タグ:土建屋 ( 144 ) タグの人気記事

 

アルジェリア高速建設、日本側に1千億円超未払い

2010年12月14日3時13分 朝日新聞

 北アフリカのアルジェリアで鹿島など日本の企業連合が受注した高速道路の建設工事をめぐり、完成区間の代金1千億円超が支払われないトラブルが起きている。アルジェリア外相は13日、朝日新聞のインタビューで日本側の対応に不満を表明。工期も大幅にずれ込んでおり、企業側に損失が出る恐れがある。


 この問題で日本政府は、異例の仲介に乗り出している。13日には前原誠司外相がアルジェでメデルチ外相と会談。日本側によると、政府間の問題として扱うとの認識で一致したという。

 問題の道路は、アルジェリア公共事業省が発注した「東西高速道路」。鹿島、大成建設、西松建設、ハザマ、伊藤忠商事の共同企業体(JV)が、2006年に東工区(約400キロ)を5400億円で受注した。

 関係者によると、東工区のうち約6割は完成。工事が進むごとにJVに代金が支払われるはずだったが、アルジェリア側は構造が契約通りになっていないなどとして、1千億円超を支払っていない。

 工期も遅れている。東工区全体の完成予定は今年1月だったが、想定外の地質だったことなどから難航。現在も工事は思うように進まず、追加費用がかさんでいる模様だ。日本側は工期を11年末まで延長する方向でアルジェリア側と調整しているが、JVが将来損失を被るリスクも膨らむことになる。

 ゼネコンの海外案件では、鹿島や大林組が受注したアラブ首長国連邦のドバイの鉄道工事で、追加工事が発生するなどして10年3月期で損失計上を余儀なくされた。政府は、成長戦略の一環として官民が連携したインフラ輸出を推進しているが、リスク管理の失敗も顕在化しつつある。(山尾有紀恵=アルジェ、鳴澤大)

■アルジェリア外相、対応に不満

 【アルジェ=石合力、山尾有紀恵】アルジェリアのメデルチ外相は13日、前原外相との会談後、朝日新聞とのインタビューに応じた。高速道路の建設問題について「アルジェリアの高速道路公社と日本JVの双方を信頼しており、問題を早期に解決できることを確信している」と述べた。

 メデルチ外相は「工期や工事の質を保つため、あらゆる手段で支援してきた。にもかかわらず工期に遅れが出たことは残念」と日本側の対応に不満も表明。前原外相からも、技術的な問題があることを認める発言があったという。アルジェリア側は工期の再延長幅を縮めたい意向とみられ、メデルチ外相は「今後数週間で解決策が見いだされることを望む」と話した。

 高速道路は、日本側の受注部分と中国側の受注部分に分かれている。メデルチ外相は「重要なのは(中国との)競争ではなく、日本企業がアルジェリアに進出して、現地の企業とともに投資を拡大することだ」と期待を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-14 03:13 | 経済・企業  

建設国保に国が改善命令 補助金80億円返還も請求へ

2010.9.9 15:47 産経新聞

 大工などの建設関連業者が入る「全国建設工事業国民健康保険組合」(建設国保)の無資格加入問題で、厚生労働省は9日午後、組合員の資格の適正化と再発防止などを求める是正改善命令を出した。

 平成16年度から6年間に無資格の組合員や家族約2万8千人が使った医療費に対する補助金約80億円の返還も求める。

 建設国保には原則として、建設業に従事する従業員5人未満の個人事業所しか入れない。無資格者は業種を偽ったり、法人を架空の個人事業所に分割するなどして不正に加入していた。

 無資格加入問題をめぐっては、徳島県や北海道で不正な加入が発覚し、監督官庁の東京都が全国調査を指示。約7200事業所の組合員と家族約2万8千人が無資格と分かった。都が改善命令を出す方針だったが、不正が全国に広がり、影響が大きいため厚労省が命令を出すことになった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-09 15:47 | 社会  

茨城県発注の農業工事で談合か=県や業者を立ち入り検査―公取委

時事通信 9月7日(火)11時48分配信

 茨城県発注の農業土木工事をめぐり受注業者間で談合があったとして、公正取引委員会は7日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、県農地局や県境土地改良事務所に加え、古河市や境町の建設会社、県建設業協会境支部など計三十数カ所を立ち入り検査した。

 公取委は発注した県側の関与も視野に調査しているとみられる。

 関係者によると、談合は遅くとも2005年から続いていたという。県発注の農道や農地などの整備や道路舗装、古河市発注の土木工事について、県建設業協会支部の幹事会社を中心に業者間で受注調整していた。

 09年度の発注額は県と古河市を合わせ約45億円。県発注工事の落札率は最近3年間で平均96~98%と高率だった。予定価格などが漏れていた疑いもあるという。

 この地区では、公取委が1996年にも総和町(現古河市)発注の土木工事をめぐる談合で、今回立ち入りを受けた会社を含む建設会社35社に排除勧告を出し、うち26社に課徴金計約9600万円を命じている。

