タグ:吉林 ( 3 ) タグの人気記事

 

モヤシが値上げ?中国産タネ高騰

日刊ゲンダイ 01月29日10時00分

 スーパーの目玉商品のモヤシに異変だ。

 モヤシは原料の種「緑豆」から栽培される。緑豆の9割は中国の吉林省などからの輸入だが、昨年夏の雨量不足で、主生産地では秋の収穫量が大きく落ち込んだ。中国からの輸入価格の高騰によりモヤシの値上がりが懸念される事態になっている。

 モヤシの生産者団体「全日本豆萌工業組合連合会」事務局担当者はこう言う。

「輸入価格は過去最高です。08年の秋に収穫された緑豆は1トン当たり1000ドルでしたが、09年秋のものは1700ドル。緑豆の輸入業者から生産者が買い付ける価格もアップしています。それでなくてもモヤシはデフレ経済下で、低価格化に拍車がかかっている。生産者は経費削減などで経営を維持してきましたが、買い付け価格の値上げにより大ピンチです」

 ただ、生産者の多くはまだ08年産の緑豆を使ってモヤシを生産している。09年産を使用するのは春ごろからといわれている。スーパーなどで売られる小売価格が値上げされるとしたら、春以降だろう。現在、200グラム入り袋が30円台で売られているが、50円とか60円になる可能性がある。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-29 10:00 | 社会  

「地震」と生徒ら避難=核実験の揺れか-中国延辺

2009/05/25-16:27 時事通信

 【北京25日時事】北朝鮮と国境を接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州で25日午前8時54分(日本時間同9時54分)、マグニチュード(M)4.5の揺れを観測し、延吉市などの学校では児童、生徒を避難させたと、延辺交通ラジオ局が伝えた。北朝鮮の核実験による揺れとみられるが、同局は触れていない。

 同市にある延辺第一中学校の職員は時事通信の電話取材に「揺れを感じてから約1時間後に、市当局から指示があり、生徒を運動場に避難させた。20分後に『北朝鮮の核実験で、地震ではない』として避難指示が解除され、授業を再開した」と語った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-25 16:27 | アジア・大洋州  

1千人が中毒症状訴え 中国吉林省、化学工場に疑惑の目

2009年5月18日11時20分 朝日新聞

 【瀋陽=西村大輔】中国東北部の吉林省吉林市にある紡績会社「吉林化繊集団」で4月下旬から、従業員や周辺住民ら千人以上がめまいや吐き気、手足のしびれなどを訴えて診察を受け、少なくとも161人が入院して治療を受けている。隣の化学工場から排出された気体による中毒との見方が出ている。

 地元報道によると、従業員らは4月23日ごろから中毒症状を訴え始め、重症者には全身の力が抜けて歩けなくなったり、突然倒れたりする人もいるという。一部の従業員は甘い香りがする刺激臭をかいだと証言している。

 疑惑を持たれているのは同社の西隣の化学工場。染料や化学薬品の原料となる有毒物質アニリンの試験生産を4月初めに始めたばかりだった。

 市当局は4月末、この工場を操業停止とし、北京などから専門家を呼んで調査に乗り出した。「化学物質が原因の可能性は低い。主に心理的な要因」と説明しているが、詳細は依然不明だ。米政府系のラジオ・フリー・アジアによると、市当局は患者たちに特定の2病院以外に行くことを禁じるなど、事件の隠蔽(いんぺい)を図った疑いがある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-18 11:20 | アジア・大洋州