タグ:フィリピン ( 71 ) タグの人気記事

 

在韓フィリピン人5万人、日本への緊急避難検討

読売新聞 11月26日(金)21時46分配信

 【マニラ=稲垣収一】フィリピンのアキノ大統領は26日、韓国と北朝鮮の緊張がさらに高まった場合、韓国に滞在するフィリピン人約5万人を日本に緊急避難させることを検討していると明らかにした。

 大統領は記者団に対し、「わが国の輸送機にも限りがあり、フィリピンまで帰国させるには時間がかかる。避難するには日本が最も近い」と語った。フィリピン外務省がすでに、日本側と協議を始めているという。


韓国への労働者派遣、比が見合わせ…砲撃受け
読売新聞 11月27日(土)18時28分配信

 【マニラ=稲垣収一】フィリピン政府は27日、北朝鮮軍による韓国・延坪島(ヨンビョンド)砲撃を受け、韓国へのフィリピン人労働者派遣を当面、見合わせる方針を決めた。

 外務省当局者は地元メディアに対し、「現在の治安情勢を勘案した結果」だと述べた。

 フィリピン政府の仲介で韓国への派遣の決まっていた約1000人に影響する可能性があるという。

 韓国には工場労働などに従事するフィリピン人約5万人が滞在している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-26 21:46 | アジア・大洋州  

日本人遺骨収集事業に反発 フィリピン、盗難続発背景に

2010年10月2日3時2分 朝日新聞

b0161323_11195474.jpg フィリピンで第2次世界大戦中に戦没した日本人の遺骨を収集する厚生労働省の委託事業に対し、遺骨の収集や確認方法に問題があるとして地元住民や戦没者遺族、事業に協力してきたフィリピン国立博物館などから中止や改善を求める声が上がっている。同国各地で人骨盗難事件が起きていることが背景にある。

 比中部のミンドロ島東部で今年6月27日、大量の人骨を運んでいた先住民族の男3人が住民に捕まった。100カ所以上の洞窟(どうくつ)墓地から1千人分以上の住民の遺骨が持ち出された形跡があった。先住民族組織代表のアニウ・ルバグさん(40)らによると、うち2人が「骨を集めている者に売るために洞窟から盗んだ」と認めた。

 同島では厚労省の遺骨収集が行われている。ルバグさんらは「男たちが祖先の骨を日本人の遺骨と偽って提供しようとした疑いがある」として来週にも大統領府先住民族委員会に3人の刑事告訴と消えた骨の調査を求める方針。この動きを受けて、遺骨確認の協力をしてきた国立博物館は1日、住民の申し立てが先住民族委に届き次第、同島での収集を中止するべきだと日本大使館に伝えた。

 遺骨盗難はほかでも起きている。北部のイフガオ州ワンワン地区の地区長と地区議会は5月、「日本の団体が日本人の遺骨を買い取ると聞き、一部の住民が祖先の骨を売っている。収集には日本大使館員が立ち会ってほしい」とする要望書を大使館に送付。

 日本の戦没者遺族や生還者ら2404人も同月、「遺骨、遺留品の状況、専門家の鑑定を踏まえない粗雑な方策」だとして収集中止を求める要請書を厚労省に送った。

 比からの収集遺骨数は、2007年に東京のNPO法人が収集活動を始めてから飛躍的に増えた。それまでは年数十柱だったのが、昨年度は7740柱。NPOによると昨年度から厚労省の委託を受け、比全域で300人以上の現地スタッフが住民らから遺骨を集めている。遺骨を持ってきた人には日当として250ペソ(約475円)を払っているという。

 遺骨は、遺留品がない場合でも、発見者や発見地の地区長らの証言を宣誓供述書にとり、さらにそれを公正証書にした場合に日本人戦没者の遺骨と認定される。

 厚労省援護企画課外事室の担当者は「比政府との協議に基づき、比国立博物館が発行した証明書により、日本人戦没者の遺骨と確認している」としている。一方で同博物館側は「遺骨で判別できるのは性別や大人か子どもの違い程度。国籍は証言や遺留品から推測するしかない」と話し、日本人のものではない遺骨も収集されている可能性を示唆した。