 茨城県の宮浦浩司農林水産部長は「真摯(しんし)に検査に協力し、真偽を明らかにしたい」とコメントした。


茨城県の土地改良事務所、工事事務所が官製談合の疑い 公取委が立ち入り検査
産経新聞 9月7日(火)11時52分配信

 茨城県の境工事事務所(同県境町)や同県境土地改良事務所(同)、古河市が発注する土木工事や舗装工事で談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、茨城県庁や同県境町の県の出先機関、茨城県建設業協会境支部(同県境町)や地元業者約30社を立ち入り検査した。県事務所の幹部が受注先を指示した官製談合の疑いもあり、関係者から事情聴取を進めている。

 関係者によると、遅くとも平成17年以降、茨城県古河市、坂東市、五霞町、境町の土木工事、舗装工事を発注する境土地改良事務所や境工事事務所が発注する工事に際し、地元業者間で談合が繰り返されていた疑いが強まった。古河市発注の工事でも同様の談合があった疑いがある。

 事務所幹部が決めた受注先を業者同士で電話連絡していた可能性がある。立ち入り検査を受けた業者は内田組(古河市)や小川建設工業(同)など建設業協会の幹部企業など。落札先は輪番制でほぼ均等に分けられていた。落札率は県発注分で95%を超え、古河市発注分でも21年度平均で89%。発注総額は21年度だけで40億円超。


<官製談合>茨城県など発注の公共工事で 立ち入り検査実施
毎日新聞 9月7日(火)15時0分配信

 茨城県と同県古河市発注の公共工事で談合が行われた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで茨城県内の建設業者約30社や県建設業協会の支部などに対し、立ち入り検査に入った。立ち入り先には発注者側の県庁や土地改良事務所、工事事務所も含まれており、公取委は官製談合の疑いもあるとみて調べる。

 関係者によると、主な立ち入り先は古河市や坂東市、境町など県西部の建設業者と、それら業者が会員となっている県建設業協会境支部。各社は遅くとも05年ごろから、県境土地改良事務所や県境工事事務所、古河市が発注した土木、道路舗装工事の一般競争入札と指名競争入札で、あらかじめ落札業者を決める談合行為を繰り返していた疑いが持たれている。

 境土地改良事務所発注の工事を巡っては、事務所の幹部職員が県建設業協会境支部の幹部と打ち合わせ、受注予定者を決めていた疑いがあるという。歴代の幹部職員が談合にかかわっていたとみられる。境土地改良事務所、境工事事務所、古河市の土木、道路舗装工事の発注額は09年度で計約44億円。

 茨城県では96年、総和町(現古河市)発注の公共工事で談合を繰り返したとして、建設業者35社が公取委から排除勧告を受けた。今回の談合疑惑にも、勧告を受けたうちの十数社が再び関与しているとみられる。【桐野耕一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 11:48 | 行政・公務員  

たたり?肝試し中に16歳電車にはねられ死亡

8月26日8時1分配信 スポーツ報知

 夏の風物詩である「肝試し」が、思わぬ悲劇を生んだ。友人と一緒に心霊スポット巡りにやってきた16歳の少年が道に迷い、入り込んだ線路内で電車にはねられて死亡する事故が24日夜、京都府八幡市で起こった。現場近くには、通称「軍人病院跡」と呼ばれる廃虚があり、ネットや雑誌で「京都の心霊スポット」として紹介されている“人気”の場所。京都府警八幡署では、少年がなぜ線路内に立ち入ったか、調べを続けている。

 八幡署によると、事故が起きたのは24日午後9時55分ごろ。京都府八幡市大谷の京阪本線の線路内で出町柳(京都)発中之島(大阪)行き快速急行が男性をはねた。男性は病院に運ばれたが、すでに死亡。電車は13分間停止し、上下線17本に最大14分の遅れが出たが、約500人の乗客にはけがはなかった。

 死亡した男性は、大阪府四條畷市の建設作業員・山本嘉仁さん(16)。遊び仲間の男女5人(いずれも大阪府内在住の13歳~22歳)とともに「心霊スポットに行こう」と、ひと夏のスリルを楽しみにやって来た。ところが道に迷ったため、山本さんが「もう一度探しに行ってくる」と1人だけ車を離れ、事故に遭った。

 現場近くには標高162メートルの男山があり、その山頂は日本三大八幡宮で知られる石清水八幡宮。そのふもとが「京都の心霊スポット」として、数年前から若者を中心に注目されるようになった。事故現場から山頂ケーブルの右側の山道を上っていくと、道のりで約1キロの所に、雑草に覆われたコンクリートの廃虚があるという。

