タグ:ファッション ( 12 ) タグの人気記事

 

韓流ファッションの「危険」を政府が警告

ニューズウィーク日本版 9月8日(水)20時1分配信

流行にはまれば失明やけが、命の危険さえあるという根拠は?

パトリック・ウィン(バンコク)

 いまタイの若者をとりこにしているのは、自国の芸能人でもレディー・ガガでもない。マスカラを塗りたくった10代の女の子たちにとって、流行ど真ん中は韓国だ。

 タイ政府はこの韓流現象を決して歓迎していない。新たな最新ファッションが韓国から入ってくるたび、政府は失明やけがだけではなく、命の危険をもたらすと警告している。

 タイ保健省によれば、瞳を大きく見せる効果があるソウル生まれの「ビッグアイ」コンタクトレンズの着用には失明の危険性が伴い、友達同士で使い回せばエイズ感染の恐れもあるという。韓国人歌手愛用の分厚い付けまつ毛も、失明の原因になるらしい。有害な美白クリームや整形手術で韓国人的な外見を手に入れようとする動きにも、警告の声が上がっている。

 最近の標的は、ソウルからもたらされた黒いレギンスの流行だ。暗い色を好む蚊を引き付けるので、若い女性がデング熱に感染する危険が急速に高まるという。

 韓流ブームが一気に広まったのは06年。今やタイから韓国を訪れる観光客の数は、10年前の2倍以上の20万人近くに膨れ上がった。 軽薄で性的過ぎるとタイ政府が非難しようが、健康面での脅威を持ち出そうが、この流行は当分収まりそうにない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 20:01 | アジア・大洋州  

アート作品「バッタもん」 ヴィトン社抗議で展示中止

2010年6月27日4時1分

b0161323_5225726.jpg 神戸市立の神戸ファッション美術館(同市東灘区)に展示されたアート作品が、高級ブランドのルイ・ヴィトン社からの申し入れで撤去されていた。京都市の美術家、岡本光博さん(42)が、にせ物のはんらんする現代社会をテーマにした作品「バッタもん」で、同社が「素材がコピー商品」と指摘したためだ。

 「バッタもん」はバッタの姿をした40センチほどの立体作品。ルイ・ヴィトンなど5社のブランドのロゴマークや柄が使われた9体が撤去された。4月15日から今月27日まで開催中の「ファッション奇譚」展に出品されていた。

 ルイ・ヴィトン社は5月6日付で美術館と岡本さんに文書を送り、作品は商標権を侵害するコピー品で作られ「偽造品の販売という犯罪行為を肯定する」などとして展示中止を求めた。美術館を運営する神戸市産業振興財団は翌日、撤去を決定した。美術館の久保利洋二事務長は「展示自体は商標権の侵害とは言えないと考えている。だが、企業と争いながら展示を続けるのは本意ではない」と話す。

 岡本さんは同社の指摘に対し、「営利目的のコピー商品と同列に論じるのはおかしい」と反発。ただし、「作品は大量消費社会におけるオリジナルとコピーの関係を考えさせるもの」として、素材がコピーか本物かは明らかにしていない。美術館の対応についても「企業に言われて、すぐ作品を撤去する姿勢は残念だ」と話す。ルイ・ヴィトン社は「この件の取材は受けない」としている。(小川雪)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-27 04:01 | 社会  

雑誌不況でもギャル誌創刊相次ぐ ゴシップ+ファッション誌も登場

6月6日7時55分配信 産経新聞

 出版不況の時代にあって、ギャルと呼ばれる今どきの若い女性をターゲットにした雑誌が元気だ。7日には双葉社がギャル向けのトレンド情報マガジン「EDGE STYLE」を創刊する。経済効果が100億円は下らないというギャル市場だが、ギャルのアイデアを取り込んだ商品開発を組み入れ、既存の女性誌にはないビジネススタイルで打って出る。

 ギャルの活躍の場は、雑誌だけにとどまらない。最近ではテレビのバラエティー番組にも、小森純らギャル誌の表紙を飾るモデルの出演が目立つ。

 雑誌では、4月にインターネット上で人気のギャルブロガーがトレンドのファッションを紹介する「Nicky」(竹書房)や、ギャルが主役のファッション誌「PopSister」(角川春樹事務所)が創刊。そこに新たに「EDGE STYLE」が仲間入りする。

 同誌は、既存のギャル誌を“卒業”した20代半ばがターゲット。双葉社がギャルの市場調査を行ったところ、ギャルは女性誌と海外のゴシップ誌とを同時に読むことが多いということが分かり、新雑誌では赤裸々な恋愛遍歴といったゴシップとファッション情報とを1冊にまとめた。女性誌ではこれまでにない試みだ。

