タグ:保健 ( 27 ) タグの人気記事

 

不眠症治療薬を今年度中に承認申請へ―エーザイ

医療介護CBニュース 9月15日(水)17時14分配信

 エーザイは9月15日、不眠症治療薬SEP-190 (一般名=エスゾピクロン)について、日本での臨床試験で良好な有効性と安全性が確認されたと発表した。エーザイでは、これらの試験結果に基づき、今年度中に承認申請を行う予定。

 SEP-190は、大日本住友製薬が昨年買収した米セプラコール社が創製した非ベンゾジアゼピン系睡眠薬で、米国ではセプラコール社が2005年から「ルネスタ」という名称で販売している。日本では、大日本住友による買収前のセプラコール社とエーザイが07年に締結したエスゾピクロンに関するライセンス契約に基づき、エーザイが独占的開発・販売権を取得している。大日本住友によると、昨年度のルネスタの売り上げは500億円(販売は米国のみ)で、今年度は465億円を見込んでいる。

 エーザイによると、日本で成人の原発性不眠症患者72人を対象に実施したフェーズ2/3試験(126試験)では、睡眠中に起こる生態活動を脳波や眼球運動などの測定を基本として終夜にわたり同時系列に記録する終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)と自覚的な評価により、SEP-190の有効性を評価した。その結果、主要評価項目のPSGによる睡眠潜時(就床から入眠までの時間)と自覚的な評価による睡眠潜時が、プラセボに比べて有意に短縮した。

 また、同じく日本で実施したフェーズ3試験(150試験)では、成人と高齢者のさまざまな背景による慢性不眠症患者325人を対象としてSEP-190の長期投与での安全性を評価した結果、良好な安全性プロファイルが確認されたという。

 エーザイでは、日本では国民の約4-5人に1人が睡眠障害で悩んでいると推定されており、今後ますます増加するとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-15 17:14 | 経済・企業  

舌に力が入っていたら要注意!? 増える“パソコン病”って?

7月21日10時53分配信 東京ウォーカー

「考えがまとまらない」「なんかダルい」そんな人は“パソコン病”!?

“パソコン病”という言葉を知っている? 体の痛み、脱力感、ふらつき…このような症状を訴える人が最近急激に増加中だという。「パソコンの見つめ過ぎから起こる不調」など、パソコンに端を発した病変をさすこの“パソコン病”。仕事で長時間パソコンを使っている人なら、思い当たる人もいるのでは? かくいう記者も脱力感が…。一体どんなものなのか、専門家に直撃してみた。

答えてくれたのは“パソコン病”を提唱するTH整骨整体院の外山院長。この病気、増えているのでしょうか?

「“パソコン病”はつまり“脳の疲労”なんですよ。最近は、体を痛めてではなく、この“脳の疲労”で来院する人が多くなっています」と同院長。さらに、パソコンだけでなく、意外な物も影響しているという。「流行の3D映像やテレビの影響も考えられます。若年化も進んでいて、小学生の来院者がいるほどです」とのこと。では実際に、どういう症状がでるのだろう。

「症状は大きく分けて2つ。“呼吸不足による症状”と“偏った眼球疲労による症状”です」(同院長)。

「呼吸不足による症状」の原因は、パソコンを長時間使用する際に“息を詰めている”ことにあるという。舌が口の中でリラックスできず、緊張してこわばっている状態だ。そうなると“十分に呼吸ができていない”状態に。舌を上あごや下の歯に押し付けてしまう人もいるのだそうだ。パソコンの画面に意識が集中することによって起こるのだが、こうなってしまうと、喉の奥で起こっている“呼吸に関する緊張”を緩めなければならないそう。

また「偏った眼球疲労による症状」は、パソコンの画面を見る時の眼筋運動に原因が。ある一定方向への偏った眼球運動によって、眼筋が負担を感じて疲労する。それにより、体部の筋肉、特に腰部の筋肉にその影響が現れ、最終的には体全体に負担をかけてしまうという。同院長は「パソコン上での急速な画像の展開を、眼は追い掛けていても脳がついていけてないから疲労するんです」と話してくれた。