 この場所は、心霊スポットを紹介する雑誌やネットでは「軍人病院跡」や「ビルマ僧院跡」とされているが、八幡市在住の男性(82)はこの日、本紙の取材に「戦時中、結核の隔離病棟があったと記憶している」と話している。また、近くの住民によると、その廃虚の近くには墓地があり、「お墓に用事がある人以外は、地元の人間でも行かない」という。

 根強い心霊ブームもあって「他の府県から場所や由来を尋ねてくる人が増えた」と観光協会。もっとも、夜中に訪れて騒ぐ若者も少なくないため「深夜に変な音がして気持ち悪い」などの苦情は多く、警察が注意を呼びかけたり土地の所有者が「立ち入り禁止」の看板を立てたことがあった。

 ただ、今回の事故で山本さんがなぜ線路内に入ったかは不明で、八幡署では引き続き調べる方針。心霊スポットで起きた不可解な事故。地元の人々は「これでまた深夜に人が集まるのでは…」と困惑している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-26 08:01 | 荒む社会  

土木作業員の男性、撃たれ重傷 殺人未遂事件で捜査 栃木・佐野

8月9日12時25分配信 産経新聞

 9日午前0時15分ごろ、栃木県佐野市本町の路上で、同県岩舟町古江、土木作業員、早乙女哲久さん(35)が腹部を拳銃のようなもので撃たれ、重傷を負った。命に別条はない。佐野署で殺人未遂事件として捜査している。

 調べによると、男性は現場付近で車を降り、歩いているところを撃たれたという。同伴者と病院に行き、手術によって腹部から弾丸1発が摘出された。病院側が「銃器のようなもので撃たれたようだ」と佐野署に通報した。同伴者が「パーン」という銃声を聞いたという。

 現場は飲食店などが並ぶ市街地。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-09 12:25 | 荒む社会  

少女を集団暴行容疑=瓦職人ら2人逮捕-大阪府警

2010/08/06-19:14 時事通信

 出会い系サイトで知り合った少女を車に乗せて連れ回し、集団で暴行したとして大阪府警捜査1課などは、わいせつ目的誘拐や集団強姦(ごうかん)などの疑いで、大阪府岸和田市小松里町の無職河内谷幸寛(23)、同府忠岡町忠岡北の瓦職人猪口大樹(21)両容疑者を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は7月22日未明、大阪市のアルバイトの少女を車に乗せて連れ回し、自宅近くのガレージに数時間監禁、睡眠導入剤入りの酒を飲ませ集団で暴行した疑い。

 同日早朝、近くの駅で解放された少女が駅員に助けを求め発覚した。

 同課によると、河内谷容疑者は「不眠で働けない」との理由で生活保護を受けており、処方された睡眠導入剤を少女に使ったという。


ガレージに監禁、睡眠導入剤使い女性に乱暴
8月6日21時21分配信 産経新聞

 女性をガレージに閉じ込め、乱暴したなどとして大阪府警捜査1課と貝塚、泉大津の両署は6日、集団強姦やわいせつ目的誘拐などの疑いで、大阪府岸和田市小松里町、無職、河内谷幸寛(23)と大阪府忠岡町忠岡北、瓦職人、猪口大樹(21)の両容疑者を逮捕した。府警によると、河内谷容疑者は不眠を理由に生活保護を受給。処方された睡眠導入剤を犯行に使用していた。

 逮捕容疑は7月22日未明、出会い系サイトで知り合った10代の女性を乗用車に乗せ、大阪市から忠岡町まで連れ回した後、町内のガレージに監禁。女性に睡眠導入剤入りの酒を飲ませて乱暴し、携帯電話1台を奪ったとしている。ともに容疑を認めており、府警はその他の被害がないか調べる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-06 22:54 | 荒む社会  

和歌山市長に大橋建一氏が3選

2010/08/01-23:15 時事通信

 任期満了に伴う和歌山市長選挙は1日投開票され、無所属で現職の大橋建一氏(64)が、前和歌山大学長の小田章氏(67)と、団体役員の小野原典子氏(55)=共産推薦=の無所属2新人を破り、3選を果たした。投票率は36.45%で、過去最低だった前回の44.42%を7.97ポイント下回り、最低を更新した。

 大橋氏は、企業誘致と財政健全化に取り組んだ2期8年の実績を訴えて組織票を固めた。小田氏は積極的な観光振興や地域活性化策を、小野原氏は国民健康保険料の引き下げなど福祉の充実を訴えたが、及ばなかった。 

◇和歌山市長選当選者略歴

 大橋 建一氏(おおはし・けんいち)東大文卒。71年毎日新聞社に入り、東京本社製作技術局次長などを経て02年8月に和歌山市長に初当選。64歳。和歌山県那智勝浦町出身。当選3回。

