タグ:出会い系 ( 5 ) タグの人気記事

 

鬼束ちひろさん暴行男を逮捕…知り合ったばかり

読売新聞 9月17日(金)11時5分配信

 シンガー・ソングライターの鬼束ちひろさん(29)が男に殴られて重傷を負った事件で、警視庁渋谷署は17日、鬼束さんの知人の住所不定、無職古宮裕輔容疑者(39)を傷害容疑で逮捕した。

 古宮容疑者は事件の約2週間前に鬼束さんと知り合ったばかりだったといい、同庁で詳しい経緯を調べている。

 発表によると、古宮容疑者は8月18日午前6時頃、東京都渋谷区の鬼束さんの自宅マンションで、鬼束さんの顔を殴り、床にたたきつけるなどの暴行を加え、顔やあばらの骨を折る全治1か月の重傷を負わせた疑い。同庁は逮捕状を取って行方を追っていたが、17日朝に立川市内のホテルで古宮容疑者を発見、逮捕した。

 古宮容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-17 11:05 | 荒む社会  

出会い系サイトで知り合った男性を監禁した疑い

2010年9月8日 朝日新聞

 万世橋署は江戸川区松江1丁目、会社員高木晴貴(36)と自称保育士高木理恵(28)の両容疑者ら男女5人を逮捕監禁傷害の疑いで現行犯逮捕したと7日発表した。

 同署によると、5人は6日午後7時半ごろ、千代田区神田佐久間町1丁目の路上で、理恵容疑者が出会い系サイトで知り合った千葉県流山市の会社員男性(37)をワゴン車に押し込み、手錠をかけて顔を殴るなどし、軽いけがをさせた疑いがある。事件を目撃した通行人が110番通報。約30分後に警戒中の警察官が千代田区内でワゴン車を発見し、5人を取り押さえたという。

 理恵容疑者は高木容疑者の妻とみられ、男性と金銭トラブルになっていたという。


出会い系でトラブル? 男性を車に監禁し暴行 容疑で男女5人逮捕
産経新聞 9月7日(火)15時38分配信

 出会い系サイトでトラブルになった男性を拉致したなどとして、警視庁万世橋署は7日、逮捕監禁致傷の現行犯で東京都江戸川区松江の会社員、高木晴貴容疑者(36)と自称妻の理恵容疑者(28)ら男女5人を逮捕した。

 同署によると、容疑者5人は知り合いで、男性を現場に呼び出し犯行に及んだとみられる。5人は「理恵容疑者と男性がトラブルになり犯行に及んだ」などと説明しており、同署で詳しい経緯を調べる。

 同署の調べによると、高木容疑者らは6日午後7時25分ごろ、千代田区神田佐久間町の路上で、男性会社員(37)をワゴン車に押し込み殴るなどして軽傷を負わせ、同区東神田まで約30分間、監禁した。

 男性が襲われるのを目撃した通行人が110番通報。周辺を捜索していた久松署員や機捜隊員が、拉致現場から約400メートル離れた路上で高木容疑者らの乗った車を発見した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 06:00 | 荒む社会  

「出会い系サイトに使った」 200万円横領の皇宮護衛官を書類送検

6月25日18時31分配信 産経新聞

 皇宮警察学校の学生や職員から集金した給食費約203万円を私的に流用したとして、皇宮警察本部は25日、業務上横領容疑で、東京都千代田区北の丸公園、同校元庶務担当教官、小口享伺・元皇宮警部補(47)を東京地検に書類送検し、同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 同本部によると、小口元教官は同校の庶務担当教官として、学生や職員の給食費支払い用の口座を管理。平成21年7月から今年2月の間、この口座から約30回にわたって、現金約203万円を引き出して私的に流用した疑いがもたれている。

 今年2月上旬、給食業者から「支払いが遅れている」と相談があり、同校が調査。本人にただしたところ横領を認めたという。

 同本部に対し、小口元教官は、「パチンコと出会い系サイトに使った。年度末に消費者金融から借りて帳尻を合わせればばれないと思った」と供述。同本部によると、出会い系サイトは横領を始めた21年7月から今年2月まで利用し、料金として約130万円をつぎ込んでいたが、女性と出会うことはなかったという。

