タグ:中村喜四郎 ( 6 ) タグの人気記事

 

鈴木議員の実刑確定へ=無罪主張の上告棄却―受託収賄など4事件・最高裁

時事通信 9月8日(水)13時47分配信

 受託収賄、あっせん収賄など四つの罪に問われた衆院議員鈴木宗男被告(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は7日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一、二審判決が確定する。

 鈴木被告は確定後、収監される。公選法などの規定により、確定すれば失職し、懲役刑の執行後5年間は立候補できなくなる。

 鈴木被告は、政治資金規正法違反罪と議院証言法違反罪を含め、一貫して全面無罪を主張していた。

 2004年の一審東京地裁判決は、すべての事件を有罪と認定した上で、「高度の廉潔性を求められる要職にありながら国民の信頼を裏切った」と非難。「反省は皆無で、虚偽の陳述をしてはばからない被告に刑を猶予するのは相当ではない」として、実刑を言い渡した。

 二審東京高裁も08年、「行政に不当な影響を及ぼし、社会の信頼を害した」として、一審を支持していた。鈴木被告をめぐる一連の事件では、佐藤優外務省元主任分析官(50)ら12人が起訴され、鈴木被告を除く11人の有罪が確定している。

 判決によると、鈴木被告は北海道開発庁長官、官房副長官だった1997~98年、林野庁への口利きの見返りなどとして、2社から1100万円のわいろを受領するなどした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 13:47 | 政治  

茨城県発注の農業工事で談合か=県や業者を立ち入り検査―公取委

時事通信 9月7日(火)11時48分配信

 茨城県発注の農業土木工事をめぐり受注業者間で談合があったとして、公正取引委員会は7日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、県農地局や県境土地改良事務所に加え、古河市や境町の建設会社、県建設業協会境支部など計三十数カ所を立ち入り検査した。

 公取委は発注した県側の関与も視野に調査しているとみられる。

 関係者によると、談合は遅くとも2005年から続いていたという。県発注の農道や農地などの整備や道路舗装、古河市発注の土木工事について、県建設業協会支部の幹事会社を中心に業者間で受注調整していた。

 09年度の発注額は県と古河市を合わせ約45億円。県発注工事の落札率は最近3年間で平均96~98%と高率だった。予定価格などが漏れていた疑いもあるという。

 この地区では、公取委が1996年にも総和町(現古河市)発注の土木工事をめぐる談合で、今回立ち入りを受けた会社を含む建設会社35社に排除勧告を出し、うち26社に課徴金計約9600万円を命じている。

 茨城県の宮浦浩司農林水産部長は「真摯(しんし)に検査に協力し、真偽を明らかにしたい」とコメントした。


茨城県の土地改良事務所、工事事務所が官製談合の疑い 公取委が立ち入り検査
産経新聞 9月7日(火)11時52分配信

 茨城県の境工事事務所(同県境町)や同県境土地改良事務所(同)、古河市が発注する土木工事や舗装工事で談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、茨城県庁や同県境町の県の出先機関、茨城県建設業協会境支部(同県境町)や地元業者約30社を立ち入り検査した。県事務所の幹部が受注先を指示した官製談合の疑いもあり、関係者から事情聴取を進めている。

 関係者によると、遅くとも平成17年以降、茨城県古河市、坂東市、五霞町、境町の土木工事、舗装工事を発注する境土地改良事務所や境工事事務所が発注する工事に際し、地元業者間で談合が繰り返されていた疑いが強まった。古河市発注の工事でも同様の談合があった疑いがある。

 事務所幹部が決めた受注先を業者同士で電話連絡していた可能性がある。立ち入り検査を受けた業者は内田組(古河市)や小川建設工業(同)など建設業協会の幹部企業など。落札先は輪番制でほぼ均等に分けられていた。落札率は県発注分で95%を超え、古河市発注分でも21年度平均で89%。発注総額は21年度だけで40億円超。


<官製談合>茨城県など発注の公共工事で 立ち入り検査実施
毎日新聞 9月7日(火)15時0分配信

 茨城県と同県古河市発注の公共工事で談合が行われた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで茨城県内の建設業者約30社や県建設業協会の支部などに対し、立ち入り検査に入った。立ち入り先には発注者側の県庁や土地改良事務所、工事事務所も含まれており、公取委は官製談合の疑いもあるとみて調べる。

