タグ:地方選 ( 10 ) タグの人気記事

 

麻生首相、一段と窮地に=命運懸かる都議選-静岡知事選

7月5日23時52分配信 時事通信

 5日の静岡県知事選で自民、公明両党の推薦候補が敗れたことで、自民党役員人事のつまずきなどで求心力低下が目立っていた麻生太郎首相は一段と窮地に立たされた。首相は8月上旬の衆院選を念頭に、7月12日投開票の東京都議選直後の衆院解散を模索する意向。しかし、都議選の結果次第では、自民党内の「麻生降ろし」の動きが激化、首相が立ち往生する可能性もある。

 自民党幹部は5日、「役員人事をめぐるごたごたが響いた」と述べ、首相が党役員人事に踏み切ろうとしたものの、党内の反発で断念したことが敗因との見方を示した。

 麻生内閣の支持率低迷を踏まえ、自民党は知事選で、「政党色」を抑えた選挙戦術を取った。一方で、古賀誠選対委員長ら党幹部が頻繁に静岡入りし、水面下で企業・団体への働き掛けを続けた。民主党が事実上の分裂選挙となったこともあり、「今回は勝ちに行く」(関係者)と必勝態勢で臨んだ。

 そうした有利な材料があったにもかかわらずの敗北。自民党議員の一人は「都議選へ悪い流れが強まる」と懸念を口にした。党内では、中川秀直元幹事長らが首相退陣論を公然と唱え、総裁選前倒しを求める中堅・若手議員の動きも活発化しており、都議選でもふるわなければ、「首相には解散させない」(若手)との声が拡大するのは必至だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-05 23:52 | 政治  

<静岡知事選>民主系・川勝氏が当選 自公系・坂本氏に小差

7月5日23時19分配信 毎日新聞

 与野党が次期衆院選の「前哨戦」と位置づけた静岡県知事選が5日投開票され、民主、社民、国民新3党が推薦した静岡文化芸術大前学長、川勝平太氏(60)が自民、公明推薦の前自民党参院議員、坂本由紀子氏(60)ら3人を破り初当選した。与党は4月以降、名古屋、さいたま、千葉の政令市長選3連敗に続く主要地方選の敗北。12日投票の東京都議選に関し毎日新聞が4、5日に実施した世論調査でも民主党が第1党をうかがう勢いをみせており、与党内で衆院解散先送り論がさらに強まりそうだ。

 麻生太郎首相にとっては内閣支持率の低迷で「麻生降ろし」の動きが強まる中、静岡県知事選と東京都議選を乗り切って衆院解散・総選挙に踏み切りたいところだった。

 しかし、先月18日の知事選告示後、自身の「(解散は)そう遠くない日」発言などにより閣僚・党役員人事をめぐる与党内の混乱を招き、選挙戦に水を差した。民主党側は元参院議員の出馬で支持層の分裂懸念を抱えていただけに、それでも坂本氏が敗れたことで、麻生首相の責任論が与党内で出るのは必至だ。

 同知事選は、4期務めた石川嘉延前知事が静岡空港の立ち木問題で辞職したのに伴い行われた。

 過去の知事選では空港建設の是非が繰り返し問われたが、6月に開港したことで政策上の際立った争点がなくなり、衆院選の行方を占う「自公対民主」の与野党対決に注目が集まった。投票率は61.05%(前回44.49%)と有権者の関心も高かった。

 民主党は、京都府出身で、出馬表明が告示2週間前と出遅れた川勝氏の知名度不足を補おうと、鳩山由紀夫代表や菅直人代表代行、岡田克也幹事長ら「党の顔」が入れ替わり静岡県入り。

 鳩山氏は、「一足先に静岡で『脱官僚・天下り』の社会を作り出そう」と繰り返し、衆院選で民主党が目指す政権交代と、16年続いた官僚出身の前知事県政からの転換を重ね合わせる訴えを展開した。

 同党の元参院議員、海野徹氏(60)との候補者の一本化には失敗したが、「純粋無所属」を掲げる海野氏に対し、川勝氏は「民主党」を前面に押し出し、全国的な民主党への追い風に乗って無党派層にも浸透した。

 対する坂本氏はポスターに「自民党」と印刷せず、政党色を薄める戦術をとった。細田博之幹事長や古賀誠選対委員長ら自民党幹部は街頭演説はせず、県内の支持団体を回るなど水面下の組織票固めに徹した。

 代わって野田聖子消費者行政担当相、小池百合子元環境相ら知名度のある女性議員が応援に入り、「唯一の女性候補」を訴えたが届かなかった。

 共産党は新人の平野定義氏(59)を公認候補として擁立したが、出馬表明が告示8日前と出遅れたことなどが響いた。【松久英子】
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-05 23:19 | 政治  

