タグ:ベニグノ・アキノ ( 4 ) タグの人気記事

 

アキノ新大統領が就任 アロヨ前大統領は立ち合い拒否

2010年6月30日13時55分 朝日新聞

 【マニラ=四倉幹木】フィリピンのベニグノ・アキノ前上院議員(50)が30日、首都マニラ中心部のリサール公園で就任宣誓を行い、第15代大統領に就任した。任期は6年。この日で任期満了するアロヨ前大統領は、新大統領の就任宣誓への立ち会いを拒否する異例の運びとなり、新旧大統領の溝を浮き彫りにした。

 アキノ氏は29日に新閣僚の顔ぶれを発表しており、30日午後には初閣議を開く。他の東南アジア諸国に比べ立ち遅れた経済発展や、人口の急増で出ているエネルギー危機や食糧危機の兆候への対応が新政権の課題となる。

 30日午前、新旧大統領はともに大統領官邸のマラカニアン宮殿から同公園に向けて出発したが、アロヨ氏は就任式自体には立ち会わず会場を去った。

 アキノ氏はアロヨ前政権の腐敗追及を掲げて当選しており、アロヨ氏の憎悪が映し出された光景だ。9年前、清廉さを期待しアロヨ氏を歓呼で迎えた市民たちも、スキャンダルにまみれた同氏を冷ややかに見送った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-30 13:55 | アジア・大洋州  

フィリピン大統領選、議会がアキノ氏の当選を宣言

6月9日19時42分配信 CNN.co.jp

マニラ(CNN) 5月10日に実施されたフィリピン大統領選の集計結果が9日、同国の上下両院議会で承認され、故コラソン・アキノ元大統領の長男ベニグノ・アキノ上院議員の当選が確定した。

アキノ氏は150万票余りと、2位のジョセフ・エストラダ前大統領を約570万票上回る大差で当選。30日に第15代大統領に就任する。同国の大統領任期は6年で、再選は禁止されている。

アキノ氏の父で民主化運動指導者だったベニグノ・アキノ元上院議員は1983年に暗殺された。遺志を継いだ夫人のコラソン・アキノ氏は86年、「ピープルパワー革命」でマルコス政権を倒し、初の女性大統領となった。

アキノ次期大統領は8日、CNNとのインタビューで、「われわれは国民に仕える奉仕者だ」と述べ、再選禁止規定により「政治的な計算にとらわれることなく、わが国にとって最良の道を自由に決めることができる」と強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 19:42 | アジア・大洋州  

アキノ次期大統領、「プレッシャーを和らげるため必要」と禁煙を拒否

2010年05月25日 15:02 AFPBB News

 【5月25日 AFP】今月行われたフィリピン大統領選で勝利したベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)上院議員(50)は24日、健康推進団体から国民の模範として禁煙を求められていることに関し、大統領という重責を担うプレッシャーを和らげるには喫煙することが必要だと述べ、禁煙するつもりはないことを明らかにした。

 アキノ氏は記者団に対し、「わたしは大きなプレッシャーにさらされることになる。不必要なプレッシャーをさらに増やした方がいいと思うのかい」と語った。アキノ氏は1日に1~2箱のタバコを吸うとされる。一方で、アキノ氏は、禁煙は健康に良いことだとして、いつかは禁煙するつもりだとも述べた。

 故コラソン・アキノ(Corazon Aquino)元大統領の長男であるベニグノ・アキノ氏は、汚職追放を掲げて出馬した今月10日の大統領選で大勝したが、フィリピンの国会はまだ正式にアキノ氏の勝利を宣言していない。順当に行けば、アキノ氏は6月30日にもフィリピン大統領に就任する見込み。(c)AFP
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 15:02 | アジア・大洋州  

<フィリピン>新旧攻防 アキノVSアロヨ政治生命かけ

5月25日12時24分配信 毎日新聞

 【マニラ矢野純一】10日実施されたフィリピン大統領選で当選を確実にしたアキノ上院議員と、6月末で退任するアロヨ大統領の間で政治生命をかけた攻防が始まっている。腐敗の一掃を掲げるアキノ氏は、アロヨ氏を名指しして不正疑惑の捜査を行うと表明。これに対し、アロヨ氏は司法トップの最高裁判所長官に腹心を据え、疑惑追及に抗戦する構えだ。

 アキノ氏は選挙戦で、アロヨ氏を中心とする政権の汚職摘発を公約に掲げて圧倒的な支持を受け、勝利を確実にした。その後の会見でも、汚職の一掃を強調している。

 一方、アロヨ氏は選挙直後の12日、最高裁長官の後任人事で腹心の判事を任命。汚職での訴追を逃れるための布石だとして、アキノ陣営を支援する市民団体は「新長官人事はアロヨ政権の行き過ぎた行為(汚職)に対する責任を隠そうとしている」と抗議している。

 6月末の大統領就任式では、最高裁長官の前で宣誓するのが慣例だが、アキノ氏はアロヨ派の最高裁長官の前での宣誓を拒否。地元自治体の議長の前で行うと主張している。

 一方、フィリピンでは大統領の再選は禁じられているため、アロヨ氏は権力維持に向け大統領選と同時実施の下院選に出馬し、当選した。下院の過半数を自派で占め、自らは下院議長ポストを狙っているとみられている。

 しかし、今回出馬したアロヨ政権の6閣僚のうち、中心人物のエルミタ前官房長官ら3人が落選した。これに対し、アキノ氏が事実上率いる政党は、他党との連携を模索すると同時に、アロヨ派の切り崩しを行い、下院でのアロヨ派支配に対抗している。

 大統領選の集計結果は11日の選挙管理委員会の発表で大勢が判明している。票の確定は今週、開かれる上下両院の議員からなる集計委員会が公式集計を行い、決定する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 12:24 | アジア・大洋州