タグ:参院選 ( 101 ) タグの人気記事

 

社民・辻元氏、離党の意向=執行部に不満、27日に会見

7月27日1時4分配信 時事通信

 社民党の辻元清美衆院議員(50)=大阪10区=は26日夜、衆院議員会館で重野安正幹事長に会い、離党の意向を伝えた。同党は、沖縄県の米軍普天間飛行場を県内に移設するとした政府方針に反発して連立を離脱したが、辻元氏は離脱に消極的で、離党理由として連立離脱を主導した福島瑞穂党首ら執行部の党運営に対する不満を挙げた。執行部は慰留しているが、翻意は難しいとの見方が党内には広がっている。

 社民党は参院選で、改選3議席を下回る2議席と敗北した。知名度のある辻元氏の離党となれば同党にとってさらなる打撃で、福島氏の求心力低下が一層進みそうだ。

 辻元氏は重野氏との会談後、記者団に「党の在り方とか、連立離脱以降どう考えているかを幹事長に話した」とした上で、「そういうこと(離党)を含めて思いを伝えた」と語った。離党届はまだ出していないと説明。同時に「今晩、考えをまとめてしっかり対応したい」と述べ、27日午後に大阪市内で記者会見して最終判断を明らかにする考えを示した。 


辻元氏の発言内容
2010/07/27-00:02 時事通信

 社民党の辻元清美衆院議員が26日夜、都内で記者団に語った内容は次の通り。
 わたしの思いを(重野安正)幹事長に伝えた。党の在り方とか連立離脱以降どう考えているかを幹事長に話した。

 -離党するのか。

 そのことも含めて話した。あした午後、地元の大阪で会見を開きたい。地元(の支持者)とも相談したい。今晩、考えをまとめてしっかり対応したい。

 -離党の意思を伝えたのか。

 そのことも含めて思いを伝えた。

 -離党届は出したか。

 出していない。

 -幹事長から慰留はあったか。

 きょうは思いを伝えた。幹事長は慰留というよりも話を聞いていた。わたし自身も社民党は大切な党だと思うし、しっかり話をしたかった。

 -民主党との連立に復帰すべきだという話をしたのか。

 (連立離脱した)あの時点では、ああいう方向性しかなかった。この間、党に対して思ってきたこと、党改革の議論、選挙総括に対し、思っていることを伝えた。ただ、わたしはかなり危機感を持っている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-27 01:04 | 社会  

議席「失うべくして失った」=参院選後初めて公の場に-小沢氏

2010/07/21-21:01 時事通信

 民主党の小沢一郎前幹事長は21日午後、衆院第1議員会館の個人事務所で、先の参院選で落選した候補者らと面会した。小沢氏が公的な場に姿を現すのは8日の石川県加賀市での演説以来で、参院選後は初めて。面会者によると、民主党の参院選敗北について「(議席は)失うべくして失った」と現執行部の選挙戦略の誤りを指摘した。

 小沢氏が会った落選者は山口選挙区の原田大二郎氏、京都選挙区の河上満栄氏、兵庫選挙区の三橋真記氏ら。熊本選挙区の本田浩一氏との面会には、松野頼久前官房副長官も同席した。

 落選者には、「よく頑張った。残念だった」とねぎらうとともに「事務所兼自宅を借りた方がいい」などと、再起に向けた指南を行った。また、当選者には「業界団体は全部厳しかったが、当選したのは運が良かった。頑張りなさい」と一段の奮起を促した。一方、菅直人首相が言及した消費増税にも触れ、「経済をよくしないと税は上げられないな」と消費増税に反対する考えを改めて示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 21:01 | 政治  

大手4生保、議員分担し選挙支援 名簿提出・集会準備…

2010年7月21日3時1分 朝日新聞

 生命保険業界で政界担当を担う大手4社が、国会議員の選挙支援を組織的に展開していた実態が分かった。判明しているだけでも金融関係の役職経験がある自民、民主両党などの議員66人について、4社が担当議員をそれぞれ決めて、後援会名簿の提出や生保の地方支社での集会準備、動員などをしていたという。保険金不払い問題が発覚した後の接待や企業献金などに続き、政界とのつながりが判明した。

