タグ:地球温暖化 ( 19 ) タグの人気記事

 

<猛暑>3度目のピーク 全国134地点で猛暑日

8月16日21時15分配信 毎日新聞

 日本列島は16日も勢力の強い太平洋高気圧に覆われ、関東地方を中心に厳しい暑さとなった。台風4号の影響で弱まっていた太平洋高気圧の日本付近への張り出しが強まり、今年3回目の暑さのピークとなっている。今夏は太平洋赤道域で海面水温が基準値より0.5度以上低くなるラニーニャ現象が発生しているとみられ、全国的に残暑も厳しくなりそうだという。

 気象庁によると、16日の各地の最高気温は群馬県館林市、伊勢崎市38.2度▽東京都練馬区、埼玉県越谷市38.1度--など。東京都心も今年最高タイの36.3度を観測し、2日連続で猛暑日となった。関東地方は南から暖かく湿った空気が流れ込みやすかったため、特に蒸し暑かった。

 東北、北陸地方は猛烈な暑さとはならなかったが、名古屋市35.5度▽大阪市35.0度▽福岡市35.5度と西日本も気温が上がった。気象庁の観測する921地点のうち猛暑日は134地点だった。

 今年は、春まで続いた太平洋赤道域の海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象の影響を遅れて受けた北半球中緯度全体の気温の平均が過去30年で最も高くなっている。加えて、偏西風が日本列島付近で北に蛇行している影響などで、列島を覆う高気圧の勢力が平年より強く、厳しい暑さの原因という。

 ラニーニャ現象が起きると、日本の暑さにも関係するチベット高気圧の勢力が弱まるのが遅れる傾向にあるため、残暑も厳しそうだという。

 暑さの影響で、東京都江戸川区で中学生9人、埼玉県蕨市では高校生7人が野球の試合や練習中に熱中症とみられる症状で病院に搬送された。

 午前11時40分ごろ、東京都江戸川区北小岩4の河川敷にある区立野球場で、練習試合をしていた区立篠崎第二中と葛飾区の私立修徳学園中の男子生徒9人(12~14歳)が気分が悪いなどと訴えたが、いずれも軽症という。警視庁小岩署によると、午前9時から練習試合を始め、野球場には生徒42人がいた。

 午後0時50分ごろには、埼玉県蕨市錦町2の富士見公園野球場で、練習中の武南高校の野球部員7人が吐き気などを訴えた。3人が入院したが、命に別条はないという。

 県警によると、同日午前9時ごろから、部員42人らが練習開始。正午過ぎ、ノックを受けていた2年生の男子生徒(17)が倒れ、練習終了後の午後0時40分には、1~2年の6人も不調を訴えた。【飯田和樹、神澤龍二、飼手勇介】


暑さよ、どこまで続く 猛暑日、全国134カ所で記録
2010年8月16日22時10分 朝日新聞

 太平洋高気圧に覆われた日本列島は16日も、全国で厳しい暑さに見舞われた。最高気温が35度以上の猛暑日は、関東や近畿、中国地方など全国134カ所で記録。群馬県館林市と伊勢崎市では38.2度、東京都練馬区と埼玉県越谷市、鳩山町では38.1度を観測し、東京都心でも36.3度に達した。東京・お台場では日没後、海水に足をつけて涼をとる姿が見られた。

 各地では熱中症とみられる被害が相次ぎ、埼玉県草加市と深谷市で女性計2人が死亡、同県と神奈川県、栃木県で男性計5人が重体。東京消防庁によると、都内で125人が救急搬送された。東京都江戸川区では二つの中学の男子生徒9人が野球の試合中に体調不良を訴えて病院に搬送され、埼玉県蕨市では私立高の野球部員7人が練習中に熱中症とみられる症状を訴えて病院に運ばれた。

 高気圧は依然強い勢力を保ち、特に西日本では今後1週間ほど猛暑日が続くとみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-16 21:15 | 社会  

大雪・地震…世界で自然災害が相次ぐ

2009.12.21 08:50 中央日報

年末年始を控え、世界各地で大雪と寒波、地震など自然災害が続出している。米国東部とヨーロッパでは大雪を伴った寒波で人命被害と交通事故が相次ぎ、航空および陸上交通に影響が出た。台湾とアフリカでは地震が発生した。

◇米東部・欧州で大雪=19日(現地時間)、米国の首都ワシントンとバージニア・メリーランドなど米東部地域を大雪を伴った寒波が襲った。

AP通信などによると、前日から降った大雪でバージニア州やワシントンなど東部地域では約50-60センチの積雪量を記録した。気象専門家らは、今回のワシントン一帯の大雪は一日の積雪量では03年2月の記録(69センチ)を超える可能性がある、と予想した。バージニア州はこの日、非常事態を宣言し、除雪作業と人命救助に防衛軍を投入した。

