タグ:二階俊博 ( 25 ) タグの人気記事

 

谷垣自民、煮え切らぬ対応 二階氏の辞表受理

2009年12月15日21時12分 朝日新聞

 自民党は15日、政策秘書が略式起訴された二階俊博選対局長の辞表を受理した。当面、大島理森幹事長が兼務する。鳩山由紀夫首相、小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題の追及に向け、谷垣禎一総裁ら執行部が一応のけじめをつけた形だが、略式起訴から7日目という対応の鈍さ。そこからは政権奪還に捨て身で臨む覚悟はうかがえない。

 二階氏秘書の略式起訴は9日。報道された直後、執行部の動きは早かったが、判断は「更迭」ではなく「留任」。大島氏は「二階氏と会い、引き続き仕事してほしいと申し上げた」と続投を宣言した。

 自民党は来年夏の参院選に向けて候補者調整の最中だ。作業を一手に担ってきたのが二階氏だ。西松建設による献金問題の発覚は今年3月。谷垣氏はそれを踏まえて二階氏を任命した。今、二階氏を切る理由はない――。そんな空気が執行部を支配した。

 これに若手議員や地方県連が猛反発。「襟を正さずに民主党の疑惑追及などできない」と辞任を求める声が一気に高まった。それでも大島氏は「問題ない」と強固だったが、町村信孝元官房長官ら各方面から再考を求められた谷垣氏は11日、「いろんな意見を聞いて判断したい」。

 最後は二階氏本人が14日、大島氏に辞意を伝えたが、大島氏は谷垣氏の出張を理由に回答を留保し、結論を出すまでにさらに1日を要した。

 「随分慰留もされたが、この際、私の考えは変わらない」。辞任が決まった15日、吹っ切れた表情で語る二階氏とは裏腹に、執行部の煮えきらなさばかりが印象に残った。(冨名腰隆)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-15 21:12 | 政治  

二階氏が辞意伝える 政治資金虚偽記載で引責 大島幹事長は慰留

2009.12.14 18:37 産経新聞

自民党内で役職辞任を求める声が拡大する二階俊博選対局長。党執行部は続投の構えだが…=9日、東京・永田町の党本部 自民党の二階俊博選対局長は14日午後、党本部で大島理森(ただもり)幹事長に会い、二階氏の政策秘書が政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で略式起訴されたことを受け、「この問題が長引き、党内の反転攻勢へのきしみを生んではいけない」と辞意を伝えた。

 大島氏は「衆院選挙区の支部長選任が佳境に入っている。参院選の候補者調整にも努力している」と慰留した。二階氏の進退をめぐっては、党内の中堅・若手議員らから辞任を求める声が出ている。

 一方、党役職の政治倫理審査会長と両院議員総会副会長、総務会総務の辞表を提出していた鳩山邦夫元総務相について、党執行部は15日の総務会に諮ることを決めた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-14 18:37 | 政治  

小沢幹事長、参院選へ地方行脚再開 「完敗」和歌山から

2009年11月11日9時31分 朝日新聞

 民主党の小沢一郎幹事長が10日、来年夏の参院選に向けた全国行脚を始めた。最初の訪問地は、自民党の選挙責任者でかつての側近、二階俊博氏の地元・和歌山県。民主党が根を張り切れない「敵地」に入り、目標の参院単独過半数へ攻めの姿勢をみせた。

 小沢氏は同日、密教で名高い高野山真言宗の松長有慶・管長と会談した。「来るのは初めて」という小沢氏に、松長氏は「機会があれば(民主党の)政治家に講話に行きたい」と申し出たという。

 松長氏は全日本仏教会(全仏)会長。全仏は日本の伝統仏教界では唯一の連合体で、102の加盟宗派・団体に属する寺院は日本全体の寺院の9割を超える。8月の総選挙では自民党支援が目立ち、推薦候補は民主党49人、自民党67人だったという。

 小沢氏の高野山訪問は、信徒の姫井由美子参院議員が昨年夏以来、働きかけていた。小沢氏は当初、「自民党の巣窟(そうくつ)だろ」と渋ったというが、松長氏との会談は、司会役の全仏関係者が「政権党の民主党と健全で良好な関係をつくる」と言及するなど和やかに進んだ。

 「保守王国」の和歌山県は民主党にとってハードルが高い。過去2回の参院選は惨敗。前回は選挙前から劣勢が明らかで、当時代表の小沢氏は1泊が恒例の行脚を日帰りで切り上げた。それが、8月の総選挙では県内3選挙区で二階氏以外の2議席を奪取。小沢氏は松長氏と会談後、記者団に「長年、自民党の強い基盤があった地域でも、民主党中心の政権交代に票を投じてくれた」と自信を見せた。