 生保の内部資料や生保関係者の話によると、日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命の大手4社は、昨年8月に行われた総選挙で、自民58人、民主5人、公明1人、無所属2人の計66議員について、それぞれ担当を分担。様々な選挙支援をしていたという。これらの議員は、金融関係の審議を行う衆院財務金融委員会の委員や、当時の大臣、副大臣など。大手4社は、不払い問題発覚後の2006~10年に国会議員や秘書計62人の飲食接待をしていたことが判明しているが、選挙支援を受けていた議員66人のうち、本人や秘書が接待を受けていた議員は24人に上った。

 大手4社の選挙支援では、議員の後援会に入る人の名簿を用意して提出したり、生保の地方支社・支部での集会を準備し、議員が生保職員を前に話す機会を作ったりしていた。また、議員側の集会に参加者を動員することもあった。議員や秘書との直接交渉は、本社で国会対応を受け持つ役員、調査部幹部らが行い、地方支社と連携をとっていた。こうした対応では、担当会社だけでなく、4社が協力して行うケースも多かったという。

 選挙期間中、国会担当の役員や調査部幹部らが、担当議員の陣中見舞いなどのため、手分けして複数回にわたり選挙区入りしていた。議員対応のレベルも5段階に分けるなどし、最上級のレベルでは出陣式に担当役員が出席することを決めるなど、細かく対応していたとされる。

 選挙後は、応援候補や対立候補の得票数などを踏まえて支援結果を分析。議員との親密度があがったかどうかなどを評価していたという。

 選挙をめぐる生保業界と議員の関係について、金融関係者は「生保の各地方拠点ではまとまった票が見込めるので、議員側も頼りにしている構図がある」と指摘する。女性営業職員らが多い各地方支社などでは、職員に加え、その顧客からの得票も期待できるとみられているという。この関係者は「議員の選挙活動に貢献できるからこそ、生保業界の政界での発言力は強い」。

 第一生命は「個別の議員にかかわることについてはコメントは一切控えたい」としており、日本生命、明治安田生命、住友生命の3社も「個別の事案については回答できない」などとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 03:01 | 経済・企業  

みそ煮込みうどんで接待容疑 民主・安井派運動員を逮捕

2010年7月16日0時33分 朝日新聞

 11日投開票の参院選愛知選挙区に立候補して当選した民主党新顔の安井美沙子氏への投票などを依頼する目的で、知人らに接待したとして、愛知県警は15日、無職金沢福子容疑者(67)=同県春日井市中央台7丁目=を公職選挙法違反(供応買収)の疑いで逮捕した。

 捜査2課と守山署の発表によると、金沢容疑者の逮捕容疑は、公示後の6月下旬ころ、同市内の飲食店で、安井氏への投票と票のとりまとめの報酬として、同市在住の知人の男女14人に、みそ煮込みうどんやビールなど1人あたり千数百円相当の接待をしたというもの。

 愛知選挙区では、改選数3の3議席目をめぐって、安井氏とみんなの党の薬師寺道代氏が激しく争い、67万票余を獲得した安井氏が薬師寺氏を約15万票差で破った。

 民主党愛知県連の杉岡和明幹事長は16日未明、取材に「事実関係を把握していないのでコメントできない」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-16 00:33 | 政治  

夫婦別姓、人権擁護は「否定されていない」落選の千葉法相

7月13日17時16分配信 産経新聞

 千葉景子法相は13日の記者会見で、自身が選択的夫婦別姓を可能にする民法改正や人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)を推進してきたことが、参院選落選につながったかについて「それ自体が否定されたとは思っていない」と述べた。また、その上で「より前に進めて道筋をつける」と強調し、引き続き実現を目指す考えを示した。

 一方で、「非常に意見が分かれる課題だ。それを是としない方にとってはマイナスの評価になる」とも指摘した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-13 17:16 | 政治  

ワシントン、第2の小泉待ち望む=民主党大敗で米政治専門家

7月13日8時11分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル

 参院選で大敗した民主党。ワシントンではこの結果はどうみられているのか。20年以上日本の政治を研究してきたアメリカン・エンタープライズ研究所日本部長のマイケル・オースリン氏に聞いた。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版(以下WSJ日本版):参院選で民主党は大敗した。その理由は何か。

 マイケル・オースリン氏:昨年の選挙の時の約束を守らなかったのが大きな理由。菅直人首相だけではない。鳩山由紀夫前首相も小沢一郎前幹事長も「クリーンな政党」になると約束したが、そうならなかった。今回の結果は、この一年間の国民投票だったとみている。

