タグ:奥谷禮子 ( 3 ) タグの人気記事

 

勝間和代も取りこんだ! 果てなき欲望を持つ女・林真理子の行く先

2010年2月22日16:30 ザイゾーウーマン

――伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク(♀)が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 やっぱり林真理子はすごい。『噂の真相』亡き後、文壇ネタを書ける媒体は本当に少なくなった。というか、はっきり言って『サイゾー』しかないのかも。

 そんな悲しい状況の中、着々とその政治力に磨きをかけているのが、作家の林真理子だ。かつて『噂の真相』でも林センセイの上昇志向、あらゆるものに対する欲望、そして文壇内での政治力を追っかけてきた。

 そしてここ数年は、あの勝間和代氏にもがっちり取り入っていた。

「2008年に林が『週刊朝日』(朝日新聞出版)でホストを務める対談に呼んだのが、当時めきめきと表舞台に頭角を現しつつあった勝間和代だった。それ以来、二人は急接近したんです」(文壇関係者)

 その後、勝間は数多くの著作のほか、内閣府男女共同参画会議議員に就任、さらには"カツマー"なる信奉者が社会現象になるなど、破竹の活躍を見せているのはご存知のとおり。そんな勝間と仲良しになった林は、対談後も食事やオペラに誘ったり、文化人の活動団体「エンジン01」に引き入れたりと、取り込み作戦を展開、今やすっかり「林一派」引き込みに成功したのである。こういうセンスは、さすがである。

「文壇や文化人だけでなく、相変わらず小泉純一郎元首相とも実懇だし、その取り巻きとも人脈を保っています。昨年には京都・祇園の高級お茶屋で、林が主宰する『不機嫌の会』に小泉やザ・アール社長の奥谷禮子らと会合を持ったことが週刊誌に報じられました」(前出文壇関係者)

 また著名人やセレブな人たちとの頻繁な会食も怠らないし、文壇内でも直木賞、講談社エッセイ賞、毎日出版文化賞、日本ホラー小説大賞、中央公論文芸賞、朝日広告賞と、あまりに数多くの選考委員も続けている。

 精力的といえばそうなのだが、そのビジョンはほとんど見えてこない。ただ己の欲望に忠実なだけなのか。それとも何か成し遂げたいことでもあるのだろうか。はたまた単にチヤホヤされ続けたいだけなのか。未だ疑問なのである。

("噂の女"神林広恵のナイショの一説)

・ 林真理子のエッセイは"勘違いダイエッター"のバイブルである
・ 小泉、一年間の沈黙の先に 政界再編のキーマンは9月に動き出す
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-22 16:30 | 社会  

作家、曽野綾子氏が日本郵政役員に

10月26日13時54分配信 産経新聞

 日本郵政の社外取締役に作家で元日本財団会長の曽野綾子氏(78)が就任することが26日、明らかになった。政府関係者が明らかにした。日本郵政は28日の取締役会で西川善文社長(71)が辞任し、斎藤次郎元大蔵事務次官(73)が後任社長に就任することが内定しており、社外取締役の一部を入れ替る。

 曽野氏は、斎藤新社長をトップとする新経営体制で、利用者に近い立場から郵政民営化見直しを進める見通し。

 日本郵政の社外取締役には、西岡喬会長(三菱重工業相談役)、牛尾治朗氏(ウシオ電機会長)、奥田碩氏(トヨタ自動車相談役)、丹羽宇一郎氏(伊藤忠商事会長)、奥谷禮子氏(ザ・アール社長)ら7人が名を連ねているが、政府は数人が留任し、残りは年内にも退任する見通しを示していた。

 曽野綾子氏(その・あやこ、本名三浦知寿子=みうら・ちずこ) 聖心女子大卒。現代日本文学界を代表する作家で、エッセー分野でも活躍。東京都出身。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-26 13:54 | 政治  

日本郵政・西川社長の懐刀に三井住友銀が社宅提供

2009/3/5 10:00 日刊ゲンダイ

●ライバル会社に“便宜供与”の怪しい関係

 日本郵政には「チーム西川」といわれるやり手のグループが存在する。横山邦男専務執行役、後藤英夫秘書室長。さらに経営企画部の百留一浩次長、奥村真次長である。いずれも、三井住友銀頭取だった西川善文社長が古巣から引っ張ってきた精鋭部隊だ。

 彼らは銀行に辞表を出して日本郵政に移った。当たり前の話だ。傘下にゆうちょ銀がぶら下がる日本郵政は銀行の最大のライバルなのである。ところが、日刊ゲンダイ本紙の調べで、意外な事実が判明した。「チーム西川」の筆頭格で、西川社長の側近中の側近、横山氏はいまも三井住友銀行の社宅に堂々と住んでいるのである。

 横山氏が住むのは、新宿区原町に立つマンション。高級感あふれる造りだ。周辺の不動産屋に聞いてみた。

「このマンションは2駅(東西線の早稲田駅と大江戸線の若松河田駅)の利用が可能で、しかも静かな高台の一等地にあります。民間のマンションであれば、家賃20万円は下りません」

 日本郵政によると、「家賃は三井住友銀に支払っており、額は同行の他の行員と同水準」だという。つまり、社宅並みの破格の家賃で、横山氏は都内一等地に住み続けていることになるのである。これは三井住友銀による便宜供与なのではないか。金融関係者もこう言うのだ。

「日本郵政グループのゆうちょ銀行は、三井住友銀行と競合関係。かつての出身銀行とはいえ、競合他社の社員に取り囲まれて住むのは不自然だし、情報漏洩(ろうえい)の恐れもあるでしょう。それでなくても、オリックスと日本郵政の不自然な商売がクローズアップされているさなかです。社宅提供の見返りに何があるのか。三井住友銀行にプラスになる施策を日本郵政グループはしているのではないか。国民がこんな疑念を抱いても不思議はありません」

 三井住友銀はどう言うか。

「横山氏は、郵政民営化という国家的プロジェクトの推進に際し、人的協力要請があり、お手伝いをさせていただいている。協力は民営化移行のめどがついた段階で銀行へ復帰することを前提にしたものであり、形式上は当行を退職しているが、実質的には出向である。従って社宅の継続入居は便宜供与に当たらない」

 日本郵政も同じ理由で「便宜供与疑惑」を否定。守秘義務があることを理由に情報漏洩の恐れもないと回答した。

 しかし、横山氏は銀行を退職し、給料も日本郵政が出している以上、“実質的に出向”という言い分は苦しい。かんぽの宿もそうだが、郵政民営化には、こうした怪しい話がゴマンとあるのだ。

 郵政民営化とは、外資も含めた民間による巨大利権の分捕り合戦のようなものだ。かんぽの宿は氷山の一角で、日本郵政の不動産は総額2兆7000億円、ゆうちょ銀の総資産は209兆円もある。一部の民間企業だけがいい思いをするのは許されないし、不透明な癒着があってはならない。(取材協力・横田一)
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-05 10:00 | 社会