 参院選で政権安定へ単独過半数をめざす民主党には7議席の上積みが必要。和歌山など改選数1の選挙区の勝敗がカギを握る。同党は今月27日まで地方組織から候補者を募り、早ければ月内にも1次公認を発表する予定だ。(本田修一、林尚行)
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-11 09:31 | 政治  

<自民党>伊吹・二階派合流検討

10月22日2時30分配信 毎日新聞

 自民党伊吹派と二階派が合流を検討していることが21日分かった。伊吹派会長の伊吹文明元幹事長と二階派会長の二階俊博選対局長がすでに協議を重ねている。合流が実現すれば計18人となるが、党内第5派閥は変わらない。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-22 02:30 | 政治  

二階氏、これまでにない危機感 “ローラー作戦”展開

8月14日9時28分配信 産経新聞

 ■対する民主・玉置氏、地道な活動で知名度アップ

 8月のある日曜日。雨がぱらつく中、自民前職の二階俊博氏の田辺事務所には、約500人の支援者らが早朝から集まった。田辺市中心部を対象に、戸別訪問やチラシを配布する“ローラー作戦”を展開するためだ。二階氏本人も出発式であいさつに立つ力の入れようで、この日はチラシの配布だけで1万4千~5千世帯に上った。陣営幹部は「ここまでやった選挙戦は初めて」と驚きを隠さない。

 二階氏は経産相という立場上、地元入りもままならなかった。陣営幹部は「今回は本人も危機感を抱いている」といい、これまでにない選挙戦を見せている。特に目立つのが3区の大票田、田辺市での活動だ。「公示前にやるのは珍しい」(陣営幹部)という街頭演説を田辺市内の7カ所で行ったほか、公示後の「第一声」も田辺市内を予定している。地元の御坊市以外での第一声は「おそらく初めて」(同)。「御坊、有田、新宮の3市が匹敵する大都市」(同)を押さえ、前回同様の圧倒的な勝利を目指している。

 一方、民主新人の玉置公良氏は3区をくまなく回る選挙戦を展開する。解散以降、党の公認証書を受け取るため上京した日以外、毎日選挙区内での朝立ちや街頭演説、戸別訪問を繰り返している。戸別訪問は目標1日千軒。移動距離が400キロに達する日もあり、午前4~5時起床、午後9~10時帰宅というスケジュールを連日こなす。

 陣営幹部は、「(二階氏の地盤の)日高・御坊地域では、去年は戸別訪問しても追い返されることがあったが、今は玄関まで出てきてくれる」と手応えを感じている。玉置氏も「知名度は上がった」とし、「トップダウンではなくボトムアップ。これからも一人一人とじっくり話をするスタイルは変えない」と、地道に支持を広げる考えだ。

 幸福実現新人の湊侑子氏は、3区をすでに2巡した。「今までの延長ではない新しい選択がある」と戸別訪問を中心に訴える。目標は8~10万票で、「基礎を固め、浮動票を取り込みたい」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-14 09:28 | 政治  

二階派パー券偽装購入認める=西松建設元社長、17日判決-東京地裁

2009/07/14-11:54 時事通信

 西松建設の偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪などに問われた元社長国沢幹雄被告(70)の第2回公判が14日、東京地裁(山口雅高裁判長)であり、初公判後に追起訴されたダミー政治団体による自民党二階派のパーティー券購入について、同被告は「その通りです」と起訴内容を認めた。判決期日は17日に指定された。

 検察側は冒頭陳述で、工事受注の情報収集や人脈開拓などを期待した西松建設が2004年以降、二階俊博経済産業相の秘書の依頼を受けてパーティー券を購入していたと指摘した。

 二階氏との関係が取りざたされるのを避けるため、同社側は自己名義で購入する場合は20万円を上限に、それ以外はダミー団体名義で購入。購入総額は04年以降で844万円に上ったとした。

 検察側は「西松側にパーティー券購入を依頼したが、ダミー団体については知らなかった」とする二階氏秘書の供述調書の要旨も読み上げた。その上で、小沢一郎民主党前代表の政治団体への偽装献金事件などでの求刑と同じ、禁固1年6月を改めて求めた。

 これに先立ち、裏金を国内に持ち込んだとして、国沢被告とともに外為法違反罪に問われた元副社長藤巻恵次被告(68)に、山口裁判長は懲役4月、執行猶予2年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-14 11:54 | 政治  

