タグ:五輪 ( 4 ) タグの人気記事

 

<バンクーバー五輪>「個」強化だけでは限界…大会総括

3月1日21時57分配信 毎日新聞

 日本代表選手団が獲得したメダルは銀3、銅2の計5個。06年トリノ五輪の金1個から大幅に増え、入賞も21から26に伸びた。ただし今大会の金メダルはゼロ。橋本聖子選手団長が目安とした「98年長野五輪のメダル10個」にも遠く及ばなかった。

 バンクーバーの結果から、ある傾向がうかがえる。メダルの内訳はスピードスケートが3個、フィギュアスケートが2個。スピードスケート女子団体追い抜きを除けば、「チーム」ではなく「個」の力で強化を進めてきた種目だった。

 浅田真央(中京大)が銀、高橋大輔(関大大学院)が銅を獲得し、出場選手全員が入賞したフィギュアスケートは、選手個々がそれぞれのコーチの下で練習する。スピードスケート男子五百メートルで表彰台に立った長島圭一郎と加藤条治は、国内屈指の名門「日本電産サンキョー」に所属。チームが持つ豊富なノウハウと、精密機械メーカーの技術を生かしてスケート靴の刃を1000分の1ミリ単位で調節するなど、独自の強化策が実を結んだ。

 今大会では韓国が14個、中国が11個のメダルを獲得し、「アジア勢の躍進」と話題を呼んだ。両国は国からの潤沢な選手強化費など、国家主導的な強化策を取っているとされる。

 日本オリンピック委員会(JOC)によると、08年北京五輪以前の1年間に各国が投じた選手強化費(夏季スポーツを含む)は▽ドイツ274億円▽米国165億円▽英国120億円▽中国120億円--。日本は27億円だった。橋本選手団長は28日の総括会見で「スポーツの重要性を国が分かってくれるか。国の力を頂いて(関係団体が)連携を図ることが競技力向上につながる」と、財政面を含めた支援の必要性を訴えた。全体の底上げを図るなら、「個」の力に頼っていられないのは明らかだ。

 ◇「代表」意識に疑問符…服装の乱れ、ソリ競技失格

 一方、今大会の日本選手団には競技以前の問題も相次いだ。

 スノーボード男子ハーフパイプ代表の国母和宏(東海大)の、公式服装着用時の乱れなどについては、世論を巻き込む論争を巻き起こした。そり系競技では、用具の管理不備など単純ミスにより、リュージュとスケルトンで日本の2選手が失格した。

 JOCは、国母に関する問題でスノーボードチームの監督らに注意を与え、そり競技の失格問題では選手団各チームの監督らに、橋本団長名で文書を送付して用具管理の徹底などをうながした。いずれも異例の措置だ。

 今大会は、JOCが冬季五輪で初めて「チームジャパン」を強く打ち出して臨んだ大会だった。昨年5月と6月には、初の試みとして五輪代表候補が全競技から参加する国内合同合宿を実施した。しかし、文字通り「スタートラインに立つ」以前の問題が続出。果たして、選手たちに「日本代表」という意識を徹底することができていたのか、課題を残した。【栗林創造】
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-01 21:57 | スポーツ  

石原都知事「銅メダルで狂喜する、こんな馬鹿な国ない」

2010年2月26日7時30分 朝日新聞

 「銅(メダル)を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ」。東京都の石原慎太郎知事は25日、バンクーバー五輪の日本選手の活躍に対する国内の反応について、報道陣にこう述べた。

 同日あった東京マラソン(28日開催)の関連式典のあいさつでも同五輪に触れ、「国家という重いものを背負わない人間が速く走れるわけがない、高く跳べるわけない。いい成績を出せるわけがない」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-26 07:30 | 行政・公務員  

スポーツ後進国 日本

2010/02/23 朝日新聞 @バンクーバー 清水宏保


 僕はこれまで本当に多くの方にお世話になった。地元の方々、応援してくださった皆様、用具の面倒を見てくださる方、日本オリンピック委員会(JOC)の皆さん。すべての人の支えがあって、4大会連続五輪出場、金、銀、銅メダルの獲得があった。

 不遜かもしれないが、申し送りしておきたいことがある。少し、厳しい言い方になる。が、聞いていただければ幸いだ。

 日本はまだまだスポーツ後進国というしかない。五輪の期間中、国中が注目しメダルの数を要求される。選手が責任を感じるのは当然だが、ノルマを課せられているような感じにもなる。それまでの4年間のフォローを国やJOCはきちんとしてきたのだろうか。

 政府の事業仕分けが行われ、スポーツ予算は削られる方向になった。全体的な削減は仕方ないとしても、仕分けの仕方は適切だろうか。

 例えばお隣の韓国はスポーツ先進国になった。国威発揚という特殊な事情があるにせよ、お金の使い方が違う。日本には国立スポーツ科学センターがある。韓国にも同じような施設がある。韓国ではそこに選手が集められ、招集された時点で、日当が出る。日本では利用するのに料金が発生する。韓国ではもし、メダルを取れば、ほぼ生涯が保証されるのに対し、日本の報奨金は多いとは言えない。

 バンクーバー五輪では、JOCの役員、メンバーが大挙して現地入りしている。予算は限られている。そのため、選手を手塩にかけて育てたコーチや、トレーナーがはじき出され、選手に快適な環境を提供できていない。お金の使い方が逆だろう。

 競技スポーツだけではない。「1人1㌦のスポーツの予算をつければ、医療費が3.21㌦安くなる」という統計を見たことがある。ヨーロッパではスポーツ省のある国が多い。スポーツを文化としてとらえる発想が根付いているからだ。生涯スポーツが、また競技スポーツのすそ野となる。

 五輪の時だけ盛り上がって、終わったら全く関心がないというのではあまりに悲しい。日本にスポーツ文化を確立させるため、国もJOCも努力を惜しまないでほしい。(長野五輪金メダリスト)
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-23 17:00 | スポーツ  

ノルウェー、「金」100個目

2010年2月20日11時25分 朝日新聞

 ノルウェーが、冬季五輪史上初となる通算100個目の金メダルを獲得した。大台に乗せたのは、バイアスロン女子15キロを制したベルゲル。2度目の五輪で初のメダルを手にした28歳は、「射撃で最後の1発を外したときには負けを覚悟した。この涙は人生で一番幸せな涙」と喜んだ。

 その後の男子20キロでも、スベンセンが優勝して101個目を記録した。ちなみに2006年トリノ五輪まで過去20大会の合計では、ノルウェーが金98、銀98、銅84で世界一。2番手は米国の金78、銀80、銅58だった。日本が次に金を獲得すると、通算10個目になる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-20 11:25 | ヨーロッパ