 民主党の敗北は菅首相が消費税問題の扱い方を間違えた結果だ。財政問題を取り上げたこと自体は正しかった。今日の日本にとって最も重要な問題の1つであり、避けて通ることのできない問題だ。財政赤字の削減は不可欠であるにもかかわらず、誰も妥当な提案をしていない。

 菅首相が、当面の税率は自民党が掲げている10%を参考に取りまとめたい、と突然言い出し、民主党のチャンスを潰してしまった印象を受ける。世論調査には、国民がある種の増税を覚悟していることが示されていた。 菅首相に具体的な考えがあるようには見えず、単に慌てて下した政治的決定のように感じられた。これは鳩山前首相に常につきまとっていたのと全く同じ問題だ。鳩山氏は突然、新しい政策を発表し、この政策に基づいて行動することが求められた。

 こういったことは、強力な競争相手が存在しない状況で行われてきた。今回の参院選は、事実上、民主党政治の是非を問う選挙であった。前回の選挙で民主党が自民党を脅かしたように、ほかの政党が台頭してきたわけではなかった。民主党のこれまでの政権運営に下された審判といえる。民主党政権1年目の政策遂行に、国民がはっきりと否を突き付けた格好だ。

 WSJ日本版:ワシントンは選挙結果をどうみているか。

 オースリン氏:率直に言って「しかたがない」というのが一般的な見方だろう。日本と同じようなとらえ方だ。有権者の懸念に対応できず、さまざまな外交政策や国内政策で一貫性のある方針を示すことができないという悪循環が存在する。そうなれば当然、米政府は同盟国が頻繁に取り上げるグローバルな経済改革や政局不安などあらゆる問題で日本を頼りにくくなる。

 ワシントンの立場からすると、この件については何もできることはないというのが正直なところだろう。この「しかたがない」状況は何度とな繰り返されている。ワシントンから見る限り、一貫した政策を提起するだけでなく、実行する能力があるという意味で、小泉純一郎元首相のような人物の登場をワシントンは5年間待ち続けている。

 個人的には、安倍晋三元首相は比較的一貫性のある方針を持ち、優れた(国内ではなく)外交政策を提起していたように思う。だが実行能力が欠けていた。福田康夫や麻生太郎といった元首相らの方針は一貫性がなかった。就任からわずか1カ月にして選挙で大敗を喫した菅首相は、鳩山前首相と同じ間違いを犯した。

 したがって、日本が自ら事態を収拾し、実行能力のある強力なリーダーシップを擁立するまで何もできることはないというのがワシントンの見方だ。期待されているとはいえない。今回の選挙の結果、日本の政治体制に、何らかの対応が必要な不安定要素がかなり存在することが明らかになったからだ。

 WSJ日本版:今後の日米関係の行方は。

 オースリン氏:対中関係には懸念と疑念がある。そのため米国が重要な価値を共有する同盟国に頼ろうと考えることは当然の欲求だ。

 ワシントンの多くは、中国との関係はせいぜい技巧的なものにすぎないと考えている。そういった関係であっても築ければ幸運だ。一方、アジア最大の民主国家であり、世界第2位の経済大国である日本と協力することに全く違和感はない。むしろそれができないことは不満につながる。わたし自身、ワシントンは日本に「背を向けつつある」と感じてはいるが、それは単にワシントンが現時点でほかに選択肢がないと考えているからではない。日本政府の準備が整っていないのだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-13 08:11 | 政治  

テレ東大健闘の立役者・池上彰 打ち合わせはファミレス

2010年07月12日19時04分 アメーバニュース

 民主惨敗で終わった参議院選。一連の選挙特番で大健闘したのがテレビ東京である。

「池上彰ですよ。今までテレ東の選挙特番はせいぜい2~3%でした。それが第一部8%、第二部9.3%の好視聴率ですから。いかに彼が数字をもっているか分かります」と話すのはとある在京のテレビ局社員。

 そう、『池上彰の選挙スペシャル』と銘打った7時からの特番が、日テレ、テレ朝、TBS、フジと接戦を繰り広げ、時間によっては上回るという異例の快挙を成し遂げたのだ。

 元NHK報道記者、池上彰(59)。今やミスター視聴率と呼ばれるが、彼がどうして、もてはやされるのか?

