タグ:右翼風 ( 8 ) タグの人気記事

 

「在特会」幹部ら4人逮捕=朝鮮学校に拡声器で怒号―京都府警

2010年8月10日17時6分 朝日新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校周辺で、昨年12月、「在日特権を許さない会(在特会)」の幹部らが拡声器などを使って授業を妨害した事件で、京都府警警備1課などは10日、威力業務妨害容疑などで同会京都支部を運営する西村斉容疑者(41)=右京区山ノ内宮前町=ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月4日午後1~2時ごろ、同校周辺で拡声器などを使い、「北朝鮮のスパイ養成機関、朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと怒号を発して、同校の授業を困難にするなどした疑い。

 妨害行為の発端は、同校による市営公園の無許可占用とされ、府警は10日、都市公園法違反容疑で同校関係者1人の取り調べを始めた。府警によると、同校は市の許可を受けずに、公園にサッカーゴールや朝礼台などを設置した疑いがあるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-11 17:19  

会長宅からパソコンを押収 在特会事件

2010年8月11日 朝日新聞

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を街宣活動で妨害したとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部らが逮捕された事件で、京都府警が、東京の会長宅からパソコンを押収したことが捜査関係者への取材でわかった。府警は家宅捜索した関係先12カ所で押収した資料約130点を分析し、組織の実態解明を進める。

 10日に逮捕されたのは、在特会副会長で電気工事業川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者(39)と、同会京都支部運営担当でマンション管理業西村斉(ひとし)容疑者(41)のほか、友好団体「主権回復を目指す会」(主権会、事務局・東京)の元関西支部長で会社員中谷辰一郎容疑者(41)=大阪市西淀川区=と、主権会の元関西支部事務局長でスナック経営荒巻靖彦容疑者(46)=兵庫県尼崎市。4人は威力業務妨害と名誉棄損、暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)の容疑を認め、「日本のためにやった」などと供述しているという。

 一方で府警は、同初級学校が市の許可を得ず、隣接する児童公園にスピーカーやサッカーゴールなどを設置していたとして、学校関係者から都市公園法違反の疑いで任意聴取を始めたと発表した。

 メンバーの逮捕を受け、在特会の桜井誠会長は動画サイトで「このような容疑で逮捕されるいわれは全くないと信じている」と主張。同校の金志成(キム・チソン)校長は談話で「一罰百戒となり、民族差別がない社会となるよう願う」とし、公園の占有については「事前に市の了解を得ていると認識していた」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-11 15:00 | 社会  

「在特会」幹部ら逮捕 京都朝鮮学校の授業妨害容疑

2010年8月10日 朝日新聞

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で「日本から出て行け」と拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。本部を置く東京の会長宅なども家宅捜索した。

 府警によると、逮捕されたのは在特会副会長で電気工事業の川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者=大阪府枚方市=、在特会京都支部運営担当でマンション管理人の西村斉(ひとし)容疑者=京都市右京区=ら30~40代の男性4人。

 4人は他の在特会メンバーらとともに昨年12月4日昼、同校周辺で1時間近くにわたり、拡声機で「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴って授業を妨害し、同校の名誉を傷つけた疑いがある。隣接する児童公園で、同校が管理するスピーカーのコードを切断したとする器物損壊容疑も持たれている。学校側が昨年12月に告訴した。

 在特会は、市が管理する児童公園を学校が運動場代わりにし、スピーカーやサッカーゴールを無断で設置していた点をただそうとしたと主張。川東容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に「違法な設置物を撤去したうえで話し合おうとしたが、学校側に拒否されたので抗議しただけだ」と説明していた。

 府警は、大勢のメンバーが押しかけて、ののしりの言葉を大音量で繰り返し、子どもたちを不安に陥れた点を重視。授業ができなくなる事態に追い込んだ結果は見過ごせないと判断した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 23:59 | 社会  