 また、ギャルとともにつけまつげや口紅などの商品も開発。減少する広告収入に代わり、誌面で紹介した商品の売り上げの一部を収益にするビジネスも仕掛ける。日本のギャル人気の高い台湾との同時創刊で、20万部を発行する。

 渡辺拓滋編集長は「新情報端末のiPad(アイパッド)に一部を無料配信することも考えている。テレビのギャル情報番組とも手を組み、雑誌発でいろんなビジネスチャンスを探りたい」と張り切っている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-06 07:55 | 社会  

伊ブランド「D&G」日本撤退 先進国に「あふれる模倣」

2010年6月1日10時55分 朝日新聞

 イタリアの人気ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」のセカンドブランド「D&G」が、服と革製品の日本での販売を今年の秋冬物で取りやめる。来年1月末に直営16店を閉じ、従業員約100人は解雇するという。

 男女それぞれと子供の服を、百貨店内などに別々の店を構えて売る方針が災いしたようだ。近年の百貨店不振がひときわ影響しただろう。イタリア本国や中国、ロシアなどでは大都市に、効率が良くブランドイメージが伝わりやすい大型店を開いているが、日本は地価が高く、それも難しい。ただ、同社本国のクリスティアーナ・ルエラ常務取締役は、こうもコメントを寄せた。「日本市場に氾濫(はんらん)するD&Gの模倣品が大きな障害になっている」

 D&Gは1996年に日本市場に参入。ブランドロゴ入りTシャツや、小花柄のミニドレス、穴あきジーンズなどを次々ヒットさせた。日本国内の売上高は非公開だが、数十億円と推測される。卸が少なく世界でのシェアは3%だが、アジア市場では34%を占める。今年4月も前年同月比で約17%増だったという。

◆人気ブランドゆえの悩み

 一方で、こんな現象も起きた。近年、都心の「ギャル系」と呼ばれるファッションビルや、主要駅の駅ビルなどで、D&Gの新作とそっくりの服が、いくらでも目につくようになった。縞(しま)の間隔まで似たマリンドレス、フリルの寄せ具合が同じ小花柄のロングドレス、かすれた色が酷似する小さなデニムのシャツ……。

 国内のあるブランドのデザイナーは「D&Gを参考にしていれば、まず間違いない」と話し、著名ファッション雑誌が、「参考」を踏まえた服を「等身大のリアルなファッション」と薦める。

 同社の言う「模倣品」という表現の適否はひとまず置こう。ブランドロゴなどの、あからさまな盗用は分かりやすい。シャネルやルイ・ヴィトンなどの大ブランドは、専門チームを使って模倣品業者の摘発もしている。

 それに比べ、デザインの「模倣」や「盗用」の証明は簡単ではない。ファッションに限らないが、多くの作品には、先行する作品がある。「流行」との区別がつきにくい場合もある。有名ブランドには「模倣されてこそ本物」などと豪語する例もある。

 欧米でも一時期、ファストファッション企業の「デザインコピー」が問題になったが、企業責任が厳しく問われて激減した。D&Gが「模倣」をほのめかした日本国内のアパレルメーカーの多くは小規模で、デザイナーも若く、倫理観が未熟という事情もあるだろう。

 ひとつ言えることがある。D&Gが言う「模倣品」の「氾濫」は、本家D&Gに人気があるからこそ起きた。結果として、本家が居場所を失い、日本のファンの手に、届きにくいところに去る。

 いまや世界的なファッション先進国として自他ともに認める日本。アジアの新興市場を「コピー天国」などと揶揄(やゆ)する声も聞く。しかし、日本でも、人気ブランドが「模倣」を口にして去ってゆくのは、やはり残念でならない。作る側や売る側に矜持(きょうじ)を、着る側にはブランドやデザインの成り立ちにもう少し思いを致してほしい、と思うのだ。(編集委員・高橋牧子)

    ◇

◆セカンドブランド

 多くはデザイナーブランドが普及版として開発したブランド。デザイン感覚や高級感を残し、価格を抑えているのが特徴。ドルチェ&ガッバーナ社は「D&G」が「単なる普及版ではなくなった」という理由で「D&G」を「ヤングブランド」と呼んでいる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-01 10:55 | 社会  

クレヨンみたいな鳩山首相の「最悪なファッション」を販売-香港

5月28日13時16分配信 サーチナ

 香港紙「文匯報」によると、日本の鳩山由紀夫首相は4月初旬に国民を招いてバーベキューを行ったが、その時に着ていたカラフルなシャツが米国や日本メディアから「ひどすぎるセンスだ」と批判された。しかしデンマークで学ぶ26歳の中国系のマイケル・ヤンさんは、「鳩山首相はとても大胆で『ファッションの英雄』だ」と考え、26日より上海から発信するサイトShirtsMyWay.comで、鳩山首相が着ていたシャツとほぼ同じシャツを500ドル(約45000円)で販売し始めた。中国網日本語版(チャイナネット)が伝えた。