ウェストバージニア・メリーランド・デラウェア州とワシントンDC・フィラデルフィア市も非常事態を宣言した。ワシントンのレーガン空港とダラス国際空港、ペンシルべニア州、フィラデルフィア国際空港などでは、ほとんどの航空便がキャンセルとなり、数千人に影響が出た。

コペンハーゲンの国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に出席したオバマ大統領の帰途にも支障が生じた。19日に専用機に乗ってワシントン近隣メリーランド州アンドルーズ空港に到着したオバマ大統領は、もともとヘリコプターに乗ってホワイトハウスへ向かう予定だったが、吹雪のために車を利用することになった。

ヨーロッパでも寒波と大雪で住民が死亡したり、空港が閉鎖されるなどの被害が発生した。気温が氷点下20度以下に落ちたポーランドでは20日の一日間に15人が死亡し、氷点下33度の記録的な寒波が襲ったドイツでも3人が死亡した。

フランスでは18日から降った大雪のためパリのシャルル・ドゴール国際空港の一部の航空便運航が欠航または遅延となった。ベルギーのブリュッセル国際空港も全面閉鎖された。英国では1500余りの学校が休校となり、北西部地域およそ3000世帯への電気の供給が停止した。

◇台湾とアフリカでは地震=台湾では19日夜、今年最も大きいマグニチュード6.8の地震が発生した。この日午後9時2分(日本時間午後10時2分)、台湾東部花蓮の東南25.5キロ、海底45.9キロ地点で発生したこの地震で10人以上が負傷し、高速鉄道・地下鉄・インターネット・携帯電話などに影響が生じた。また台湾の各地でガス漏出・水道管の破裂、火災、停電、建物の一部崩壊などの事故が相次いで報告された。花蓮の春秋ホテルには地震で有毒性の塩素が漏れ、約10人が病院に運ばれた。

アフリカでも地震が発生した。タンザニア南西部とマラウイ北部で20日午前、それぞれマグニチュード6.2と6.0の地震が発生したと、米国地質調査局(USGS)が伝えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-21 08:50 | 社会  

COP15「失敗の可能性も」 議論停滞で議長が警告

2009/12/16 11:01 共同通信

 【コペンハーゲン共同】コペンハーゲンで開催中の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は15日、閣僚級会合が16日から始まるのを前に歓迎式典を開いた。議長を務めるデンマークのヘデゴーCOP15担当相は演説で「(会議は)成功と失敗の中間にある。成功は手の届く範囲にあるが、失敗する可能性もあると私は警告しなければならない」と述べ、先進国と発展途上国との対立などで進展が遅い交渉の現状に強い危機感を表明した。

 COP15は15日も二つの特別作業部会の非公式会合などを開いたが、議論は平行線をたどり、全体会合の開催は予定時刻から大幅に遅れるなどして議論が停滞した。

 先進国の2020年の温室効果ガス排出削減目標や、世界全体の長期の削減目標、発展途上国の排出抑制の取り組みなど、主要な論点はほとんど意見の一致が見られなかった。交渉の鍵となる途上国への資金援助問題でも、ほとんど進展はなかった。

 16日未明には、特別作業部会の全体会合を開き、協議の内容をまとめた文書を採択したが、文書の大半は複数の選択肢などが示された未決着の形で、多くの問題の最終決着が閣僚級会合に委ねられることになった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-16 11:01 | 社会  

ホッキョクグマが共食い始める、気候変動の影響で

2009年 12月 9日 16:05 ロイター

 [チャーチル(加マニトバ州) 20日 ロイター] 米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。

 11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 16:05 | 社会  

季節はずれの大輪

2009年12月08日 朝日新聞

b0161323_11144918.jpg 7日は二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」。雪が降り続く頃とされ、県内も上市町で最低気温が2・4度まで冷え込んだものの、例年よりはやや高め。その上市町旭町の水田では、ヒマワリが満開となり、10アールあまりにわたって黄色の大輪が広がっている=写真、テレビ朝日富山支局・松尾有カメラマン撮影。折しも、デンマークのコペンハーゲンではこの日夜、地球温暖化に世界がどう立ち向かうかを話し合う国連の気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)が始まった。

 土地を管理する土井純一さん(59)によると、一帯ではお盆明けまで咲いていたヒマワリを裁断。土を耕し、ソバの種をまいていた。だが11月末、ヒマワリがいっせいに広がったという。