大激戦7・5静岡県知事選 自民VS。民主 最終攻防5日間

2009/7/3 10:00 日刊ゲンダイ

 来週日曜日(7月5日)に投開票される静岡県知事選が、大激戦になっている。総選挙の「前哨戦」とされた名古屋市長選、さいたま市長選、千葉市長選と3連敗している自民党は、ここで敗北したらもう後がない。そのまま翌週12日の都議選も、勢いを失って敗北する可能性が高まる。注目の選挙戦はどうなりそうなのか。

 選挙戦は、自公候補の坂本由紀子(60)、民主候補の川勝平太(60)、無所属の海野徹(60)の三つ巴の構図だ。世論調査では、坂本由紀子と川勝平太が、文字通り「横一線」で並んでいる。

 しかし、本来なら自民党は圧勝して当然の選挙戦だ。民主党が候補者の一本化に失敗し、川勝と海野に分裂してしまったからだ。

「坂本は万全の構えで臨んでいます。現職の参院議員のうえ、自公が全面的にバックアップ。しかも、民主党の川勝は分裂騒動で出遅れただけでなく、無名候補。普通なら勝負になりません。ところが、自民VS。民主という“政党対決”の構図が強まると、川勝が猛追。完全に追いつき、ある調査では追い抜いた。逆に坂本陣営は、自民党隠しに必死です。麻生首相の現地入りを拒否し、野田聖子など女性議員だけを応援演説に呼んでいる。男性で街頭演説をしたのは舛添要一ぐらいのものです」(地元事情通)

●怪文書も飛び交う

 激しい選挙戦のため、現地では「怪文書」も飛び交う。

 巻き込まれるのを避けるためか、静岡県政に影響力がある地元企業スズキのトップは、海外に出張したままだ。

 ここで負けたら自民党はショックが大きいだけに、残り5日間、なんでもアリだ。

「民主党が分裂した選挙で負けたら、自民党はどんな選挙でも勝てない。衝撃は、さいたま市長選や千葉市長選の比ではありません。それだけになりふり構っていられない。決して表には出ないが、選対委員長の古賀誠や参院のドン・青木幹雄といった大幹部も頻繁に現地入りしています。恐らく、最後はスズキにも泣きつくでしょう。川勝のスキャンダルを探しているというウワサも流れている。一部では『いずれ自民党の候補者になるのだから、東国原知事に応援を頼むべきだ』という声も上がっているほどです」(政界事情通)

 静岡県知事選で敗北したら、都議選を待たずに麻生は行き詰まる。麻生首相に引導を渡す選挙になるかもしれない。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-03 10:00 | 政治  

都議選、国政に影響しない=首相

2009/06/24-18:52 時事通信

 麻生太郎首相は24日夕、7月5日投開票の静岡県知事選、同12日投開票の東京都議選について「選挙結果が国政に直接影響を及ぼすとは考えていない」と述べ、自民党が都議選などで敗北しても自身の進退を含む責任問題に発展しないとの考えを示した。 

 都議選後に内閣改造を行うかとの質問に対しては、「今の段階で改造を考えているわけではない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-24 18:52 | 政治  

難産のすえに開港の静岡空港 早くも不測事態の前途多難

6月19日(金) 8時30分 ダイヤモンド・オンライン

 6月4日に開港した富士山静岡空港が連日、大にぎわいを見せている。ターミナルビル内は行き交う人びとでごった返し、そこかしこに長い行列が。苦難のすえにやっと開港した最後の地方空港である。関係者も大喜びかと思いきや、現実はやはりそう甘くない。

 開港から4日間で約4万6800人が空港ビルに入館したのに対し、搭乗客は約6800人。空港に詰めかけたのは見物客がほとんどで、本来のにぎわいとは異なる。

 開港後4日間の定期便とチャーター便の平均搭乗率は76.3%。開港前から懸念されていたことが早くも現実化しつつある。一つは、1日3往復する福岡便だ。朝夕の2便を計画した日本航空(JAL)に対し静岡県は、搭乗率が70%を下回った場合、1席当たり1万5800円の支援金を支払うという搭乗率保証を福岡便にのみ提示、3便の就航を実現させた。制度導入に批判の声も出たが、石川嘉延知事は「まさかのときの下支え」と説明し、押し切った。

 しかし、福岡便の搭乗率は昼便の低迷が足を引っ張り、68.5%。まさかではすまされない厳しい状況だ。それどころか、国内3路線、国際2路線の定期便の路線維持自体が危うい。週4便の就航予定だった中国東方航空の上海便が、新型インフルエンザの影響を理由に、6月の定期便6便の欠航を決めたが、初便の搭乗率が4割にも満たず、7月以降の運航を検討するという。