自分でもできる予防法としては、仕事以外の時間にパソコンを見ることを極力控えること、規則正しく生活し、夜はしっかり睡眠をとって疲労を取ることなど。ただ、症状が重くなった場合はやはり専門家に診てもらった方が良いそうだ。症状を取り除くには個人差があるものの、ひどい場合は治療に3~6か月かかるという。

ちなみに「“パソコン病”かもしれない」と心配になった人は下記のリストをチェックしてみて。多く当てはまってしまった人は、“パソコン病”の可能性アリ!? 【東京ウォーカー】

□頭から湯気が出そう

□考えがまとまらない

□体がふらつく

□立っているのがつらい

□片目視になってしまう

□距離感がつかめない

□よくつまずく

□腰が重い

□みぞおちが苦しい

□なぜかイライラ

□奥歯に力を入れている

□肩・背中がバリバリ

□自覚なしで片耳だけで聞いている

□耳鳴りがする

□ぼんやりしてしまう

□膝痛・腰痛・手足のしびれ
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 10:53 | 社会  

お酒は自殺やうつ病を引き起こす?

2010年7月2日 朝日新聞

◇リスクは格段に高まる 日本人は寝酒に注意

 ホー先生 韓国の人気俳優パク・ヨンハさんが自殺したそうじゃな。

 A 父親の看病疲れや仕事のストレスが指摘されているね。自殺する前にお酒を飲んでいた点も見逃せない。

 ホ どうしてじゃ。

 A 日本も含め、世界各国で自殺した人の3割以上からアルコールが検出されたという報告がある。飲酒が絶望感を深くし、衝動生を高める、と指摘されている。アルコールへの依存は、自殺するリスクを通常の60~120倍高めるという研究もある。

 ホ 「酒は百薬の長」と言われるではないか。

 A ほどほどならね。でも世界保健機関(WHO)によると、飲酒運転や酔ったうえでの暴力による死者は世界で年間250万人にも上る。日本にはアルコール依存症の人が約80万人おり、予備軍も約440万人と推計されている。WHOは5月、アルコールによる健康被害や社会への悪影響を防ぐため決議を採択し、加盟国に対策を求めたよ。

 ホ 飲むと楽しいがのう。

 A それがくせ者。うつ状態が続き、嫌なことを忘れようと酒を飲むうちに依存症になることも多い。長期間の大量飲酒は、うつ病を引き起こす原因になる。依存症の人の3割が、うつ病を併発しているというデータもあるんだ。

 ホ 眠れないときに飲むのはどうじゃ。

 A 不眠時に酒を飲む人は日本では3割とされ、ほかの国よりも多い。アルコールは寝つきをよくするけど、時間がたつと肝臓で分解される。すると逆に覚醒作用を起こし、睡眠が浅くなるんだ。

 ホ うつ病を早く見つけるための国のキャンペーンだよ。不眠は、うつ病の兆候の一つだからね。だからといって「寝酒」には頼るべきではない。キャンペーンでは、啓発用の冊子を酒屋で配り、お酒を買いに来る人へ注意を促した自治体もあった。

 ホ 不眠と酒、うつ病は密接に関係しているんじゃな。

 A 厚生労働省が5月下旬にまとめた「自殺・うつ病対策」にも、アルコール問題の対策強化が盛り込まれた。日本は酔っぱらいにおおらかなところがあるけど、少しずつ変えていかないとね。

(ニュースがわからん!)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-02 03:00 | 社会  

<中国食品>シジミスープから禁止薬物検出=日本にも輸出か―韓国

6月3日13時29分配信 Record China

2010年6月1日、韓国・食品医薬品安全庁は、中国産冷凍シジミスープから食品への使用が禁止されている抗菌剤フラゾリドン代謝物が検出されたと発表。輸入および販売の取りやめを命じた。2日、中国経済網が伝えた。

問題の冷凍シジミスープは浙江省湖州市の中国企業が生産したもの。韓国企業が輸入し、食品加工企業に卸していた。これまでに計160トンが輸入されていたという。韓国情報サイト「Innolife.net」によると、問題のシジミスープは韓国から日本に輸出されていたという。