「彼は『おバカブーム』と対極にあるのです。ああいった番組は、無知なタレントを視聴者が笑うというものでした。しかし視聴者自身も、意外と何も知らないということに気付き始めた。つまり、『知らない』というコトは恥ずかしいことだと思い始めたのです。そういう人たちに対して、タレントでもない『池上彰』という肩書きを持った人が、上から目線ではなく喋り始めた」(同社員)。

 そんな彼の素顔とは? 以前仕事をしたことがあるとある放送作家に聞くと「彼の打ち合わせ場所は決まって、近所のファミレスです。

 芸能人にありがちなホテルの喫茶店で打ち合わせするとか、とりたてて自分をよく見せようと思わない。まあもっとも、周りに声が聞こえているときのほうが打ち合わせに集中できるからという理由らしいのですが。いずれにせよ素顔も気取らない人だから、スタッフに好かれるんです」

 もちろん、フリップなどが分かりづらい場合はきちんと言って修正させるという。そうした真摯な姿勢もまた信頼につながっている。そんな彼のもとには今日も、多くのテレビマンが訪ねては、彼の分かりやすいニュース解説を求め、熱心にメモをとっている。

 大の大人4~5人が、ファミレスで一人の人間の言葉に頷いている。まさに「池上詣で」と言うべき光景である。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 19:04 | 社会  

池上彰ツッコミに大反響 当選直後の谷亮子にも容赦なく

2010年7月12日 17時00分 夕刊フジ

 11日夜の参院選特番の視聴率で、NHKの18・8%(午後7時55分~9時)、日本テレビの9・7%(午後7時58分~10時)に続いて、テレビ東京が9・3%(午後9時~10時24分)をマークする健闘を見せた。

 テレ東は元NHK記者の池上彰氏(59)をメーンに据え、当選直後の谷亮子さん(34)に「試合と国会が重なったらどっちを取るか」などと直撃するスタイルで迫った。池上氏は、続いて午後11時半から午前1時半まで、ニッポン放送でもキャスターを務め、「大反響でした」(同局編成部)といい、新たな選挙特番の顔になった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 17:00 | 社会  

参院選 片山氏「虎の目に涙」 「姫の…退治」から3年、雪辱

7月12日15時59分配信 産経新聞

 「3年前の雪辱を果たせた。悔しさもモヤモヤも吹っ飛んだ勝利。民主党の迷走、暴走を止めたい」。最高齢当選者となった片山氏は当選の一報に目を潤ませた。

 12日午前6時すぎ、テレビで「当確」が伝えられると、岡山市北区辰巳の選挙事務所で片山氏は「比例は戸惑った。今回の選挙ほど難しいものはなかった」と語り、徹夜で待った約60人の支援者に何度も頭を下げた。

 自民党参院幹事長として臨んだ平成19年の参院岡山選挙区で「姫の虎退治」を掲げた民主党新人に敗れた。今回は自民党比例代表での出馬を目指したが、党の野党転落で世代交代の声が強まり、内規の比例代表70歳定年制で公認されず、離党した。

 片山氏は「定年制度は私が執行部のとき変えるべきだった。高齢者を排除する社会はまちがいだ」と“恨み節”。離党の影響については「思ったほどでもなかった」と強がり、「票も『自民党片山虎之助』と書いた票が多かったみたい」と最後まで笑顔は消えなかった。

 一方、荒井広幸氏(52)=新党改革=は12日午前3時ごろ、東京都港区の選対本部事務所で記者会見し、全員当選という目標を達成できなかったことについて「幹事長として大きな責任を感じている」と語った。

 荒井氏自身は比例代表で当選した。「民主の過半数を阻止でき、達成感はある」と振り返った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 15:59 | 政治  

民主党敗因「消費税ではなく政権運営」 経団連会長

2010年7月12日12時37分 朝日新聞

 参院選での民主党大敗について、日本経団連の米倉弘昌会長は12日午前、記者団に対し、「消費税増税についての説明は若干不足していたが、そのために負けたとは思わない」と述べた。そのうえで、与野党ともに「国益のために連携して欲しい」と語り、衆参両院の「ねじれ」国会においても、消費税を含む税財政改革、社会保障改革について超党派で議論するよう改めて求めた。

 米倉会長は、民主党の敗因について、沖縄・普天間飛行場移設問題を念頭に「国際的な信用を失うなど政権運営に問題があった」との見方を示した。ねじれ国会による経済への影響は「あってはならない。国の抱える課題に責任を持って取り組んでほしい」と強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 12:37 | 経済・企業