タグ:ヘンな奴 ( 5 ) タグの人気記事

 

テレンス・リー独占激白、正当防衛できなかった本当のワケ

2009年12月14日17時00分 夕刊フジ

b0161323_17464767.jpg 路上トラブルで男から暴行を受け、重傷を負った元傭兵のタレント、テレンス・リー(45)が夕刊フジの独占取材に応じた。「私が手を出せば、相手が危険なことになっていた」とし、“不死身”をアピール。事件の真相を熱く語った。

 「この通り元気ですよ。私は不死身です!」

 トレードマークのサングラスをかけ、拳を握るリー。一部では「顔全体が腫れ上がっていた」とも報じられたが、もともとふくよかな顔に変わった形跡はない。ただ、右足を引きずっている。

 「ひざに傭兵時代の古傷があるんです。医師のすすめで、自転車でリハビリをしています」と、リー。事件は、そのリハビリ中に起きた。

 リーは9日午前0時すぎ、神奈川県相模原市のJR相模原駅方面から自転車で帰宅途中、歩道でアルバイトの男(42)とすれ違った。

 男は「ぶつかった」と騒ぎ、リーは「冷静に話そう」と説得。近くの駐車場へ誘うと、男は「殴れよ」と挑発。リーが困惑していると、突然殴りかかってきた。

 引き下がった際、ひざの古傷の痛みで体勢を崩したリーは顔に蹴りを入れられた。その後、10分近く、男からの暴行を両腕で防御。通りかかった男性が近くの交番に通報し、駆けつけた相模原署員が男を取り押さえた。

 「実際はぶつかってないし、肩も触れてません。その道は歩行者と接触するほどせまくない。男は酒に酔って道のど真ん中を歩き、他の歩行者もおびえていた。無差別にけんかを売ろうとしているように見えました」

 そうリーは振り返る。

 「男の暴行は異常で、力の加減もしていなかった。普通だったら死んでもおかしくない。私だから大丈夫だったんです」

 リーは眼底骨折し、全治4週間と診断されたが、事件から1日もたたないうちに居酒屋へ繰り出したという。

 「ボクサーもよく負うけが。骨がくっつくまで時間がかかるだけで、痛みもない」と平気の様子。自宅療養で治すといい、早速、19日のフジテレビ系「ホンマでっか!? TV」の収録から仕事復帰する予定だ。

 リーは剛柔流空手、合気道、柔道、剣道の有段者。なぜ、「正当防衛」をしなかったのか。

 「正直、反撃しようと思った瞬間もありましたが、“人間凶器”の私が1発殴れば危険なことになる」とし、過去の“トラウマ”を明かす。

 「テレビに出るようになった3年前、居酒屋で5人組の若者から絡まれたことがあるんです。私が腕をひねったら、『暴行だ』『傷害だ』と騒いだ。警察に事情を聴かれ、説明するのに半日もかかった。それ以来、こちらから一切手は出さないと決めたんです」

 非公表にしていた実年齢と本名の「加藤善照」も報道で暴露され、ネットでは「実は弱いのでは」と揶揄する声も飛び交った。

 が、「年齢などはいつか出てしまうこと。兄貴分のタレント、ケイ・グラントさんは電話で『よく手を出さなかった』とほめてくれた。わかる人ならわかる」と、“痛手”と感じていない様子。それどころか、傷害容疑で逮捕された同じ40代の加害者の男に同情を示す。

 「離婚歴があり、仕事もうまくいっていなかったらしい。酒で憂さを晴らしたかったのか。刑事裁判になったら、私が情状証人として出廷したいぐらいです」

 酔っ払いが増える年末は、誰でも事件に巻き込まれる可能性はある。“危機管理”には気をつけたいところだ。

■リーと親しい出版プロデューサーの高須基仁氏は「『四十にして惑わず』という言葉のとおり、リーは惑わず、立派だった」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-14 17:00 | 社会  

「手を出したらまずい」無抵抗のテレンス・リー重傷

2009年12月10日 スポニチ 

 TBS「サンデー・ジャポン」などに出演し、元傭兵(ようへい)のコメンテーターとして活動するタレントのテレンス・リー(45)=本名・加藤善照さん=を殴ってケガを負わせたとして、神奈川県警相模原署は9日、傷害容疑でアルバイトの男(42)を逮捕した。リーは顔の骨を折るなど全治4週間の重傷。路上でぶつかりトラブルとなったが、「手を出したらまずい」と暴行を受け続けたという。

 逮捕されたのは神奈川県相模原市の稲葉暁(さとる)容疑者。逮捕容疑は9日午前0時10分ごろ、同市相模原4丁目のJR相模原駅前の駐車場でリーを殴った疑い。「殴ってケガをさせたのは間違いない」と供述している。

