タグ:兵器 ( 11 ) タグの人気記事

 

<アフガン>手製爆弾に化学肥料急増 独軍分析で明らかに 

8月17日2時30分配信 毎日新聞

 【ベルリン小谷守彦】アフガニスタンで武装勢力が多用する手製爆弾(IED=即席爆破装置)の原料に、本来は化学肥料として使われる硝酸アンモニウムの利用が急増している。カルザイ政権は今年1月、国内での硝酸アンモニウムの使用や販売を全面禁止したが、なお大量に残存しているとみられ、戦闘の長期化・泥沼化の一因となっている。

 ドイツ・ボン近郊に拠点を置く独軍部隊「IED情報センター」の高官が毎日新聞に明らかにした。高官の説明では、かつて旧支配勢力タリバンによる爆弾づくりの主流は、古い爆弾に残った爆薬などを再利用したものだったが、数年前に硝酸アンモニウムが使われ始めた。爆発の威力は標準的な爆薬であるトリニトロトルエン(TNT)の約6割という。

 硝酸アンモニウムを原料とする爆弾は比較的簡単に手作りできる。アフガンでは圧力鍋や飲料水タンクなど日用品が爆弾に転用されるケースも多く、一般の家庭で爆弾製造が行われていることをうかがわせる。

 カルザイ政権は米軍などの要請を受け、今年1月、硝酸アンモニウムの取り締まりに乗り出した。だが、農業肥料として常用されていたこともあり、禁止措置の成果は上がっておらず、その後も利用は「猛烈に」拡大しているという。

 独軍の集計によると、03年にアフガン国内で81件だったIEDによる攻撃は、07年2718件、08年4169件、09年7228件と急増している。

 駐留外国部隊の死傷者も約3分の2がIEDによるもので、ある独軍司令官は「IEDは兵士たちにとって大変なストレスになっている」と打ち明けている。

 独軍IED情報センターは、武装勢力の攻撃の地域的な特徴や利用手法の傾向を分析する専門組織として、昨年秋に設立された。

 国外メディアの取材に応じるのは、今回の毎日新聞が初めて。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-17 02:30 | 中東  

8倍の放射性物質検出=北朝鮮「核融合」主張後-韓国

2010/06/21-11:36 時事通信

 【ソウル時事】21日付の韓国紙・朝鮮日報は、北朝鮮が5月12日に「核融合反応に成功した」と主張した2日後の同14日、韓国北東部の測定所で、放射性物質のキセノンが通常の約8倍検出されたと報じた。キセノンは核実験の際にも発生することから、北朝鮮が小規模の核実験を実施した可能性があるという。

 キセノンが検出されたのは、教育科学技術省傘下の原子力安全技術院が管理する江原道高城郡の測定所。同省は時事通信に「8倍のキセノンが検出されたのは事実だが、別の兆候がなかったため、核実験が行われた可能性は低い」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 11:36 | アジア・大洋州  

国産空母2隻建造に1兆8千億円 中国軍幹部が試算公表

2010年1月7日22時54分 朝日新聞

 【北京=峯村健司】中国軍の戴旭・空軍上校(大佐に相当)が、7日発売の中国時事週刊紙のインタビューで、軍が建造を進めている2隻の国産空母の建造経費について「艦隊全体で約200億ドル(約1兆8千億円)になる」との試算を明らかにした。

 国営新華社通信系の「国際先駆導報」が報じた。戴氏は、遼寧省にある海軍の訓練施設で2008年9月から、艦載機パイロットとして50人が訓練を始めていると明言したうえで、実際の空母を使った発着訓練はブラジルで行われる、との見通しを示した。

 空母は2隻体制での運用を目指しているが、建造費は空母本体に1隻あたり各20億ドル以上、艦載機に同30億ドル、共に行動する護衛艦や潜水艦などを含めた空母群の編成には50億ドルずつかかると算出した。年間維持経費には100億元(約1350億円)かかるとしているが、「中国の経済規模を考えれば大した額ではない」とし、費用面の問題がないことを強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-07 22:54 | アジア・大洋州  