 小口元教官は昭和60年に採用。約13年間を柔道選手として活躍、平成20年4月から同校で柔道や逮捕術を指導していた。

 皇宮警察本部は皇室や皇族方の警護や関連施設内の警備を担当する組織。

 同本部の大山憲司副本部長は「皇宮警察職員にあるまじき行為で、誠に遺憾。二度とこのようなことのないよう、身上と業務管理を徹底する」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-25 18:31 | 社会  

17歳少女と淫行の警部補を停職 警視庁

6月25日17時49分配信 産経新聞

 警視庁は25日、17歳の少女とみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した同庁第1自動車警ら隊の警部補(48)を、停職6カ月の懲戒処分にした。警部補は「大変申し訳ない」として、同日付で辞職した。

 警視庁によると、警部補はインターネットのコミュニティーサイトを通じて無職少女と交際。知り合って10日間に数百回メールを送信していたという。少女には現金などの対価は支払われず、少女以外には同様の行為は確認されなかったという。

 警部補は18日に略式命令を受けて、すでに罰金を納付した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-25 17:49 | 社会  

「出会い系」ド派手看板・宣伝トラック出現 規制は困難

2010年6月17日16時46分 朝日新聞

b0161323_17301928.jpg 出会い系サイトの巨大な広告看板や宣伝トラックが福岡市内に相次いで出現し、市民から苦情が出ている。サイトは児童買春の温床になるとの指摘もあり、公共の場での広告には一定の取り締まりが必要だとの声が強い。ただ、法的な規制は難しく、業者の判断にゆだねるしかないのが現状のようだ。

 「福岡のみんな!!なんしよ~と?」「もういちど恋をしよう」。福岡市の繁華街、天神そばの幹線道路の交差点。出会い系サイトの利用を呼びかける女の子のキャラクターが描かれたカラフルな看板がひときわ目を引く。市によると、縦10メートル、横17.8メートル。東京都のサイト運営業者が昨年9月ごろに設置したという。

 だが設置後、市民から市に苦情が相次いだ。「出会い系サイトは有害視されているのに、なぜ撤去しない」「景観を損ねている」。街の景観を壊す建物を選ぶ「福岡まちこわし大賞」を毎年開く市民団体「福岡・住環境を守る会」も1月、今年の看板の部の特別賞に選定。業者に表彰状を郵送した。守る会の石井吉弘事務局長「あの看板は、ピンクチラシ何万枚にも匹敵するインパクトだ」と話す。

 福岡市内では、別のサイト運営業者のペイントされた広告トラックも街中を走る。JR博多駅前でよく見るというタクシー運転手は「歓楽街以外の場所でけばけばしい看板を掲げて、大音量で走り回る。違和感がある」。

 東京や大阪にも同様の看板が設置されているが、これら広告の規制は現状では難しい。

 福岡市の場合、市景観条例と市屋外広告物条例があるが、いずれも、看板の規格や設置区域を定めたもので、その内容には踏み込んでいない。市都市景観室は「『出会い系だから規制する』とはいかない。看板は街のにぎわいとも結びついており、周辺一帯の看板設置を規制するわけにもいかない」と話す。

 ネット上で援助交際を誘う書き込みを禁じている「出会い系サイト規制法」ではどうか。天神そばの巨大看板は当初、18歳未満の利用禁止の表示がなかったため、公安委員会が3月、同法に基づき改善指導を出した。だが業者が指導後に表示をすると、それ以上は手を出せなくなった。

 出会い系サイトは風俗営業適正化法の適用外で、同法に定められた広告規制も適用できない。福岡県警の捜査関係者は「サイトは児童買春の温床。公共の場で過剰な宣伝活動は抑えたいが、限界だ」と頭を抱える。業者の自主判断に頼るしかないのが現状という。

 天神そばの看板を設置した業者は朝日新聞の取材に「市民に不快な印象を与えた点については対処する。出会い系サイトのイメージ改善もはかる」と話し、内容の変更を検討しているという。広告トラックを走らせる業者は「多くの人に見ていただきたい気持ちで車を走らせているが、不快に思う人がいるかもしれない。今後批判が出れば、検討していく」としている。(河村能宏)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 16:46 | 社会