街宣をネット公開、会員広げる 在特会、全国に26支部

2010年8月10日19時2分 朝日新聞

 在日特権を許さない市民の会(在特会)は2006年12月、桜井誠氏(38)を会長として設立された。ホームページによると、現在は東京本部のほか北海道から鹿児島まで全国に26支部があり、会員は約9千人いるという。

 在日韓国・朝鮮人に特別永住資格を認める入管特例法の廃止を「究極的な目標」に掲げ、最近は朝鮮学校の無償化反対を訴える集会や街宣活動を展開している。活動は事前にホームページで予告し、参加者を募集。街宣やデモの一部始終をビデオ撮影し、ネットの動画サイトに投稿して賛同者を引きつけている。こうした団体は他にもあり、「ネット右翼」とも呼ばれる。

 逮捕前に取材に応じた副会長の川東容疑者は、桜井会長の主張を動画サイトで見て共感し、昨年7月ごろに入会した。自営業をしながら家族の反対を押し切って活動し、「経済的に負担は大きいが、愛国心でやっている」と話していた。会員は「普通の勤め人」が多いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 19:02 | 社会  

在特会幹部ら4人を逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑

2010年8月10日18時34分 朝日新聞

b0161323_17303573.jpg 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で「日本から出て行け」と拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の幹部ら4人を逮捕した。本部を置く東京の会長宅なども家宅捜索した。

 府警によると、逮捕されたのは在特会副会長で電気工事業の川東大了(かわひがし・だいりょう)容疑者=大阪府枚方市=、在特会京都支部運営担当でマンション管理人の西村斉(ひとし)容疑者=京都市右京区=ら30~40代の男性4人。

 4人は他の在特会メンバーらとともに昨年12月4日昼、同校周辺で1時間近くにわたり、拡声機で「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴って授業を妨害し、同校の名誉を傷つけた疑いがある。隣接する児童公園で、同校が管理するスピーカーのコードを切断したとする器物損壊容疑も持たれている。学校側が昨年12月に告訴した。

 在特会は、市が管理する児童公園を学校が運動場代わりにし、スピーカーやサッカーゴールを無断で設置していた点をただそうとしたと主張。川東容疑者は逮捕前、朝日新聞の取材に「違法な設置物を撤去したうえで話し合おうとしたが、学校側に拒否されたので抗議しただけだ」と説明していた。

 府警は、大勢のメンバーが押しかけて、ののしりの言葉を大音量で繰り返し、子どもたちを不安に陥れた点を重視。授業ができなくなる事態に追い込んだ結果は見過ごせないと判断した。

     ◇

 京都朝鮮第一初級学校には、在日朝鮮人の小学生ら約100人が通う。

 学校関係者によると、在特会による最初の街宣活動があったのは昨年12月4日。拡声機から大音量の叫びが発せられる間、子どもたちは教室で泣き続けていた。ある女子児童は帰宅後、親に「もう学校に行きたくない」と訴えたという。約1カ月後に再び街宣があった際、学校側は課外授業を実施し、児童を校外へ避難させた。

 保護者の30代の男性は「いたずら電話など陰湿な嫌がらせは今までにもあった。今回は公然と学校に押しかけられ、子どもたちはショックを受けた」。学校関係者は「子どもの身を守り、尊厳を守ることが私たちの務め。民族差別を許さない社会をつくるには、法律できちんと裁いてもらう必要がある」と語る。

 同校への街宣は今年3月までに計3回。京都地裁は5月、街宣をすれば1日100万円の制裁金の支払いを在特会に命じる決定をし、その後は止まった。

Links: 在特会会長宅ボロすぎワロタwww
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 18:34 | 社会  

「在特会」初摘発、4人を逮捕 「日本からたたき出せ」…朝鮮学校に拡声器で抗議

8月10日11時51分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が、拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで京都、神戸、大阪に住む在特会のメンバー4人を逮捕した。また、会長宅の家宅捜索を始めた。今後、参加したメンバー数人宅の捜索も行う。在特会の抗議活動をめぐり、警察当局が摘発に乗り出すのは全国初。

