閣僚としての責任。同志のため、自分のことだけ考えてはいられない」と、がけっぷちの党勢への危惧(きぐ)の方が強い。

 群馬5区では、社民党県代表の土屋富久氏(72)らが出馬する予定。一方、小渕氏は恵三元首相から引き継いだ強固な地元後援会が「有権者一人一人に声をかけて回る徹底した組織選挙」を展開する。

 会社員の夫ら家族と協力して長男(1)の子育てにも励む小渕氏。当分は家族団欒(だんらん)もお預けになりそうだが、陣営幹部は「お互い寂しいはずだが、子育ても『男女共同参画』で一生懸命頑張ればいい」と力を込める。自民の“顔”として、全国各地で声をからす真夏の日々が始まる。(中村昌史、楠城泰介)
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-23 00:44 | 政治