タグ:ボンバルディア ( 11 ) タグの人気記事

 

緊急着陸のボンバル機、エンジン内に大規模損傷

読売新聞 6月27日(月)21時25分配信

 27日午後4時50分頃、大阪(伊丹)空港発高知行き全日空1613便(ボンバルディアDHC8―314型機、乗員乗客34人)が、離陸直後にエンジンの排気温度計が通常より高い数値を示したため、伊丹空港に引き返した。

 約30分後に緊急着陸したが、けが人はなかった。乗客は後続の飛行機に乗り換えた。

 国土交通省運輸安全委員会によると、第1エンジン内部のタービンブレードに多数の破損が見つかるなど、大規模な損傷が確認されたという。

 同委員会は、大事故につながりかねない「重大インシデント」に該当するとして、調査官3人を28日、伊丹空港に派遣することを決めた。


ボンバル機、タービンブレードほぼすべて破損
読売新聞 6月29日(水)0時2分配信

 大阪(伊丹)空港を離陸直後の高知行き全日空1613便(ボンバルディアDHC8―314型機)が27日午後、エンジントラブルで引き返した重大インシデントで、エンジン内部に4層にわたってある計233枚のタービンブレード(羽根)がほぼすべて根元から折れたり、欠けたりしていたことがわかった。

 大阪空港に派遣された国土交通省運輸安全委員会の調査官3人は28日、エンジンが機体に取り付けられた状態で内部を調べ、破損したタービンブレードとみられる複数の金属片を確認したが、原因は特定できなかった。

 このため同日夜、エンジンを取り外し、29日に詳しく調べる。また、機長と副操縦士から経緯の聞き取りを行い、全日空に同機の整備記録の提出を要請した。
[PR]

by yupukeccha | 2011-06-27 21:25 | 社会  

ボンバル機、福岡空港着陸時にフラップ異常

2010年11月3日22時04分 読売新聞

 オリエンタルエアブリッジ(本社・長崎県大村市、ORC)は、2日の福江発福岡行きORC36便(ボンバルディアDHC8―201型、乗客39人)で、主翼のフラップを動かす金属棒が折れるトラブルがあったことを3日明らかにした。

 ORCによると、2日午後4時頃、ORC36便が福岡空港への着陸態勢に入った際、操縦席で空気抵抗を調整するフラップの異常を示すランプが点灯。補助システムが作動し、無事着陸できたという。その後の点検で棒が折れていたことが判明した。

 このトラブルにより、3日は長崎空港と長崎県の離島や鹿児島県などを結ぶ12便が欠航。4便が遅れ、計184人に影響が出た。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-03 22:04 | 社会  

エアーニッポンのボンバル機、自動操縦に不具合

読売新聞 9月7日(火)21時36分配信

 7日午後6時頃、中部国際空港発松山空港行きエアーニッポンネットワークのANA1827便(ボンバルディアDHC8―402型)が、離陸直後に自動操縦システムの不具合で機首が水平に戻らなくなった。

 自動操縦を解除して目的地を変更、同40分に大阪(伊丹)空港に着陸した。乗員乗客33人にけがはなかった。同社が原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 21:36 | 経済・企業  

操縦席画面に警告、ボンバル機引き返す 名古屋空港

2010年7月31日19時49分 朝日新聞

 31日午後0時10分ごろ、名古屋空港発山形行きのJAL4323便(ボンバルディアCL―600―2B19型)が、富山県の黒部ダム上空付近を飛行中、操縦席の画面に不具合が発生したとの警告が出た。このため、同機は名古屋空港に引き返した。

 国土交通省中部空港事務所の発表によると、乗客乗員42人にけがはなく、別のボンバル機に乗り換え、午後1時40分に再び山形へ向かった。同機を運航するジェイエアと国交省は、警告表示が出た原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-31 19:49 | 社会  

秋田行きボンバル機、中部に引き返す エンジン異常警報

2010年7月17日16時26分 朝日新聞

 17日午前11時25分ごろ、中部空港を離陸した直後の秋田行き全日空1837便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客・乗員39人)で、左エンジンの異常を示す警報表示が出たため、同機は中部空港に引き返し、同48分に着陸した。

