タグ:ホテル ( 3 ) タグの人気記事

 

プリンスホテルに3億円支払い命令 日教組集会使用拒否で

7月28日15時15分配信 産経新聞

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月に予定されていた日教組の教育研究全国集会の会場使用などを拒否した問題で、日教組や組合員がプリンス側に慰謝料など計約3億円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。河野清孝裁判長はプリンス側に請求通り約3億円の支払いと全国紙5紙への謝罪広告掲載を命じた。

 判決によると、日教組は平成19年5月、グランドプリンスホテル新高輪と使用申し込み契約を結んだが、プリンス側は同年11月に契約を解除した。日教組は会場の使用を求めて仮処分申請し昨年1月に東京高裁が会場使用を認める決定を出したがプリンス側は従わなかった。

 問題をめぐっては、教研集会参加者の宿泊予約を合法な理由もなく取り消したとして、警視庁が旅館業法違反の疑いで、プリンスホテルの社長や総支配人計4人を書類送検している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-28 15:15 | 経済・企業  

官邸、偽造身分証見抜けず=ホテル従業員が素通り

6月22日12時47分配信 時事通信

 都内のホテルの従業員が2005年、小泉純一郎首相(当時)と外国首脳による夕食会の際に、偽造身分証を使って首相官邸に入館し、官邸側も見過ごしていたことが22日、明らかになった。

 河村建夫官房長官が同日午前の記者会見で認めた。河村長官は「外国要人の接遇で実績あるホテルで信頼を裏切る行為があったのは極めて遺憾」と述べる一方、「今後も警備体制に万全を期すよう努め、こういう教訓を生かしていかなければならない」と語った。

 他人になりすまして官邸に入ったのは、赤坂プリンスホテル(東京都千代田区、現グランドプリンスホテル赤坂)の給仕担当スタッフ。05年11月に小泉首相が主催したイエメン大統領歓迎夕食会の給仕のため、このスタッフは同ホテルの別のスタッフの身分証明書を偽造し、警備をすり抜けて官邸に入った。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-22 12:47 | 政治  

<プリンスホテル>社長ら書類送検へ 日教組予約取り消しで

3月17日2時31分配信 毎日新聞

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)とグランドプリンスホテル高輪(同)が07年11月、日本教職員組合(日教組)の集会参加者190室分の予約を取り消した事件で、警視庁保安課は17日にも、経営する「プリンスホテル」(豊島区)の渡辺幸弘社長(61)ら幹部4人を旅館業法(宿泊させる義務)違反容疑で書類送検する方針を固めた。法人としてのプリンスホテルも送検する見通し。

 旅館業法は、宿泊希望者が明らかに伝染性疾病を患っている場合などを除き、宿泊を拒んではならないと定めている。保安課は予約を一方的に取り消したプリンス側の行為を悪質と判断、刑事責任を問うことにした。

 保安課などによると、渡辺社長らは07年5月、日教組と第57次教育研究全国集会(08年2月)の全体集会の会場使用契約を結んだ。日教組は07年7月、参加者の宿泊用に、08年1月31日~2月4日の190室分を予約。だが渡辺社長らは07年11月、「右翼団体による街宣活動で他の客らに迷惑がかかる」と契約を解除し、宿泊予約も取り消したとされる。

 日教組は同12月、東京地裁に施設使用を求める仮処分を申請。地裁は使用を認める決定を出したが、プリンス側が抗告。東京高裁は抗告を棄却したが、プリンス側は「裁判所の判断は尊重しなければならないが、営業上の判断としては開催できない」と改めて使用を拒否、全体集会は史上初めて中止となった。

 日教組は08年3月、渡辺社長らを相手取り、慰謝料など約3億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴。同8月には、旅館業法違反容疑で警視庁に刑事告発していた。【武内亮】
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-17 02:31 | 経済・企業