タグ:ベネズエラ ( 6 ) タグの人気記事

 

中国 鉄道事業で南米進出 資源確保へ伸びる“レール”

2010.7.14 21:33 産経新聞

 【北京=川越一】食糧やエネルギー資源の安定供給確保が課題となっている中国が、南米諸国との関係強化を進めている。胡錦濤国家主席は13日、訪中しているアルゼンチンのフェルナンデス大統領と会談し、経済・貿易における協力を促進していくことなどで合意した。中国側が南米食い込みの“切り札”にしているのが、日本などの技術を流用した鉄道事業だ。

 中国メディアなどによると、両国は、中国がアルゼンチンの鉄道事業に100億ドル(約8890億円)を投資する契約を結んだ。中国は今後、2~5年をメドに、アルゼンチンの鉄道の電化、ブエノスアイレスの地下鉄整備など10事業を展開していく。

 すでにブラジルへの地下鉄車両輸出も決まっており、2016年リオデジャネイロ五輪前には、リオ市内を中国製の地下鉄が走る手はずとなっている。またベネズエラとの間でも、昨年、高速鉄道建設事業の契約を締結している。

 近年、鉄道分野での中国の進捗(しんちよく)は著しい。国内では高速鉄道網の整備に力を入れており、今月1日には、上海-江蘇省南京間の300キロを最高時速約350キロで結ぶ、都市間高速鉄道が開通したばかり。日本やドイツ、フランスから導入した技術を寄せ合わせて製造した車両を「自主開発」とうたって、海外に積極的に売り込んでいる。

 北京交通大の専門家が英字紙、チャイナ・デーリーに語ったところによると、生産コストの低さと製造期間の短さが中国製車両のセールスポイント。資金面での援助も南米諸国を引きつける要因となっている。

 一方、中国の狙いはブラジルやアルゼンチン、ベネズエラの大豆や石油だ。南半球の農業大国との関係強化は、経済発展の維持に欠かせない“資源”を確保すると同時に、新興国の中での中国の影響力強化にもつながる。中国の南米への投資は急速に増加しており、2008年以降、中国はブラジルの最大の貿易相手国に浮上している。

 問題がないわけではない。中国は今年3月、中国製品の輸入監視を強化するアルゼンチンからの大豆油輸入を停止。外務省の秦剛報道官は13日の定例会見で「貿易発展の中で起きる正常な問題だ。友好的な交渉で解決できる」と述べ、摩擦解消を強調した。

 アフリカ、中東、そして南米へ-。中国政府が敷いた資源確保に向けたレールは延伸を続けている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-14 21:33 | アジア・大洋州  

通貨切り下げのベネズエラ、インフレ警戒で軍隊派遣し価格監視

1月11日16時48分配信 CNN.co.jp

(CNN) 南米ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は10日、対ドル固定相場で同国の通貨ボリビア・フエルテの切り下げに伴い価格が上昇する恐れがあるとして、市場などに軍隊を派遣し、物価の推移を監視させると発表した。

ベネズエラでは2005年以来、対ドルの相場レートは1ドル=2.15ボリバル・フエルテで固定されてきた。

しかし、チャベス大統領は8日、1ドル=4.2ボリバル・フエルテに変更すると発表。ただし、食料品や医療品など「必需品」については、1ドル=2.6ボリバル・フエルテにほぼ据え置くとしており、輸入品目によってレートが異なる二重通貨制になる。実施は11日から。

チャベス大統領は自身のテレビ番組で、通貨レートの変更に伴い生活必需品において「不当な値上げ」が懸念されると指摘。軍隊や警官を街中に派遣し、価格を監視させると述べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-11 16:48 | 北米・中南米  

ベネズエラが駐コロンビア大使を召還、関係凍結を宣言

7月29日13時23分配信 ロイター

 [カラカス 28日 ロイター] ベネズエラのチャベス大統領は28日、駐コロンビア大使を召還するとともに、同国との関係を凍結すると発表した。

 コロンビアは前日、ベネズエラがスウェーデンで購入した武器が左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)に渡っていると発言。一方チャベス大統領は、コロンビアが麻薬密輸対策で米軍の追加展開を計画していることなど、一連の措置に不満を表明していた。

 チャベス大統領は、テレビ放映された側近らとの会合で「ボゴタの駐コロンビア大使と外交関係者の帰国を指示した。コロンビアとの関係を凍結する」と述べた。

 この発言に対し、コロンビア政府はコメントしていない。

 さらに大統領は、コロンビアからの輸入を他国からのものに切り替えるとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-29 13:23 | 北米・中南米  

<チャベス大統領>4月来日で調整 6日にも首脳会談

3月19日23時2分配信 毎日新聞

 来日している南米ベネズエラのラミレス・エネルギー石油相は19日、麻生太郎首相と首相官邸で会談し、同国のチャベス大統領が4月の訪日を希望していると伝えた。政府は4月6日を軸にチャベス大統領との首脳会談の調整を行う。チャベス大統領の来日は99年以来10年ぶりとなる。

 日本はベネズエラから07年9月に初めて原油を輸入。資源の豊富なベネズエラとエネルギー分野での協力強化を進める方針だ。チャベス大統領は強硬な反米左派として知られる。【大谷麻由美】
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 23:02 | 北米・中南米  

ベネズエラ、米国破り1位通過…WBC2次ラウンド2組

3月19日12時55分配信 読売新聞

 【マイアミ=千葉直樹】ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド2組は18日、マイアミで1、2位決定戦が行われ、ベネズエラが米国を10-6で破って1位を決めた。

 ベネズエラは21日の準決勝第1試合で、1組の2位チームと対戦する。

 二回に1点を先制されたベネズエラはその裏、米国先発のガスリーから6安打、打者10人の猛攻で一挙6点。

 米国はデローサの本塁打などで中盤に小刻みに追い上げたが、ベネズエラは六回、二死一、二塁からラミレスの左越え3ランで突き放し、最終回は守護神のロドリゲスが締めくくった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 12:55 | スポーツ  

露戦略爆撃機、キューバ基地使用も

3月14日22時48分配信 産経新聞

 【モスクワ=佐藤貴生】ロシア空軍幹部は、ロシアの戦略爆撃機がキューバ国内の空港施設を拠点とする可能性があるとの見通しを明かした。インタファクス通信が14日伝えた。

 同幹部によると、キューバにはこうした戦略爆撃機が離着陸可能な長さ4000メートルの滑走路を持つ空港が複数ある。キューバのラウル・カストロ国家評議会議長は1月、国家元首として約25年ぶりに訪露、ソ連崩壊後冷え込んだ関係の改善をアピールしていた。

 この幹部は、ベネズエラのチャベス大統領から、同国内の空港をロシアの戦略爆撃機の拠点として提供する用意があると打診されていると述べた。

 ロシアはここ数年、反米色の強い中南米諸国との軍事協力強化に乗り出しており、発足後間もないオバマ米政権を牽制した発言とみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-14 22:48 | 北米・中南米