タグ:大分 ( 3 ) タグの人気記事

 

<動物虐待>公園にくぎ仕込んだ肉 犬が食べ手術 大分

6月4日0時59分配信 毎日新聞

 3日午後7時半ごろ、大分県別府市上人ケ浜町の市上人ケ浜公園に、小さなくぎを差し込んだペット用の肉のくん製が捨てられているとの通報があった。市内の女性(29)が飼っている雄のミニチュアダックスフントがこのくん製を食べたことが判明。レントゲン検査で腹部に十数本のくぎが見つかり、犬は動物病院で手術を受けた。県警別府署は、ペットを狙った悪質ないたずらとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 調べによると、くぎは長さ1.6センチ。ちぎった肉のくん製の中に埋め込んであった。公園の一角に数十個がばらまかれており、犬は女性に連れられ散歩中の同日午後5時半から7時ごろの間に食べたとみられる。

 現場は海浜公園で、市民や観光客に親しまれている。【祝部幹雄】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-04 00:59 | 社会  

日向灘を震源の地震、大分・佐伯で震度4

8月5日13時7分配信 読売新聞

 5日午後0時51分頃、宮崎県東部の日向灘を震源とする地震があり、大分県佐伯市で震度4を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約30キロ、マグニチュードは5・0と推定される。

 主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度3 宮崎県延岡市、大分市、愛媛県西予市、熊本県阿蘇市
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-05 13:07 | 社会  

大分・宇佐神宮の世襲家、神社本庁に「乗っ取り」と反旗

3月9日9時28分配信 読売新聞

 全国八幡宮の総本社・宇佐神宮(大分県宇佐市)の宮司職を巡り、神社本庁(東京)と、世襲してきた到津(いとうづ)家が激しく対立している。

 前宮司の死去に伴い、昨年8月から空席だった宮司に県神社庁長で瀧神社(同県玖珠町)宮司の穴井伸久さん(60)が2月26日付で就任したが、ナンバー2の権宮司を務める到津家の長女克子(よしこ)さん(40)らが「乗っ取り行為だ」と反発。宮司の辞令を出した神社本庁に脱退届を提出した。

 同神宮の宮司は南北朝時代から到津家か宮成家が務め、戦後は到津家だけで世襲してきた。2006年5月、体調を崩した到津公齊(きみなり)宮司(今年1月死去)の後任に、同神宮と縁の深い同県中津市の薦(こも)神社の池永公比古(きみひこ)さんが、公齊氏の長女で神職の経験が浅い克子さんの“代役”として就任。だが、池永さんも体調を崩して職務が果たせなくなったため、昨年7月、同神宮責任役員会は克子さんを後任として神社本庁に申請した。

 ところが、穴井さんによると、神社本庁は「克子さんは異例の早さで権宮司になった。もっと経験を積んだ方がいい」と判断。穴井さんを任期3年程度の「特任宮司」とする辞令を出した。

 この人事に到津家側が反発。責任役員の賀来昌義さん(70)らは2月24日、克子さんを宮司とすることを新たに決議し、同28日に神社本庁に脱退届を出した。賀来さんは「責任役員らの総意を無視するやり方」と憤慨、克子さんは訴訟も検討しているという。

 宗教法人法では、神社本庁から脱退するには代表役員(宇佐神宮は宮司)を含む責任役員会の議決が必要と定めており、同庁秘書部は「(穴井)宮司からの脱退届ではないので、対処しようがない」としている。

 ◆宇佐神宮=全国に4万余りある八幡宮の総本社。725年創立で、本殿は国宝。769年、称徳天皇の命を受け、和気清麻呂が同神宮から神託を持ち帰り、皇位を狙った道鏡の野望を阻止したことでも知られる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-09 09:28 | 社会