タグ:宮内義彦 ( 4 ) タグの人気記事

 

台湾の不動産仲介大手、日本に上陸 中国向け販売本格化

2010年7月20日 朝日新聞

 台湾の不動産仲介大手、信義房屋(しんぎふさや)は20日、日本の現地法人の開業式典を開き、本格的な営業を始めた。中国人や台湾人向けに日本のマンションやオフィスビルなどを販売する。ビザ発給の条件緩和も追い風に、2012年に日本で150億円の売買額を目指す。

 中国や台湾の大手不動産仲介会社の日本進出は初めてという。信義房屋は01年に台湾株式市場に上場。台湾に291店舗あるほか、93年に進出した中国本土にも上海、北京、杭州など主要都市に計約200拠点を持つ。

 日本では昨年12月、東京都渋谷区に現地法人を設立。日本で不動産売買ができる免許を取得した今年2月末以降、提携先のオリックスや大京から物件の紹介を受け、台湾人向けに仲介業務を始めた。既に約20件のマンションの売買契約にこぎ着けた。今月から、日本語や日本の不動産業務を学んだ台湾人の営業マンを置き、本格的に稼働する。今後は中国本土の投資家の受け入れ態勢も整備し、12年の売買額は、中国人向けが台湾人向けを上回ると見込む。

 信義房屋が日本進出を決めたのは「東京のマンション価格は上海や台北より安い。治安も良く、投資対象として理想的」(周俊吉会長)と考えたからだ。

 上海や台北などでは近年の不動産価格の高騰の結果、家賃収入から得られる投資利回りは年1~2%に低下。日本は年6~7%で、中国や台湾を大きく上回るという。物件の値上がりは期待薄だが、「長期的に安定して収益が得られる資産として、東京23区を中心に日本の不動産に対する購入意欲が高まっている」(同)という。

 このため、日本市場への投資資金の誘致が熱を帯び始めた。中国の旅行情報会社チャイナ・インベストメント・マネジメントは4月から、上海を中心とした投資家向けに日本の不動産視察ツアーを開始。中国の不動産コンサルタント、ベターハウスも、6、7月に箱根の保養所や札幌市のアパートなどを紹介するセミナーを上海市内で各1回開催し、計300人を集めた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 23:59 | 経済・企業  

「オリックス」病院民営化でも丸儲けしてトンズラ

2009/7/9 10:00 日刊ゲンダイ

 郵政民営化と並んで小泉改革のシンボルだった「病院の株式会社化」がもう頓挫した。

 民間資金や経営ノウハウを活用するPFI方式を導入して、鳴り物入りでスタートした高知医療センターがひっそり、公立病院に戻ることになったのだ。残ったのは巨額の負債と税金による尻拭いだが、PFIを担ったオリックス不動産などの企業団は儲けるだけ儲けてトンズラする。ふざけた話だ。

 高知医療センターは高知県立中央病院と高知市立市民病院が統合し、05年3月にオープンした。PFI方式を導入した初の公立病院で、行政側は総額2131億円の30年契約を、民間企業グループによるSPC(特定目的会社)と結び、施設建設や運営を委ねた。

 PFI方式は英国で始まり、日本でも90年代後半から注目されるようになった。積極活用すべし、と旗を振ったのはオリックスの宮内義彦会長が議長を務めた「総合規制改革会議」だ。

 米国の年次改革要望書も病院の民営化=競争原理の導入を強く要望。こうした流れで高知医療センターがスタートしたのだが、PFIを担ったのがオリックスグループだったことから、発足当初から「デキレース」の批判が噴出していた。

 こうした批判を吹き飛ばすには、とにかく、経営で実績を示すしかなかったのだが、赤字が止まらず、先月中旬、ついにPFI契約解消の協議が始まったのである。行政側の「病院企業団」事務局次長の村岡晃氏は、この間の経緯をこう説明する。

「赤字は当初から覚悟していましたが、計画を上回る赤字が出た。平成20年末で運営資金が足りなくなったのです。そのため、病院を運営する民間企業側(SPC)にもっと経費を削減してもらうように話し合ってきました。県知事、市長もオリックスに協力要請をしましたが、すぐに黒字化するのは無理だということで、民間企業側が身を引くことになりました。そうすれば、年間5億円の運営委託費を削ることが出来るからです」

 身を引くと言えば、聞こえはいいが、要するに「儲からないから撤退する」のだ。PFI方式の売りは経費節減で、「薬などの材料費が安くなる」との触れ込みだったが、大ウソだった。そのため、累積赤字が80億円に達し、昨年度末は県と市が緊急資金援助する事態になった。

 ところが、この間もオリックスらの企業側は年間5億円の運営費を取り続けた。企業側は儲けるだけ儲けて、事業を放り出したのである。

「責任者出てこい!」と言いたくなる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-09 10:00 | 経済・企業  

オリックス提案書は不適切=郵政側の対応にも問題-国会で西川社長

3月13日13時17分配信 時事通信

 日本郵政の西川善文社長は13日の衆院総務委員会で、「かんぽの宿」の売却交渉でオリックス不動産が示した最終提案書の中に、新会社の副社長に日本郵政の宿泊事業部長を充てるとの記述があったことについて、「具体名を書いて出してくるのは極めて不適切」との考えを示した。また、「個人的な考え」と断った上で、「人事の問題もある。相手が出してきた場合は訂正しろと言って止めるのが筋だ」と述べ、郵政側の対応にも問題があったことを認めた。原口一博氏(民主)への答弁。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-13 13:17 | 経済・企業  

GT-R レンタルを 京都で開始…オリックス自動車

3月11日17時10分配信 レスポンス

b0161323_18383017.jpgオリックス自動車は、3月20日-5月31日までの期間、日産自動車の『GT-R プレミアム・エディション』のレンタルを京都で開始すると発表した。京都でのレンタルは初めてで、利用は全て事前予約制となる。

同社は昨年7月20日から、国産車の中でも特に人気が高いGT-Rを、大手レンタカー会社では初めてオリックスレンタカー六本木ヒルズ店でレンタルを開始した。その後、顧客の要望に応じてレンタル期間の延長、貸出条件の緩和などを行ってきた。

関西エリアでは、今年1月10日から大阪でレンタルを開始したところ、定員の2倍の応募があり、他府県での実施についても問い合わせが多く、大きな反響があった。
 
このため、今回日帰りドライブに適した京都でのレンタルを開始する。
 
貸出店舗は利用者が気軽に利用できるように交通アクセスの良い「京都駅前七条店」と「二条店」の2店舗でレンタルを受け付ける。利用料金は午前9時から午後7時までの日帰りで3万5000円。

事前申込期間は、3月12 - 17日まで。応募条件は、年齢が35歳以上で、アンケートに回答できる人、プライムメンバーズクラブ会員(利用時に入会可能)となる。予約方法は、ウェブサイトから申込書を印刷し必要事項を記入の上郵送する。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-11 17:10 | 経済・企業