タグ:ペット ( 5 ) タグの人気記事

 

<ペット葬祭>業者11社が協会設立 業界の信頼回復目指す

8月17日2時30分配信 毎日新聞

 関西や北陸など全国のペット葬祭業者11社が、社団法人「日本動物葬儀霊園協会」を発足させる。一定基準を満たす全国の業者に加入を呼びかけ、経験と倫理観のあるスタッフを「動物葬祭ディレクター」に認定する試験も実施する。埼玉の山中に犬などの死骸(しがい)が投棄されるペット葬祭を巡る事件があり、協会設立で業界の信頼回復と、葬祭技術の向上を目指す。【百武信幸】

 ペット葬祭業への参入には、法的な規制がなく、高額請求や骨の返還を巡るトラブルも相次いでいる。協会への加入は、(1)5年以上の実績(2)親族以外の従業員がいる(3)火葬場がある--などを条件とし、悪質業者との差別化を図るのが狙いという。会員は、大阪、京都、愛知、山形、石川など各府県の業者で、25日に東京で設立総会を開く。動物葬祭ディレクターは、一定年数の経験と会員の推薦などが必要で、倫理や知識を問う試験を経て協会が独自認定する。火葬場も、周辺の住民の理解と信頼を得るため、安全性や衛生面を評価し認定するという。

 環境省は動物愛護法を改正しペット葬祭業者を登録制とする方針だ。協会設立を中心となって進めていたペット愛葬社(福井市)の中村修二社長は「自主的に基準を作ることで信頼回復を図りたい」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-17 02:30 | 社会  

タイの寺院がペット葬儀、本格的サービスで人気

7月6日15時42分配信 ロイター

 [バンコク 5日 ロイター] タイの首都バンコクにある仏教寺院Klong Toey Naiが、ペット向けの葬儀サービスを提供して人気となっている。

 葬儀は、僧侶らの読経に続いて2時間かけて火葬を行い、その後近くを流れるチャオプラヤー川に移動して遺灰をまくという流れでとり行われる。

 同寺院では現在、1日に5─15件のペット葬儀を行っている。葬儀依頼があるペットの大半が犬と猫だが、中にはカメや魚、ウザギやサルといったケースもあるという。

 費用は、ペットの大きさによって1800バーツ(約5300円)からで、3000バーツ加算すれば金メッキを施した木棺に入れてもらえる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 15:42 | アジア・大洋州  

ドーベルマン飼い主、書類送検=ひもでつながず、男性襲撃-愛知県警

2010/06/21-23:57 時事通信

 ドーベルマンが通行人を襲い負傷させたのは、飼い主がひもでつないでいなかったのが原因だとして、愛知県警中川署は21日、重過失傷害の疑いで、飼い主のリフォーム会社役員の男(63)=名古屋市中川区=を書類送検した。容疑を認めているという。

 同署や中川保健所によると、男は8頭のドーベルマンを自宅で飼育。昨年7月には別のドーベルマンが2回逃走し、女性と男子中学生を負傷させる事故が起きている。

 送検容疑では5月17日午前9時40分ごろ、ひもでつないでいなかったドーベルマン(雄、体長66センチ)が男の自宅敷地内から逃走。散歩中の男性(90)に飛び付いて転倒させ、脳挫傷などの大けがを負わせた疑い。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 23:57 | 社会  

「野犬がうろつく町」茨城・神栖市、啓発と捕獲で汚名返上へ

6月21日7時57分配信 産経新聞

 徘徊する野犬が多いとして、茨城県神栖市は7月、野犬等対策会議を設置する。徘徊犬の収容は県動物指導センターの業務だが、同市は「放し飼いをきちんと取り締まって」という市民の声を受けて独自に実施する。「野犬がうろつく町」として、テレビ番組で取り上げられたこともあり、市は汚名返上に乗り出したが、解決には市民の協力も不可欠だ。(城野崇)

 ▼マナー大丈夫?

 神栖市が発行する「広報かみす」(5月15日号)。「忘れていませんか?飼い主のマナー」と題し、犬の放し飼いは県条例で禁止されていることや動物を捨てると法律で罰せられることを説明、「飼い主は最後まで責任を!」と訴えた。

 今さらながらに基本的なマナーを訴えているのは、実際に犬の放し飼いが多いからだ。

 同市は鹿島港を中心に重工業が発展し人口も増加しているが、かつては農業と漁業の町だった。市関係者は「鹿島港が整備される以前は民家が離れており、犬をつないで飼う習慣が薄い地域もあった」と話す。

 市環境課は、放し飼いの犬が野犬化、さらに、市外からの捨て犬が加わり現在のような状況になった可能性を指摘している。

 ▼年間420頭捕獲

 県動物指導センターによると、昨年、県内で捕獲された徘徊犬は4958頭。同市は421頭と最多だ。徘徊犬は人に危害を加えるおそれもあるが、県内で年間約350件のかみつき事故のうち、「神栖が特に多いとわけではない」という。