 相模原署などによると、同日午前0時ごろ、リーは相模原駅方面から自転車で帰宅途中、歩道を歩いていた稲葉容疑者と擦れ違いざまに接触。稲葉容疑者が「この野郎!危ねえじゃねえか!」などと声を荒らげたため、リーは「ここじゃなんだから」と歩道に面した駐車場に誘った。

 駐車場で口論となった後、突然、稲葉容疑者が殴りかかり、リーは自転車とともに転倒。立ち上がろうとしたが、古傷のひざが痛んですぐには起き上がれず、そのまま蹴りを顔面に食らうなどしたという。

 リーは英国で傭兵としてスカウトされ、中米の麻薬カルテルの壊滅工作に加わったなどと自称。剛柔流空手、柔道など計7段の有段者でマッチョ体形。「自分が暴れると人間凶器になって相手にケガをさせてしまう」と、一方的に暴行され続けたと話しているという。通りかかった40代の男性が近くの交番に通報し、駆け付けた同署員が稲葉容疑者を取り押さえた。

 リーの顔面は「どこを狙って殴られたというのが分かる状態でなく、顔全体が腫れ上がっていた」(同署員)といい、病院へ搬送。右目奥の骨を折るなど、全治4週間と診断された。入院はせず、自宅に戻った。フジテレビのバラエティー「ホンマでっか!?TV」(月曜後11・00)の出演など年内の仕事はすべてキャンセル。当面は自宅療養し、来週にも精密検査を受ける。

 稲葉容疑者は友人と近くで酒を飲んだ帰りだった。1メートル70前後の中肉中背で、同署員は「少なくとも体格でリーさんに勝っている状況ではなかった。酒を飲んで勢いがついちゃったんだろう」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-10 12:00 | 社会  

ホントに増えてる「朝カレー」派

2009/5/17 10:00 日刊ゲンダイ

 イチローが「地元での試合前には毎朝欠かさずカレー」と“告白”し、楽天の田中将大投手はテレビCMで朝カレーをワシワシ食っている。これまでカレーライスはサラリーマンの昼食か家庭の夕食が相場だったが、朝からそんなに食われているのか。そう、食われているのです!

「NTTデータライフスケープマーケティング」が首都圏の家庭を対象に調査したところ、「朝カレー」の頻度は08年も前年比17%増と増加していたが、これが今年2月になると前年同月比34%増と、猛烈な勢いで広まっていることがわかったのだ。他のデータなどと照らし合わせると、朝カレーの習慣がある人は、平均して週に1、2回は食べている計算になる。「めざめるカラダ 朝カレー」を2月から販売しているハウス食品はこう説明する。

「田中選手を起用したCM効果もあって、朝カレーは販売目標を大幅に上回るヒットになっています」

 たしかに、朝カレーが脳に効くことは、科学的にも根拠があるという。カレーに含まれるスパイスが脳内の血流量を2〜4%アップさせ、目の働きも助けるのだ。午前中から重要会議なんていうときは、朝食にカレーを食って出かければバッチリというわけである。

「小麦高騰でパンや麺類が値上がりして、朝食もごはんという人が増えています。でも、塩ザケを焼いたり、味噌汁を作ったりという時間はない。そこで、温めなくても食べられるレトルトのカレーが人気になっているのです」(生活アナリスト)

 江崎グリコも朝食に食べることを意識した「ちょい食べカレー」を販売再開。こちらも売れ行き好調だという。ビジネス街ではモーニングサービスにカレーなんて店が増えそうだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-17 10:00 | 社会  

増える“学ぶ”有名人…ラサール石井、大学受験を宣言

3月8日23時30分配信 サンケイスポーツ

 大学で学びたい、あるいは学び直したい。そんな有名人の大人が増えている。きっかけは東国原英夫宮崎県知事がタレント時代の9年前、早大に合格したことか。高卒でも、秋吉久美子はいま早大大学院に在籍し、桑田真澄氏も4月には早大大学院に進む。山本モナは都内にある英国の大学院に入り直した。

 受験シーズンたけなわの今。今度は53歳のタレント、ラサール石井が大学受験を宣言した。過去に鹿児島県のラ・サール高校から早大第一文学部に進んだが、コント赤信号としての芸能活動を優先して中退。しかし、知識の貯えがあるからか、今もクイズ番組は滅法強い。

 が、最近は高学歴のライバルが増えたため、大学で勉強し直すことを決めたという。きっかけはそうだとしても、本人は「将来、小中学生のために、勉強が嫌いにならないような参考書を書きたい。そのためには自分も学び直す必要があると思った」といい、法学部か経済学部を目指すという。