◇和歌山市長選確定得票

当 54,344 大橋 建一 無現(3)
  45,725 小田  章 無新
  11,818 小野原典子 無新
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-01 23:15 | 政治  

レオパレス21;今第1四半期の純損益136億円の赤字、管理アパートは増加も入居率激減、赤字膨らむ

2010年07月30日17時01分 Sakura Financial News

【7月30日、さくらフィナンシャルニュース=東京】レオパレス21(東;8848)は30日、2011年3月期第1四半期の連結決算を発表し、それによると純損益は136億円の赤字だった。前年は52億円の赤字。コア事業の賃貸事業では、アパート完成に伴い管理戸数が増加した一方、世界的金融危機の発生で大手製造業などが寮・社宅の大量解約を行ったため、入居率が激減し、赤字が膨らんだ。

売上高は前年同期比13%減の1126億円、営業損益は128億円の赤字(前年は102億円の赤字)、経常損益は159億円の赤字(同115億円の赤字)だった。

通期予想に変更はなかった。【了】
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-30 17:01 | 経済・企業  

石川県発注の公共工事で談合か=建設会社など40カ所立ち入り-公取委

2010/07/14-11:59 時事通信

 石川県や輪島市が発注した土木工事で談合が繰り返されたとして、公正取引委員会は14日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、輪島市や珠洲市など能登半島北端の奥能登地方にある建設会社や建設業協会など約40カ所を立ち入り検査した。

 立ち入りを受けたのは、宮地組、宮下建設など、1500万円以上の工事を受注できる県のA、B級指定業者と協会事務所など。

 関係者によると、談合の疑いがあるのは奥能登地方にある県の農林事務所と土木事務所、輪島市が発注した道路や農道、橋などの土木工事。協会の事務所などに集まり、話し合いで受注業者や入札価格を決めていた。

 談合に従わない建設会社には、軽油や建築資材を売らないよう業者に圧力を掛けるなどの嫌がらせも行われていたという。

 2009年度発注額は県、市合わせて約40億円。談合は少なくとも10年以上前から続いていたといい、落札率は9割以上で推移。能登半島地震の復旧工事(県発注で約55億円)でも談合が行われたという。

 同地方にある鳳輪建設業協会と珠洲建設業協会はいずれも「調査には協力するが、指摘されたような事実はない」とコメントした。


<談合>能登半島地震復旧工事で土木40社立ち入り 公取委
7月14日12時9分配信 毎日新聞

 07年の能登半島地震に伴う道路復旧などのため、石川県や同県輪島市が発注した土木工事で談合が行われた疑いが強まったとして、公正取引委員会は14日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで同県北部の土木工事業者約40社に対し、立ち入り検査に入った。

 関係者によると、立ち入り先は輪島、珠洲市、穴水、能登町の4市町の土木工事業者と、地元建設業協会。これらの業者は、4市町を管轄する県土木、農林事務所が発注する一般競争入札や指名競争入札で、あらかじめ落札業者を決める談合行為を繰り返していた疑いがもたれている。能登半島地震で寸断された道路の補修などの災害復旧工事も多数含まれている。輪島市の発注工事でも、同様の談合が行われていた疑いもあるという。

 談合に協力しなかった一部業者に対し、燃料や資材を販売しないよう小売業者に圧力をかける嫌がらせも業者間であったといい、公取委は談合の実態把握を進める。

 県土木、農林事務所の発注規模は、能登半島地震に伴う災害復旧工事分を合わせて07年度が約55億円、08年度と09年度は約25億円に上る。能登半島地震は07年3月に発生した。【桐野耕一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-14 11:47 | 社会  

「参院のドン」長男青木氏当選 「父の議席守れてホッ」

2010年7月11日22時4分 朝日新聞

 島根選挙区(改選数1)は「参院のドン」と呼ばれた青木幹雄・自民党前参院議員会長(76)の長男で、元秘書の自民新顔、青木一彦氏(49)が父の「指定席」を守った。5月に幹雄氏が病気で倒れ、立候補を断念。同党が急きょ後継として立てた一彦氏は父の後援会組織をほぼ引き継ぎ、民主、共産、みんなの党各新顔との争いを制した。

 同選挙区では前回参院選で自民現職が国民新の新顔に敗れた。陣営は「原点に返る」を合言葉に、一彦氏や地方議員らが地域に入る運動を徹底。「父に与えて頂いた自民党の大事な議席を守る」と繰り返し、世襲批判を退けた。

 一彦氏は「父が守ってきた議席を死守できてホッとしている。国民の声を真摯(しんし)に聞いて政治に反映させることで政治の信頼を取り戻したい」と語った。

 民主新顔の岩田浩岳氏(34)は「島根でも政権交代を」と訴えたが、一彦氏の固い支持基盤を崩せなかった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-11 22:04 | 政治