タグ:ミャンマー ( 96 ) タグの人気記事

 

スー・チーさん解放 7年半ぶり自宅軟禁解除

産経新聞 11月13日(土)20時8分配信

 【シンガポール=宮野弘之】ミャンマーからの情報によると、同国の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん(65)が13日、7年半ぶりに自宅軟禁から解放された。同日午後5時(日本時間同7時半)すぎ、スー・チーさんの自宅に軍政当局の車が入り、その後、自宅前に設置されたバリケードが撤去された。集まっていた支持者は自宅の敷地内に入った。ただ、軍政は外国メディアの取材は認めておらず、軟禁解除後もスー・チーさんの自由な政治活動を制限する可能性は残されている。

 ヤンゴンのインヤ湖のほとりにあるスー・チーさんの自宅周辺には幾重にもバリケードが設置されていたため、支持者らは近くの旧国民民主連盟(NLD)本部前から、自宅に通じる道路周辺に集まり、解放の知らせを待った。同日夕、バリケードが撤去されると数百人の支持者らが喜びの声を上げながら、自宅の敷地内に殺到したという。

 軍政が今回、予定通り解放を決めたのは、今月7日に行われた総選挙で、軍政の翼賛組織が衣替えした連邦団結発展党(USDP)の圧勝が確実となったことを受け、スー・チーさんを解放することにより欧米を中心とする国際社会からの批判をかわす狙いがある。

 ただ、過去21年間で通算16年近く軟禁されていたにもかかわらず、スー・チーさんに対する国民の人気は高く、軍政の計算通り、民主化勢力を今後も押さえ込むことができるかどうかは微妙だ。

 スー・チーさんは建国の父、アウン・サン将軍の長女。英国や日本などで研究活動を行っていたが、1988年に母親の看病のため帰国。ネ・ウィン政権崩壊を受け、民主化活動にかかわるようになる。91年にノーベル平和賞を受賞。2003年5月には遊説中に軍政翼賛団体に襲われ、混乱を理由に自宅軟禁された。

 昨年5月、自宅に侵入した米国人男性を無許可で滞在させたとして国家防御法違反で禁固3年の有罪判決を受け、直後に1年半の自宅軟禁に変更されていた。

 スー・チーさんは、解放後に予定している記者会見で、民主化実現に向けた活動の再開を宣言するとみられる。ただ、先の総選挙では自ら率いた旧NLDが不参加を決めただけでなく、選挙のボイコットを促したことで、参加した他の野党は票が伸びず民主化勢力の間に大きな亀裂を残した。まず民主化勢力の再構築を迫られることになる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-13 20:08 | アジア・大洋州  

スー・チーさん、13日解放? 支持者や警官集まり緊張

2010年11月13日1時47分 朝日新聞

 【バンコク=古田大輔】軍事政権下のミャンマー(ビルマ)の最大都市ヤンゴンで12日、自宅軟禁中の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん(65)が解放されるとの情報が流れ、スー・チーさん率いる国民民主連盟(NLD)本部前には支持者たちが詰めかけた。13日に解放との見方も広がっている。

 「スー・チーさん解放へ、今日で満期に」

 解放までの残り日数をカウントダウンしてきたNLD本部の横断幕にはそう書かれ、スー・チーさんの顔写真が描かれた白いTシャツを着た党員ら約700人が、自宅前にも報道陣ら約100人が一時集まった。

 一方、本部を挟んだ道の反対側には私服警官とみられる男たちが一時は100人を超えた。市内各所にも自動小銃で武装した警官を乗せたトラックが見かけられた。

 スー・チーさんは自宅軟禁中だった昨年5月に米国人を無断で自宅に滞在させたとして罪に問われ、実刑判決が確定。軍政が1年6カ月の軟禁に減刑、13日が期限とされる。

 ある治安当局者は朝日新聞の取材に「準備はできた。13日午後5時以降に解放する」と話した。

 だが、軍政側が解放に際し、行動を制限する何らかの条件を出し、スー・チーさんがそれを拒否するのではないかとの憶測も流れている。

 スー・チーさんの最初の自宅軟禁は前回1990年の総選挙前年の7月。スー・チーさんの政治的活動を封じるため、軍政は2度の解放期間を挟み、21年間で計15年の拘束を続けてきた。

 2度目の解放期間だった2003年5月には、地方演説でNLD支持者と移動中、軍政側の集団に襲われる事件が発生。軍政は「遊説で違法行為があった」としてそのまま身柄を拘束し、3度目の軟禁が始まった。

 今回、解放されたとしても、国民に影響力があるスー・チーさんが政治的な活動に出れば、軍政が何らかの理由をつけて4度目の拘束に踏み切らないという保証はない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-13 01:47 | アジア・大洋州  

スー・チーさん解放決定情報も=「内相が署名」とNLD幹部―ミャンマー

時事通信 11月12日(金)16時18分配信

 【バンコク時事】ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん率いる国民民主連盟(NLD)幹部は12日、「マウン・ウ内相がスー・チーさん解放の命令書に署名をしたとの情報を得た」と述べた。同日中に解放される可能性も伝えられたため、最大都市ヤンゴンのスー・チーさん宅近くには、数十人のメディア関係者らが集まった。

 スー・チーさんの自宅軟禁期限は13日までとされている。AFP通信は、軍政関係者が「予定通り解放される」と語ったと報じた。解放されれば7年半ぶりに自由の身になる。

 一方、軍政当局はこれまでのところスー・チーさんの解放について正式のコメントは出していない。スー・チーさんの弁護士も解放に関する正確な情報は把握していないと述べているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-12 16:18 | アジア・大洋州  