 開花の原因ははっきりしない。「年越し用にでも」と考えていたソバを収穫できなかった土井さんも「暖かい日が多かったからかな……」と首をひねるばかりだ。

(久保田一道)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-08 23:59 | 社会  

<ガラパゴス諸島>希少生物、25年で9種ほぼ絶滅

12月4日19時15分配信 毎日新聞

 南米エクアドルの世界遺産、ガラパゴス諸島で地球温暖化や乱獲のため、最近25年以内に9種の生物がほぼ絶滅したことが分かった。エクアドル、米国などの研究チームが4日、米科学誌「グローバル・チェンジ・バイオロジー」で報告した。

 同諸島のチャールズ・ダーウィン研究所や国際環境NGO(非政府組織)の「コンサベーション・インターナショナル」などの研究者が、19世紀以来の生物観測記録と、04年の現地調査の結果を比較してまとめた。

 同諸島海域で多数生息していたスズメダイの一種と24本の脚を持つヒトデは、82~83年に起きた太平洋赤道域東部の海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」の後、25年以上生息が確認できず「ほぼ絶滅」状態とみられる。藻類7種も20年間未確認で絶滅の可能性が高い。ほかにオサガメ、同諸島海域固有種のサンゴ、ガラパゴスペンギンなど36種が国際自然保護連合の絶滅危惧(きぐ)種に相当し、そのうち9種は「ごく近い将来に絶滅の危険が極めて高い種」だという。

 チームは、エルニーニョ現象による多雨や海面水温上昇など温暖化に伴う気候変動と、漁業の乱獲が生息環境を破壊し、急速な絶滅を起こしたと指摘している。【奥野敦史】
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-04 19:15 | 社会  

モスクワで異常暖冬、8度超す=クマ冬眠できず、サクラソウ乱れ咲き

12月3日5時38分配信 時事通信

 【モスクワ時事】12月を迎えたロシア欧州部は異常な暖冬に見舞われており、首都モスクワでは2日午後、19世紀に気象観測を開始して以来、同日としては最高の8.1度を記録した。この時期、平年の平均気温はマイナス4度で、12度以上も上回っている。同日の過去最高記録は1898年に観測された7度だった。

 ロシア国営テレビによると、モスクワ動物園ではクマが1週間以上も冬眠に入れず、飼育舎内をいらいらした様子で歩き回っている。

 インタファクス通信によると、モスクワの北西約200キロのトベリ市の植物園では、サクラソウ、クロッカスなどが11月初めに芽を出し、今では花が咲き始めた。バラも夏以降、花が咲き続けている。同植物園関係者によると、これら南方原産の植物がこの時期に咲き乱れているのは「開園以来初めて」という。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-03 05:38 | ヨーロッパ  

浸透圧発電 ノルウェーで開始 「世界初」 水の塩分濃度差を利用

2009年12月1日 朝日新聞

 ノルウェーの電力会社スタットクラフト社は11月24日、再生可能エネルギーの一つとして注目される浸透圧発電所をオスロ近郊の町トフテで始めた。実用化に向けた発電は「世界初」だという。

 浸透圧発電は塩水と淡水の塩分濃度の差を使う。塩水と淡水をセロハンのような半透膜を隔てて接触させると淡水が塩水側に取り込まれ、圧力が高くなった塩水の流れでタービンが回って発電する仕組み。風力や太陽光と違って変動が少ないのが特徴だ。

 海岸沿いのパルプ工場に建設された発電所の出力は、家庭用太陽光発電装置とほぼ同じ2~4㌔ワットと小さい。現在の半透膜の効率が悪く、延べ2千平方㍍以上も必要なことや、半透膜を傷めないよう水中の異物を取り除くときにエネルギーを消費する課題もある。

 それでも同社は「浸透圧発電は、欧州連合(EU)全体の発電量の半分に匹敵する電力を世界で供給できる可能性がある」としており、AFP通信によると同社は、2016年に家庭1万世帯をまかなう能力のある2万5千㌔ワット級の商業施設の建設を始める方針だ。(ワシントン=勝田敏彦)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-01 06:00 | ヨーロッパ  

え~これでもエコカー? 減税対象へ「抜け道」

車体重いと有利→オプション付け売り込み
2009年11月21日 朝日新聞

 4月に導入されたエコカー減税は、燃費効率のいい車の普及で地球温暖化防止につなげる、というのがうたい文句だった。だが、実際には同じ車種のうち燃費が悪いほうが減税対象になり、「割安」なためよく売れるという現象も起きている。車を重くすれば燃費基準が緩くなる「抜け道」があるためだ。(大日向寛文)

