タグ:ロシア ( 37 ) タグの人気記事

 

<ロシア>古い機体の事故続発 悪天候で空港混乱も

毎日新聞 1月3日(月)20時24分配信

 【モスクワ大前仁】西シベリアで1日、旅客機が爆発し20人以上の死傷者が出るなど、ロシアで、老朽化した機体による飛行機事故が相次いでいる。年末にはモスクワの空港が悪天候により数日にわたり大混乱に陥り、空港当局や航空会社の対応の悪さも問題視されている。

 西シベリアのスルグトの空港で1日起きた事故では、離陸に備え滑走路を移動中の旅客機ツポレフ154のエンジン付近から出火、爆発して、3人が死亡。また、先月28日には露空軍のアントノフ22輸送機がモスクワ南方のトゥーラ州で墜落し、搭乗者12人全員が死亡した。これもエンジンの不調が原因とみられる。

 交通監督局は2日、スルグトの事故を受け、国内の航空会社に対し、事故機と同型のツポレフ154Bの運航を一時停止するよう命じた。ソ連時代に開発されたツポレフ154は、現在でも旧共産圏で広く運用され、同型のポーランド政府専用機は昨年4月にロシア西部に墜落、当時のカチンスキ大統領ら96人全員が死亡するなど、事故が多発している。

 また、アントノフ22は世界最大のプロペラ機で、40年以上運用されている。

 一方、首都モスクワでは先月26日に降った氷雨が原因となり、南部ドモジェドボ空港で停電が発生。北西部シェレメチェボ空港でも発着便が大幅に乱れ、両空港で数日間にわたり、利用客2万人が影響を受けた。

 その際、航空会社は足止めにされた多くの利用客に対し、適切な状況説明や水・食料の提供を行わず、空港内の飲食業者は通常の数倍以上の価格で水や食料を販売。怒った利用客は航空会社職員を暴行した。こうした混乱について、レビチン運輸相は2日、責任の調査を進める意向を表明した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-03 20:24 | ヨーロッパ  

「現代化」へ国際協調 MD連携実現促す ロシア大統領

2010年12月1日1時1分 朝日新聞

 【モスクワ=副島英樹】ロシアのメドベージェフ大統領は30日、年次教書演説を行い、最優先課題とする国家の「現代化」を進めるため、米国や欧州連合(EU)、アジア諸国などと実用的アプローチを深めていくと強調した。北大西洋条約機構(NATO)の欧州ミサイル防衛(MD)との連携実現も促した。

 大統領は、冷戦終結を印象づけた11月20日のNATOロシア首脳会議で「全欧州をミサイル攻撃から守るMD連携のあり方について自らの考えを伝えた」と主張。「今後10年の間に建設的な合意ができなければ新しい軍拡競争が始まる」と述べた。安保面での欧米接近を促す一方、ビザ制度の撤廃や技術・専門家交流促進なども求めた。

 さらに、「現代化」のための協力拡大の潜在性がある国として、中国、インド、ブラジル、韓国、シンガポールを挙げた後、日本にも言及した。特に、「アジア太平洋地域諸国との関係拡大は戦略的性格を帯びている」と強調。中国との高いレベルの関係を軸に、国際舞台で共同で調整役を担っていくと述べた。

 メドベージェフ大統領の年次教書演説は3回目。次期大統領選が2012年に迫るなか、今回は子ども対策や国民の福利厚生など民生面に重点が置かれた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-01 01:01 | ヨーロッパ  

中国遼寧省で北軍用機が墜落、脱北図ったか

8月18日13時45分配信 聯合ニュース

 【瀋陽18日聯合ニュース】北朝鮮の軍用飛行機1機が17日午後4時ごろ中国遼寧省・撫順県拉古満族郷で墜落しパイロット1人が死亡したと、複数の中国情報筋が18日に伝えた。

 匿名を求める情報筋は、17日午後に飛行機が撫順上空に姿を見せた時点では国籍が不明だったが、墜落現場で北朝鮮の軍用機だと中国当局が確認したと伝えた。また別の情報筋は、中国当局は北朝鮮軍用機が中国上空まで飛行してきた経緯や事故原因を調べていると話した。北朝鮮を脱出しロシアに向かっていた途中で方向を見失い、中国上空に入ったものと推定されるという。