 関係者によると、主な立ち入り先は古河市や坂東市、境町など県西部の建設業者と、それら業者が会員となっている県建設業協会境支部。各社は遅くとも05年ごろから、県境土地改良事務所や県境工事事務所、古河市が発注した土木、道路舗装工事の一般競争入札と指名競争入札で、あらかじめ落札業者を決める談合行為を繰り返していた疑いが持たれている。

 境土地改良事務所発注の工事を巡っては、事務所の幹部職員が県建設業協会境支部の幹部と打ち合わせ、受注予定者を決めていた疑いがあるという。歴代の幹部職員が談合にかかわっていたとみられる。境土地改良事務所、境工事事務所、古河市の土木、道路舗装工事の発注額は09年度で計約44億円。

 茨城県では96年、総和町(現古河市)発注の公共工事で談合を繰り返したとして、建設業者35社が公取委から排除勧告を受けた。今回の談合疑惑にも、勧告を受けたうちの十数社が再び関与しているとみられる。【桐野耕一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 11:48 | 行政・公務員  

舛添氏に反発?中村元建設相が改革クに離党届

4月22日14時49分配信 読売新聞

 改革クラブの中村喜四郎・元建設相が22日、同クラブに離党届を提出した。

 関係者によると、舛添要一・前厚生労働相を代表とする新党に同クラブの所属議員の多くが参加する動きを見せていることへの反発が理由という。
[PR]

by yupukeccha | 2010-04-22 14:49 | 政治  

自民・長谷川 大紋参院議員、党本部に離党届提出 「執行部に対する不満」

12/22 14:00 FNN

自民党の長谷川 大紋(はせがわ・たもん)参議院議員が22日朝、党本部に離党届を提出した。野党転落後、国会議員の離党は2人目となる。

長谷川氏は、離党届の提出後、「中村喜四郎先生が改革クラブと統一会派を組んだということ。到底看過できないという思いで、今回、離党届を出したわけです」と述べ、中村喜四郎議員の所属する改革クラブと自民党が、衆議院で統一会派を組んだことを離党の理由に挙げた。

長谷川氏は「自民党への不満ではなく、執行部に対する不満で、今後も自民党と行動を共にする」としている。

自民党では、田村 耕太郎参院議員が離党を表明したばかりで、党再生にかける自民党にとっては痛手となる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-22 14:00 | 政治  

中村元建設相が改革クに入党=自民と衆院会派で合意

2009/10/19-21:32 時事通信

 改革クラブの渡辺秀央代表は19日午後、国会内で記者団に対し、無所属の中村喜四郎元建設相が16日に入党したことを明らかにした。先の衆院選で西村真悟氏が落選。同党所属議員は4人となったが、中村氏の入党で国会議員5人以上という政党要件を満たすことなる。

 また、渡辺氏は19日、自民党の大島理森幹事長と国会内で会談し、衆院で統一会派を結成することで合意した。両党は参院では既に統一会派を組んでいる。

Links: 関連記事
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-19 21:32 | 政治  

衆院党派別派閥別名簿(国民、みんな、日本、大地、無所属) 当選

2009/08/31-16:20 時事通信

 ▽国 民 3人
亀井 静香72(広 島6)(11)☆      
松下 忠洋70(鹿児島3)(5)☆ 
下地 幹郎48(沖 縄1)(4)☆   

 ▽みんな 5人
渡辺 喜美57(栃 木3)(5)☆      
江田 憲司53(神奈川8)(3)☆ 
山内 康一36(比北関東)(2)       
浅尾慶一郎45(比南関東)(1)☆ 
柿沢 未途38(比東 京)(1)☆   

 ▽日 本 1人
田中 康夫53(兵 庫8)(1)☆   

 ▽大 地 1人
鈴木 宗男61(比北海道)(8)    

 ▽無所属 6人
中村喜四郎60(茨 城7)(11)       
平沼 赳夫70(岡 山3)(10)  
小泉 龍司56(埼 玉11)(3)      
城内  実44(静 岡7)(2)  
川口  博62(秋 田2)(1)       
川村秀三郎60(宮 崎1)(1)
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-31 16:20 | 政治