 NPO法人は「大戦末期、日本兵は散り散りになった。現地スタッフが毎日情報収集し、戦史にない場所も探すことで遺骨が多く集まっている。フィリピン人の骨は全く混入していないと完全否定はできないが、きわめて少ない。遺骨盗難と我々の活動は関係ない。違法に遺骨収集をしている別の日本人グループによるものではないか」と話している。(フィリピン・ミンドロ島=四倉幹木)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-02 03:02 | アジア・大洋州  

旅客機のゴミ箱に赤ちゃん、機内で出産か フィリピン

2010年9月13日23時21分 朝日新聞

 【マニラ=四倉幹木】フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港で12日、到着した旅客機のゴミ箱に生まれたばかりの男の赤ちゃんが捨てられていたのが分かり、保護された。フィリピン当局は母親を捜し出し刑事訴追を検討する、としている。

 地元メディアによると、赤ちゃんが捨てられていたのは中東のバーレーンから12日午前に同空港に着陸したガルフ航空機。客が降りた後、清掃員がトイレのゴミ箱から運び出したゴミ袋の中に、ティッシュペーパーにくるまれた赤ちゃんがいるのを、空港警備員が発見した。体に血やへその緒、胎盤がついたままで、機内で生まれた可能性が高いという。

 体重約3キロの男の子は手足を元気よく動かして健康状態は良いといい、児童福祉施設に保護された。同機の200人以上の乗客の大半は中東に出稼ぎに出ていたフィリピン人だったという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-13 23:21 | アジア・大洋州  

著名日本人弁護士が自殺か=民暴対策の猪狩さん―マニラ

8月28日0時24分配信 時事通信

 【マニラ時事】フィリピン警察によると、マニラ首都圏マカティ市で27日夕、民事介入暴力事件などに取り組んでいた第一東京弁護士会所属の弁護士、猪狩俊郎さん(61)とみられる遺体が見つかった。複数の薬を服用した形跡があり、警察は自殺の可能性があるとみて調べている。

 遺体が見つかったのは同市の高級住宅街で、在フィリピン日本大使館が確認を急いでいる。

 猪狩さんは福島県田村市生まれ。横浜地検などに検事として在籍後、1990年に弁護士登録した。第一東京弁護士会民暴対策委員長やプロ野球暴力団等排除対策中央協議会委員などを歴任。ゼネコン汚職事件で収賄罪に問われた元茨城県知事の弁護を担当したほか、長年、暴力団排除を中心とした講演活動を行い、テレビの法律相談番組にも出演していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-28 00:24 | アジア・大洋州  

高給に釣られ?比の操縦士25人が一斉退職

8月2日19時45分配信 読売新聞

 【マニラ=稲垣収一】フィリピン最大の航空会社フィリピン航空(PAL)のパイロット25人が7月末に一斉に退職し、欠航が相次ぐトラブルになっている。

 25人は同社所属パイロット約500人のうち、国内線主力機に搭乗する機長や副操縦士。2日までの3日間でマニラ発着のセブ便など21便が欠航し、乗客数千人が足止めされた。ダイヤの乱れは当分続くとみられる。

 同社側は、「給料が2~3倍の中東やアジアの航空会社に引き抜かれた」と主張。唐突な退職は6か月前通告を定めた雇用契約にも違反しているとして、「7日以内に職場復帰しなければ法的措置を取る」と警告している。

 昨年、約7500人の社員を大幅に削減する方針を打ち出した同社と、労働組合の対立も背景にあるとみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-02 19:45 | アジア・大洋州  

18歳女性歌手の整形にファンが嘆き節=フィリピン

2010/07/22-01:07 時事通信

【マニラ21日AFP=時事】フィリピンの若手女性人気歌手チャリス・ペンペンコさん(18)が、米国の人気テレビドラマ「Glee」に出演するに当たり顔の整形手術を受けたことが分かり、インターネット上で大きな反響を呼んでいる。(写真はチャリスさん)

 チャリスさんは週末にマニラで、丸顔を細くするためボトックス注射と簡単な手術を受けた。その様子は撮影され、後日、テレビ放映された。チャリスさんはテレビのインタビューで、18歳という若さで整形手術を受ける決心をしたことを自己弁護し、「これはGlee出演のためのわたしたちの大事な準備活動の一つ。もちろん、カメラに新鮮に写りたいという願いもあるわ」と語った。