二階氏側への事務所提供、立件の判断は衆院選後か

6月20日3時5分配信 読売新聞

 西松建設が二階俊博・経済産業相の関連政治団体に事務所を無償提供していたとされる問題や、企業献金を個人献金に偽装した疑いがある問題については、東京地検特捜部が捜査を続けているが、立件に至っていない。

 捜査過程で立証上の障壁が浮上している点もあり、起訴するかどうかの判断は衆院選後に持ち越される見通しが強まっている。

 同社は1999年11月ごろ、当時副社長だった前社長・国沢幹雄被告(70)の指示で、関係会社にマンションを購入させ、二階氏の実弟が運営していた「関西新風会」に事務所を提供。同会は家賃として年間約280万円を同社に支払い、西松側は、これを補填(ほてん)するため、二階氏が代表を務める政党支部に年間300万円を献金することにした。

 特捜部は当初、西松側と実弟の間で無償提供の合意があり、「家賃」の支払いとその補填は、無償提供の実態を隠す偽装工作だった疑いがあるとみていた。無償提供が事実なら、政治資金規正法が禁じる企業からの寄付に当たる。

 特捜部の聴取に対し、西松関係者は家賃の補填目的で献金をしていたことを認めたとされる。しかし、捜査の過程で、献金が中断していた時期があることが判明。この期間も家賃の支払いが続いていたことから、無償提供を立証するうえで障壁の一つとなっている。

 一方、政党支部への献金は2006年に再開され、西松関係者は同年と07年に、個人献金を偽装して年間300万円の献金をしていたことを認めている。政党支部の収支報告書には、個人献金の欄にこの献金に相当する金額が記載されていた。この処理について、市民団体のメンバーなどが、政党支部の会計担当者らを政治資金規正法違反(虚偽記入など)容疑で特捜部に刑事告発している。

 西松関係者によると、献金の再開に当たっては、同社幹部(当時)と二階氏の公設第1秘書が話し合っており、秘書は、これらの献金が同社からの献金だったと知っていた可能性が高い。しかし、この秘書は、直接、収支報告書の作成を担当していないとみられ、同法違反に問うのが困難な状況もあり、特捜部が慎重に捜査を続けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-20 03:05 | 政治  

二階氏秘書の告発状、東京地検へ…市民団体メンバーら

6月18日1時23分配信 読売新聞

 自民党二階派の政治団体「新しい波」が準大手ゼネコン西松建設のダミー団体名義でパーティー券を購入してもらっていた問題で、市民団体「政治資金オンブズマン」のメンバーらは17日、二階俊博・経済産業相の秘書について、政治資金規正法違反容疑での告発状を東京地検特捜部に送ったと発表した。告発状では、二階経産相の秘書は2006年、新しい波の政治資金パーティー券をダミー団体名義で購入するよう同社に持ちかけ、計340万円分を購入してもらった疑いがあるとしている。

 市民団体メンバーらはこれまで、新しい波の元会計責任者らを同地検に刑事告発したが、同地検が、西松側に新しい波のパーティー券を売ったのは、二階経産相の秘書だったとしていることから、告発対象に加えた。同地検は元会計責任者らを不起訴としたが、東京第3検察審査会が16日、不起訴不当を議決している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-18 01:23 | 政治  

二階派団体側不起訴は不当…東京第3検察審査会

2009年6月17日17時17分 ZAKZAK

 西松建設がダミー団体を使い、自民党二階派政治団体「新しい波」のパーティー券を購入したとされる問題で、東京第3検察審査会は17日までに、政治資金規正法違反容疑で告発され、東京地検特捜部が不起訴とした団体の元会計責任者らについて「不起訴不当」と議決した。

 同罪などに問われ、19日に初公判が開かれる西松建設の前社長、国沢幹雄被告(70)については「起訴相当」と議決。

 特捜部は今後、議決内容を踏まえ再捜査し、あらためて処分を下す見通し。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-17 17:17 | 政治  

西松献金、「これ以上調べようない」二階経産相

5月29日17時57分配信 読売新聞

 二階経済産業相は29日の参院予算委員会で、西松建設のダミーの政治団体からパーティー券購入や献金を受けていたことについて、「10年前にさかのぼって調べるよう言ったが、資料に保存義務がなく、既に処分されている。これ以上調べようがない」と述べた。

 西松建設側に調査協力を依頼するかどうかについては「政治資金規正法に基づいて届け出を行っている。これ以上、お尋ねする必要はない」とした。

 共産党の井上哲士氏の質問に答えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-29 17:57 | 政治