タグ:印刷 ( 6 ) タグの人気記事

 

印刷2強、電子書籍でスクラム=米IT主導に対抗-「制作・流通協議会」設立

2010/07/27-20:24 時事通信

 印刷業界大手の大日本印刷と凸版印刷は27日、国内で電子書籍ビジネスの発展に向けた環境整備を進めるため、「電子出版制作・流通協議会」を設立した。インターネットを武器に電子書籍事業を拡大しているアマゾン・ドット・コムやアップル、グーグルなど米国のIT(情報技術)大手に対抗して、印刷2強がスクラムを組む。出版業界を巻き込んで国内で主導権を握るのが狙いだ。

 協議会は呼び掛け人の印刷大手2社と電通が幹事会員となり、出版社やソフトウエア会社など89の企業や団体が参加した。設立趣旨として「グローバル企業による電子出版制作流通モデルとは異なる、オープンな水平分業型の日本独自の事業モデルを推進する」と掲げた。

 今後は、作家や出版社、印刷、流通の各事業者が共存共栄できる仕組みを目指す。また、文書の規格共通化や、書籍データを検索できる流通コードなどについても検討する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-27 20:24 | 経済・企業  

偽造クーポン使用容疑の無職男を逮捕 大阪府警

5月11日0時24分配信 産経新聞

 大阪市職員互助会が職員に配布したクーポン券約9万枚(9千万円相当)が偽造されていた事件で、大阪府警捜査2課は10日、偽造クーポンでレンタカー代を支払ったとして、偽造有価証券行使と詐欺の容疑で、大阪市天王寺区上本町の無職、玄宗明容疑者(49)を逮捕した。府警によると、玄容疑者は「偽物とは分からずに使った」と容疑を否認している。偽造クーポンは一見して区別がつかないほど精巧に作られており、府警は入手ルートを調べる。

 逮捕容疑は昨年1月上旬、大阪市天王寺区のレンタカー店で、偽造クーポン約30枚(3万円相当)を使って、乗用車1台を借りたとしている。使用された偽造クーポンは平成20年度中が利用期間となっていた。

 玄容疑者はこの店の常連客で、店員には「大阪市に勤めている」と職員を装っていたという。府警は偽造クーポンを使って、他にも車を借りていたとみて余罪を調べる。

 同互助会によると、クーポン券はレンタカー店のほか、レジャー施設やホテルで使用でき、1枚あたり1000~1300円の割引特典があるが、市職員以外は原則、利用できないことになっている。

 このクーポンをめぐっては昨年4月、大量の偽造券が出回っていることが発覚。東京の発行会社が府警に相談していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-11 00:24 | 社会  

市広報、カラー倍にしたのに費用4割減 所沢

2009年6月28日12時18分 朝日新聞

 市報をカラーにしても安くできます――。埼玉県所沢市は毎月全戸配布している「広報ところざわ」を、これまでの2色刷りにかえて、5月号から4色カラーにした。「豪華」になって経費もかさむと思いきや、実は毎月約134万円の削減になっているという。

 市報はタブロイド判で、16ページ。毎月約15万6千部を発行する。昨年度までは、青と黒の2色刷りだったが、今年度から4色カラーにした。実際の色で写真やマークなどの情報を伝えられるなど、効果的な広報がねらいだ。

 市広報課によると、印刷を委託する業者を、指名競争入札で競わせたところ、安価で発注ができることに。紙質も従来より落とすなどした結果、1部あたりの経費が、前年度より4割以上安くなったという。

 「近年の印刷業界はカラーが基本で、単色でも値段は大差ない。入札によって安くできたことが大きい」と同課。市民からは「経費が高くなったのでは」との問い合わせが1件あったが、おおむね好評という。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-28 12:18 | 社会  

出版業界再編、カギは大日本印刷 書店など次々傘下に

2009年5月30日1時0分 朝日新聞

b0161323_4523630.jpg 長引く不況の中、出版業界が激しく動いている。今月中旬、講談社、集英社、小学館の大手3社と大日本印刷グループが発表したブックオフ株の取得は、長く両者が対立してきただけに、業界を驚かせた。筆頭株主となった大日本印刷は今回の提携を主導したほか、主婦の友社や大手書店の丸善、ジュンク堂などを次々に傘下に置いている。今後、新たな再編が生まれる可能性もある。

 出版社にとって新古書店のブックオフは、新刊本が売れない一因で、作者への還元もしない「敵」だった。今回の資本参加について、ある中堅出版社の社長は「もうブックオフの好きにさせないということ」とみる。