■ネット上などで活動、1万人近い会員

 捜査関係者によると、在特会のメンバーは、昨年12月4日、同校の校門前で「密入国者の子孫」「スパイの子供やないか」「日本からたたき出せ」などと拡声器を使って約1時間にわたり抗議、授業を中断させるなど学校の教育活動を妨げた疑いが持たれている。 在特会は、学校側が隣接する児童公園に、朝礼台やスピーカーを設置している状況を「許可なく占有的に使用してきた」などと抗議していた。

 学校側は在特会の抗議活動後、威力業務妨害などの罪で府警に刑事告訴。京都地裁は今年3月、在特会に対し、同校周辺での街宣活動禁止を求める仮処分を決定した。その後も活動が続いたため同5月、仮処分に違反した場合、1日につき100万円を学校側に支払うよう命じる間接強制を決めた。

 在特会は平成18年末ごろに結成。「行動する保守」を掲げ、過激な言葉で抗議したり、警察官ともみ合ったりするデモの様子を、インターネットの動画投稿サイトで生中継するなどしてネットを中心に会員を増やしている。会員は6月に9千人を突破したという。 公安関係者は「団体の実態がいまだによくつかめない」と指摘。「ネットなどを駆使した過激なグループで注視している」としている。


「在特会」幹部ら4人逮捕=朝鮮学校に拡声器で怒号―京都府警
8月10日16時7分配信 時事通信

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校周辺で、昨年12月、「在日特権を許さない会(在特会)」の幹部らが拡声器などを使って授業を妨害した事件で、京都府警警備1課などは10日、威力業務妨害容疑などで同会京都支部を運営する西村斉容疑者(41)=右京区山ノ内宮前町=ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年12月4日午後1~2時ごろ、同校周辺で拡声器などを使い、「北朝鮮のスパイ養成機関、朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと怒号を発して、同校の授業を困難にするなどした疑い。

 妨害行為の発端は、同校による市営公園の無許可占用とされ、府警は10日、都市公園法違反容疑で同校関係者1人の取り調べを始めた。府警によると、同校は市の許可を受けずに、公園にサッカーゴールや朝礼台などを設置した疑いがあるという。 


在特会「日本のためにやった」 朝鮮学校に抗議活動で逮捕
8月11日7時56分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで、在特会京都支部運営で、マンション管理業の西村斉容疑者(41)=京都市右京区=、在特会副会長で、電気工事業の川東大了容疑者(39)=大阪府枚方市=ら4人を逮捕。東京都の在特会会長宅や事務所などを家宅捜索した。

 4人は容疑を認めており、西村容疑者は「日本のためにやった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、昨年12月4日、約1時間にわたり京都朝鮮第一初級学校周辺で、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」とスピーカーで叫ぶなどし、同校の教育活動を妨害したとしている。

 また、府警は同日、京都市の許可を得ずに、隣接する公園にサッカーゴールや、朝礼台などを設置したとして任意で、学校関係者1人を、都市公園法違反容疑で取り調べた。


朝鮮学校で妨害 在特会を初摘発
8月11日7時56分配信 産経新聞

 京都市南区の京都朝鮮第一初級学校の前で昨年12月、市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」(本部・東京)が、拡声器を使って抗議活動をした問題で、京都府警は10日、威力業務妨害容疑などで京都、兵庫、大阪に住む在特会のメンバー4人を逮捕した。また、会長宅を家宅捜索した。在特会の抗議活動で、警察当局が摘発に乗り出すのは全国初。

 捜査関係者によると、在特会のメンバーは、昨年12月4日、同校校門前で「密入国者の子孫」「スパイの子供やないか」などと拡声器を使って約1時間にわたり抗議、教育活動を妨げた疑いが持たれている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 11:51 | 社会  