 そんな中、市民がショックを受けたのは、3月放送のTBS「噂の東京マガジン」。「恐怖!!今どき野犬と飼い犬がうろつく町」とショッキングなタイトルで、住宅地などを犬が歩き回る映像を放映。かみつかれたり、追いかけられたりした住民の体験談も紹介した。

 市民からは「あのような放送をされてショックだ」という声が市役所に寄せられ、対策を望む声もこれまで以上に多くなった。

 ▼捕獲したら苦情も

 市では同センターと連携して対策を取っているが、「野犬と飼い犬の区別がつかず、捕獲してから飼い主から苦情が来ることもある」(同課)。

 同課は4月、市内各地の行政委員に状況調査を依頼。8地区で特に徘徊犬が多い状況を把握した。

 7月に設置する対策会議のメンバーは行政委員をはじめとする市民や動物愛護団体、獣医師、鹿島署員、同センター職員など。市民や専門家を巻き込み、対策を講じる構えだ。

 ただ、同課や同センターの担当者は「徘徊犬を減らすためには市民の協力が重要」と口をそろえる。

 日本動物愛護協会も「飼い主のモラルを向上させる以上の抜本的な対策はない」と指摘。「犬を捨てるのは動物に無関心な人。そういう人に動物の遺棄が犯罪であることを啓発することが重要だ」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 07:57 | 社会  

公務員獣医師が足りない 家畜よりペット、学生流れる

2010年6月17日14時7分 朝日新聞

 宮崎県で家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)の被害が広がる中、自治体職員として家畜の防疫対策や食肉の衛生検査を担う公務員獣医師の不足が各地で深刻化している。ペットなど小動物の獣医師を目指す学生が増えたためだ。朝日新聞の調べでは公務員獣医師の定員を定める20都道県のうち12道県で定員に満たない。伝染病対策に遅れが出てはいけないと、自治体は獣医師確保に必死だ。

 公務員獣医師は病気の牛や豚が食用に回らないよう食肉を検査し、畜産農家を回って家畜の伝染病予防を進める。口蹄疫が発生した宮崎県では、家畜保健衛生所の獣医師が農家に立ち入り検査をし、牛の検体を国の機関に送ることで感染が判明した。薬物注射などで家畜を殺処分する防疫作業も公務員獣医師が担うが、宮崎県だけでは人手が足りず、16日までに全国からのべ約3500人の公務員獣医師が派遣された。現在も39都道府県の103人が支援を続ける。

 5月に宮崎県に入った埼玉県の獣医師は、約20人の獣医師とともに4カ所の農場を回り、家畜の殺処分を続けた。「口蹄疫は一番重要な病気と学んだが、症状を見たのは初めて。病気の家畜が見つかったとの報告が次々と届く中、少しでも拡大を食い止めたいと考えて作業した」と話す。

 青森県十和田市の食肉処理場では、十和田食肉衛生検査所の10人の公務員獣医師が牛の肝臓や腸に切り込みを入れ、状態を調べていた。獣医師55人で食肉処理場5カ所の検査を担う青森県の検査頭数は年99万4千頭。1頭あたり十数秒で調べなければならない。「ここは食の安全を守る最前線。本当は倍以上の人員がほしい」と、同検査所の新谷哲士・総括主幹は話す。敗血症など一部の家畜の病気は人に感染する恐れもある。肉の廃棄を命じ、病因を突き止めるのも獣医師の役目だ。

 ペットブームを背景に、毎年約1千人いる獣医学系大学の卒業生の半数以上が犬、猫などのペットを診る小動物獣医師になる一方、「公務員獣医師は完全な売り手市場」と岡本芳晴鳥取大教授はいう。家畜臨床や公衆衛生の教員が足りず、公務員の仕事を知らない学生も多いためだ。1986年と比べ、2008年の獣医師数は小動物が2.6倍に増えたが、地方公務員は5%減。小規模畜産農家が減り、大型の産業動物を診る獣医師は13%減った。

 498人の公務員獣医師がいる北海道は昨年度、74人を募集したが採用は34人。今後5年で79人が定年退職する。人手不足で時間外勤務が増え、検査や防疫に支障が出る懸念もある。畜産県の鹿児島県も昨年度は12人を募集して採用は8人だった。161人の公務員獣医師がいる宮崎県は獣医師の定員はないとしているが、昨年度の採用は14人の募集に対し12人にとどまった。

 朝日新聞の調べでは、獣医師の定員を定める20都道県のうち12の道県で定員割れとなっていた。北海道で51人不足し、岐阜県で18人、鹿児島県で10人、新潟県で7人足りない。薬剤師や臨床検査技師が獣医師の仕事の一部を肩代わりしている県も複数ある。(鈴木暁子)

     ◇

 〈自治体の公務員獣医師〉 自治体の家畜保健衛生所や食肉衛生検査所、保健所で家畜の伝染病予防や改良、病気に関する研究(家畜衛生)▽食肉の検査や狂犬病予防、食品衛生の監視指導、動物の感染症に関する研究(公衆衛生)を担う。野生動物の保護・人工繁殖や動物愛護も担当する。2008年現在で全国に8604人。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 14:07 | 社会