 インターネット上には、中国のネットユーザーが撮影した墜落現場の写真が出回っている。写真に収められた事故機には、北朝鮮籍を示すロゴがはっきりと見られる。対北朝鮮軍事専門家らは、写真の上では、朝鮮戦争当時、北朝鮮軍の主力戦闘機だった旧ソ連製「MIG15」系列とみられると指摘。MIG15は主力からは引退し、現在、空軍の訓練機として使用されていると説明した。

 撫順は北朝鮮・新義州から200キロメートルほどの距離に位置する。新義州には朝鮮人民軍の空軍部隊があり、所属機が鴨緑江一帯を低空飛行する訓練のようすが、たびたび目撃されている。

 このため中国当局は、同部隊所属機が訓練中に隊列を離脱し、脱北したものとみている。中国は脱北者を検挙した場合、北朝鮮に送還することを原則としていることから、ロシアに亡命しようとしていたのではないかというのが、対北朝鮮専門家の見方だ。また、中国当局は事故原因を明らかにしていないが、事前通知なく国境を侵犯した同機を中国側が撃墜した可能性も浮上している。

 北朝鮮は昨年11月のデノミネーション(通貨呼称単位の変更)後、経済事情が悪化。最近は中朝国境を流れる豆満江や鴨緑江で、北朝鮮国境守備隊所属の軍人の脱北が増えていると伝えられる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 13:45 | アジア・大洋州  

猛暑とスモッグで?モスクワの死者が倍増

8月10日0時29分配信 読売新聞

 【モスクワ=山口香子】観測史上最悪の猛暑が続き、森林火災による強烈なスモッグに襲われているロシアの首都モスクワで、死者数が通常の2倍に跳ね上がっている。

 モスクワ市保健当局の責任者は9日、インターファクス通信に対し、死者数は通常1日あたり市全体で360人程度だが、最近は約700人に達していると述べ、暑さとスモッグが原因だとの認識を示した。露メディアは、火葬場などが通常の2・5倍の死者でパンク状態だと報じている。

 高齢者や呼吸器系疾患のある人が犠牲になっているとみられるが、正確な死者数は明らかにされていない。ロイター通信は、患者の死をスモッグや酷暑と関連づけないよう指導があったとする医師の話を紹介。森林火災への政権の対応が批判を浴びる中、当局による実態の隠蔽(いんぺい)疑惑も浮上している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 00:29 | 社会  

グルジアの美人すぎる大臣、刺激的写真暴露される

8月1日22時47分配信 読売新聞

 【モスクワ=山口香子】7月上旬、グルジアのサアカシビリ政権で就任したばかりのベラ・コバリア経済発展相(28)が、ナイトクラブらしき場所でポーズをとる写真が暴露され、スキャンダルになっている。

 写真のコバリア氏は丈の短いワンピース姿で露出度の高い服装の女性らとカメラに向かってほほ笑んでいる。グルジアの地元紙は先週、就任前の2月にカナダ・バンクーバーのストリップバーで撮影されたと報道。同政権を敵視するロシアのメディアは「ストリップから大臣へ」(露大衆紙)などと批判した。

 これに対し、コバリア氏の報道官はAFP通信に、学生時代だった10年前に米国で撮影された写真だと反論、「こんなゴミにとらわれず職務を遂行する」と批判を一蹴(いっしゅう)した。

 報道によると、1996年に一家でカナダに移住したコバリア氏は父親が経営するパン屋を手伝っていたが、今年2月に冬季五輪の応援で訪れたサアカシビリ大統領に会い、グルジア帰国を決意。そのわずか数か月後に大臣に任命され、あまりの若さと美貌(びぼう)で注目された。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-01 22:47 | アジア・大洋州  

本田の移籍を否定 CSKAモスクワ

2010年7月8日7時15分 朝日新聞

 W杯南アフリカ大会で2得点した日本代表の本田圭佑が所属するロシア・プレミアリーグのCSKAモスクワの広報担当セルゲイ・アクショーノフさんは7日、本田の移籍の可能性を否定した。

 アクショーノフさんは欧州のクラブへの移籍が検討されているとの報道について「うわさにすぎない」と指摘。本田がCSKAでプレーを始めたのが今年3月であることを挙げ「サッカーの世界では、半年で他のチームに移籍することは考えにくい」と述べ、この時期の移籍はないとの見方を示した。10日にW杯による中断後初の試合をモスクワで開催する。本田は11日にチームに合流するため、この試合には間に合わない。いつから本田が出場するかについては「監督が決めること」と語った。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-08 07:15 | スポーツ  