 報道では、当時の鳩山首相の支持率は30%以下で、その情況を変えるために国民とバーベキューをしたが、結果的にはこのシャツがメディアの注目を集めたと指摘している。そして赤、黄、青、緑、紫のチェック柄を合わせたこのシャツは、日本のファッション界や米国、日本のメマスコミからあまりにもひどいと酷評(こくひょう)された。

 米CNNのある番組では、鳩山首相のひどいファッションセンスを痛烈に批判して、人をあきれさせる服を着たとしても低い支持率を上げることはできないと指摘。また「クレヨンのようで、確かに目を引く」や「クジャクのよう」という市民の声を紹介し、「オバマ大統領がこのワイシャツを着ているところを想像できるか」と疑問を呈した。

 しかし鳩山首相が着ていたシャツとほぼ同じシャツを高い価格で販売するヤンさんは、「鳩山氏をからかってシャツを売っているのではない。鳩山氏は独立やアイデアに富んでおり、彼を支持している」と話す。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 13:16 | アジア・大洋州  

ご注意!ローラー付きシューズ 人気再燃、けが人も増加

2010年5月26日19時45分 朝日新聞

 スニーカーの底にローラーが付いた子ども向けのシューズで、他人とぶつかって骨折などのけがをさせる例が増えていると、国民生活センターが26日発表した。安い商品が市場に出てきたことで小学生を中心に人気が再燃しており、同センターは「親子で取り扱い説明書をよく読み、子どもにマナーをきちんと伝えてほしい」と呼びかけている。

 同センターによると、昨年5月、東京都内の女児(9)がローラー付きシューズで歩道を滑っていたところ、くぼみにローラーがはまって転倒、左手首を骨折する重傷を負った。また、神奈川県の20歳代の女性は、斜め後ろから同シューズで滑ってきた女の子をよけようとして倒れ、右ひじを骨折している。

 同シューズはかかと部分に埋め込まれたローラーに重心をかけて滑る仕掛け。見た目は普通のスニーカーと変わらないため、子どもが突然滑り出すことで歩行者を巻き込んでいる。

 各地の消費生活相談窓口を通じて同センターに入った事故情報や相談は、2002年度以降27件。05~08年度はゼロだったが、09年度は15件に急増し、10年度も現在まで5件入っている。第1次ブームが02年ごろあり、最近また人気が高まっているという。

 道路交通法では、往来が激しい道路で同シューズで遊ぶことは禁止行為にあたるとされている。同センターは「事業者も販売時などに注意点を説明してほしい」と話している。(小林未来)
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-26 19:45 | 社会  

流行のブレスレット、性犯罪を誘発? ブラジルで問題に

2010年5月25日0時14分 朝日新聞

b0161323_1544976.jpg 【サンパウロ=平山亜理】ブラジルの若者に流行しているカラフルな腕輪が性犯罪を誘発していると問題になっている。「白はキス」「黒はセックス」など色に性的な意味が込められ、腕輪をしていれば、その色の行為を了承したとみなされるとの情報がネットで流れたため、レイプや殺人に発展。使用が禁止される事態が各地で相次いでいる。

 輪ゴム大ほどのシリコーン製で「セックス・ブレスレット」と呼ばれ、数年前には米国でも問題になったという。元々、色ごとにキスなどの行為を表し、異性の腕輪をちぎれば、その行為を相手に求めることができる、という遊びだったが、ネット情報がもとで性犯罪にエスカレートした。

 パラナ州で3月、13歳の少女が少年4人に腕輪をちぎられた末、レイプされたと報道された。マナウス市でも、少女2人が遺体で見つかり、いずれもちぎれた腕輪がそばにあったため、警察は腕輪が事件につながったとみている、と伝えられた。

 パラナ州の裁判所は腕輪が「無秩序な性行為を誘発する恐れがある」として若者らへの販売を禁じ、若者らの使用も禁止する命令を出した。リオデジャネイロ市も公立学校での使用を禁止するなど、規制の動きは全土に広がった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-25 00:14 | 北米・中南米  

シンガポール、ファッションの「ハブ」へ始動 AFX

2010年5月24日11時17分 朝日新聞

 シンガポールをアジアのファッションのハブ(軸)に――。政府機関などが主催する初の「アジア・ファッション・エクスチェンジ(AFX)」が4月27日~5月2日、シンガポールで開かれ、同国政府の協力で取材した。ショーや見本市はイギリス、タイ、インドなど外国ブランドが半数を占め、国際性をアピール。今後毎年開く。「国際ファッション都市」誕生成るか。(安部美香子)