 さらにもう一点。山を削り、谷を埋めて造られた静岡空港は天候が変わりやすく、濃霧や低い雲が発生しやすい。開港2日目に懸念していたことが起きた。夕方に到着予定の2便が視界不良で着陸できず、中部国際空港への着陸を余儀なくされたのだ。このため、静岡空港発の2便が欠航になった。

 視界良好とはとても言いがたい。

(『週刊ダイヤモンド』委嘱記者 相川俊英)
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-19 08:30 | 社会  

与野党対決は国政選並み…静岡県知事選ヒートアップ

6月18日12時34分配信 読売新聞

 衆院選の前哨戦となる静岡県知事選が18日、告示された。

 立候補した4人とも、静岡市葵区で第一声。高まる与野党対決ムードを反映し、国政選挙並みの態勢で火ぶたが切られた。

 一連の地方選挙で連敗中の自民党は「公認以上の扱い。総力戦で臨む」(選対関係者)と背水の陣を敷く。

 前自民党参院議員・坂本由紀子さん(60)は旧労働省や厚生労働省で障害者の雇用対策、女性の地位向上などに取り組み、局長まで務めた。知事選では中央政界の政局と結びつけられるのを嫌い、「県民党」の立場を強調した。

 第一声には野田消費者相を招いて「女性」を前面に出した。「医療、福祉を抜本的に立て直し、どこにいても良い医療を受けられるようにする」などと政策中心の訴えを展開。出陣式には、石川嘉延前知事も駆けつけた。

 一方、民主党は地方選での勢いを衆院選につなげる考え。静岡文化芸術大の前学長・川勝平太さん(60)は早大などで教べんを執った経済学者。安倍内閣が設置した教育再生会議の委員も務めたが、今回は民主党県連などから出馬を要請され、学長の職をなげうって立候補した。

 川勝さんは出陣式で、「名古屋、さいたま、千葉市で新しい風が吹いた。静岡にも新しい風が吹いている。静岡を変えることが日本を変える」と訴えた。

 民主党本部から駆けつけた野田佳彦・幹事長代理も「歴史的な政権選択選挙になる衆院選の大事な前哨戦。千葉などでの勝利のタスキを川勝さんに託したい」と力を込めた。

 元民主党参院議員・海野徹さん(60)は2月、「脱官僚」などを掲げていち早く立候補を表明した。川勝さんと海野さんに民主支持層の票が割れることを懸念した、同党の小沢代表代行からの候補者一本化に向けた打診も拒否した。

 海野さんは出陣式で、「『純粋無所属』で県政を担いたい」と強調。渡辺喜美・元行政改革相は「麻生内閣のでたらめさや日本の将来を憂い、自民党を離党した」と述べ、政党と距離を置く海野さんへの支持を呼びかけた。

 4人の中で唯一の政党公認候補となった共産党県常任委員・平野定義さん(59)は、「静岡空港を最優先させ、大企業を優先してきた自民、公明、民主のオール与党陣営では県政を変えられない」と述べた。佐々木憲昭・共産党国対副委員長は、衆院選と一体の運動を展開する考えを強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-18 12:34 | 政治  

自民・坂本氏の辞職許可へ=参院

2009/06/17-05:23 時事通信

 参院は17日午前の本会議で、自民党の坂本由紀子参院議員(静岡選挙区)の辞職を許可する。坂本氏は18日告示、7月5日投開票の静岡県知事選に出馬するため、議員辞職願を16日に提出していた。坂本氏の辞職に伴う補欠選挙は、公職選挙法の規定により10月8日告示、同25日投開票の日程で行われる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-17 05:23 | 政治  

<静岡知事選>18日告示 衆院選の前哨戦

6月16日22時42分配信 毎日新聞

 自民、民主両党が衆院選の前哨戦と位置づける静岡県知事選(7月5日投票)が18日告示される。14日投票の千葉市長選で敗れた自民党は「極めて大事な選挙」(菅義偉選対副委員長)として同党参院議員の坂本由紀子氏(60)を推薦し、支援に全力を挙げる。民主党は16日、静岡文化芸術大前学長、川勝平太氏(60)の推薦を決定。ただ、元同党参院議員の海野徹氏(60)も出馬を表明しており、分裂選挙の不安を抱えたまま「静岡決戦」に臨むことになった。【松久英子、望月和美】

 「政権交代の前哨戦。静岡知事選は静岡のためだけではない」。川勝氏は16日、民主党本部で鳩山由紀夫代表らと会談後、記者団の前で力を込めた。この日、同党の推薦が決まり、鳩山氏は「短期決戦で頑張っていただきたい」と激励した。