 大学院に進んだ長女の影響もありそうだが、「学校の勉強は面白い。経験を積んだ人から謙虚に物事を教わる姿勢は大事」が持論。著書「大教育論」では「人生には(行き詰まらないために)逃げ道がいくつも必要である。クラスやクラブ活動の仲間、趣味同好の士…」と書き、教育現場のあり方についての考えも熱い。

 演出家としても超多忙だが、マネジャーは「どこの大学を受けるとか具体的には何も…。ただ、受験は来年以降になります」と語る。いじめ、登校拒否、自殺、薬物、学力低下…。今の日本、大不況で関心は薄れがちだが、教育問題も根が深い。石井の挑戦と夢が教育にも関心が向くきっかけになってほしいものだ。(森岡真一郎)
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-08 23:30 | 社会  

弓子夫人が…イチロー「縛るのが好き」SM話も解禁?

2009年3月6日 17時00分 夕刊フジ

 イチローの虚像が崩れていく。WBC日本代表のマリナーズ・イチロー外野手(35)は5日、第1ラウンド初戦の格下・中国戦で5打数無安打と凡打の山を築き、開幕前の強化試合から続く絶不調は相変わらず。試合後は、クールなイメージをかなぐり捨て、下ネタ炸裂の怪。イチローはあまりの打てなさに壊れかけているのか、それとも…。

 イチローは試合後、待ち受ける報道陣の前になかなか姿を現さなかった。実は、出場選手から抽選で被験者が決められる、尿採取によるドーピング検査を受けていたのだ。試合で当たりは出なかったが、面倒くさい検査には当たってしまったというワケ。

 ようやく現れたイチローは報道陣の前で「打てないストレス? ありますよ。チームとは関係ない所で個人的にあります」と吐露。「もどかしさはあるか?」との質問が飛ぶと、「もちろんです。それがなかったら、野球をやめます」と言い切った。

 ここで記者は、「イチローさんでもこの状況では、『焦る』という心境を味わっているのか?」と聞いてみた。イチローは「焦る? 焦るってどんな感じなんだろう」と逆に記者へ問いかけた後、こう答えた。

 「ドーピング検査でおしっこが出ない感じってこと? それは結構、焦るよね。特に90ミリリットルに達しないといけないのに85で終わったら悲惨ですからね。でも、その焦りとは全然違うし…って考えると、難しいところですね」

 確かに、試合で死力を使い果たした選手から尿採取を強いるのは酷というもので、なかなか必要な量に達しないケースもよくあると聞く。その場合は、ただもよおすのをじっと待つしかない。ひょっとしてこのコメント、この日のイチローの実話かもしれない。

 最後にイチローは、「『焦る』という単語を使ったのは間違いだったかもしれないですね。むしろその単語を使ったことに焦ってほしい」と記者へクギを刺した。

 イチロー独特の言い回しを解釈するに、≪メジャーで数々の修羅場をくぐり抜けてきた自分がこの程度の不振で焦るわけがないでしょう。そんな質問は失礼だ≫と言いたかったのかもしれない。とすれば、失礼しましたと謝るしかない。

 ただ、宮崎合宿以降、WBCへ向けてイチローの“はじけっぷり”は尋常ではない。短期決戦に自身のテンションが上がっていることもあるだろうし、WBCを最高のアピールの場ととらえている節もあるが、時には報道陣の前で「半殺しですよ」と行儀がよいとはいえないセリフが飛び出すことも。

 これまでも、プライベートな気の置けない場では「縛るのが好き」などとSM話に花を咲かせることもあったそうだが、今回に限っては下ネタも公然と解禁だ。

【発言過激さ増す】

 イチローがぐっと身近になった印象もあるのだが、果たしてこれが本人のイメージアップにつながっているかというと微妙なところだ。

 かつて女子プロゴルファーの宮里藍が「イチロー語録」を愛読書として挙げたことがあったが、それがありがたがられるのも、普段マスコミを通して伝える肉声が少なく、神秘性と希少価値があるからこそ-という面があった。オリオールズ入りした上原は以前、「マスコミがイチローさんについて書いていることは虚像ですよ。あの人は普通の“隣のあんちゃん”ですよ」と語ったことがあるが、イチロー自身が意図的に作った虚像もあるだろう。

 とはいえ、2006年の前回大会の第1ラウンド初戦(同じ中国戦)は観客がわずか1万5869人だったのに、この日は満員札止めの4万4281人。イチローへの注目度が大きな原動力になっているのは間違いない。それだけに、イチローが今後何を口にし、どんな素顔をさらしていくのか。打てなければ打てないほど、発言は過激さを増していくのか。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-06 17:00 | スポーツ