燃費は逆に悪化

 トヨタ自動車の主力セダン「マークX」。先月発売の新型は排気量や装備などの違いで10タイプある。同社が20日発表した発売後1カ月間の受注は約1万4千台。うち8割を二つのタイプが占めた。電動で助手席の位置を調整できる特別装備がついた排気量2.5㍑のもので、10タイプのうちこの二つだけがエコカー減税の対象になっている。

 だが、この2タイプの燃費はガソリン1㍑当たり12.4㌔。同じ二輪駆動・排気量2.5㍑で、特別装備がないタイプより0.6㌔ほど悪い。

 特別装備がないタイプの重さは1510㌔グラムで、減税を受けるには15㌔以上の燃費が必要だ。ところが、「電動助手席」の1種は装備なしのタイプより5万2500円高いが、減税分を考慮すると約5万円安くなる。こうした割安感が「売れ行き好調」のからくりだ。ある関東地方のトヨタ系販売会社は「減税で、お買い得に装備が手に入ると売り込んでいる」と話す。

 トヨタだけではない。日産自動車のエコカー減税を紹介するホームページでは、例えば、ミニバン「ラフェスタ」の減税対象外の車に「カーテンエアバッグ」などのオプションをつけ、75%減税が受けられる手法を掲載している。

 富士重工業は9月、中型SUV(スポーツ用多目的車)フォレスター「2.0X」で、サンルーフなどを装備した特別仕様車を発売。燃費は1.2㌔悪化したが減税対象になり、10月のフォレスターの販売台数の2割を占めた。

「お客様にメリット」 メーカー

 各社は「減税が受けられることで古い車から買い替えたお客様もいて、前の車に比べれば燃費が向上している」(トヨタ広報)、「お客様にメリットがある車を薦めるのは営業として当然」(日産広報)などと説明。こうした販売手法の正当性を主張する。

 ただ、業界内にも「制度の欠陥で、減税本来の目的からずれた動きだ」(大手メーカー幹部)との声もある。

 今回の減税導入には、エコカーの普及に加え、世界同時不況下での「景気刺激策」との位置づけもあった。業界に詳しい住商アビーム自動車総合研究所の宝来哲氏は「二つが混ざって、減税の目的が不明確になってしまった」と指摘。本来のエコカー普及には、いまのような重量区分はやめ、一定の燃費を下回る車には罰金を、上回る車には報奨金を支払うフランスのような制度の導入が必要ではないか、と指摘する。

 国土交通省の自動車交通局環境課は「(大型車やミニバンなども好む)ユーザーの多様なニーズに対応するため、今の重量区分に従った設定にした。減税の趣旨と異なるような販売の動きがあれば、今後調査する」としている。

エコカー減税 一定の排ガスや燃費の基準を満たす車の自動車取得税と自動車重量税を50、75、100%の3段階に分けて減税する制度。対象になるための燃費の基準が、車の重さによって九つの区分に分けられ、重い車ほど緩い。ハイブリッド車や電気自動車は100%減税。09年度から3年間実施される予定だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-21 06:00 | 社会  

トヨタ「マークX」受注好調 納車まで3カ月

11月20日18時54分配信 産経新聞

 トヨタ自動車は20日、「新型マークX」の受注台数が発売1カ月で約1万4千台となったと発表した。月販目標の約4倍で、注文から納車まで約3カ月かかるという。

 顧客ニーズを反映させ、最低価格を従来車より約10万円程度引き下げて238万円としたことや、一部モデルでエコカー減税50%対象車としたことなどが受注増を後押ししている。

 豊田章男社長は「(エコカー減税などの恩恵を受けたことで、20万~30万円価格が下がり、需要が刺激された。より安い値段を付けられれば、需要が増えるというヒントになった」と語っていた。


 【トヨタ マークX 新型】受注が目標の4倍超、減税・補助金効果で
11月20日19時11分配信 レスポンス

トヨタ自動車は20日、新型『マークX』の発売1か月間の初期受注が月販目標の4倍以上となり、好調な立ち上がりとなったことを明らかにした。

新型マークXは10月19日から発売した。月販目標は3000台だが、11月18日までの発売から1か月間の累計受注台数は1万4000台となった。

環境対応車普及促進税制(エコカー減税)、環境対応車普及促進対策費補助金(エコカー補助金)対象車の「リラックスセレクション」に人気が集まっている。

また、躍動感のある低重心スタイルやエントリー価格を238万円とした価格設定なども好評としている。

《レスポンス 編集部》
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-20 18:54 | 経済・企業