 しかしファンたちはチャリスさんの公式サイトに多数の意見を寄せ、その多くは彼女が顔を変えなければとのプレッシャーを受けたことを嘆き悲しむ内容だった。

 「マリー」と名乗るファンは「こんなに若いのに、彼女は自分が不十分だと思い込まされ、人を魅了する声があっても『スター』になれる容姿ではないと何度も言われたんだわ。それがこの子の自尊心にどんな影響を与えたか、わたしには想像もできない」とつづっている。ファンサイトにも「彼女がさらに治療を受けて自分を変えたりしないよう望む。そのままで素敵。人の意見に影響されないで」といった投稿が寄せられた。

 一方、手術をした形成外科医は「彼女の生まれつきの丸顔を改造するためのもので、ボトックス注射は声に影響を与えたりしない」と話している。

 チャリスさんは動画共有サイト「ユーチューブ」の動画で世界の注目を集め、米トーク番組のカリスマ的人気司会者オプラ・ウィンフリーさんの「お気に入り」となった。 〔AFP=時事〕
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-22 01:07 | アジア・大洋州  

アキノ新大統領が就任 アロヨ前大統領は立ち合い拒否

2010年6月30日13時55分 朝日新聞

 【マニラ=四倉幹木】フィリピンのベニグノ・アキノ前上院議員(50)が30日、首都マニラ中心部のリサール公園で就任宣誓を行い、第15代大統領に就任した。任期は6年。この日で任期満了するアロヨ前大統領は、新大統領の就任宣誓への立ち会いを拒否する異例の運びとなり、新旧大統領の溝を浮き彫りにした。

 アキノ氏は29日に新閣僚の顔ぶれを発表しており、30日午後には初閣議を開く。他の東南アジア諸国に比べ立ち遅れた経済発展や、人口の急増で出ているエネルギー危機や食糧危機の兆候への対応が新政権の課題となる。

 30日午前、新旧大統領はともに大統領官邸のマラカニアン宮殿から同公園に向けて出発したが、アロヨ氏は就任式自体には立ち会わず会場を去った。

 アキノ氏はアロヨ前政権の腐敗追及を掲げて当選しており、アロヨ氏の憎悪が映し出された光景だ。9年前、清廉さを期待しアロヨ氏を歓呼で迎えた市民たちも、スキャンダルにまみれた同氏を冷ややかに見送った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-30 13:55 | アジア・大洋州  

淡路恵子さんの四男が自殺か 東京・新宿

6月18日3時19分配信 産経新聞

 女優、淡路恵子さん(76)の四男(37)が東京都新宿区中井の自宅アパートで16日夜、ひものようなもので首をつって死亡しているのを知人が発見していたことが17日、警視庁戸塚署などへの取材で分かった。同署は自殺とみて調べている。

 同署によると、遺書は見つかっていないという。

Links: 萬屋吉之亮 井田哲史
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-18 03:19 | 社会  

邦人男性の刺殺体見つかる=比

6月9日21時8分配信 時事通信

 【マニラ時事】フィリピン警察当局は9日、ルソン島中部のスービックで8日に日本人男性のイモト・カズヤさん(49)が刺殺体で見つかったことを明らかにした。警察は殺人事件として捜査を始めた。

 イモトさんはスービックに近いパンパンガ州在住。フィリピン人の妻を持ち、スービックで中古車販売業を営んでいた。遺体は会社事務所敷地内で見つかった。財布が盗まれていたが、高級腕時計などは残されていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 21:08 | アジア・大洋州  

フィリピン大統領選、議会がアキノ氏の当選を宣言

6月9日19時42分配信 CNN.co.jp

マニラ(CNN) 5月10日に実施されたフィリピン大統領選の集計結果が9日、同国の上下両院議会で承認され、故コラソン・アキノ元大統領の長男ベニグノ・アキノ上院議員の当選が確定した。

アキノ氏は150万票余りと、2位のジョセフ・エストラダ前大統領を約570万票上回る大差で当選。30日に第15代大統領に就任する。同国の大統領任期は6年で、再選は禁止されている。

アキノ氏の父で民主化運動指導者だったベニグノ・アキノ元上院議員は1983年に暗殺された。遺志を継いだ夫人のコラソン・アキノ氏は86年、「ピープルパワー革命」でマルコス政権を倒し、初の女性大統領となった。

アキノ次期大統領は8日、CNNとのインタビューで、「われわれは国民に仕える奉仕者だ」と述べ、再選禁止規定により「政治的な計算にとらわれることなく、わが国にとって最良の道を自由に決めることができる」と強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-09 19:42 | アジア・大洋州