不正アクセスで韓国の毒劇物情報が流出か

2009年10月17日12時38分 日刊スポーツ

 17日付の韓国紙、朝鮮日報は、韓国陸軍のコンピューター網が今年3月に北朝鮮のハッカー部隊による不正アクセスを受け、環境省傘下の国立環境科学院の情報システムに接続できる暗号を盗まれたと報じた。北朝鮮はこの暗号を使って同システムに侵入、毒劇物製造業者などに関する情報を盗んだとみられるという。

 同紙によると、不正アクセスは陸軍第3軍司令部に3月5~6日にあった。流出したとみられる情報は、化学物質に関する事故対応用に同院がまとめていた。

 一方、17日付の東亜日報は、韓国政府が与党ハンナラ党議員に提出した資料の中で、北朝鮮が全国6カ所に設置している政治犯収容所に計約15万4000人を収容中だと指摘していると報じた。2000年までは10カ所あったが、4カ所は既に閉鎖されたという。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-17 12:38 | アジア・大洋州  

中朝国境でサリン検出 北朝鮮から風吹く時に2回

2009年10月9日3時5分 朝日新聞

b0161323_329162.jpg 【瀋陽=西村大輔、ソウル=牧野愛博】中国軍の特殊部隊が昨年11月と今年2月、遼寧省丹東周辺の北朝鮮国境付近で、空気中から猛毒のサリンを検出した。中国当局関係者が明らかにした。実験か事故があった可能性があるとみて、軍が監視を強めている。

 関係者によると、特殊部隊は演習を兼ねて、定期的に空気中の化学物質を調査していた。北朝鮮側から風が吹く時に調べていたところ、1立方メートルあたり0.015~0.03マイクログラムのサリンが偶然検出された。中国軍が航空機で無毒化する薬品を散布したとの情報もある。

 サリンは戦前のドイツで化学兵器用に開発された神経ガスの一種。殺傷能力が極めて高い。95年のオウム真理教による地下鉄サリン事件では多くの死傷者を出した。

 毒性が強く、軍事演習での使用は考えにくいが、何らかの実験をしたか、保管もしくは移送中に事故が起きた可能性がある。丹東に近い北朝鮮・新義州には、軍事目的と疑われる化学工場がある。

 韓国の08年版国防白書によると、北朝鮮は80年代から生物化学兵器の生産を開始。現在、2500~5千トンを貯蔵している。その詳細は不明だが、北朝鮮はサリンの原料となる化学物質を輸入したことがあり、米韓両国は北朝鮮がサリンを保有していると判断、対北朝鮮戦に備えた共同作戦計画に化学防護作戦を盛り込んでいるとされる。砲弾に仕込むのが一般的で、日本を射程に収める弾道ミサイル「ノドン」にも搭載できる。ただ、熱に弱いサリンを大気圏再突入時の熱から防ぐ技術は、現在の北朝鮮にはないとも言われている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-09 03:05 | アジア・大洋州  

核攻撃狙っている国「隣にある」=北朝鮮を警戒、核抑止必要-麻生首相

8月6日13時36分配信 時事通信

 麻生太郎首相は6日午前の広島市での記者会見で、核廃絶への取り組みに関連し「核を持って攻撃しようという国がわれわれの隣にある」と述べ、北朝鮮への警戒が必要だとの考えを示した。

 その上で、首相は「核を持って抑止する力を持っている米国と日本は同盟を結んでいる現実を踏まえて話をしないと。一方的に誰かがやめれば、相手もきれいにやめてくれる世界ではない」と述べ、現状では米国の「核の傘」が必要との認識を強調した。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-06 13:36 | 政治  