<授業妨害>「在特会」幹部ら事情聴取 京都府警

8月10日11時15分配信 毎日新聞

 拡声機を使い「朝鮮学校はぶっ壊せ」などと大音量で叫んで京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を妨害したとして、京都府警は10日、在日特権を許さない市民の会(在特会)の幹部ら数人から威力業務妨害などの容疑で事情聴取を始めた。容疑が固まり次第逮捕する方針。同校を運営する京都朝鮮学園が器物損壊や名誉棄損の容疑と合わせ告訴していた。

 告訴状や関係者の話では、在特会幹部ら約10人は09年12月4日午後、同校校門前で約1時間にわたり、「こいつら密入国の子孫」「日本から出ていけ」などと怒鳴り、授業を妨害。向かいにある市立の児童公園に同校が設置していたスピーカーのコードを切断するなどしたとされる。

 在特会側は、同校が児童公園を不法に占拠していると主張し、この行動の模様を撮影してインターネットで紹介。「民族差別だ」として抗議活動が起きていた。

 また、在特会側がその後も同様の活動を予告したため、学園が「児童の精神面に深い傷を与える」として、半径200メートル圏内での演説、教職員や児童への面会強要禁止などを求めて仮処分を申請し、京都地裁が3月に認めた。

 一方、在特会側は「公園を校庭代わりに無断使用している」として都市公園法違反容疑で学園側を告発。在特会京都支部幹部はこれまでの取材に「徹底的に闘う」としていた。

 ホームページによると、在特会は在日韓国人・朝鮮人の特別永住資格を「特権」と位置付け、根拠となる入管特例法の廃止を主張。全国でデモや街宣を展開している。会員数は9252人(10日午前現在)。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 11:15 | 社会  

在特会幹部ら、京都府警が聴取へ 朝鮮学校授業妨害容疑

2010年8月10日5時0分 朝日新聞

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の前で、「日本から出て行け」などと拡声機で叫んで授業を妨害するなどしたとして、京都府警は、在日特権を許さない市民の会(在特会、本部・東京)の幹部ら数人から、威力業務妨害などの疑いで近く事情聴取する方針を固めた。

 捜査関係者によると、在特会幹部らメンバー約10人は昨年12月4日昼、同初級学校の周辺で1時間近くにわたり、拡声機を使って「日本人を拉致した朝鮮総連傘下」「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け。スパイの子ども」などと怒鳴り、授業を妨害した疑いなどが持たれている。

 在特会のホームページによると、在特会は、同初級学校が、隣接する児童公園に朝礼台やスピーカー、サッカーゴールを無断で設置して「不法占拠」をしていると主張。これらを撤去したうえで街宣活動をしたとしている。在特会側は街宣の様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」などで流していた。

 学校側は昨年12月末、威力業務妨害や名誉棄損の疑いなどで府警に告訴。その後も街宣活動があったため、今年3月に街宣の禁止を求める仮処分を京都地裁に申し立て、地裁は学校周辺で学校関係者を非難する演説やビラ配りなどの脅迫的行為を禁じる仮処分を決定した。さらに学校側は6月、在特会と街宣活動をしたメンバーらを相手取り、街宣の禁止と計3千万円の損害賠償を求めて提訴している。

 京都市などによると、同初級学校は約50年前から、市が管理する児童公園を運動場代わりに使用。市は昨春以降、市の許可を得ていないとして設備の撤去を求めてきた。府警は、学校側の関係者についても、都市公園法違反容疑で立件するかどうか検討するとみられる。

 昨年12月の街宣活動に参加した在特会メンバーの一人は、朝日新聞の取材に「公園の無断使用は許されない。自分たちはマイク一つで、ぎりぎりの範囲でやってきた。見る人が見たら共感してくれる」と話している。

 在特会(桜井誠会長)は2006年に発足。在日韓国・朝鮮人の特別永住資格は「特権」と批判し、全国各地でデモ活動などを続けている。ホームページによると、全国に26支部あり、会員は9千人以上いるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 05:00 | 社会