 点検の結果、エンジン内部のコンピューターに不具合があり、警報が表示されたという。乗客らは別の機体で午後1時54分に秋田に向けて出発した。


エンジン警報作動、ボンバル引き返す…中部
7月17日16時56分配信 読売新聞

 17日午前11時25分頃、中部国際空港発秋田空港行きの全日空1837便(ボンバルディアDHC8―402型、乗員乗客39人)が出発後間もなく、エンジンの不具合を表示する警報装置が作動したため、約20分後に中部空港に引き返した。

 乗客乗員にけがはなく、別の便に乗り換えて2時間半遅れで出発した。

 国交省中部空港事務所によると、点検の結果、エンジンに故障はなく、コンピューターのトラブルが原因という。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-17 16:26 | 社会  

ボンバル機、整備のため引き返し

1月27日15時44分配信 産経新聞

 27日午後0時10分ごろ、大阪発松山行き日本エアコミューター(JAC)2305便ボンバルディアDHC8-400が、前輪の不具合を示すランプが点灯したため、整備のため大阪空港に引き返し、着陸した。JACなどによると、乗客乗員77人にけがはなかった。同機は午前10時50分ごろに大阪空港を離陸。同社がトラブルの原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-27 15:44 | 社会  

ボンバルディア機、また緊急着陸…大阪空港

10月13日12時41分配信 読売新聞

 13日午前11時10分、大阪(伊丹)空港を離陸した福島空港行きアイベックスエアラインズ3173便(ボンバルディアCRJ200型)が、自動操縦装置に異常が起きたとして、大阪空港に引き返し、同52分に緊急着陸した。

 乗客乗員51人にけがはなかった。


<ボンバルディア機>自動操縦装置に異常…空港に引き返す
10月13日13時54分配信 毎日新聞

 13日午前11時35分ごろ、大阪空港を離陸し、三重県上空を飛行していた福島行きアイベックスエアラインズ3173便(ボンバルディアCRJ-200型、乗客乗員53人)の自動操縦装置に異常が発生した。同機は操縦を手動に切り替え、15分後に大阪空港に引き返した。けが人はなかった。同社が原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-13 12:41 | 社会  

大阪発秋田行きボンバル機、引き返す 機器不具合の警告

2009年10月7日23時9分 朝日新聞

 7日午後4時ごろ、大阪(伊丹)空港を離陸して滋賀県上空を飛行中の秋田行きアイベックス3083便(ボンバルディアCRJ200型機)で、機体外部にある速度計を温めるヒーター部分に不具合があるという警告表示が出た。大阪空港に引き返し約20分後に到着した。乗員・乗客13人にけがはなかった。大阪空港で部品を交換し、同日午後5時半に秋田へ再出発した。折り返し便は欠航した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-07 23:09 | 経済・企業  

ボンバルディア機、エンジンオイル高温で引き返す…大阪空港

6月9日13時12分配信 読売新聞

 9日午前9時40分頃、大阪(伊丹)空港発宮崎空港行きの日本エアコミューター(JAC)2433便(ボンバルディアDHC8-402型機)が離陸上昇中、右側エンジンのオイルの温度計が上限より10度高い数値を示した。

 同便は大阪空港に引き返し、同56分に着陸した。乗客22人にけがはなく、後続便に乗り換えた。このトラブルで、同便を含め計4便が欠航した。

 同社によると、オイルを冷却するため空気を取り込むドア装置に不具合があったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-09 13:12 | 社会  

着陸目前に他機が離陸滑走、長崎空港で管制ミス

3月26日1時38分配信 読売新聞

 25日午前10時12分頃、長崎県の長崎空港で、離着陸訓練中の軽飛行機が着陸しようとしたところ、福江行きオリエンタルエアブリッジ311便(ボンバルディアDHC8型機、乗員乗客32人)が滑走路に進入、離陸滑走を始めた。

 訓練機は滑走路まで約2キロの地点でオリエンタル機に気づき、着陸をやめて上昇した。オリエンタル機も操縦士の判断で滑走を停止した。

 国土交通省によると、管制官が、2分前に着陸許可を出していた訓練機の存在を失念、オリエンタル機にも離陸許可を出した。運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大インシデントとして、調査官2人を派遣した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-26 01:38 | 社会