北朝鮮が再びミサイル発射=日本海上に短距離2発

2009/05/26-18:13 時事通信

 【ソウル26日時事】韓国の聯合ニュースは26日、北朝鮮が同日午後、咸鏡南道咸興市近くから日本海上に短距離ミサイル2発を発射したと報じた。韓国政府消息筋の話として伝えた。

 北朝鮮は25日にも、咸鏡北道舞水端里から1発、江原道元山周辺から2発の短距離ミサイルを日本海に向けてそれぞれ発射。2日連続の短距離ミサイル発射となった。

 韓国が大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への全面参加を表明する中、北朝鮮としては軍事的緊張を一段と高め、2回目の核実験に対する国際社会の批判に対し、断固たる姿勢を内外に誇示する狙いがあるとみられる。

 このほか、北朝鮮が黄海でも短距離ミサイルを発射する兆候が捕捉されたとの情報もある。聯合ニュースによると、発射を準備しているのは射程100キロ程度の中国製地対艦ミサイル「シルクワーム」の改良型で、韓国軍当局が動向を注視している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-26 18:13 | アジア・大洋州  

核爆発は長崎原爆並みか=ロシア、北非難を支持へ

2009/05/25-17:58 時事通信

 【モスクワ25日時事】ロシア国防省当局者は25日、北朝鮮による地下核実験実施を確認するとともに、監視施設の観測情報を基に「核爆発の規模は10~20キロトン」と述べ、最大で長崎原爆並みの威力だったとの見方を明らかにした。インタファクス通信が伝えた。

 ラブロフ外相は25日、訪問先のベイルートで「北朝鮮の核実験を懸念している」と表明。上院のマルゲロフ外交委員長は「国連安保理緊急会合では全会一致で北朝鮮を非難すると確信している」と述べ、ロシアが対北朝鮮非難を支持する立場を表明した。

 同委員長は「ロシアは国境を接して新たな核保有国が出現するのを望まないと繰り返し警告してきた」と強調。北朝鮮側が強硬姿勢を変えない場合、「厳しい制裁」に直面すると警告した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-25 17:58 | アジア・大洋州  

<北朝鮮>来月4日にもミサイル発射 国際機関に通告か

3月12日13時24分配信 毎日新聞

 【ソウル西脇真一】韓国の聯合ニュースは12日、北朝鮮の長距離弾道ミサイルについて、北朝鮮が4月4日から8日の間に発射することを国際海事機関(IMO)に通告したと伝えた。対北朝鮮情報消息筋が明らかにしたという。

 また、朝鮮中央通信は12日、北朝鮮が宇宙空間の利用などに関する二つの国際宇宙条約に加盟したと報道。朝鮮宇宙空間技術委員会も国際民間航空機関(ICAO)とIMOに航空機や船舶の安全に必要な資料を通報した。

 北朝鮮は、実験通信衛星「光明星2号」を積んだロケット「銀河2号」の打ち上げ準備を進めていると主張。「長距離弾道ミサイルの発射準備を進めている」との批判をかわすため、国際的に定められた衛星打ち上げの手続きを取ったものとみられる。

 ICAOは国際民間航空の安全、IMOは海上の安全を目的とした国連関連機関。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-12 13:24 | アジア・大洋州  

「人工衛星」でも迎撃対象 浜田防衛相

3月11日23時41分配信 産経新聞

 浜田靖一防衛相は11日の参院予算委員会で、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した場合、北が「人工衛星」と公言した場合でも、ミサイル防衛(MD)システムによる迎撃対象になるとの認識を示した。浜田氏は「自衛隊法82条2で定義される破壊対象には、弾道ミサイルのみならず、事故などで制御を失ったわが国に落下する可能性のある人工衛星も含まれる」と強調した。中曽根弘文外相は、迎撃に米軍が加わることについて「(人工衛星としても)国民の生命や財産に対する重大な被害を回避するために、米軍がわが国の意向を踏まえた形での協力として迎撃することは国際法上問題ない」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-11 23:41 | 政治