タグ:上田清司 ( 2 ) タグの人気記事

 

どうして上田埼玉県知事は変節したのか

2009/10/24 10:00 日刊ゲンダイ

●昔は「民主党国会Gメン」でムダ削減をアピール

 民主党の衆院議員だった埼玉県の上田清司知事(61)が、民主党のマニフェストに反発している。八ツ場ダムの建設中止方針に真っ向から反対し、19日には石原都知事ら建設推進派の知事と一緒に現地視察。「コンクリートから人へ」を掲げる出身政党に反旗を翻している。

 上田知事は国会議員時代、「民主党国会Gメン」に所属。河村たかし名古屋市長や原口一博総務相らとともに、「税金の無駄遣いは1円たりとも許さない」と息巻いていた。それなのに、工事費の増額が確実な金食い虫のダム建設に異を唱えず、河川官僚や建設業者を喜ばせているのだから理解に苦しむ。

「上田知事は八ツ場ダムの隣で進んでいた戸倉ダムの中止はすんなりと受け止めています。理由は利水上の目的喪失。つまり、埼玉県の水は余っているわけです。ところが、八ツ場ダムについては利水上も必要と説明している。上田知事は『戸倉と八ツ場は違う』と弁明していますが、いかにも苦しい」(ジャーナリスト・横田一氏)

 上田と同じGメン出身首長の河村は、「名古屋市は水余り」と「徳山ダム」(岐阜県)の利水事業から撤退を表明。前原国交相との面会では「どえりゃ〜仲良し」と強調していた。それだけに同じ釜の飯を食った上田の変節が目立つのだ。

 政治評論家の有馬晴海氏が言う。

「上田知事は、県の財政から支出しておきながら建設中止では県民に説明できないと考えているのでしょう。もともと民主党に特別な思い入れもありません。政治スタンスは保守で、民主党に限界も感じていました」

 初出馬は新自由クラブで、初当選は新生党。新進党時代は反小沢のグループに属していた。いろんな政党を渡り歩いた末に行き着いたのが民主党だったのだ。

「それも長くは続かなかった」と言うのは政界関係者。

「02年には、民主党を離党して保守新党を立ち上げた熊谷弘元通産相と行動を共にするとみられた時期もありました。実際、翌年の知事選の前に民主党を離党しています。再選を目指した07年は、選対本部長が元自民党県議の所沢市長。事実上の自公候補でした」

 そんな正体を知れば、八ツ場ダムをめぐる対応にも「な〜んだ」である。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-24 10:00 | 政治  

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に-上田埼玉知事

2009/07/01-18:05 時事通信

 上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌だったら辞めたらいい」と強調した。

 君が代斉唱時に起立しない教員がいることへの解決法を民主党県議からただされ、答えた。これに対し、共産党県議団は「思想と良心の自由を定めた憲法19条の規定をないがしろにするもので、700万県民の代表にふさわしくない危険な発言だ」とし、撤回を求める談話を団長名で発表した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-01 18:05 | 政治