アウンサン・スーチーさんの息子キムさんがタイに入国

キャプローグ November 06, 2010 10:28

シンガポールのストレートタイムス紙によると、ミャンマーの民主化運動指導者で自宅軟禁中のアウンサン・スーチーさんの息子キム・アリスさん(33)が、タイに入国しました。スーチーさんの弁護士が明らかにしたものです。

キムさんはイギリス在住で、母スーチーさんとは約10年間会っていません。

ミャンマーでは7日、約20年ぶりとなる総選挙が行なわれる予定で、選挙終了後の13日にも、スーチーさんが解放されるとの情報があるため、キムさんはタイ国内に滞在し、スーチーさんの解放を待つと思われます。

キムさんは、スーチーさんがノーベル平和賞を受賞した1990年に、母親の代理として兄アレクサンダーさんと共に授賞式に出席しましたが、その後はメディアを避けています。

親子の10年ぶりの再会に、メディアの注目が集まります。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-06 10:28 | アジア・大洋州  

総選挙後にスー・チーさん解放か=11月に軟禁期限―ミャンマー軍政

2010年9月30日23時6分 朝日新聞

 【バンコク時事】AFP通信は30日、ミャンマー軍事政権筋の話として、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんが11月7日の総選挙後に解放される見通しだと報じた。自宅軟禁の期間は同13日までとされており、国際社会からは総選挙前にスー・チーさんを解放するよう求める声が上がっている。

 スー・チーさんは昨年5月、自宅に侵入した米国人男性と面会したとして軟禁条件違反に問われ、国家防御法違反罪で訴追された。一審で禁固3年を言い渡されたが、直後に軍政側が自宅軟禁1年6月に減刑した。 
[時事通信社]
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-30 23:06 | アジア・大洋州  

<ASEAN>議長国ベトナム、ミャンマーの総選挙を歓迎

8月18日20時44分配信 毎日新聞

 【バンコク西尾英之】東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のベトナムは17日、加盟国ミャンマーが11月7日に総選挙を実施すると発表したことについて、「歓迎する」とする声明を発表した。

 声明は「自由、公正で誰もが参加する総選挙実施の重要性」を強調したものの、民主化運動指導者、アウンサンスーチーさんの軟禁解除や選挙参加には触れず、また「選挙への協力の用意」は表明したものの、7月の外相会議で提案した選挙監視団派遣については具体的に言及しなかった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 20:44 | アジア・大洋州  

ミャンマー総選挙、近く日程発表へ 外相が示唆

2010年7月20日17時42分 朝日新聞

 【ハノイ=藤谷健】ハノイで19日夜開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の夕食会で、ミャンマー(ビルマ)が年内に予定する総選挙について、同国のニャン・ウィン外相が「政党登録の手続きが完了した後、日程を明らかにする」と述べていたことが分かった。登録手続きは今月末までに終了するとの見方が強いことから、近く選挙日程が発表される見通しが強まった。

 夕食会に参加していたASEAN外交筋が20日明らかにした。また同筋は、インドネシアなど加盟国が選挙監視団の派遣を打診しているものの、ミャンマー側からまだ回答がないことを明らかにした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-20 17:42 | アジア・大洋州  

ミャンマーに「白い象」出現 国家の繁栄?政変の前兆?

2010年7月1日9時34分 朝日新聞

b0161323_15362214.jpg 【バンコク=山本大輔】ミャンマー(ビルマ)西部ラカイン州で突然変異によるアルビノ(白化)の野生象が見つかり、軍事政権が捕獲した。象の肌はやや赤みを帯びているが、国営紙は29日、「白い象」だとして重大ニュースの扱いで報じた。

 同国では君主が白い象を所有すると国が繁栄するという言い伝えがある。軍政と国家繁栄を関連づける縁起物として軍はアピールしたいようだ。

 ただ、AFP通信は同日、同国の一部には白い象を政変の前兆とする迷信もあるとしたうえで「白い象の出現は、政治交代を促進すると過去の指導者は考えてきた」と報じた。

 AP通信によると、アルビノの象の肌は白色とは限らず、ツメやまつ毛などに特徴がある以外は、通常の象と見た目が変わらない場合もあるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-01 09:34 | アジア・大洋州  

ミャンマーで初のモーターショー 「国産車」3社出展

2010年6月28日18時55分 朝日新聞

 【ヤンゴン=藤谷健】ミャンマー(ビルマ)で国産車の初のモーターショーが28日まで3日間、最大都市ヤンゴンの国軍ホールで開かれている。国産車はこれまで日本製の中古エンジンなどと、手作りの車体を組み合わせたものが多かったが、今回3社が出展したのは中国からエンジンなど主要部品を輸入して組み立てたワゴン車など。新車は7人乗りで約400万~600万円。同じ種類の日本車なら15年の中古車でも600万円程度する。購入希望者がさっそく列を作っていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-28 18:55 | アジア・大洋州  

世界の独裁者、金総書記1位 中国主席10位 米誌番付

2010年6月23日18時45分 朝日新聞

 【ワシントン=村山祐介】米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」(7・8月号、電子版)は、世界の独裁者23人の番付をまとめ、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記を「世界最悪」の独裁者に選んだ。中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席も10位に入った。

 同誌は、金総書記を「乏しい資源を核計画に費やしながら国民を窮乏させ、数十万人を収容所に送り込んだ」と講評。胡主席は「外国人投資家をほほ笑みと会釈でだます一方、反体制派を残忍に抑圧するカメレオンのような暴君」と評した。2位はジンバブエのムガベ大統領、3位はミャンマー(ビルマ)のタン・シュエ国家平和発展評議会議長。イランのアフマディネジャド大統領は8位だった。

 同誌によると、世界には少なくとも40人以上の独裁者がおり、ランク付けした23人の独裁者の下で19億人が暮らしているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-23 18:45 | アジア・大洋州