 ブックオフは約900店舗を全国展開し、本の売り上げは年間220億円を超える。出版社側には、むしろ取りこむことで二次流通市場をコントロールしようという考えがある。大きな狙いは、3社の売り上げが市場の6割強を占めるといわれるマンガ単行本(コミック)だ。08年の新刊コミックの推定販売金額は2372億円。ブックオフのコミック販売額は90億円強だが、新刊本の定価に換算すると数百億円になる。

b0161323_4531566.jpg ブックオフ側も株取得を歓迎した。リーマン・ショック後に大株主の日本政策投資銀行系のファンドが株を手放そうとした時、取得を検討した中に新古書も扱う企業が含まれていた。業界の主導権を競争相手に握られたくなかったからだ。

 だが、出版社とブックオフの思惑は早くもずれている。

 講談社の森武文常務は「要請の第一が、コミックを含めて価値を創造する者へのリターン。次の作品が生み出される世界を構築してくださいということ」と話す。ある出版社幹部からは、ブックオフの売値の1~2%程度を作者に還元することを求める声が上がっている。新刊が出たあと一定期間は店頭で売らないでほしいと要望も出そうだ。

 これに対しブックオフの佐藤弘志社長は慎重だ。「売値の1%でも小売業者にとって厳しい数字だが、それ以前に、中古本に著作権は及ばないと認識している。また、新刊本を一定期間売らないのは事実上無理」。一方で「出版社は定価のない自由価格本の販売にブックオフを使ってほしい。例えば洋服なら、デパートで売れ残ったらアウトレットに持って行く」と期待を込める。

 今回、出版3社にブックオフ株取得を打診したのは大日本印刷グループだった。大日本印刷は凸版印刷に匹敵する業界最大手で、年間売り上げは約1兆5848億円。これに対し出版物の販売金額は業界全体でも約2兆円だ。

 株取得発表の直前には主婦の友社との資本・業務提携を発表したほか、昨年から今年にかけて図書館流通センター、丸善、ジュンク堂を次々に子会社化している。来春をめどに持ち株会社を設立予定だ。出版の上流から下流まで押さえたことになる。

 「一人勝ちを狙った覇権主義」と冷ややかな声もあるが、一連の資本参加の指揮を執る森野鉄治常務は「我々の原点である出版業界を活性化させたい」と強調する。傘下企業がその「実験場」になる。

 例えば、丸善とジュンク堂には大日本印刷が開発中の顧客情報管理システムを導入し、どんなコンテンツが望まれるかを把握する。このデータは、主婦の友社が発行する出版物の企画に役立てる。

 出版界はこれまで、出版社や、問屋にあたる大手取次会社主導で動いてきた。しかし一連の再編劇では取次会社はかやの外に置かれている。取次会社の中には当初、大手3社のブックオフ株取得に警戒感や懸念を示したところもあった。返品された本を出版社が安値でブックオフに流したら不利益になるからだ。出版社側がそういうことにならないと説明したため、現在は静観の姿勢を取っている。

 大日本印刷の動きは、出版不況への危機感から黒衣が表舞台に躍り出たように見える。業界には「大日本印刷はさらに巨大化するのではないか」という懸念もあるが、森野常務は「数ばかり増やしても仕方ない」。

 だが最近では、大日本印刷グループに対抗できるような書店連合や出版社の合従連衡のうわさ話が、業界内では具体名で語られるのが常になっている。(西秀治、竹端直樹、久保智祥)
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-30 01:00 | 経済・企業  

<ジュンク堂書店>大日本印刷が子会社化…株式51%取得

3月19日7時14分配信 毎日新聞

 大日本印刷は18日、ジュンク堂書店(神戸市)の発行済み株式51%を取得し、子会社化したと発表した。大日本印刷は今後、取締役と監査役各1人を派遣するが、ジュンク堂の独自性は今後も維持する考えで、書店名などは変えない。

 大日本印刷は、図書館流通センター(08年2月)、丸善(同8月)を子会社化するなど出版事業の強化に取り組んでおり、ジュンク堂の子会社化もその一環。

 ジュンク堂は阪神大震災以降、新規出店・増床と事業規模を拡大し、現在38店舗を展開する。大日本印刷が持つ電子出版のノウハウ取得などの効果が見込めるとしている。08年1月期の売上高は405億円、経常利益は4億円。【横山三加子】
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 07:14 | 経済・企業  

大成美術印刷所、ベトナム南部に進出

2009/3/12 (13:11) newsclip.be

 【ベトナム】大成美術印刷所がベトナム南部ビンズン省ミーフック工業団地に建設した工場が完成し、1月に稼動を始めた。外資企業の印刷物を扱うほか、紙製ステーショナリーを製造する。従業員は約30人。ベトナム南部に日本の印刷会社が進出するのは初めてという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-12 13:11 | 経済・企業