 推薦決定が告示直前まで遅れたのは、選挙担当の小沢一郎代表代行が候補者の一本化にこだわったからだ。

 海野氏は2月に出馬を表明していたが、05年の知事選で静岡空港建設反対派の候補を支援して以降、連合静岡との関係が悪化。民主党県連内では榛葉賀津也参院議員を擁立する動きもあったが、共産党を除く野党でギリギリ過半数を握る参院の議席を失うリスクを小沢氏が認めなかった。

 最後は、県政界に影響力をもつスズキ(浜松市)の鈴木修会長兼社長らが調整に動き、川勝氏が出馬を表明したのは6月5日。その後も小沢氏は川勝、海野両氏や県連に一本化努力を求めたが実現せず、結局、民主党は党本部推薦によって川勝氏支援を鮮明にした。これで与野党対決の構図はととのったが、小沢氏は16日の記者会見で「私個人は『(一本化しなければ)党本部は関知しない』という考え方だった。鳩山代表の指示ですから」と不満を隠さなかった。

    ◇

 同知事選では5選出馬を目指していた石川嘉延知事(68)が3月、静岡空港の立ち木伐採問題で辞職を表明。石川県政の与党だった自民、民主両党は当初「相乗り」候補の擁立を模索したが、自民党県連内で独自候補の擁立論が強まり、5月中旬、副知事経験者の坂本氏擁立が固まった。

 公明党の推薦も受け先に選挙態勢を構築した坂本氏陣営だが、衆院選前哨戦の色合いが濃くなったことで戸惑いも広がる。衆院選へ向け党勢退潮ムードに歯止めをかけたい自民党は党を挙げて全面支援する構え。千葉市長選の自民敗北から一夜明けた15日夜、静岡市で開かれた業界団体の総決起大会では尾辻秀久参院議員会長ら国会議員23人が出席して気勢を上げ、県連会長の斉藤斗志二衆院議員は記者団に「脱、劣勢!」と決意を語った。

 しかし、坂本氏陣営は逆風を避けようと「自民色」を薄める方針をとり、告示日の党幹部応援に難色を示すなど、党本部と地元の温度差も露呈。麻生太郎首相の応援日程も決まらず、15日の党役員会で首相が「(坂本氏陣営から)返事が来ない」と党幹部を叱責(しっせき)する場面もあった。

    ◇

 共産党は党県常任委員、平野定義氏(59)の公認を10日発表した。海野氏支援も検討したが、調整がつかなかったという。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-16 22:42 | 政治  

静岡知事選、代表に従った=民主党の小沢氏

2009/06/16-21:41 時事通信

 民主党の小沢一郎代表代行は16日の名古屋市での記者会見で、静岡県知事選に出馬を表明している経済学者の川勝平太氏の推薦を決めた経緯について「鳩山由紀夫代表の判断でぜひ推薦をという話だったので、その通りにした」と述べ、鳩山氏の指示に従った結果だと強調した。

 同知事選には元民主党参院議員の海野徹氏も立候補を表明している。小沢氏は「両者に幾度となく一本化を働き掛けたが、両方とも自分でやらせてくれという話だった。従って、私個人は党本部は関知しないという考え方でいた」と語った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-16 21:41 | 政治  

<千葉市長選>民主推薦・熊谷氏が初当選 現役最年少31歳

6月14日23時36分配信 毎日新聞

 収賄事件で逮捕、起訴された鶴岡啓一前市長(69)の辞職に伴う出直し千葉市長選が14日投開票され、無所属の新人で元市議の熊谷俊人氏(31)=民主推薦=が初当選した。現役市長で全国最年少、政令指定都市では史上最年少市長となる。4月の名古屋、5月のさいたまに続いて政令市長選で民主党が3連勝し、国政に影響を与えそうだ。

 無所属の新人で元副市長の林孝二郎氏(63)=自民、公明推薦=と、共産公認で党県委員の結城房江氏(65)の新人2人は及ばなかった。

 前市長の汚職事件で失われた市政への信頼をどう回復するかなどが争点となった。他候補に大差を付けた熊谷氏は「いよいよ千葉市の夜明けです。みんなの力で新しい千葉をつくろう」と話した。

 総選挙の前哨戦とも位置付けられ、民主の鳩山由紀夫代表、菅直人代表代行らが熊谷氏の応援で千葉市入りしていた。

 投票率は43.50%(前回37.20%)、当日有権者数は74万1913人だった。【斎藤有香】

 ◇千葉市長選確定得票数

当170629  熊谷 俊人=無新[民]

 117560  林 孝二郎=無新[自][公]

  30933  結城 房江=共新

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-14 23:36 | 政治