ロシアの著名ピアニスト、タイ少年への性的暴行容疑で逮捕

2010年7月7日 朝日新聞

 [バンコク 7日 ロイター] ロシアの著名ピアニストで指揮者のミハイル・プレトニョフ容疑者(53)が、タイ人の少年に性的暴行を加えた疑いで、タイのリゾート地パタヤで逮捕された。警察が7日発表した。

 ロシア・ナショナル管弦楽団の創設者で、同国大統領の文化顧問も務めるプレトニョフ容疑者だが、14歳の少年に性的暴行を加えたほか、複数の少年とも「恥ずべき」写真をとったとして、5日に逮捕された。

 警察は「身柄を拘束されている売春組織関係のタイ人の男から情報を得た」としている。プレトニョフ容疑者はパタヤに自宅を構え、複数の事業を行っていた。

 プレトニョフ容疑者は容疑を否認しており、6日に30万バーツ(約80万円)の保釈金を支払って釈放されたが、タイを出国するには裁判所の許可が必要という。有罪判決を受けた場合、最高で禁固20年を言い渡される可能性がある。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-07 03:00 | アジア・大洋州  

工事で大渋滞、空港まで4時間 モスクワ、陰謀説で捜査

2010年7月5日16時34分 朝日新聞

 【モスクワ=星井麻紀】モスクワの空の玄関口シェレメチェボ空港につながる幹線道路で先月末から始まった工事が、大渋滞を引き起こしている。市中心から約40キロの空港まで4~5時間かかり、乗り遅れる人が続出。工事を始めたモスクワ市に対し、捜査を開始する騒ぎとなっている。

 工事は、市中心部と空港をつなぐレニングラード街道の陸橋を修復するもので、片側3車線の道路を片側1車線に規制したため、普段からひどかった渋滞が一層悪化した。

 ロシアの航空最大手アエロフロートは、先月末から今月初めまで1300人が乗り遅れ、払い戻しなどによって1日当たり40万ユーロ(約4400万円)の損失が出たとしている。シェレメチェボ空港の約7万人の職員らの通勤も困難になっている。

 同空港のワシレンコ総支配人はブログで、シェレメチェボ空港の競争相手であるブヌコボ空港を運営するモスクワ市が、客足を奪うために意図的に仕組んだものだとして、ルシコフ市長を批判。プーチン首相も渋滞問題への対応をイワノフ副首相に命じ、反独占局と最高検察庁が調べを始めた。

 市側は2日、交通規制を片側2車線に緩めたが、それでも渋滞は解消されず、4日の夜には市内行きの車線も郊外の別荘から帰ってくる人たちの車列で大渋滞になった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-05 16:34 | ヨーロッパ  

<ベラルーシ>露ガスの中継停止 大統領が指示

6月22日20時53分配信 毎日新聞

 【モスクワ大前仁】旧ソ連ベラルーシのルカシェンコ大統領は22日、ロシアが自国向けの天然ガス供給を削減したことへ対抗して、自国を経由して欧州市場へ輸出されるガスの中継を停止するよう指示した。ロシアは引き続き欧州市場へ安定供給できると説明するが、ベラルーシ政府の強硬姿勢次第では一部に影響が出る可能性もある。

 インタファクス通信などによると、ルカシェンコ大統領はラブロフ露外相との会談で、「今回の紛争が『ガス戦争』へと発展した」と発言。自国を通過してポーランドやドイツへ続く天然ガスのパイプラインの栓を止めたと説明した。一方、ロシア政府系天然ガス独占企業ガスプロムは同日、ベラルーシ向けガスの削減量を15%から30%へ拡大した。

 こうした事態にドイツのブリューデレ経済技術相は22日、「欧州に影響しないよう両国で早急に問題を解決すべきだ」と述べた。

 ベラルーシを経由する欧州向けロシア産ガスは、全体の2割程度とみられている。またガスプロムはポーランドやドイツ向けのガスが不足した場合、ウクライナなどを経由して輸出できると説明している。夏季を迎えた欧州でガス需要が下がっていることから、昨年1月のガス紛争の際に欧州各国で起きたような大混乱は起こり得ないとみられている。