 「東京や上海と競争するつもりはない。協力してアジアのブランドを育て、東西のバイヤーを呼び込みたい。だから『アジア』と名付けた」

 主催者の一つ、国際企業庁ライフスタイル・ビジネスグループのディレクター、タン・スン・キムさんはアジアの共生を強調する。

 AFXには4本の柱がある。有名ブランドのショー、アジアなどの発展途上のブランドの見本市、アジアの新人デザイナーを発掘するコンテスト、そして業界関係者の情報交換のための会議だ。

 ショーは協賛したドイツの自動車メーカーの名を冠して「アウディ・ファッションフェスティバル」。繁華街の特設テントに10ブランドが参加した。ロベルト・カヴァリ、ディースクエアードといった有名ブランドのほか、シンガポール国内からはオールドレストアップとラウルが出た。

 見本市は「ブループリント(青写真)」と題し、F1グランプリの夜間レースで使う臨海部の施設で開いた。シンガポール22、タイ11、イギリス11、インド5など9カ国55ブランドが出展。他のファッションウイークと重ならないためか、17カ国127人のバイヤーと86の海外メディアが訪れた。

 「トルコのバイヤーと契約が成立した」と、見本市に出展したタイの「イシュー」のデザイナー、ロー・プーパウィット・クリポンナラ(36)。タイで約10年ブランドを運営してきたが、これを機に海外進出を目指す。

 ロンドンを拠点にするシンガポール出身のデザイナー、ユージン・リン(27)は「主催者は有名ブランドのショーばかりを地元マスコミに露出させ、新興ブランドを宣伝しない。アジアの新人育成が目的のはずだ」と批判も口にした。

■英語強み 弱点は暑さ

 シンガポールは人口499万人で、面積は東京23区内とほぼ同じ。中華系75%、マレー系14%、インド系9%などから成る多民族国家だ。

 「すでに空港、金融、医療、教育ではアジアのハブ。次にファッションビジネスを狙うのは当然だろう」とアジア諸都市の比較に詳しい博報堂の小山諭・上席研究員。

 土地が狭いので、製造業ではなくASEAN諸国との貿易・物流で栄えてきた。近隣のマレーシアやインドネシアには「ちょっと進んだ都市型ライフスタイルの国」と、あこがれの目で見られているという。

 シンガポールの強みは、共通語が英語で、交通・通信環境が整い、会社を作りやすい制度があること。さらに「わいろがないのも長所」とパルコ・シンガポールの日高州一社長は話す。弱点もある。一年中暑い熱帯で秋冬物が売れない。四季がないのでファッションにお金を使わない人が多い、と日高社長。

 今後のAFXの見込みはどうか。香港出身のファッションディレクター、シンディ・ホーさんは「欧米にないユニークなものがあるなら行く。何が見られるか、個々のブランドがバイヤーにメッセージを送るといい」と話す。

 「見本市の強化を」と言うのは、05年に「東京ガールズコレクション」を立ち上げた大浜史太郎・ファッションウォーカー社長。政府の招きでやってきた。「今回の55ブランドでは足りない。アジア各地のブランドを大量に集めれば、交流の拠点になり得る」
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 11:17 | アジア・大洋州  

CNN、首相ファッション皮肉る 「支持率回復の助けにならず」

2010/05/14 11:18 共同通信

b0161323_192518.jpg 【ワシントン共同】米CNNテレビは13日の放送で鳩山由紀夫首相が4月に着ていた赤や青、黄色のチェック柄のシャツに焦点を当て「低い支持率を回復する助けにならない」とファッション感覚を皮肉った。米ではワシントン・ポスト紙のコラムなどで首相をやゆする論調が目立っている。

 茶話会形式で国民と直接対話する「リアル鳩カフェ」を官邸で開催した際の服装で、CNNは「クレヨンみたいで注目を浴びるには良いかも」「クジャクみたい」などの市民の声を紹介。「オバマ大統領がこのシャツを着ているところを想像できるか?」と疑問を呈した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-14 11:18 | 政治  

英の世界的デザイナー、マックイーン氏が自宅で死亡 自殺か

2010.2.12 01:20 産経新聞

 英国出身の世界的デザイナー、アレキサンダー・マックイーン氏(40)が11日、ロンドンの自宅で死亡しているのが見つかった。自殺の可能性が高いとみられる。英メディアが伝えた。

 ロンドン東部のタクシー運転手の息子として生まれ、市内の紳士服街などでデザイナー見習いとして訓練を積んだ。有名ファッション誌に見いだされ、1992年に自身のブランド「アレキサンダー・マックイーン」を設立。

 96年に「ジバンシー」の主任デザイナーとなり、グッチグループの下、自身のコレクションを発表した。先鋭的な作品は「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」との異名を取った。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-12 01:20 | ヨーロッパ