タグ:ルワンダ ( 3 ) タグの人気記事

 

ルワンダ、英連邦に加盟 旧宗主国は独・ベルギー

2009年12月1日10時36分 朝日新聞

 【ヨハネスブルク=古谷祐伸】旧イギリス植民地などで構成される英連邦はアフリカ中部ルワンダの加盟を認めた。フランス語が使われてきたルワンダの旧宗主国はドイツとベルギー。英国の植民地経験のない国の加盟は、95年のモザンビーク以来。ルワンダ政府は2006年に仏政府と断交、先月末になって国交回復で合意したが、英国寄り姿勢を強めている。

 英連邦は11月28日、カリブ海の島国トリニダード・トバゴで開いた首脳会議で、ルワンダの加盟を決定した。加盟国は54カ国になった。

 ルワンダの地元紙によると、ムシキワボ情報相は「我が国が過去15年間になしとげたとてつもない進歩の承認と受け止める」と語った。

 ルワンダは80万人が犠牲になった1994年の虐殺事件後、カガメ大統領のもとで急速に復興している。英語圏が多い周辺国との通商強化の狙いもあって2008年、英語を公用語に加えた。

 仏との関係をめぐって、ルワンダ政府は、虐殺に仏政府が関与したと批判し関係が悪化。一方、仏司法当局は、虐殺事件の引き金になったハビャリマナ元大統領の暗殺事件の首謀者が、カガメ大統領や側近だと認定している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-01 10:36 | アフリカ  

ルワンダ虐殺の重要容疑者、ウガンダで逮捕

10月7日10時21分配信 CNN.co.jp

カンパラ(CNN) フツ人とツチ人の間で1994年に起きたルワンダ虐殺の最重要指名手配者、イデルフォンス・ニゼイマナ容疑者がウガンダで逮捕され、国外に移送された。国連が支援するルワンダ国際犯罪法廷(ICTR)が6日発表した。

ニゼイマナ容疑者はウガンダの首都カンパラ近郊のホテルにいたところを国際刑事警察機構(ICPO)要員に拘束され、6日にICTRが置かれているタンザニア北部アルーシャの拘置施設に収容された。

ニゼイマナ容疑者はICTRに起訴された重要容疑者4人の1人。逃走者13人のうち、ここ2カ月余りで2人目の逮捕者となった。事件当時はルワンダ軍の幹部で、ツチ人から象徴的人物とみなされていた元女王の殺害を命令した罪に問われている。

ICTRによると、ウガンダ当局が容疑者逮捕に協力したのはこれで2度目。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-07 10:21 | アフリカ  

住民ら襲撃90人死亡 コンゴ東部、ルワンダ解放民主軍か

2009.5.14 14:35 産経新聞

 ロイター通信によると、国連緊急援助調整官室(OCHA)は13日、地元筋の情報として、コンゴ(旧ザイール)東部北キブ州で9日、武装グループによる襲撃事件があり、地元住民60人を含む少なくとも90人が死亡したと明らかにした。

 1994年のルワンダ大虐殺への関与が指摘されている民族フツ系の反政府勢力、ルワンダ解放民主軍(FDLR)の犯行とみられている。

 コンゴと隣国ルワンダの合同軍は今年に入り、FDLR一掃作戦を実施。合同軍は作戦の成功を宣言したが、再びFDLRが勢力を活発化させている。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-14 14:35 | アフリカ