ロシア、ガス供給30%削減=ベラルーシ反発、欧州向け停止か
6月22日21時35分配信 時事通信

 【モスクワ時事】ロシア国営天然ガス独占企業ガスプロムは22日、ベラルーシのガス代金未払い問題で、同国へのガス供給削減率を前日の15%から30%に引き上げた。これに対し、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領は、同国経由のパイプラインの欧州向けロシア産ガスの搬送停止で対抗すると表明した。インタファクス通信が伝えた。

 ガスプロムはガス代金の未払いが1億9200万ドル(約174億円)に上るとして、21日からガス供給削減を開始。未払い分が清算されなければ段階的に削減率を85%まで引き上げる方針。


ベラルーシ大統領、欧州向けロシア産ガスの輸送停止を命令
6月23日1時23分配信 ロイター

 [ミンスク 22日 ロイター] ベラルーシのルカシェンコ大統領は22日、ベラルーシを経由したロシア産天然ガスの輸送を停止するよう命じたことを明らかにした。

 同大統領はロシアのラブロフ外相との会談で、ベラルーシとロシアの間の天然ガス交渉は「ガス戦争に発展しつつある」とし「露ガスプロム<GAZP.MM>が天然ガスの輸送代金を支払うまで、ベラルーシを経由した天然ガスの輸送の停止を命じた」と伝えた。

 ロシアの政府系天然ガス企業ガスプロムは、ベラルーシが1月からの天然ガス代、1億9200万ドルを支払っていないとし、22日付で同国への天然ガス供給量を通常水準から30%削減し、それまでの15%削減から削減幅を拡大させた。

 一方、ベラルーシ側はガスプロムがベラルーシ経由の天然ガス輸送費、2億6000万ドルを支払っていないとしている。

 ルカシェンコ大統領はラブロフ外相に対し「ベラルーシは友好国から借入を行った。将来的に支払いを行う」と伝えると共に「ベラルーシはガスプロムに対して何も負債は負っていない。ガスプロムが輸送代金2億6000万ドルをベラルーシに負っている」と述べた。

 ロシアは欧州の天然ガス需要の25%を供給。そのうち80%がウクライナ経由、残り20%がベラルーシ経由で輸送されている。

 トロイカダイアログ証券のオレグ・マクシモフ氏は「今回のガス紛争は、ガスプロムと競合する、欧州で数多く提唱されている液化天然ガス、およびガスパイプラインプロジェクトを推進する勢力に対し、政治的な後押しを与える」と述べた。


ベラルーシ「欧州向けガス輸送停止」
6月23日7時57分配信 産経新聞

 ロシアとベラルーシが天然ガスの債務未払いをめぐって対立している問題で、ロシアは22日、ベラルーシへのガス供給の削減幅を30%に引き上げた。ベラルーシのルカシェンコ大統領はこれに対抗し、同国経由で欧州に向かうガスの輸送を停止すると述べた。(モスクワ 佐藤貴生)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-22 20:53 | ヨーロッパ  

ベラルーシ向け天然ガス15%削減 ロシア「料金滞納」

2010年6月21日22時23分 朝日新聞

 【モスクワ=星井麻紀】ロシアの政府系天然ガス独占企業「ガスプロム」は21日、ベラルーシ向けに供給している天然ガスを15%削減したと発表した。インタファクス通信などが伝えた。

 同社は、ベラルーシが約2億ドル(約180億円)のガス料金を滞納しているとして、ベラルーシ側と交渉を続けていたが決裂した。滞納が続けば、今後、段階的に削減幅を85%まで増やすとしている。

 同社のミレル社長によると、交渉でベラルーシ側は負債の存在を認めたが、代金の代わりに機械や生産物で支払うと主張した。報告を受けたロシアのメドベージェフ大統領は「外国の支払いは外貨でのみ受け取りが可能だ」として、供給量の削減を命じた。

 ロシアから欧州向けに供給される天然ガスは、ウクライナ経由が7割、ベラルーシ経由が3割に上る。ミレル社長は、「欧州に影響を及ぼすことはない」と話し、問題が起きた場合には、ウクライナ経由で供給するとしている。

 一方、ベラルーシ側は、ガスプロムがベラルーシに対し、ガス輸送通過料約2億ドルを滞納しているとも主張。またベラルーシのエネルギー省は、ロシアの削減量が85%になった場合、欧州へのガス中継輸送は十分に維持できなくなると警告した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 22:23 | ヨーロッパ