タグ:内食 ( 2 ) タグの人気記事

 

「ほっともっと」が勝訴=弁当販売、FC契約違反認めず―東京地裁☆差替

5月11日20時1分配信 時事通信

*フランチャイズ(FC)契約に違反したとして、弁当販売事業を展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が、現在は別ブランドの「ほっともっと」で営業するプレナス <9945> (福岡市)に約106億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であり、小林昭彦裁判長は「違反は認められない」と請求を棄却した。


「ほっともっと」が勝訴=弁当販売、FC契約違反認めず-東京地裁
5月11日20時13分配信 時事通信

 フランチャイズ(FC)契約に違反したとして、弁当販売事業を展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が、現在は別ブランドの「ほっともっと」で営業するプレナス(福岡市)に約106億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であり、小林昭彦裁判長は「違反は認められない」と請求を棄却した。

 判決によると、プレナスは2008年5月まで、総本部と結んだFC契約に基づいて九州、東日本地域で営業。この間、05年に「ほっかほっか亭」の字体を変えた新たな商標を登録したり、07年に総本部が決めた店員向けの新ユニホームの使用を拒否したりした。

 総本部側は一連の行為が契約違反に当たると主張したが、小林裁判長は「総本部のみがブランドを一元管理していたというのは困難」などと退けた。

 FCシステム運営をめぐる両社の関係についても、「総本部は経営ノウハウ提供や運営指導をほとんど行わなくなり、組織の上下関係は逆転していた」と指摘した。

 ほっかほっか亭総本部の話 到底容認し難く、控訴を含め検討する。


「ほっともっと」が勝訴
5月12日7時56分配信 産経新聞

 フランチャイズ(FC)契約に違反して勝手に弁当店の営業を行ったとして、持ち帰り弁当チェーンのほっかほっか亭総本部(東京都港区)が現在は「ほっともっと」を展開するプレナス(博多市)に約105億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であった。小林昭彦裁判長は「契約違反はない」としてほっかほっか亭の訴えを退けた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-11 20:01 | 経済・企業  

ほっともっと、中国に進出

4月14日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 持ち帰り弁当「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開するプレナス(福岡市)は13日、中国・北京に弁当事業で進出すると発表した。

 現地の食品会社と合弁会社を設立し、7月にも1号店をオープンさせる予定。同社の海外展開は初めてという。

 今後5年間で、中国全土を対象に約200店の出店を計画。外食産業の多くが上海を拠点とする中、競争が比較的少ない北京に進出し、事業拡大の足場固めを狙う。

 商品メニューは日本とほぼ同じだが、中国では店内飲食もできるスペースを設ける予定。プレナスは「同じ米食文化である上、日本食は安心・安全面で期待が高く、中国での弁当事業は十分に有望だ」などとしている。

 また、同日発表の2010年2月期連結決算は、売上高が前期比1.8%減の1176億円、純利益は7.5%減の29億円で2年連続の減収減益だった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-04-14 08:16 | 経済・企業