フラゾリドンは抗菌剤として使われるが、奇形や流産、精子の減少、卵巣萎縮などの症状を引き起こすとして、2009年から米国、欧州など各地域で使用が禁止されている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-03 13:29 | アジア・大洋州  

富士フイルム、南アジア産「サラシア」の腸内改善効果を実証

5月24日8時0分配信 インド新聞

 富士フイルムは20日、血糖値を下げることで知られている植物「サラシア」について研究し、腸内環境を改善する効果も高いことを実証したと発表した。ビフィズス生菌やオリゴ糖と比べて、5-10倍の作用があるという。

 「サラシア」は、インドやスリランカなど南アジア地域に自生するデチンムル科のサラシア属植物の総称で、インドに古くから伝わる伝承医学(アーユルヴェーダ)で糖尿病治療に使用されてきた。最近では、抽出エキスに含まれるサラシノール、コタラノールが、腸内でオリゴ糖を分解促進する酵素(α-グルコシダーゼ)の活性を阻害することが確認されており、サラシア抽出エキスを摂取することで、小腸での糖の吸収が抑制され、血糖値上昇を抑える効果があることが明らかになっている。

 腸内環境の改善で、ビフィズス生菌やオリゴ糖の整腸メカニズムは、善玉菌を活性化させるものを直接摂取して腸に届け、整腸につなげるというものだが、「サラシア」はα-グルコシダーゼの糖吸収抑制効果で、食事に含まれる糖質を小腸で吸収させずにそのまま大腸へ届け、善玉菌を活性化する。腸内環境が適切な状態に改善されると、免疫力が適正に調整されるなど、さまざまな形で健康増進につながるとしている。

 富士フイルムは、写真感光材料の開発研究で長年にわたり蓄積してきた多彩な技術をベースにヘルスケア分野へ事業参入した。これまでに、さまざまな有用成分を独自の技術で高濃度に抽出・安定化することや、吸収を高めることに成功している。今後も引き続き、サラシアなどの成分の有用性を追求して独自の商品化を進める方針。この研究内容は5月22日の第64回日本栄養・食糧学会大会で発表する。(10年5月20日、富士フイルムのプレス・リリースなどから)
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 08:00 | アジア・大洋州  

農薬摂取で「子の注意欠陥・多動性障害増える」 米研究

2010年5月18日12時21分 朝日新聞

 【ワシントン=勝田敏彦】米ハーバード大などの研究チームが、有機リン系の農薬を低濃度でも摂取した子どもは注意欠陥・多動性障害(ADHD)になりやすいとの研究結果をまとめた。17日発行の米小児学会誌に発表した。

 研究チームは米国の8~15歳の子ども1139人の尿の成分を分析、親と面接してADHDの診断基準に当てはまるかどうか調べた。

 分析の結果、検出限界ぎりぎりの濃度でも農薬成分の代謝物が尿から見つかった子は、検出されなかった子よりもADHDと診断される可能性が1.93倍になった。

 これまでの研究は、たとえば農村地帯に住む農薬の摂取量が多い人らを対象にしたものだった。チームは論文で「今回のように米国で普通に摂取されているようなレベルでも、農薬成分がADHDの増加につながっている可能性がある」としている。

 農薬成分は農作物に残留したりして子どもの体内に入ったと考えられている。チームのマーク・ワイスコプさんはロイター通信の取材に「野菜や果物は食べる前によく洗ったほうがよい」と話した。

 発達過程にある子どもの脳などは、農薬など神経系に障害を与える可能性がある化学物質に特に弱いと考えられている。農林水産省によると、有機リン系の農薬は日本でも使われている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-18 12:21 | 社会  

覚せい剤「疲れ取れるから使用」=JAYWALK中村容疑者供述-1年前から使用か

2010/03/12-11:00 時事通信

 バンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)による覚せい剤取締法違反(所持)事件で、同容疑者が警視庁麻布署の調べに「疲れが取れるので、覚せい剤を使った」と話していることが12日、捜査関係者への取材で分かった。約1年前から始めたという。

