タグ:人口 ( 1 ) タグの人気記事

 

河南の人口、7月「1億人」突破へ…省別で中国初、日本に接近

1月12日11時48分配信 サーチナ

 河南省人口・計画出産委員会によると、同省の人口は2010年7月、1億人を突破する見通しだ。同省インターネット・メディアの大河網が伝えた。

 中国の省(中央直轄市・民族自治区)の人口が1億人を超えるのは初めて。中国全国の人口は13億5300万人(09年末時点推計)で世界第1位。以下10位までは、インドの11億9800万人、米国の3億1900万人、インドネシアの2億3000万人、ブラジルの1億9400万人、パキスタンの1億8100万人、バングラデシュの1億6200万人、ナイジェリアの1億5500万人、ロシアの1億4100万人、日本の1億27000万人と続く。

 河南省の人口は世界第11位のメキシコ(1億1000万人)の次に位置する。同省の人口は現在も増加中であり、人口自然減がほぼ定着した日本に接近中だ。

 1958年の調査によると、河南省の人口は4425万人だった。1978年には7067万人に増加した。1978年以降は計画出産政策に力を入れ、省人口の1億人到達を13年遅らせたという。

 同省では一方で、男女の産み分けが多発して、男児出生率が女児に比べ異常に大きくなった。男児を望むあまり、妊娠時の検査で「女の子」と分かると人工中絶してしまうケースが続出したことが理由。このため、「遺伝病などの可能性があり、医学的検査が必要」と認められた場合以外の胎児の性別判定は禁止された。


省人口、今年7月には中国初の1億人超え!―河南省
1月14日17時50分配信 Record China

2010年1月11日、河南日報によると、今月9日に開催された「河南省 人口・計画出産工作研修会議」において、同省は第4次ベビーブームに突入したと発表された。09年の人口・9968万人を基にすると今年7月には1億人を超える見込みで、中国で初めて人口1億人を超える省となる。また、世界的に見ると、同省よりも人口の多い国はわずかに10か国だという。

1953年に行われた初めての人口調査によると、河南省の人口は4425万人。1978年には7067万人となり、25年間で2600万人以上増加した。この間、2度のベビーブームを経ており、第1次は1949~58年、第2次は62~73年で、年間の平均出生数は199万人を記録。この時期に生まれた世代が、今回の第4次ベビーブームを発生させることとなった。「第12次5カ年計画」期間中、省内の出産適齢期の女性数は860万~900万人と目され、年間平均出生数は145万、1日平均で3800人前後だ。

78年以来、河南省では計画出産政策が積極的に実行されており、これまでに合計3300万人以上の出生を抑制した計算になり、人口1億人への到達も13年遅らせることとなった。有効な人口抑制策により、同省は30年間で労働人口が充実しており、貯蓄率も高いという。

世界の人口上位10か国と中国の人口上位10省の表あり。関連原稿をご覧ください。


<表>人口、世界の上位10か国と中国の上位10省=日本は世界6位
1月14日17時53分配信 Record China

2010年1月11日、河南日報によると、中国・河南省は今年7月には1億人を超える見込みだという。中国で初めて人口1億人を超える省となるわけだが、世界的に見ると、同省よりも人口の多い国はわずかに10か国だという。

以下は同紙による「世界の人口上位10か国」と「中国の人口上位10省」の表。

人口上位10省は順に、河南省(9555万人)、山東省(9041万人)、四川省(8640万人)、広東省(7783万人)、江蘇省(7355万人)、河北省(6699万人)、湖南省(6596万人)、安徽省(6328万人)、湖北省(5975万人)、広西省(4788万人)。()内数字は2001年末のもの。

ちなみに世界の人口上位10か国は順に、中国、インド、アメリカ、インドネシア、ブラジル、日本、ロシア、ナイジェリア、メキシコ、パキスタン、バングラデシュ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-12 11:48 | アジア・大洋州