 入手ルートについて「東京都内の路上で外国人の密売人から買った」と供述。自宅マンションでは覚せい剤のほか、大麻やコカインとみられるものも押収されており、警視庁麻布署は日常的に薬物を使用していた疑いもあるとみて調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-12 11:00 | 社会  

入れ歯安定剤を自主回収=亜鉛で副作用の恐れ-英グラクソ

3月4日16時2分配信 時事通信

 英製薬大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)の日本法人(東京)は4日、GSKが製造し、アース製薬が販売する入れ歯安定剤「新ポリグリップEX」の生産を中止し、自主回収すると発表した。同製品は粘着性を高めるために亜鉛を含有。製品の使用によっては亜鉛の過剰摂取となり、貧血や手足のしびれなどの副作用を引き起こす恐れがあるため。

 2007年9月の発売で、計二百数十万本を出荷。現時点で13万1500本が流通しているという。これまでに、顧客から製品使用による手のしびれなど計3件の問い合わせがあった。GSK側は因果関係は不明としているが、「予防的な措置」として製造中止を決めた。ただ、亜鉛を含まないその他製品の安全性は問題ないという。

 購入済みの製品については、返品や代替品への交換に応じるという。問い合わせ先はフリーダイヤル(0120)239912。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-04 16:02 | 経済・企業  

たばこの警告文、喫煙増やす逆効果の可能性=研究

2009年12月9日18:23 ロイター

 [シンガポール 9日 ロイター] 喫煙により死に至る危険性があると指摘するたばこの箱の警告文が、喫煙量を増加させている可能性もあるという研究結果が発表された。

 米国やスイス、ドイツの心理学者らが、たばこを吸う心理学専攻の学生39人を対象に行った研究によると、「喫煙により、あなたの魅力が失われます」や「喫煙はあなたや周りの人々に大きな損害をもたらします」といった文で、死のリスクとは結び付けずに警告する方が、喫煙者の意識を変えさせるには効果的であることが分かったという。

 この傾向は特に、格好をつけるためや仲間に合わせてたばこを吸う若者など、自尊心を高めようと喫煙している人々に顕著だった。

 学術誌「Journal of Experimental Social Psychology」に掲載されたこの研究で、学者らは「一般的に、死に至る危険性を指摘する警告文が箱に書かれているのを見ると、その反応として、リスクのある喫煙習慣を続けようとしてしまう」と説明している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 23:59 | 社会  

豆乳人気、復活の兆し 飲みやすくて品ぞろえ豊富

2009年12月8日17時0分 朝日新聞

 イチゴや小豆、黒ごまに紅茶や白桃、きな粉、焼き芋、杏仁(あんにん)――。様々な味付けで飲みやすくして品ぞろえが増えた豆乳飲料に引っ張られ、豆乳人気が復活しつつある。2009年の生産量は、健康ブームに乗ってピークだった05~06年に迫る勢いだ。40代以上の女性を中心に、定期的に飲む人が増えているという。

 豆乳メーカー各社はここ数年、原料である大豆独特の臭みを減らして飲みやすくし、健康志向にこたえるよう機能性も重視して、商品開発に力を入れてきた。最大手のフードケミファは8月、カルシウム強化・コレステロールゼロをうたう「進化型おいしい調製豆乳」を販売。マルサンアイもカロリーオフの商品が好調で、09年9月期決算の大幅増益の主因となった。

 日本豆乳協会によると、国内の豆乳市場は90年代はほぼ2万キロリットル台で横ばいだったが、98年ごろから少しずつ増え始め、05年には最多の21万7千キロリットルを記録。だが、大豆に含まれる成分の過剰摂取が健康に悪影響を及ぼすとの見解が出て消費量が急減し、07年と08年は16万キロリットル台にとどまった。

 それが品ぞろえが増えた豆乳の良さを見直して、一度やめた人が戻ってきているとみられ、09年は前年を1割以上も上回り、19万キロリットルを超えるのは確実という。

 フードケミファの中山義浩取締役飲料事業部長は「今後は、小さいころから豆乳を飲んでもらえるよう、商品開発をより強化したい」と話している。(伊藤裕香子)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-08 17:00 | 社会